最終更新日:

【40代女性転職】転職を成功させる4つの秘訣と企業へのアピールポイント

【40代女性転職】転職を成功させる4つの秘訣と企業へのアピールポイント

40代の女性で転職を考える方も少なくありません。子育て真最中で今よりも収入をアップさせたい、職場の人間関係に悩んでいるなど、転職したい理由はさまざまです。しかし、40代からの安易な退職は危険です。40代女性の転職にはデメリットも。40代の女性が転職を成功させるポイントをご紹介します

40代女性の転職市場を知る

40代の女性で転職を考えている人は、まずは転職市場から、40代女性の置かれている現状を知ることが大切です。現状を知り、どう動くかを考えていきましょう。

厚生労働省が発表した「平成27年度版働く女性の実情」 の「雇用形態、年齢階級別人口に占める雇用者割合」では、35~44歳女性の正社員の割合は29.5%、45~54歳の正社員の割合は26.8%です。40代全体では、3人に1人程度しか正社員で働いておらず、年齢を重ねるごとにその割合が減っていくことが分かります。

このデータだけでは、40代女性が転職で正社員になれない結果にはつながりませんが、40代女性が正社員として転職することが狭き門であることは分かります

出典:「平成27年度版働く女性の実情」/ 厚生労働省

40代女性が転職を考えたとき、「今より収入が減ってしまうのではないか?」「正社員として転職できるだろうか」など、さまざまな不安が頭をよぎるのではないでしょうか。40代女性の正社員への転職は確かに20代や30代に比べると難しく、転職活動が長引く可能性があります

現在、正社員として働いている人が転職活動をする場合、退職してから転職活動をスタートさせるのではなく、現在の会社で働きながら転職活動をするほうが、経済的にも安定しやすいと言えるでしょう。

40代女性の転職の3つのデメリット

40代の女性が転職するのは、どのようなデメリットがあるのでしょうか。転職活動をする前にデメリットを知り、覚悟を決めて転職活動に取り組みましょう。

経験のない仕事への転職が難しい

20代や30代前半であれば、未経験でもポテンシャルの高さで採用されるケースがありますが、40代の女性の転職では一部の職種をのぞき、経験のない仕事では採用されづらいのが現状です。企業は、時間をかけて「使える人材」として育てるよりも、40代女性には即戦力として働けるキャリアを求めています。

収入が減る可能性がある

現在の職場で長く務めていた人の場合は、転職によって収入が減る可能性があります。今のお給料は、これまで積み重ねてきたキャリアに対して支払われている金額です。転職するとキャリアは0になる点に注意しましょう

人間関係を0からスタートさせる

転職することは人間関係を0から築いていくデメリットもあります。長く同じ会社で働いている人であれば、今の会社では頼られる立場にあるかもしれません。しかし、新しい会社では新入社員として扱われます

年下上司が増え、コミュニケーションの難しさにぶつかるかもしれません。人づきあいが苦手な方の場合、新しく仕事を覚える以上の辛さを感じる可能性もあります

企業が40代女性に求めているのは能力と経験

企業が40代女性に求めているものは何でしょうか?求められている内容を知って、自己アピールにつなげましょう。

管理能力

40代女性を対象とした求人で、管理職候補で募集が行われているのを見たことがある方も多いかもしれません。40代女性で管理職の経験がある人は、思い切って管理職として転職するのもおすすめです。管理職に就く経験は、誰もが経験することではなく企業も高く評価しています

管理職に就ける人材を育てるには、長い年月を必要とします。そのような人物を今すぐ採用でき、40代であればまだ先20年程度勤務できることが予想されます。

40代女性を管理職として迎え入れることは企業にとって大きなメリットになります。管理職での転職は、収入アップの可能性もありますよ。

仕事の経験

20代30代にはない40代女性ならではの武器は、仕事の経験です。専門性の高い仕事になればなるほど、そのキャリアは高く評価されます。40代といえば、仕事が分かりイレギュラーな事柄にも対応できる能力がついているのが一般的です。会社にとっては一番戦力になる人材と言えます。

40代女性は、即戦力として働けることが求められます。これまでにどのような経験があり、それをどう応用できるのかアピールできるように準備しておきましょう

人生の経験

「経験」は、仕事内容に限ったものではありません。仕事やプライベートでの豊富な経験は、人間関係を築くときや冷静な判断が必要なときなど、さまざまなシーンで役立ちます

例えば、クレーム対応する場合でも、20代では感情的になってしまうところを40代女性は上手にかわすことができるなど、コミュニケーション能力は特に期待されるところです。

40代女性が転職を成功させる4つのコツ

40代女性の転職は、20代30代の転職よりも難しくなります。しかし、すべての40代女性が転職に成功できないわけではありません。40代女性が転職を成功させるコツをご紹介します。

1. 転職したい理由を明確にする

今の会社を辞めたい理由は何でしょうか。転職活動を始める前に、転職したいと思った理由を明確にしておくことは、次の会社選びに役立ちます。なんとなく今の会社を辞めたいというぼんやりした理由では、転職後に「何か違う」と違和感を覚えるようになってしまいます

最悪の場合、転職しなければよかったと後悔する可能性も。転職を成功させるには、転職したい理由を明確にし、自分の価値観を正しく知ることが重要です。

2. 自己アピールをしっかりと

企業が40代女性に求めているものをしっかりとつかみ、いかに自分がその内容にマッチしているかをしっかりとアピールして内定をつかみましょう。

前述したように、企業は40代女性に、即戦力としてのキャリアやコミュニケーション能力の高さを期待しています。自分のどのような能力をどんな風に生かして働きたいのか、整理しておくことをおすすめします

