最終更新日:

30代独身女性の転職成功のカギとは?!結婚しても続けやすい職場が◎

『もうすぐ30代を迎える』『ついに30代になってしまった!』この年代の独身女性の悩みは複雑です。

同期や学生時代の友人など身近な周りの女性がどんどん結婚して次のステージに行っているのに、自分はずっと同じ場所で足踏み・・・。自分は結婚できるのか?もしこのまま結婚できないんだとしたら、このまま今の職場でずっと働いていけるだろうか?転職するならラストチャンスなのではないか?様々な悩みがでてくるのではないでしょうか?

そこで、独身で女性の転職状況はどう変わっていくのか、20代と同様に未経験でも何となるものなのか、30代でも引く手あまた状態となるにはどうしたら良いのかという点において、30代独身女性の転職事情や対策を解説していきます。

20代独身女性の転職はどうなのか?

20代のときは、未経験でもやる気さえあれば、何とか希望の職場へ転職できていました。ところが30代になったとたん、「あれ?こんなはずじゃなかったのに…」と思う場面が増えて、焦ってしまった経験はありませんか?

20代と30代でこうも違うのかと落胆したり、30代でも何とかなるなと感じるなど、人それぞれです。この違いはどこから来るのか、気になりませんか?

転職はやはりするなら早い方がいいです。35才になってから転職を考えるより、30代前半で転職を考える方がまだチャンスがあります。30代独身女性が転職を成功させるために大切な事はなんでしょうか。

まずは20代の女性が転職をする現状や、若い女性であることのメリットやデメリットについて見てみましょう。20代独身女性でも、有利になること、不利になることなどがあります。これらを踏まえて解説していきます。

女性ならではのリスク

若い女性なら、どんな職業でも応募できると考えがちですが、果たしてそうでしょうか?実は企業側が若い女性を雇用するときに、1つの不安材料を抱えています。それはせっかく入社をして一生懸命に仕事を覚えても、結婚や子育てを理由にあっさりと退職をしてしまう危険があるからです。

会社側で結婚後のサポートなど、育児に専念できる体制を整えていても、結婚をする相手によっては辞めざる負えない可能性もでてきます。若い女性だからと言って、まったく不安材料がないわけではありません。

女性は柔軟さなどの能力が優れている

20代独身女性は頭の柔軟さも優れていますが、事務的な処理能力にとても優れています。一度に複数のことを対処できる能力があり、まったく新しい仕事でもすぐに覚えられるので、男性に比べて多くの雑務をこなすことが可能です。そのため、事務などの業務では若い女性を求める求人案件が非常に多く、男性よりも応募が通りやすいという特徴があります。

30代独身女性が転職で最も不安になることとは?


もうすぐ30代となる女性が、最も不安になるのは、このまま今の会社に居続けることか、もしくはスキルアップや給与アップのために転職をした方がいいかということです。30代独身女性の転職の現状と、どんんな場合に転職を考えた方が良いのかを併せて見ていきましょう。

30代独身女性が転職を考えた方が良いケース

最も大きな原因として、今の会社ではもうスキルの習得が難しいと感じたときです。今まで培ってきたスキルを活かして仕事をしているけれど、新たなスキルを身に付ける環境が、すでに今の会社では物足りないときも出てきます。

そのとき、このまま会社にいても、男性のように役職が付くまでがんばっていける自信がなければ、居続けても給与アップは望めないですし、運が悪ければリストラになる危険性もあります。それよりは、今までのスキルで自分をもっと評価してくれるところに転職をした方が良いです。

上司と相談してみたら、キャリアアップできる環境を整えてくれる話が出ることもあるかもしれませんので、まずは相談してからにしましょう。

女性に人気の資格よりも誰も目を付けていない資格を目指す

学生の時や、新入社員のうちに、仕事のために使える資格を取得するのはとても有効です。ただし、誰もが取得できる資格だけでは難しいこともあります。

女性で人気の高い資格といえば、医療事務や介護事務などですが、人気があるということはそれだけ応募する人が増え、給与も下がる可能性があります。逆に今まで男性が積極的に取るような資格を取得することで、男性のみだったフィールドに女性が入り、飛躍的な業績効果を生むこともあるでしょう。

30代独身女性でも転職を成功させるための秘訣とは?


30代独身女性の転職で、最も大切なことを説明します。転職を成功させるために、必須とも言える対策方法です。実践して転職を成功させましょう。

結婚しても子供ができても続けていきやすい仕事・職場を探す

30代独身女性というと、ライフステージの変わりやすい年代です。企業としても「正社員で雇っても結婚してすぐ辞めるのではないか?」「子供ができて辞めるのではないか?」そんな不安を抱いてしまいます。

同じスキル、同じ年代で男性も応募してきていたら、上記不安を抱える中で企業側としては男性の方を採用したくなるのが普通ではないでしょうか。

そこで、『結婚しても子供ができても続けていきやすい仕事・職場』を探す事が30代独身女性の転職成功のカギとなります。

どこでもいいからと転職をすると今よりも働きづらい職場になってしまうかもしれません。『結婚しても子供ができても続けていきやすい仕事・職場』に絞って探す事で後悔しない職場が見つかるでしょう。また、面接でも矛盾のない志望理由となり説得力も増します。

自分の魅力や特技は何かをしっかりアピール

有名で仕事内容が魅力的、待遇面が良い企業は、多くの人が入りたいと応募が殺到するはずです。その中から選ばれるためには、ほかの人にはない特別な魅力や特技があることを存分にアピールできなければなりません。

どんな特技があって、それが応募する企業のどこに威力を発揮するのはわかりませんので、どういう特技があれば良いという正解はないです。

WEBサイトデザインを手掛けていたとすれば、『使用してきたツールやプログラム言語は何だったのか』『どんなデザインを手掛けていたのか』『マネージメント経験など』細かい部分まで洗い出し、そのうえ、改めて自分には何ができて、強みは何かを把握してからアピールするべきでしょう。

20代で身に付けてきたスキルを十分に生かして職探し

せっかくなので、20代で働いて来た仕事内容が行かせるような職探しをするべきです。たとえば、塾講師で大人数を前に講義をしてきた経験を生かし、キャリアアドバイザーやマネージメント業などの仕事を選ぶことで、前職の経験をアピールしやすくなります。

また、事務職だけしかして来なかったという人でも、的確でミスがほとんどなく、誰よりも早い雑務処理能力があるなど、探してみれば結構出てくるはずです。

ウソはいけませんが、ありきたりなアピールではなく、あまりほかにはなさそうな特技を見つけて、最大限の能力をアピールしてみてください。


RECOMMEND

関連記事