最終更新日:

30代で年収アップにおすすめの転職サイトを紹介!

30代で年収アップにおすすめの転職サイトを紹介!

売り手市場も影響し、転職で年収アップを実現する人が増えています。
仕事の実力成長ポテンシャルをあわせ持つ30代は、企業にとって高い年収でも採用したい人材です。

今回は30代で年収アップにおすすめの転職サイト3選やそれらを使って年収を上げる方法をお伝えします。

    サイト選びの3つのポイント

  • 高年収求人数が多い
  • スカウト機能がある
  • コンサルタントの年収交渉力が高い

30代におすすめの高収入転職サイト3選

転職サイト/エージェント
高年収求人数(年収800万以上の公開求人) 80390件 2949件 20992件
スカウト機能 あり なし あり
コンサルタントの年収交渉力 ヘッドハンターが行う。能力はピンキリ。 教育が徹底されており交渉力は高い ヘッドハンターが行う。能力はピンキリ。
メインターゲット 20代後半~40代
年収500万円以上
30代~50代
年収600万円以上
20代後半~40代
年収600万円以上
特徴 企業から直接スカウトが来る 面接対策などサポートの質が高い 自分に合うヘッドハンターを選べる
公式サイト

※求人数は2019年6月3日現在のもの。

ビズリーチ

面談確約プラチナスカウトを狙え

登録時に入力した情報をもとにスカウトメールが届くヘッドハンティング型転職サイト。
中でも「プラチナスカウト」を受け取ると企業やヘッドハンターと必ず面談できます。多く受け取るコツは登録時の情報入力をしっかり充実させること!

ビズリーチがおすすめな理由

  • 高年収求人数が多い
  • 30代の転職実績が高い
  • 企業からスカウトが来る

ビズリーチはハイクラス向けにもかかわらず、非公開求人も合わせると13万件以上もの求人数を扱っています。

35歳以上の転職成功者が全転職者のうち約6割で、その平均決定年収は850万円です。

また、企業から直接スカウトが届くので、プラチナスカウトだといきなり役員・社長面接の可能性さえあります。

ビズリーチのデメリット

  • 登録に審査がある
  • 利用料金がかかる
  • 急ぎの転職には向かない

ビズリーチは登録時に審査があり、通過後も全機能を使うのは有料となっています(月額2,980円 or 4,980円)。
それだけ優秀な人材しか登録していないからこそ高年収求人が多く集まっています。

また、職務経歴を登録して待つ「スカウト」がメインなので今すぐにでも転職先を見つけたい人にはあまり向きません。

無料会員でもプラチナスカウトからなら応募までできるわよ♪

ビズリーチ[BIZREACH]公式サイト

JACリクルートメント

コンサルタントの質が高い

役員や管理職向け求人に強い、エグゼクティブ向け転職エージェント。老舗であるJACリクルートメントの徹底された教育により所属コンサルタントのサポートの質が非常に高いです。年収交渉や丁寧なキャリアカウンセリングにも定評があります。

JACリクルートメントがおすすめな理由

  • 年収交渉力が高い
  • サポートの質が高い
  • 30代以上がターゲット

コンサルタントが企業と求職者の両方を担当することで面接官の性格まで熟知しているコンサルタントが多いので、アドバイスが非常に的確です。

さらに、求職者目線でのサポートを徹底しているJACリクルートメントは仮に内定後であっても企業に年収交渉をしてくれます
利用は完全無料です。

JACリクルートメントのデメリット

  • スカウト機能がない
  • 実績のない人には対応がドライ
  • 一度の紹介案件数が少ない

JACリクルートメントは担当者が付く転職エージェントなので職歴を見てオファーを受ける「スカウト」はありません。

また実績のない人には面談すらしてもらえないことがあります。

さらにあなたの希望に沿った求人だけを厳選するスタイルのJACでは一度にたくさんの求人を紹介されることは少ないです。

実績や能力の高い人にサポートを集中させてるのね。

JACリクルートメント公式サイト

キャリアカーバー

ぴったりのヘッドハンターを探せ

業界最大手リクルートが運営するハイクラス限定転職サイト。
ヘッドハンターとのやりとりをメインにしたサイトで、1700名以上いるすべてのヘッドハンターのプロフィールを閲覧できます。気になる人に連絡を入れ、味方を増やすことが年収アップ転職への近道です。

