最終更新日:

東北電力に転職した方がいい?口コミで企業情報を徹底解析

東北電力に転職した方がいい?口コミで企業情報を徹底解析

東北電力と言えば、誰もが知る電力を東北エリアの各家庭に供給している企業です。現在では原子力をメインに、太陽光発電や風力発電などの新エネルギーに力を入れています。環境問題への取り組みに力を入れている社会的に貢献度の高い企業と言えるでしょう。

東北電力はとても有名な企業であるため、応募時の人気も高いと言えます。ただし、実際に働いてみて、魅力的な企業かどうかは不明です。その不明点を解決するため、先輩社員や以前働いていた元社員による口コミで、企業のさまざまな面を見ていきましょう。

東北電力株式会社の口コミ

年収や給与について

『完全歩合の部署では高収入の一面も』

完全歩合なのでやればやっただけもらえるし、時給で考えれば、割りと高いほうだと思います

  • 電気/電子/機械系エンジニア
  • 40代
  • 女性

女性が多い部署となるので、気を使う面もあるようですが、部署全体としては高めの収入となっているようです。

『難しい業務内容に見合う給与ではない』

かなりの低給与だと思います。個々の契約内容の査定、販売店の営業との対応、顧客との直接対応、データベース入力など業務内容がかなり専門性が高いのに対し、地域のいわゆる一般事務の平均相場に値する金額での求人で、研修後の昇給などもありません。

  • 企画/事務/管理系
  • 40代
  • 女性

人手不足も背景にあるかもしれませんが、電気業界自体の低迷も要因となっており、そのしわ寄せが非正規雇用者にいってしまっている感が否めませんね。

地方の事務系は一律、低賃金となっている傾向があり、その基準に合わせているため、肝心の業務内容に見合っていないという不満が続出しているのでしょう。

勤務時間・休日など

『休暇制度や残業短縮は満足度が高い傾向』

連休で取得する制度があるため、長期休暇が取得可能です。ただし、人員の少ない事業所だと周りに協力してもらう必要があります。残業については、基本的に月30時間で抑える感じですが、たとえ超過してもきちんと残業代は出ます

  • 建築/土木系エンジニア
  • 30代
  • 男性

一般的な大企業と比べると、そんなに充実している感じではありませんが、休暇制度と残業への取り組みについては、概ね良好といった傾向のようです。

『長期勤務者は休暇を消化しきれず』

積立休暇制度と繰越制度を活用しても数年後にはどちらも満口となり、新年度に付与される休暇と合わせると最大でも70日ほどとなるが、翌年からは最大値を超える部分はどうしても切捨てとなっています。その積立部分も、疾病や介護、自主研修など特別な条件で連続して取れるものであり、単発事案は普通休暇での処理を優先されるなど取得は稀です。買取り制度も検討すべきと思います

  • 建築/土木系エンジニア
  • 50代
  • 男性

有給休暇日数が多くあっても、切り捨てになっている長期勤務者がいるようですね。買取制度はなかなか難しい面があり、導入は期待できません。会社全体で切り捨てにならないような仕組みが必要ではないでしょうか。特別な条件以外でも連続休暇が取得できるようにしてほしいものです。

福利厚生

『家族支援などの福利厚生面は充実』

在り来たりかもしれませんが、他の企業と同様に福利厚生面での会社負担は手厚いです。ただ、直接会社ではなく、福祉共済会なる関連会社を社内に配置し、慶長などの費用も申請により支払われており、特に持ち家制度や子女教育制度などでの資金貸与を低利で実施しており、退職時に最終清算するなど長期返済のもとで支援を実施しています

  • 建築/土木系エンジニア
  • 50代
  • 男性

長期で勤務している人への福利厚生面サポートが充実していますね。退職時の最終清算は、中途退職の場合はどうなるのかが気になりますが、無理なく返済できる方法なのが家計を圧迫しない制度となっていて、良い制度のようです。

『健康保険料の高額化が問題となっている点』

福利厚生面での問題となる点や改善点などはありません。あえて言うならば、健康保険制度についてですが、どの企業の健康保険組合よりも赤字となっており、採算が取れず組合費の高額化が顕著であるものと思われます。発行冊子の電子化やメール通知など、削減の余地はまだまだあるものと言えるでしょう

  • 建築/土木系エンジニア
  • 50代
  • 男性

少子高齢化のため、仕方のない面もありますが、東北電力の健康保険組合はかなり深刻化しているようですね。少しでも経費削減をして、保険料負担を減らしてほしいという切実な思いが伝わってきます。

制度について

『専用の研修施設で研修効果アップ』

特設の研修施設も完備されているため、集中して研修に臨むことができます。通信教育の助成、また一部の資格には助成金が出るため、取得に対する向上心が高くなりますね

  • 企画/事務/管理系
  • 20代
  • 女性

専用の研修施設があるのは、すばらしい取り組みですね。研修時のテキストや資料なども充実しているようなので、しっかりと勉強したい人にとっては充実した研修制度と感じるかもしれません。

『人事評価制度はやや不評』

学歴、年功序列制度が強く、業績評価制度はあるが信頼性のある制度ではありません。地道に努力して、業務を遂行したとしても評価されにくく、給与に反映されていないようです

  • 建築/土木系エンジニア
  • 30代
  • 男性

人事評価については、かなり不満がある人もいますね。年功序列の強い会社では、往々にして人事評価制度に不公平さが見られるものですが、東北電力も昔ながらの体制企業のため、こういう不満が多いのでしょう。

将来性

『昔からの基盤があるからこそ将来性についても安泰』

各電力会社での全国体制へとなった経緯を知っている方も少なくなって来ている昨今、これまでの段階的な自由化を経て、全面自由化がなされてもネットワーク設備を含めて地域独占のこれまでのサービス体系は変わりません。法制度改定に伴う分社化されても、スタンスは変わらないものと思います。その点でも将来性に不安はないです

  • 電気/電子/機械系エンジニア
  • 50代
  • 男性

長期勤務している人にとっては、長年の経験からこういう見方ができるということでしょう。また、確固たる信念を持って働いているため、こういう自信につながっているようで、企業にとっては頼もしい社員の意見ではないでしょうか。

『企業の体制に不安が残る』

法制度改革の内容によっては、営業やネットワーク部分、発電事業部分の完全分社化も起こり得るものと危惧しています。これまでの社業体制を貫くこととしているが、法制度によっては関連会社としてコーポレートを取ることは出来ず、完全にバラバラにされることも視野に居なければなりません。
常に先見的な対応が望まれ、その点が気になるところです

  • 電気/電子/機械系エンジニア
  • 50代
  • 男性
年々採用人数が減少しているため、将来的に年齢層のばらつきが生じてしまうかもしれません

  • 企画/事務/管理系
  • 20代
  • 女性

かなり不安を感じている口コミです。分社化による問題は、他企業でも起こりえることですが、電気業界自体の低迷さを考えると、先行き不安になることも仕方ないでしょう。


RECOMMEND

関連記事