最終更新日:

30代は繰り返す短期離職を活かせる!?転職を成功させるほんの少しの方法

短期離職を繰り返す30代

※内容に広告・プロモーションを含みます

「30代で繰り返し短期離職しても転職可?」
「30代でも転職を繰り返してしまう」
「短期離職する30代は良くない?」

短期離職を繰り返してしまい、転職への不安を抱えている30代は少なくありません。

30代では管理職や即戦力の求人が多くなりますが、企業が納得する転職の理由を伝えたり、業界や企業を絞れば転職は可能です。

本記事では、短期離職を繰り返す30代の印象、30代の短期離職の特徴、原因や転職成功法を詳しく解説していきましょう。

短期離職を繰り返す30代の見られ方

短期離職を繰り返す30代に対し、無計画・不真面目な印象を持つ企業は少なくありません。

30代に限らず、転職を繰り返している人はすぐに辞めてしまうのではないかと懸念もあり、採用に難色を示されやすいです。

繰り返し転職しても、経験を積んで成長やスキル・キャリアアップができている30代は評価され、転職が成功する傾向があります。

短期離職を繰り返す30代への声

スキルが身につくまで仕事を続けておらず、マネジメントできる程の能力もない30代への世間の目は批判的

30代で繰り返し離職しても、明確な目的や理由があれば許容してくれる企業も少なくないでしょう。

1つ目のツイートに「30代半ばの新人」って書いてある!雇ってくれる企業もあるんだね!

短期離職の30代もOKのサービス

30代で短期離職を繰り返すと、転職先の選択肢が絞られます。

未経験OKや人手が足りない企業への応募なら転職しやすく、見極めるには転職エージェントの利用が効果的

経歴によっては対応が良くないサービスもありますが、複数登録して親身な担当者を見つけましょう

スカウト型のサービスなら、転職エージェントが嫌な人・企業と直接やり取りしたい人にも最適です。

30代短期離職者向け転職エージェント

リクルートエージェント LHH転職エージェント
転職エージェント
主な年齢層 20~40代 20代~40歳
主なサポート対象者 全転職者に対応 全転職者に対応
支援実績 採用成功実績は54万人超 平均101万円
年収アップ
強い業界 IT・医薬・流通 営業・経理・人事
特徴 業界最大手
転職実績No.1
面接対策が充実
専門分野に精通
年収UP率62%
IT系に強い
簡単登録
(無料)
DYM就職 就職カレッジ
転職エージェント
主な年齢層 18~35歳 18~35歳
主なサポート対象者 第二新卒、既卒、女性もOK 中退者、フリーター、ニート
支援実績 経験が浅い若年層を積極支援 入社後の定着率91.5%
強い業界 営業・販売・IT IT・広告・商社
特徴 優良企業を厳選
人物重視の採用
親身なサポート
正社員求人のみ
未経験者研修が無料
就職成功率8割
簡単登録
(無料)

スカウト型サービス

リクルートダイレクトスカウト ビズリーチ
ハイクラス転職サービス
主な年齢層 25歳~50代 26歳~50代
主なサポート対象者 ハイキャリア
現年収600万円以上の転職者
ハイキャリア
現年収500万円以上の転職者
入会審査 なし あり
利用料金 完全無料 一部有料
支援実績 転職決定年収の平均938万円超 導入企業数23,500社(累計)
特徴 年収800万~2千万の求人多数
一流ヘッドハンター指名可能
求人の1/3が年収1000万円超
企業からの面談確約スカウト
簡単登録
(無料)

30代の短期離職の実態

世間や他の30代の転職事情ってどんな感じなのかな?

30代の短期離職は約3年以内

短期離職の定義は明確に決まっておらず、おおよそ3年以内とされています。

応募先の企業や人事担当、業界によって短期とされる期間に差があります。

30代の短期離職者

厚生労働省によると、30代の約3人に1人は前職を2年以内に退職しているので、30代の短期離職者は決して少なくありません。

30代の短期離職者が転職しやすい業界

厚生労働省の調査では、業界別の離職率が最も高いのは宿泊系のサービス業で30%近くです。

離職率の高い業種

教育・学習支援関係、サービス業系、娯楽系は15%を超えており、慢性的に人員が不足していると推測できます。

短期離職を繰り返す30代は、離職率の高い業界を選べば転職しやすいでしょう。

離職率の高い業界で就職できても、また短期離職しないように原因も分析しないとね!

