最終更新日:

【例文付】40代の転職で書類選考を突破したい! 魅力的な志望動機の書き方とは

【例文付】40代の転職で書類選考を突破したい! 魅力的な志望動機の書き方とは

「40代の転職を確実に成功させたい。まずは書類選考を突破したい」
「自分を魅力的に見せる志望動機の書き方とは?」

40代の転職に成功するには、まず書類選考を突破する必要があります。面接に進めなければ、中途採用の可能性も消え去りますからね。

書類選考を突破する技として、魅力的な志望動機の作成があります。これから詳しく解説していきます。

40代の転職で書類選考を突破するために大切なこと

40代の転職で書類選考を突破するため、履歴書の内容がとても大切になります。その中でも、企業の採用担当者が重視するのは、志望動機です。

志望動機には「想い」を込められる

履歴書の項目として学歴・職歴、資格・免許などがありますし、どれも大切ですが、志望動機には、あなたの「想い」を込められます。そして採用担当者も、志望動機に込められた「想い」を重視する傾向にあります。

私自身、ベンチャー企業の採用担当として、書類選考・面接を行っていましたが、やはり志望動機を重視していました。良い志望動機は、簡潔にまとまっていながらも、しっかりとした自己PRが書かれています。

逆に、いまいちな志望動機は、転職への熱量を感じられず、心の声が聞こえてこないのです。つまり、「転職への想い」が伝わってこないため、そのような応募者が書類選考を通過することはありませんでした。

40代の書類選考も志望動機が大切

上記のベンチャー企業の応募者は、20代~30代が多かったのですが、私自身は40代で転職に成功しました。

30代後半を個人事業主として過ごし、会社員として長いブランクがある中、40代前半で転職活動を行ったんですよね。その際も、履歴書・職務経歴書の充実、中でも志望動機を練り込みました。

  • どうすれば採用担当者に「転職への想い」が伝わるか
  • どうすれば自分自身を魅力的に見せられるか
  • どうすれば「役立つ人材」と思ってもらえるか

上記を真剣に考え、履歴書(志望動機)を作成した結果、面接に進んで採用されましたね。

私の場合、ハローワークや転職求人サイトを利用したわけではなく、知人の紹介による応募ではありましたが、はじめから、確実に採用されると決まっていたわけではありません。そのため、履歴書・職務経歴書を作り込んだのですが、決め手は志望動機だったと思います。

良い志望動機と、いまいちな志望動機の違い

それでは具体的に、どのような志望動機が良いのでしょうか?

良い志望動機

評価されやすい「志望動機」の要素として以下があります。

過去の実績が記載されている

40代の志望動機として、未来の希望よりも、過去の実績が大切になります。
今まで、どのような業務に携わってきたのか、プロジェクトに参加してきたのか、そのような実績ですね。

20代は過去の実績よりも「やる気」や「頑張り」が重要視されやすいです。採用担当者も20代に期待するのは、今後の意欲ではないでしょうか。30代の転職では、過去と未来をバランス良く評価されますが、40代では実績が評価されるため、重視しましょう。

40代には、今までの経験に基づいた即戦力としてのポジションが求められます。企業としても、『40代をゼロから育てよう』という意識はまずありません。

  • 若手社員をプロジェクトリーダーとしてまとめた経験
  • 20代~30代のチームを指導し、マネジメント管理した経験

そのような実績が評価されやすいですね。そのためにも、ぜひ過去の実績の棚卸しを行って下さい。

今までにどのような実績があるのか、複数の会社で働いた経験があるなら、会社ごとに実績を書き出しましょう。

自分では「あまりアピールできない実績かな…」と思っても、まずは全て書いてみると良いですよ。

実績と企業のニーズをマッチさせる

実績を棚卸しした後、転職したい企業のニーズとマッチさせて下さい。
そのためには、転職したい企業について、事前にリサーチを行う必要があります。

  • どのような事業を行っているのか
  • どのような商品・サービスを提供しているのか
  • 企業規模(従業員数など)

上記のような情報を、企業のホームページなどから収集して下さい。その後に求人票の情報も加えて、あなたの実績にマッチしているものを考えて下さいね。

たとえば、営業職のリーダー候補の求人で、過去に同種の仕事を経験していれば、積極的にアピールできるでしょう。さらに同業界の商品・サービスを手掛けた経験があれば、それもアピールできますね。リーダー候補の募集ですから、マネジメント経験もあればアピールできます。

