最終更新日:

【体験談】パソナキャリアを利用してみた!34歳にして異業種転職に成功

【体験談】パソナキャリアの面談で34歳にして異業種転職に成功

「パソナキャリアで転職をしたいけれど、女性でも安心できるかな」
「30歳を過ぎてから異業種転職ってできるのかな」

私はパソナキャリアを使って転職活動していました。

転職を考えたとき、パソナキャリアを利用するときに不安だったのは自分の年齢や女性という現状でした。ただ、利用してみてわかったのですが、パソナキャリアは女性を非常にサポートしてくれる転職エージェントだったのです。他社のキャリアコンサルタントは男性も多いですが、パソナキャリアは女性のエージェントが多く、安心感があります。

といっても、面談でどのような話をするか不安ですよね。今回は実際に面談に行き、異業種への転職に成功した私が体験談をお伝えします。

転職時の年齢はなんと34歳。
転職限界年齢ギリギリで、異業種転職なんて難しいはず。それなのに、うまくいったのです。ぜひ参考にしてくださいね。

パソナキャリアを利用した私の自己紹介

自己紹介

年齢 34歳
性別 女性
転職前業界 IT
転職希望職種 経理

まずは、私の過去を書きます。私は女性で、パソナキャリアに面談に行った当時は34歳で失業中でした。会社を辞め、失業保険でブラブラしていたものの「そろそろ働かないとな」と焦りをちょっぴり持っていました。

前の仕事はIT業界です。またIT業界で働いても良いのですが、「男性ばかりの職場はもうしんどいかな」と思って、なにか新しい仕事を探していたのです。でも、世の中に何の仕事があるのかわからないのが私の正直なところでした。なぜなら、私はIT業界一本で暮らしてきて、外の業界の人とのつながりもほとんどなかったからです。

でも、新しいキャリアを積みたい、そう考えていた時、ハローワークの適職診断で、「経理」はどうかといわれました。IT業界と真逆ではなく、そして女性の仕事であると。

だから、私は経理の仕事をしたいと感じ、正社員での職を探したのです。そんなとき、人からの紹介でパソナキャリアに出会いました。パソナキャリアにさっそく登録して、面談をお願いしました。

パソナキャリアの友人紹介キャンペーン!
今ならパソナキャリア登録者が友人をパソナキャリアに紹介し、面談すると【Amazonギフト券3,000円分】がそれぞれに送られます。(2019/4/1現在)

>>まずはパソナキャリアに申し込む

担当者との面談内容

年月 2011年4月
場所 東京オフィス

面談にいったのは、2011年の4月でした。東日本大震災の翌月です。よくこんなタイミングで就職活動をしようと思う私も私ですが、営業しているパソナキャリアもすごいですね。

電車が定刻どおりに動いているか不安だったので、ものすごく前の時間に出発しました。東京駅の裏側にパソナキャリアのビルがあります。東京駅のパソナビルは人が少なく、震災の直後だけに「あまり利用者がいないのかな」という感じでした。

東京駅へはアクセスが大変に良いものの、なにせ震災直後ですので、電車の不安はありました。しかし、通常運転の今なら、東京駅なので非常に便利かと思います。

そこそこきれいなオフィスで、面談は女性二人でした。そして、髪から爪から靴まで、全部見られました。

なぜなら、経理は事務職。事務職に大切なのは『マナーと身だしなみといった、社会人としての基礎教養がなっている女性』だからだそうです。協調性ももちろん大切ですね。

初回面談は30分程度でした。

経理は率直にいって、それほど高度なスキルは求められません。もちろん、税理士になるとそれはそれで専門職ですが、経理職は女性の手に職ながら、事務職の要素が強く、採用されるには『なんといってもマナー』だと言われました。

これはマナーや身だしなみ、そして時間に比較的ルーズなIT業界にいた私には大きな驚きでした。でも、考えてみればそうですよね。経理の技術はやればだれでも身につけられます。しかし、マナーは教わって気をつけないと失態をおかしてしまう、そんな内容を面談で教わりました。

当日、求人に応募

事前にある程度のレジュメを送付していたので、話は早かったです。スキルチェックではなく、経理職を志望するにあたって、どのような心構えでいるべきか、そういったアドバイスを受けた形です。

たとえば、私は新しい職種に挑戦するのは非常に不安だったのですが、「大卒である」「IT業界と経理は真逆の仕事ではない」そして「前のIT業界を大嫌いになって辞めたわけではない」以上3点のアドバイスを挙げられました。

これは私にはまったく見えてなかった視点で、新しい気づきを得ました。

そして、その話をストーリー仕立てにすると、
私はIT業界一本で、地元から東京にまで出てきましたけれど、「今度はプライベートも大切にしながら、ワーク・ライフ・バランスを取れる経理の仕事を追求したい」「次もまた、自分なりにプロフェッショナルになりたい」思いを自分のなかに練り上げることができ、面接の準備が捗りました。

結果は一発採用!

そして、パソナキャリアでは、当日にいくつかの案件を紹介してくれます。

私はお客様、とくに社長さんと話がしたいと感じていたので、一般企業の経理ではなく会計事務所を希望しました。『会計事務所なら、事業会社の経理職よりも汎用的なスキルが身につく』と感じたからです。

結果として、パソナキャリアで面談を受けたときに自分のなかでできあがった、『未経験から経理職に採用されたいストーリー』をそのまま紹介された会計事務所さんでお話することで、一発で採用されました。

給料は20万円からのスタートですが、これは業界にしては悪くないようです。会計事務所の、税理士補助の仕事なので、やりがいを感じました。

パソナキャリアの詳細を見る

パソナキャリアを利用しての感想

パソナキャリアでの転職活動の成功点

結果として、私は異業種転職に34歳で成功しました。

前向きに、そして素直にエージェントのお話を受け入れた点が最大の勝因だったと自分では思っています。マナーが大切なのであればマナーを。椅子をたったら椅子を戻しなさいといわれたら日頃からその癖をつけて実行。

そして、面談もカジュアルで良いですよといわれていましたが、オフィスカジュアルにして完全なる私服では面談に行きませんでした。靴もちゃんとしていましたし、それをじっと見られたのを覚えています。

念の為、時間を早く行きましたし、「震災の大変なさなか、就活しようだなんて素晴らしいですね」といわれて、自信を少しつけました。

パソナキャリアでの転職活動の失敗点

また、異業種転職にあたって、意欲とやる気は充分あるのだけれど、とても不安に感じていると素直に打ち明けました。当時の私は、簿記2級どころか、3級ももっていませんでした。

資格の勉強をしようと思っていたのですが、あまり賢くないためテキストの勉強がどうしても苦手で、ニンテンドーDSの簿記ソフトを使っていると伝えました。それが、なんだか遊び半分、冷やかし半分のように受け取られたような印象がありました。

パソナキャリアの体験談まとめ

転職は無事成功し、しかも34歳で未経験からの採用だったので、とてもうれしくて飛び跳ねたのを覚えています。パソナキャリアさんには本当にお世話になりました。

良いアドバイスを客観的に頂いたおかげで、未経験から、しかも34歳からの就職に成功したのです。やりたい内容がやりたいように無事に決まって、しかも正社員だったのでとても満足しました。パソナキャリアと自分が頑張ったおかげで、無事に良いところに就職し、その会社での経験は今もいきています。

パソナキャリアは25~39歳くらいの年齢に強い転職エージェントです。20代なら350万円~、30代なら450万円~ほどの年収帯の方にオススメできます。


RECOMMEND

関連記事