さまざまな求人があるサービス

リクルートエージェント マイナビエージェント
転職エージェント
主な年齢層 20代~35歳 20代~35歳
主なサポート対象者 全転職者に対応 20代、第二新卒、1~3回目の転職者
支援実績 採用成功実績は54万人超 20代の満足度
No.1
を獲得
特徴 業界最大手
転職実績No.1
面接対策が充実
サポートが◎
中小企業に特化
IT系にも強い
簡単登録<Br> (無料)

30代が短期離職を繰り返す理由

30代が短期離職を繰り返す理由はいくつか挙げられるわ♡

30代の短期離職理由①ギャップ

30代に限らず、入社前後のギャップが大きくて短期離職を繰り返す人は一定数います。

社内のモチベーションや現場の環境などは、求人票・採用担当などに確認してもわからない企業も多いです。

ネット上での口コミや、複数の転職サービスを駆使して、社員の生の声をリサーチできると入社前後のギャップは少なくなるでしょう。

30代の短期離職理由②仕事内容

入社後、希望と違う部署へ移動させられて転職を決意する30代も少なくありません。

希望の部署への異動は可能なのか上層部に打診し、受け付けてもらえないなら転職も選択肢に入るでしょう。

自分に非がない理由での短期離職は、表現を工夫すれば不利に働きにくくなります。

短期離職を繰り返しても興味を持ってくれる企業もあるわ!離職理由まで聞いて検討してくれる会社も多いのよ★

30代の短期離職理由③人間関係

しごとかたろぐ
いじめやパワハラが原因での短期離職も多く、Yahoo!しごとカタログには、人間関係で短期離職した30代の投稿に以下の回答がありました。

採用担当ですが、転職歴の多い方には理由を聞きしています。理由がはっきりしているのが大事だと思います。勤務先や上司が一方的に悪くても、客観的に事実を伝えてなるべく悪口にならないようにする方が良いです。参考:Yahoo!しごとカタログ

職歴より理由を重視する採用担当者もいるので、短期離職した理由をわかりやすく言語化しておきましょう。

転職エージェントを活用すれば、自己分析や退職の表現へのアドバイスも受けられるので転職が成功しやすいです。

転職先でも同じ原因で辞めてしまったら元も子もないね!自分は悪くなかったかも考えよう!

30代は短期離職を繰り返して良いか

必ずしも短期離職が悪ではないわ。短期離職しても良い30代もいるの☆

短期離職しても良い30代

  1. 将来の目的や計画が明確
  2. 心身に不調
  3. やむを得ない事情

将来の目的が明確な30代の短期離職

自分が望むスキルや将来のキャリアプラン、目標を持ち、短期離職する30代は、企業側からも許容されやすいです。

現在の職場で学んだ内容と次の職場で身に付けたい知識を明確にすれば、希望する企業に就職できるでしょう。

心身が不調の30代の短期離職

人間関係や長時間労働などのストレスにより、心身に不調をきたした30代は短期でも離職を推奨します。

心も体もボロボロになってまで働き続ける意味はありません。

お大事にしてね。再就職するなら、体調はもう全快した旨をしっかり伝えると良いわ♡

やむを得ない事情の30代の短期離職

会社都合や結婚や出産、介護が必要などで短期離職する30代は、転職先・元の会社にそのまま伝えましょう。

家庭の事情による退職で転職先が気にする点は、入社後フルタイムで働けるか、働き方への制限はないかです。

昼間はデイサービスが来て、夕方には弟が帰ってくるので、急を要する時以外は通常通り働けます!って感じだね

センシティブな問題は聞き辛い企業も多いので、上記を参考に伝えれば、選考に不利になりにくいです。

繰り返し短期離職は△な30代も

「なんか合わない」「ちょっと違う」等の理由での短期離職では企業は納得しません。

人間関係や職場環境、自分が悪くなくても、転職先で同じ要因で離職する懸念もあります。

書類選考で職歴だけを見ている企業も少なくないため、短期離職を繰り返すほど転職は難しくなるでしょう。

30代の転職は20代より困難

30代になると、管理職や即戦力での募集が多くなります。

短期離職を繰り返した30代はマネジメント経験が少なかったり、スキルが足りない人も多いので、管理職・即戦力での採用は難しいです。

30代の未経験職を募集する企業は少なく、短期離職を繰り返すほど応募できる求人は限られるでしょう。

20代は未経験やポテンシャル採用が多かったけど、歳をとるほど転職はより難しくなるわ…

30代が短期離職を繰り返さないために

短期離職を繰り返さないためにはどうすればいいの?

