最終更新日:

地方は転職しやすい?都会よりも生活水準が上がる地方の転職成功法

地方 転職

「地方の方が都会より転職しやすい?」
「地方で転職するメリットは?」
「地方での転職先の探し方は?」

地方の転職のしやすさや地方での求人の探し方が分からず、移住を迷っている人も少なくありません。

地方での転職は転職活動の負担は大きいですが、国・自治体の支援や転職エージェントを利用すれば効率よく転職が成功します

本記事では、地方で転職するメリット・デメリットと地方での転職成功法を詳しく解説していきましょう。

地方での転職難易度

地方は求人が少ないイメージがあるけど、転職するのは難しくないの?

地方転職は有効求人倍率が高い

独立行政法人 労働政策研究・研修機構によると、2023年4月の地方別の平均有効求人倍率は以下の通りでした。(※1)

地域 有効求人倍率
北海道・東北 1.30
関東 1.28
中部 1.50
近畿 1.19
中国 1.52
四国 1.31
九州 1.30

都会は求人も多いですが求職者も多いため、東京や大阪など人口が多い大都市がある関東や近畿の有効求人倍率は1.30以下と低いです。

地方は求人は少ないですが求職者も少ないため、有効求人数倍率は高い傾向にあります。

求職者一人に対する求人募集数は都会より地方の方が多いため、地方の方が転職しやすいと言えるでしょう。

有効求人倍率とはハローワークの有効求人数を有効求職者数で割った数。求職者一人あたりにどのくらい仕事があるかを表す。

地方はU・Iターン転職が支援される

地方は人手不足に伴い働き手や移住者を求めているため、自治体や国がU・Iターン転職を手厚くサポートしています。

UターンとIターンって何なの?

都会に就職した後故郷に戻って転職するのがUターン、出身地以外の場所に移住して働くのがIターンよ☆

各自治体によって、移住者の不安を軽減する移住支援金の交付、引越費用や家賃補助、面接時の交通費の負担など支援内容は様々です。

国の「全国型地方創生移住支援事業」では、東京から地方への移住者が一定の条件を満たせば最大100万円の補助金を受けられます。

少しでも金銭の負担を減らして地方へ転職したい人は、各自治体の申請内容を確認して申し込みましょう。

地方で転職するメリット

高い求人倍率で転職支援もしてくれるなら地方でも不利にならないね!地方で転職するメリットが知りたいな。

満員電車や人混みのストレスがなくて、人との繋がりも大切にできるの♡

地方の転職で通勤ラッシュからの解放

日々の通勤ラッシュを苦痛に感じていて地方に転職したい人も少なくありません。

地方は人口が少ないため都心部ほどの混雑がなく、車通勤を認めている会社も多いため、通勤ラッシュによるストレスが軽減されます。

通勤時間を快適に過ごせる地方に転職すれば、心の余裕ができ仕事のパフォーマンスも向上するでしょう。

地方の転職で生活水準が向上

地方は山や海など自然に囲まれている場所が多く緑豊かな環境に恵まれているため、自然に触れながら心身共にリフレッシュできます。

都会と比較して人口密度も低く、交通量の多さや人混みのストレスもありません。

地方に転職すれば、環境の整った生活が送れて仕事に集中しやすいです。

地方の転職で人間関係が良好に

地方は周囲との人付き合いを大切にする傾向があります。

近所の人だけでなく仕事においても横の繋がりができるので、職場の人と信頼関係を築きやすいです。

仕事の悩みや不安にも親身に相談に乗ってくれるため、人とのコミュニケーションに重きを置いている人は地方転職を検討しましょう。

地方で転職するデメリット

快適な生活を送りたい人は地方の転職が最適だね!

地方の生活環境は整ってるんだけど、転職活動での負担は少し大きいの。

地方は転職活動の負担が大きい

転職希望の地方と居住地との距離が遠いほど転職活動の負担が大きくなります。

現地に面接を受けに行くための交通費や宿泊費はもちろん、在職中であれば日程や時間の確保も必要です。

複数の企業の選考を同時に進めて面接日程をまとめられれば負担は軽減されますが、別々だと無駄に費用や時間を浪費しかねません。

転職エージェントを利用すれば、日程調整の代行やリモート面接可能の求人を紹介してくれるので効率よく転職活動を進められるでしょう。

地方で転職しても高収入が見込めない

厚生労働省の令和3年の調査によると地方別の平均年収は以下の通りでした。(※2)