志望動機に全て載せることは難しいので、マッチングポイントだけ抽出して、詳細は職務経歴書に記すのが一般的です。

謙虚かつ誠実な言葉遣い

20代~30代なら、少々言葉の使い方が間違っていても、「熱意」や「やる気」でカバーできるかもしれません。

しかし40代の転職では、落ち着いた姿勢と言葉遣いが求められます。特に志望動機は「生の声」が伝わる部分なので、謙虚かつ誠実な文章を意識して下さい。

ノウハウがどうこうと言うよりも、以下によって違いが生じる部分です。

  • 日頃からの態度
  • 人との接し方
  • 言葉への感度

プロの小説家のような文章は必要ありませんが、確実に転職したい企業の担当者が読んで、好印象を与える言葉遣いを意識して下さいね。

「客観的に読んでどのような印象を与えるのか?」がとても大切です。

そのためには、作成した志望動機を時間を空けて再読したり、家族や友人・転職のプロに読んでもらうと良いでしょう。それについては後ほど詳しく解説します。

いまいちな志望動機

「いまいちな志望動機」は「良い志望動機」の逆ですね。具体的には以下です。

未来のことばかり書かれている

過去の実績ではなく、未来のことばかり書かれている志望動機は好まれません。先述したように、40代の転職では、過去の実績が重視されます。そのため、若い頃のように「今は経験がありませんが熱意でカバーします。精一杯努力します」という内容を記しても難しいでしょう。

頭では分かっていても、20代~30代で転職に成功した経験があると、意外に陥りやすい罠なので気を付けて下さい。

しかし未来(入社後)について全く書かない方が良い、というわけではありません。あくまでもバランスの問題なので、過去の実績と共にアピールすると良いですね。

意味のない実績をアピールしている

過去の実績を志望動機に記しても、企業のニーズとマッチしていなければ意味がありません。

たとえば、経理部で身に付けたスキルを積極的にアピールしても、営業職では難しいと思われます。しかし経理部のマネジメントまで行っていれば、異業種でもアピールしやすい可能性がありますね。

同じような罠に「資格」があります。
資格取得が効果的な業界はありますが、資格だけが評価される業界は少ないです。
特に40代の転職では、資格を武器に異業種・異業界へ挑戦しても、採用は厳しいかもしれません。

それにも関わらず、

「○○という資格を持っているので応募させて頂きました」
「資格を活かせると思い、未経験ではありますが応募させて頂きました」

といった内容を記しても、結果に繋がらない可能性が高いです。

あくまでも意味のある実績、企業のニーズに合った実績をアピールして下さい。

読み手への配慮が足りない

読み手への配慮が足りず、自分のことばかり記しても逆効果です。客観的な志望動機ではなく、主観的な志望動機になってしまいますからね。そのような志望動機では、採用担当者に好印象を与えないでしょう。

40代の転職では、周囲との協調性が求められます。今までのやり方に固執していたり、自身の経験をごり押ししても、周りと上手くコミュニケーションは取れません。

特に20代~30代は、40代に気を使い、なかなか注意しづらいので気を付けて下さい。そのような配慮を『志望動機の作成段階から行う』ということですね。

志望動機は第三者に確認してもらう

志望動機が自分の中で『完成した』と思っても、それは自分の視点での完成です。面接官の立場から見ると自分では気づかない部分に引っかかったりという事もあります。

完成した履歴書や職務経歴書は転職のプロに見てもらうことがオススメです。

「でもそんなプロの目線で見てくれる知り合いがいないよ」って方も安心してください。転職活動をする上でプロの目線からアドバイスをくれる転職エージェントという存在がいます。

どこの転職エージェントでも親身に対応してもらえますが、数ある転職エージェントの中でも特に評判の良いエージェントをご紹介します。

リクルートエージェント


リクルートエージェント

転職成功実績No.1!非公開求人20万件超!!
圧倒的な求人数であらゆる業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。
履歴書・職務経歴書のアドバイスから、充実の面接対策も人気!

Spring転職エージェント


Spring転職エージェント

2018年利用者満足度No.1
管理職や金融、営業やマーケティング、ITやメディカルなど4つの職種専門部があり専門領域に特化。企業と求職者が同じ担当でマッチング率が高い。
履歴書・職務経歴書の添削が助かったとの声が多く聞かれます。

まとめ

40代の転職で書類選考を突破するには、履歴書の充実、中でも志望動機が大切です。

重要なのは、「過去の実績と企業のニーズをマッチングさせ、それを謙虚かつ誠実な言葉で記すこと」ですね。そうすれば魅力的な志望動機になるでしょう。

まずは過去の実績の棚卸しと、転職したい企業の情報収集を行って下さいね。


RECOMMEND

関連記事