キャリアカーバーがおすすめな理由

  • 大手リクルート運営の信頼
  • ヘッドハンターに相談し放題
  • スカウトの種類がおもしろい

大手リクルート運営のため、ハイクラスサイトとしては後発にもかかわらず非常に多くの求人数がそろっています。

また、ヘッドハンターを選んで連絡するのはビズリーチなら有料ですがキャリアカーバーは利用完全無料で何人にでも相談できます

さらに通常スカウト一球入魂スカウト顧問求人スカウトと種類があり、面談確約ではないものの30代の働き方の幅を広げてくれます。

キャリアカーバーのデメリット

  • 市場価値の低い人にはスカウトが来ない
  • ヘッドハンターに頼らざるをえない
  • 急ぎの転職には向かない

キャリアカーバーはビズリーチよりもハードルが高く、現年収が低かったり実績の乏しい人には登録しても全くスカウトが来ません

また、企業からのスカウトは存在しないので求人に応募するときは必ずヘッドハンターを仲介しなければなりません。

さらにビズリーチと同じようにスカウトをメインにしたサービスなので急ぎの転職には向きません。

自分の実力に自信があって、さらなる高みに挑戦したいと考えている30代はぜひ利用してみて☆

キャリアカーバー公式サイト

実際に利用した人の声

ビズリーチの口コミ

年収1,000万円以上も狙える!

自分がビズリーチに登録していた時は、年収1,000万円以上の求人が1万件以上も!普通に考えたらありえない光景に、驚きを隠せませんでした。
さらには、部長や役員、代表取締役社長候補などの求人も多数あるため、それ相応のキャリアを積んでいて自信があれば、ビズリーチは最高の転職サイトだと思いました。私も管理職経験があるので、年収1千万プレーヤー目指します。

(42歳・男性・フィールドエンジニア)

過去の経験を活かせる

即戦力採用のビズリーチと言っているだけあって、自分の経験職種や業種を活かして転職するならもってこいのサイトだなと感じました。自分の経験を武器にできる分、スカウトで提案された求人は今より給料が高いものばかりでした。スキルの項目をしっかり詳細に書いておいたのが良かったのかなと思います。

(30代・男性・マーケティング)

役員としてスカウトされた

ビズリーチでCTO(技術責任者)のポジションでスカウトが来ました。ベンチャー企業での新規事業に伴う求人でした。先方の考え方にも共感し、面接を受ける決意をしました。年収は150万近く上がり、刺激の多い日々を送っています。

(30代・男性・エンジニア)

登録不合格で、理由も教えてくれない

ビズリーチに会員登録をしましたが、なぜか不合格になりました。自分のスキルが足りていなかったのか、なにかしらの不備があったのか。もちろん理由は教えてくれずに、テンプレート形式のようなお詫びメールがあったのみでした。もし、登録がダメならその理由を教えてくれれば、まだ納得できるのになと思いました。

(35歳・女性・金融業)

JACリクルートメントの口コミ

キャリアをふまえた提案力が素晴らしい

何人かのコンサルタントの方と面談をしましたが、全体的にレベルが高いと感じました。私のこれまでの経歴から考えられるさまざまな選択肢を提案していただき、自分でも気づかない視点を得られたので本当に有意義な時間でした。ただ今の経験を活かした転職するだけでなく、私のこれからのキャリア形成に向けての提案だったため、これこそキャリアコンサルタントだなと感心してしまいました。

(30代後半 男性 金融関係、管理職・年収1000万)

模擬面接で練習できる

私は一つの業界に長く勤めており、本格的な転職活動は初めてで不安でしたが担当の方が親身になってくださったのでとても良い転職ができました。初めは履歴書や職務経歴書などを揃えるのにもてこずっていましたが、書き方の助言をしてくれて自分でも自信を持てる書類に仕上げることが出来ました。特に「模擬面接」をしていただけたことが本当に大きかったです。マナーや言葉遣い、服装まで細かい注意点も教えてもらえました。おかげで面接当日も冷静に受け答えが出来ました。本当にありがとうございました。担当の方には本当に感謝しています。

(30代 男性 営業)

求人の質は極めて高かった

求人紹介の量はそこまで多くはなく、一日1件くらいが平均だった。ただ、質という点では担当の方が大変親身になって下さる方で、一件一件が希望条件に沿ったものであった為、極めて高かったと言える。また面接直前や内定承諾に迷っているときは、細かな質問でも、土日でも真摯に対応頂いた。担当者以外もその雰囲気があった。