地方 平均年収(万円)
北海道・東北 260.6
関東 310.3
中部 285.9
近畿 301.8
中国 272.3
四国 272.3
九州 260.9

東京や大阪、名古屋などの都心部がある関東・近畿・中部は平均年収が高く、それ以外の地方では低い傾向にあります。

高収入は望めないものの、田舎は都心部に比べて生活費や物価が安いため出費も少ないです。

年収の高さが暮らしやすさに直結するとは限りませんが、給与を重視している人には地方での転職は向かないでしょう。

地方の転職先を探す方法

市町村のHPを活用して地方に転職

地方転職を希望している求職者と企業を繋ぐため、求人を紹介するページを開設する自治体が増加中です。

地方自治体の中には「転職就労サポート窓口」が設けられていて、求人紹介の他、1週間程度の移住体験も用意されています。

地方転職でかかった交通費や宿泊費の一部または全額を負担してくれる自治体もあるので確認してみましょう。

求人サイトの登録で地方に転職

地方に特化した求人サイトには地元の求人が多く掲載されていて、移住に関する情報も充実しています。

豊富な選択肢から自分に合った働き方や暮らし方を事前にイメージできるため、登録すると転職活動がスムーズです。

掲載されている求人はそれぞれ異なるので、自分に合ったライフスタイルを実現したい人は、複数の求人サイトに登録しておきましょう。

地方転職に特化したエージェント利用

各市町村のHPや求人サイトで転職活動を進めても、求職者の負担は少なくありません。

転職エージェントでは、求人紹介~入社手続きまで無料で徹底サポートしてくれます。

転職エージェント サポート内容1

他にはない好条件な非公開求人も紹介可能なので、希望に合った求人が探しづらい地方では積極的に転職エージェントを活用しましょう。

経験が浅い20~30代向け

DYM就職 就職カレッジ
転職エージェント
主な年齢層 18~35歳 18~35歳
主なサポート対象者 第二新卒、既卒、女性も歓迎 フリーター、ニート、中退者
支援実績 経験が浅い若年層を積極支援 入社後の定着率91.5%
特徴 優良企業を厳選
人物重視の採用
親身なサポート
正社員求人のみ
研修が無料
就職成功率8割
簡単登録
(無料)

経験がある20~30代向け

リクルート
エージェント
マイナビ
エージェント
転職エージェント
主な年齢層 20~40代 20代~35歳
主なサポート対象者 全転職者に対応 20代、第二新卒、1~3回目の転職者
支援実績 採用成功実績は54万人超 20代の満足度
No.1
を獲得
特徴 業界最大手
転職実績No.1
面接対策が充実
サポートが◎
中小企業に特化
IT系にも強い
簡単登録
(無料)

ハイクラスの20~50代向け

リクルートダイレクトスカウト doda X
ハイクラス転職サービス
主な年齢層 20~50代 25歳~50代
主なサポート対象者
ハイキャリア
管理職クラス
現年収600万円以上の転職者
入会審査 なし なし
利用料金 完全無料 完全無料
支援実績 転職決定年収の平均925万円以上 業界大手パーソルキャリア運営
特徴 年収800万~2千万の求人多数
一流ヘッドハンター指名可能
年収800万~2千万の求人多数
高内定率ダイヤモンドスカウト
簡単登録
(無料)

地方での転職成功法

求人が見つかっても採用されるか不安だよ。どうすればいいのかな?

希望条件を絞りすぎず志望動機を明確にすれば採用されやすくなるわよ☆

地方転職なら希望条件を絞りすぎない

地方は都心部と比べて求人数が少ないため、移住先の情報が不足している状態で条件を絞りすぎると転職活動が難航してしまいます。

各地域の強みや人手不足の業界のリサーチなど、あらかじめ地域の特性を理解しておくと希望条件とマッチした求人が見つけやすいです。

地方に特化した転職エージェントを利用すれば求人情報も教えてくれるので、効率よく転職活動が進められるでしょう。

地方の転職では志望動機をより明確に

地方への転職では「地方に移住したかった」など志望動機が曖昧だと選考に通りにくいです。

「なぜ移住したかったのか」「地方に転職して何を実現したいのか」を明確にアピールしましょう。

企業に地方への転職意欲が伝われば、選考通過率が上がります

地方への転職は検討するべき

地方は有効求人倍率が高く、U・Iターン転職も支援されるため転職しやすいです。

地方に転職すると通勤ラッシュからの解放や自然豊かな環境で生活できるため、ストレスを感じにくく仕事のパフォーマンスも向上します。

ただし転職活動の負担は都会より大きいため、転職エージェントを活用して効率よく地方への転職を成功させましょう。

(※1 出典:労働政策研究・研修機構/職業紹介-都道府県別有効求人倍率)
(※1 出典:厚生労働省/都道府県別賃金)

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティーワークスのおすすめは、転職成功実績No.1の『リクルートエージェント』と、業界・職種が幅広い『doda』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは無料なので、まずは気軽に相談してみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職成功実績No.1!非公開求人多数
幅広い業界・職種から希望条件にマッチする求人を紹介可能

年代問わず転職決定者が多く、キャリアアップ・キャリアチェンジに強い。充実の面接対策も人気!

doda公式へ

求人数20万件超!非公開求人多数!!
こだわり条件にマッチする求人を提供する国内最大級の求人情報・転職サイト

特に営業職に強く、丁寧なサポートとアフターフォローに定評あり。大卒以上の26~35歳関東、関西、東海の求職者向け。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サービスがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超。登録者のレジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

会員登録時に基本情報や職務経歴まで入力するとスカウト率アップ!
関連記事:転職エージェント23社を徹底比較!自分に合う転職エージェントを選ぶコツ

RECOMMEND

関連記事