40歳くらいまでと記載されている求人票に、43歳の人が応募してはいけないルールはありません。「これは!」と思うものに出会ったら、積極的に応募するのも大切です。

3. 雇用形態にこだわらない

40代以降の転職活動で大切なことは、雇用形態にこだわらないことです。正社員にこだわらずに仕事を探すと、40代女性を対象としている求人はたくさんあります。派遣社員や契約社員なども視野に入れて、転職活動をすすめてみましょう

なぜ今の会社を辞めたいのかと明確にし、雇用形態にこだわらず自分の価値観で仕事を探すことで、自分に合った働きやすい職場が見つかる可能性が高まります。

4.転職エージェントを利用する

40代女性の転職を成功させるには、転職エージェントを利用するのもおすすめ。ただでさえ難しい40代女性の転職活動で周りに差をつけるには、プロの力を借りるのが一番効率がいいんです。

ここでは、おすすめの転職エージェントをご紹介します。気になったエージェントがあれば、まずは登録してみましょう。

リクルートエージェント



転職成功実績No.1の手厚いサポートで圧倒的な支持を集めているのが『リクルートエージェント』です。リクルートグループならではの企業との幅広いパイプがあり、求人数は群を抜いています

求人数が少ない40代の転職だからこそ、圧倒的求人数を誇るリクルートエージェントが最もおすすめです。転職実績No.1ということもあり、キャリアアドバイザーの評価も高く、登録しておいて損はない転職エージェントです。

Spring転職エージェント



『Spring転職エージェント』は企業も求職者も一人のキャリアアドバイザーが担当する仕組みである「両面型コンサルティング」を採用しています。そのためアドバイザーの専門性が高くて、求職者のニーズを的確に把握しミスマッチが少ないです

中でもこの転職エージェントの特徴は、絶対に面談を断らないことです。他の年代と比べると書類選考通過も難しく感じる40代の女性にとっても、非常にありがたい特徴と言えるえるでしょう。

ビズリーチ(ハイキャリア向け)




もしこれまでの経歴に自信があるようであれば、最もおすすめできるのが『ビズリーチ』です。ビズリーチは転職エージェントではなく、登録しておくことで企業やヘッドハンターからのスカウトが届くヘッドハンティング型の転職サイトです

登録者の平均年齢も高く、年収アップ転職を成功させている40代女性も多くいます。登録しておくだけでスカウトが届く可能性はあるので、自信がある方はまず登録することをおすすめします

40代女性が未経験でも積極採用される分野とは

40代女性の転職は、基本的には未経験職よりも経験職のほうが有利になるのがセオリーです。しかし、未経験でも積極採用される分野もあります。それが介護分野です。

慢性的に人手不足である業界というだけでなく、40代の豊富な人生経験で得たコミュニケーション能力が求められる職種であるのも大きな理由です。40代女性には体力も気力もまだまだ十分ある点も、企業から高く評価されています。

介護職員初任者研修の資格があればなおさら有利で、即正社員採用ということも珍しくありません。介護職員初任者研修の資格を取得するまでは、おおよそ130時間程度の受講が必要だとされています。

土日のみや夜間のみのスクールなどもあり、時間はかかりますが仕事をしながらの資格取得も可能です。正社員にこだわるのであれば、介護分野を視野に入れてみてはいかがでしょうか。

減収する40代女性の転職を乗り越える技とは

40代女性の転職では、多くの人が「今の収入よりも減ってしまうかもしれない」という悩みを抱えます。子育て世代である40代女性にとって、自身の収入は生活に直結するケースが多いため、収入に対する悩みを抱えるのは当然だと言えます。

減収への不安を理由に、現在の職場へのストレスを感じながら仕事を続けていくのは、心身に無理をきたしてしまう可能性があります。特に40代の女性は、多くの人が更年期の体のゆらぎを迎え始めます。

職場のストレスが原因で心身に働けないほどの影響が出る前に、減収への乗り越え方を身に付けた転職をおすすめします

正社員だから給料が良い時代はもう終わりです。アルバイトの時給が上がり、頑張り次第で正社員よりも稼げることも少なくありません。最近では、副業をOKとしている職場もあります。多様な働き方を視野に入れて転職活動をすすめるのも1つの手ですよ

40代女性のキャリアと経験を武器に転職活動を

40代女性の正社員での転職は、若い世代に比べて難易度が上がります。しかし、若い世代にはないキャリアと経験を武器にアピールすれば、採用に繋がる可能性があります

雇用形態にこだわらない転職や、40代女性を積極採用している分野へチャレンジすることも視野に入れてみましょう。40代女性は、よほどの理由でない限り、今すぐ退職するのではなく、働きながら幅広い転職活動を進めることをおすすめします。

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。
複数の転職エージェントを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめ転職エージェントは、転職成功実績No.1の『リクルートエージェント』と、20代・30代に人気の『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは完全無料なので、まずは気軽に転職の相談をしてみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
圧倒的な求人数であらゆる業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

\17の質問に答えるとスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:これを読むだけで転職成功率アップ!?厳選おすすめ転職エージェント18選

RECOMMEND

関連記事