最終更新日:

セコムに転職した方がいい?従業員の口コミでわかったセコムってこんな会社

セコムに転職した方がいい?従業員の口コミでわかったセコムってこんな会社

「セコム、してますか?」でお馴染のセコムは、個人宅を対象としたホームセキュリティ設備だけではなく、商業施設や宿泊施設、工業施設などのセキュリティ・防犯システムを取り扱う企業です。

さらに、メディカル事業や保険事業など、グループ会社では次々と新事業へも参入しています。

それでは、セコムとはどのような企業なのか、社員の口コミから確認してみることにしましょう。

セコム株式会社の口コミ

年収や給与について

「手当ありで同業他社よりも高額給与」

セコムの基本給はそれほど高額ではないようですが、手厚い各種手当のおかげで同業他社よりも高額な給与になるという口コミがあります。

部署によって多少の給与の開きはありますが、年次ごとに昇給するシステムが導入されているということから、収入面の不満はないという口コミが大多数です。

これなら安心して転職できると考えられますので、転職先の候補としてはおすすめできるでしょう。

「女性は蚊帳の外?男性との格差に不満」

昇給や昇格は男性が対象になっており、女性は対象外という口コミがあります。

また、基本給が低いため、入社から数年間は300万円に満たない年収だという声も挙がっています。

ただし、これは個人の意見ですので、正確な情報を確認したいのであれば、転職エージェントに相談して事実確認をしてもらってみてはいかがでしょうか。

勤務時間・休日など

「勤務はカレンダー通り、有給は比較的とりやすい」

事務職の方の場合では、休日はカレンダー通りにとることができ、月末月初に被らなければ有給もとりやすいようです。

また、部署によっては残業になることがありますが、終電ぎりぎりまでの勤務になることはなく、残業手当もきちんと支払われますので、勤務時間や休日については問題ないと考えることができるでしょう。

「営業職は夏季休暇のみ」

一部の方の意見ですが、営業職は夏季休暇(お盆時期)のみの休暇という口コミが見つかりました。また、一般社員の場合では月に複数回の休日をとることが難しいという話もあります。

さらに、部署によっては人員不足により有給すら取れないという口コミもありますので、転職をお考えの方は、部署によって休日休暇が異なるということを頭に入れておく必要がありそうです。

福利厚生

「各種社会保険完備、福利厚生が充実」

  • 各種社会保険
  • 通勤交通費支給
  • 財形制度
  • 社員持株会制度
  • 団体生命
  • 損害保険
  • 直営保養所・保養施設
  • スポーツクラブ
  • 年2回の健康診断

各種社会保険や通勤交通費支給のほか、財形制度や社員持株会制度、団体生命、損害保険、直営保養所・保養施設、スポーツクラブの利用といった福利厚生制度が用意されています。

さらに、年2回の健康診断といった健康への取り組み制度も導入されていますので、福利厚生制度は充実しているといえるでしょう。

ただし、これは正規雇用社員が対象となっており、契約社員は対象外です。

「健康への取り組み制度は充実しているが…」

健康への取り組みに関してありがたみを感じている社員は多いものの、現場職の方の中には、健康への取り組みよりも職場環境を改善してほしいという口コミを寄せている方がいます。

それぞれの現場によって職場環境が異なるのは止むを得ないのかもしれませんが、この点についてはセコム側で改善を目指さなくてはならないでしょう。

制度について

「キャリアごとの研修制度が充実」

セコムには、新入社員入社時研修、資格取得・通信教育助成制度、海外留学制度などの教育制度が用意されています。

なお、キャリアに応じた研修制度が用意されているため、年齢に関係なくとても役立つという声も挙がっています。

「研修後のサポート体制が整っていない」

各種研修制度は充実しているものの、その後のサポート体制が不十分なため、業務開始後に苦労するという口コミがあります。

特に月末や年度末といった繁忙期にはトラブルが発生する確率が高いため、この点について改善してほしいという声が多数挙がっています。

将来性

「東証一部上場の強みは大きい。なくなることがない業種であるため、将来性にも期待できる」

東証一部上場という部分、そして、世の中に必要でなくなる心配がない業種の特徴から、企業自体の将来性には期待できるという口コミが多く見つかりました。

また、高い知名度を誇る企業であるため、安定性を求める方にはおすすめできるという意見も多数見つかっています。

これらを考え合せると、セコムの将来性は高く、雇用の安定性についても問題はないと考えることができるでしょう。

「若い年代の定着率が悪いのでは?」

総合職で就職したのに、なぜか現場へ回されたという口コミがあります。

そのせいなのかは不明ですが、「若い年代の離職者が多く、この先大丈夫なのか?」という意見もあります。

また、あらゆる意味で古い体質から抜け出せず、新しい試みに対して尻込みする姿勢に不安を感じている社員もいます

企業の将来性に対する考え方には個人差がありますが、将来性や雇用の安定に関する不安を抱えている社員がいるという部分については、セコム側で改善策を講じる必要がありそうです。


RECOMMEND

関連記事