(20代後半 男性 医療機器営業・年収600万台)

2ヶ月程何も連絡がありませんでした。

転職活動をするにあたり、JACリクルートメントに登録しました。他の転職エージェント同様、まずはカウンセリングを行ったのですが、それから2ヶ月程何も連絡がありませんでした。先日、私のスキルに合う求人が見つかったのか、やっと求人案内がありましたが、既に他社から紹介を受けている求人でした。JACリクルートメントは昔からある転職会社という印象だったのですが、求人も紹介されず、フォローもほとんどなく、肩透かしにあった感じでした。

(30代 男性 営業)

キャリアカーバーの口コミ

年収1,000万円越えの求人多数

登録後まもなくスカウトメールがいくらか送られてきました。そのどれもが今より年収の高いものばかりで目移りしてしまうほどでした。私は年収900万台だったのですが、キャリアカーバーで1000万円の大台を超えることができました

(30代後半 男性 医薬品メーカー)

ヘッドハンター検索が便利

ヘッドハンター検索でいろいろな条件を選べるので希望する業界に詳しい人を検索しました。業種を選んで経験年数10年以上の人で絞り、連絡しました。面談に対応してくださり、かなり希望に近い仕事を紹介してもらうことができて本当にありがたかったです。今後の仕事人生のビジョンについても親身に相談に乗ってくださる方でした。

(30代 男性 経営企画)

ヘッドハンターのレベルが高かった

やっぱりリクルート系列だからか求人の数も多くて、しかもその平均年収帯も一般的な転職サイトではあまり見られないほど高くて驚きました。スカウトに返信してヘッドハンターに会ってみるとレベルはかなり高かったです。キャリアカウンセリングがかなり丁寧で心強く、業界や企業についての突っ込んだ情報まで聞けて非常に有意義な時間でした。結果的にキャリアアップになったので大満足です。

(30代 男性 営業)

スカウトがほとんど来ない

ビズリーチは登録後10通ほどスカウトのメールをもらえたんですが、キャリアカーバーにも同じ情報で登録したらスカウトが一通しか来ませんでした。ビズリーチよりもさらにレベルの高い人向けなのかもしれませんがちょっとショックでした。

(42歳 男性 法人営業)

転職サイトを活用して年収アップを確実にするためのポイント

2つ以上転職サイトを併用する

30代だと一般求人の数も多いため、高年収な求人数はどうしても少なくなります。ハイクラス転職サイトの求人でも、役員クラスや部長級以上などのものもあります。しかし、30代でそこまでの地位につける人は少数でしょう。

そこで少しでも多く転職サイトやエージェントに登録して応募できる求人数の分母を増やすことが30代年収アップ転職の鉄則です。

最低でも2つ以上の転職サイト/エージェントに登録する

キャリアの棚卸しをする

30代の転職では過去に経験した仕事や業務をすべて洗い出すキャリアの棚卸し」をすることが非常に重要です。
それらをコンサルタントやヘッドハンターに伝えるとより効果的にアピールできる職務経歴書の作成を手助けしてくれるでしょう。

行った業務をだらだら書くのではなく、そこで学んだことや苦労したことを書き出す

今までの経歴を活かせる企業を狙う

今までしてきた仕事とはまったく違う異業種・異職種での転職は自分のやりたかった仕事に挑戦できる代わりに年収が下がることがほとんどです。
30代で年収アップ転職するなら即戦力でなければならないので、必ずあなたが培ったスキルを活かしましょう。

同業種・同職種 or 異業種・同職種の企業にいかに貢献できるかを打ち出す

30代の年収アップ転職は売り手市場の今のうちに!

近年、景気回復にともない求人数に対して求職者が少ない「売り手市場」が続いています。
さらにビズリーチを筆頭に「ダイレクトリクルーティング」と呼ばれる企業が優秀な人に直接アプローチする採用手法が日本でも広まりつつあります。そのため、年収アップ転職者の数も着実に増えています

好景気もいつまで続くか分かりません。ダイレクトリクルーティングもさらに広まり、優秀な人材の企業間の流動性が一般的になれば年収アップ幅も今より少なくなるかもしれません。だからこそ今のうちに転職して年収を上げておくことをおすすめします。

ポイントは転職サイトを併用して求人数の分母を増やし、あなたがいかに企業に貢献できるかを自信を持って伝えることよ☆


RECOMMEND

関連記事