30代からのキャリアプランを立てる

やりたいこと・将来の目的が定まっていなくて短期離職を繰り返している30代もいます。

転職支援サービスを活用すれば、今までの考え方に基づいて自己分析を手伝ってくれるので転職が成功しやすいでしょう。

短期離職を繰り返しても隠さない

短期離職を繰り返す30代の中には、短期間で離職した事実を隠したがる転職者もいます。

企業によっては短期離職がばれ、内定が取り消される例も

職歴は正直に伝え、前職の悪口にならないようにポジティブに表現しましょう。

回数のごまかしは社会保険などでばれちゃうわ。最近では、前職に確認までする企業もあるみたい。

短期離職を気にしない業種に転職

職歴を重視しなかったり、人手不足な業界を選べば30代の短期離職者も採用されやすいです。

スキル重視のITやベンチャー、キャリアアップなら外資系や、人材不足なサービス業・不動産は短期離職の影響が少ないでしょう。

資格を取ったり、フリーランスで実績を積んで転職する選択肢もあります。

短期離職した30代は転職サービス利用

短期離職を繰り返す30代は、転職支援サービスを使えば効率良く転職できます

転職支援サービスは1社にこだわらず複数を併用するのが効果的です。

得意分野や特徴、サポート内容はサービスによって異なるため、比較して自分に合うサービスを選びましょう。

  1. 大手サービス
  2. 経験が浅い30代向け
  3. 面接確約もあるスカウト型
  4. 30代のハイクラス向け

30代短期離職者向け大手サービス

リクルートエージェント LHH転職エージェント
転職エージェント
主な年齢層 20~40代 20代~40歳
主なサポート対象者 全転職者に対応 全転職者に対応
支援実績 採用成功実績は54万人超 平均101万円
年収アップ
強い業界 IT・医薬・流通 営業・経理・人事
特徴 業界最大手
転職実績No.1
面接対策が充実
専門分野に精通
年収UP率62%
IT系に強い
簡単登録
(無料)

経験が浅い30代短期離職者向け

DYM就職 就職カレッジ
転職エージェント
主な年齢層 18~35歳 18~35歳
主なサポート対象者 第二新卒、既卒、女性もOK 中退者、フリーター、ニート
支援実績 経験が浅い若年層を積極支援 入社後の定着率91.5%
強い業界 営業・販売・IT IT・広告・商社
特徴 優良企業を厳選
人物重視の採用
親身なサポート
正社員求人のみ
未経験者研修が無料
就職成功率8割
簡単登録
(無料)

面接確約もあるスカウト型サービス

ミイダス リクナビNEXT
適性診断 (市場価値診断) (グッドポイント診断)
主な
年齢層
20~50代 20~40代
サポート対象者 学歴職歴経歴
すべて不問
学生不可
転職者向け
利用方法 会員登録 会員登録
診断費用 完全無料 完全無料
所要時間 5分程度 15~30分程度
特徴 想定年収と市場価値がわかる。面接確約オファーあり 強みと適性がわかる本格診断企業からスカウトが届く
簡単登録(無料)


ハイクラスの30代短期離職者向け

リクルートダイレクトスカウト ビズリーチ
ハイクラス転職サービス
主な年齢層 25歳~50代 26歳~50代
主なサポート対象者 ハイキャリア
現年収600万円以上の転職者
ハイキャリア
現年収500万円以上の転職者
入会審査 なし あり
利用料金 完全無料 一部有料
支援実績 転職決定年収の平均938万円超 導入企業数23,500社(累計)
特徴 年収800万~2千万の求人多数
一流ヘッドハンター指名可能
求人の1/3が年収1000万円超
企業からの面談確約スカウト
簡単登録
(無料)


短期離職の30代、繰り返しても転職成功

30代向けの求人は、即戦力や管理職のポジションが多いため短期離職者には不向きですが、職歴が不利になりづらい業界もあります。

30代の短期離職者は、離職理由を明確にして企業を納得させ、自分を最大限アピールできれば転職に成功しやすいです。

転職エージェントを複数併用すれば、選択肢が広がるだけでなく、希望の求人も見つかりやすくなるでしょう。

グラフ参照元:厚生労働省/令和2年転職者実態調査の概況

【経験がある30代の短期離職者向け】
リクルートエージェント
LHH転職エージェント
【経験が浅い30代の短期離職者向け】
DYM就職
就職カレッジ
【自分で求人を探すなら】
リクナビNEXT
【スカウトであたらしい可能性を】
リクルートダイレクトスカウト
ビズリーチ
働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、実績No.1の『リクルートエージェント』と、20~30代向けの『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは無料なので、まずは気軽に相談してみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職成功実績No.1!非公開求人多数
幅広い業界・職種から希望条件にマッチする求人を紹介可能

年代問わず転職決定者が多く、キャリアアップ・キャリアチェンジに強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!各職種の転職事情を熟知した手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サービスがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超。登録者のレジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

会員登録時に基本情報や職務経歴まで入力するとスカウト率アップ!
関連記事:転職エージェント23社を徹底比較!自分に合う転職エージェントを選ぶコツ

RECOMMEND

関連記事