最終更新日:

三井不動産に転職した方がいい?従業員の口コミでわかった三井不動産ってこんな会社

三井不動産に転職した方がいい?従業員の口コミでわかった三井不動産ってこんな会社

三井不動産は、延宝元年(1673年)に江戸本町(現在の日本橋本町)に呉服屋として誕生し、大正時代に入り不動産事業を設立した長い歴史を持った企業です。

現在の三井不動産はオフィスビルや商業施設事業だけではなく、物流ビジネスやベンチャー共創事業など、幅広い事業を手掛ける大企業へと成長しています。

それでは、社員の口コミを元に、三井不動産とはどのような企業なのかご紹介していきましょう。

三井不動産株式会社の口コミ

年収や給与について

「契約社員でも水準以上」

三井不動産株式会社では、現在キャリア採用を行っていませんので少々古い口コミをご紹介します。

三井不動産の給与面で最も多く見かけるのは、正規雇用社員、契約社員ともに業界内の水準以上の給与が支払われているという口コミです。

また、以前では派遣社員でも賞与ありという好待遇だったようですが、現在の状況は残念ながら確認することができません。

「業績が給与に反映されることがない」

こちらもやや古い口コミにはなりますが、業績を上げてもそれが給与反映されないという口コミが見つかりました。

ただ、これはどの企業にもあり得る話なので、ご自身の考え方ひとつといったところでしょう。

勤務時間・休日など

「有給休暇をとりやすい」

部署にもよるとは思いますが、入社初年度から有給休暇をとりやすいという声が挙がっています。

また、出産休暇や育児休暇、介護休暇などの休暇制度も充実しているようですので、子育て世代にとっては勤務しやすい環境が整っていると考えることができるでしょう。

残業は強制されることがなく個人の裁量に任されるようですので、無理な残業によるストレスが溜まる心配もなさそうです。

社員の働きやすさが考慮された職場となっています。

「自己管理だからこそ厳しいことも」

個人任せの残業と聞くと自由な社風のように思えますが、自由だからこそ、時間の組み立てを自分自身で行わなくてはならないので、それを厳しいと捉える方もいるでしょう。

自由があるからには、その裏には何らかの制約が隠されている可能性も考えられますので、三井不動産を転職先の候補としてお考えの方は、このことについて頭に入れておく必要があるでしょう。

福利厚生

「契約社員でも福利厚生の利用が可能」

三井不動産には、雇用保険、労災保険、健康保険、厚生年金保険制度や借家手当、家族手当制度が用意されています。

また、旅行の宿泊費・交通費を補助するカフェテリアプランや住宅融資制度も用意されています。

これらは正規雇用社員を対象とした福利厚生ですが、それとは別に契約社員を対象とした福利厚生制度も用意されているようです。

「契約社員の社内環境には問題が…」

業務が滞りがちな正規雇用社員のしわ寄せが契約社員に回ってくる」という不満を漏らしている契約社員の声があります。

ただし、この情報はやや古いため、現在では改善されている可能性も考えられます。

制度について

「階層ごとの研修が充実」

新入社員入社研修をはじめ、フォローアップ研修や階層別研修、若手海外派遣研修などの研修制度が充実しています

また、自己啓発支援として通信教育費用補助制度も用意されていますので、スキルアップを目指したい方にはとてもありがたい制度だといえるでしょう。

ただし、これらの研修が転職組にも適用されるかどうかは不明ですので、気になる方は転職エージェントを通して確認してみると良いでしょう。

「手厚い研修を受けられるのは正規雇用社員のみ」

数年前の口コミを確認してみると、研修を受けられるのが正規雇用社員のみで、契約社員は対象にならないという不満の声が挙がっていました。

これについて現在どのような状況になっているのかを確認することはできませんが、改善されている可能性も考えられます。

将来性

「グループ会社多数で将来性には期待できる」

三井不動産には数多くのグループ会社があり、大手企業ゆえの安定性を感じている社員が多いようです。

また、出産や育児に対する理解度が深いため、今後の女性の活躍に期待できるという意見や、豊かな町づくりへの貢献度が高く、この先の将来性も期待できるだろうという意見もあります。

三井不動産の公式サイトを確認してみると、すでに2025年の経営方針も打ち出していますので、このことからも将来性への期待度は高まるものと思われます。

「正規雇用社員への登用は難しい」

企業の中には契約社員で入社したとしても能力次第で正社員登用への道が開かれるところがありますが、三井不動産ではこの制度が導入されていません

これに関して、「能力がある人材は正規雇用社員として登用していくべき」という声が挙がっていますが、三井不動産の人事部の考え方次第ですので、今後どのように変わっていくか見守るしかありません。

三井不動産株式会社そのものは、現在キャリア採用を行っていませんが、一部のグループ会社の中では行っているところがあります。

三井不動産にご興味をお持ちの方は、ひとまず転職エージェントに相談してみて、どのグループ会社がキャリア採用を行っているのか確認するところから始めてみてはいかがでしょうか。

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。
複数の転職エージェントを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめ転職エージェントは、転職成功実績No.1の『リクルートエージェント』と、20代・30代に人気の『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは完全無料なので、まずは気軽に転職の相談をしてみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
圧倒的な求人数であらゆる業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

\17の質問に答えるとスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:これを読むだけで転職成功率アップ!?厳選おすすめ転職エージェント18選

RECOMMEND

関連記事