最終更新日:

20代なのに転職が決まらない原因は5つ!その対処法と注意点を徹底解説

20代なのに転職が決まらない原因は5つ!その対処法と注意点を徹底解説

「1〜2ヶ月も転職先が決まらない」
「もう就職できればどこでもいいや」

このように、転職活動がうまくいかずに悩んでいませんか?

しかし、厚生労働省は平成30年の有効求人倍率が1.61倍と発表しており、1人につき1.6社もの転職先がある状態です。リーマンショック後の2009年の求人倍率0.42倍と比べると、現在は約4倍も転職しやすくなっています。特に20代の方は、ポテンシャル採用や第二新卒などがあるため転職のチャンスは非常に豊富です。

では、なぜ転職が1〜2ヶ月も決まらない20代がいるのか。

そこで今回は20代なのに転職先が決まらない原因と、その対処法を紹介していきます。

20代で転職が決まらない5つの原因

結論からいえば、20代で転職が決まらない主な原因として以下の5つが考えられます。

  1. 自分の人材価値を客観的に捉えられていない
  2. 求人の探し方を間違っている
  3. 転職が決まらず悲観的になっている
  4. 企業に対して自分の魅力を伝えきれていない
  5. 社会的なマナーが欠けている

現在、転職市場が売り手となっているのにも関わらず、転職に有利な20代が転職できないというのには、きっと何か原因があるはずです。

ここからは、それぞれの原因について深掘りしていきます。

自分の人材価値を客観的に捉えられていない

転職が決まらない方は、自分の人材価値を客観的に捉えられていない可能性があります。

採用するかどうかは企業が判断することなので、自分の人材価値はあくまでも企業側の目線で客観的に捉えなければいけません。人材価値を主観的に考えてしまうと、実際の市場価値とのズレが生じてしまうケースが多いです。

たとえば、自分ではスキルレベルが高いと思っていても、企業側からすれば基準を満たしていない場合があります。そのため、自分の人材価値を自分で判断している方は自分を客観的に評価しましょう。

自分の人材価値を客観的に捉えるときは、スキルを他人に評価してもらったり、過去の実績をもとにスキルレベルを評価する方法がオススメです。

求人の探し方を間違っている

転職が決まらない方は、求人の探し方を間違っている場合があります。

自分の希望と企業のニーズがマッチしない的外れな求人を探しても、転職先はなかなか決まりにくいです。

たとえば地元で働ける地方求人を探しているのに、都心部の求人に強い大手転職サイトを利用していても自分に合った求人は見つかりにくいでしょう。
転職を成功させるためには、自己分析と企業研究、そして転職市場の把握が必要です。

転職初心者で、自己分析や企業研究がよくわからない方は、プロのアドバイスが受けられる転職エージェントを利用しましょう。

転職が決まらず悲観的になっている

転職先がなかなか決まらずに、

「次もどうせ決まらないだろう」
「自分なんてどこにも雇ってもらえないんだ」

そんな悲観的な考えになっていませんか?

転職活動に対して悲観的になっていると、より転職が遠のいてしまいます。

企業の立場になって考えてみてください。

「どうせ採用されないだろう」などネガティブな応募者を採用したいと思うでしょうか?企業から採用をもらうためには、採用担当者に「この人と一緒に働きたい」と思ってもらう必要があります。

しかし、自分に自信がない人が自分を魅力的に見せることはできません。転職が決まらないからといって悲観的になっても、より転職しづらくなるだけです。

そのため、転職が決まらなくても「きっと自分に合った企業が見つかるはず!」と捉え、前向きに考えるようにしましょう。

企業に対して自分の魅力を伝えきれていない

転職がうまくいかない方は、企業に対して自分の魅力を伝えきれていないのかもしれません。

転職理由や志望理由を正直に答え過ぎてもよくありません。

たとえば「前の会社は上司との人間関係がよくなかった。」「御社は給与や福利厚生などの待遇面がよかったから」などの転職理由は、相手から良い印象を持たれないでしょう。場合によっては担当者から「ここより好条件の求人が見つかれば、またすぐに転職するのでは?」と思われてしまい、採用が見送られてしまいます。

自分の魅力を伝えるためには、転職理由や志望理由を前向きなものにすることが大切です。本音の転職理由が職場の人間関係だとしても「尊敬できる上司のもとで成長し、企業に貢献したい」とする方がより好ましいです。

このように、自分を魅力的に見せるためには、転職理由や志望理由はポジティブなものを考えましょう。

社会的なマナーが欠けている

転職が決まらない方は、社会的なマナーが欠けている可能性があります。

面接では社会的マナーを見られるため、服装や話し方、態度が採用可否に大きく影響します。採用試験は企業が一緒に仕事をする仲間を見つけるために行われます。もしあなたにマナーが欠けていれば一緒に仕事しようと思われません。

そのため、面接時では特に社会的なマナーに気をつけましょう。

転職が決まらないときの3つの対処法

転職が決まらない方は以下の対処法を試しましょう。

◉転職したい理由を明確にする
◉自分の市場価値を的確に判断する
◉転職エージェントを利用する

転職が決まらない原因によってその効果は異なりますが、以上3つの対処法を試せば、転職成功に一歩近づけるはずです。

ここからは、それぞれの対処法についてくわしく解説していきます。

転職したい理由を明確にする

転職が決まらないときは、転職したい理由を明確にしましょう。

「なんとなく前の会社が合わなかった」「給料は高い方がいい」など、転職する理由や目的が漠然としていると、結局どこに就職したいのかが自分でもわかっていないはずです。転職活動の目的が定まっていないのならば、転職が一向に決まらないのも無理もありません。

転職理由が漠然としている方は、給料は具体的にいくら欲しいのか、どの業種で働きたいのかなど転職理由を明確にする必要があります。

それらの理由を明確にできれば、そのために自分が取るべき行動が分かり、転職成功に一歩近づけるでしょう。

自分の市場価値を的確に判断する

続いて、自分の市場価値を見直してみましょう。

転職が決まらない原因の一つとして、自分の市場価値を正しく判断できていない可能性があります。自分の市場価値を正しく判断できていなければ、自分を魅力的に伝えられず、結果的に企業とマッチしにくくなります。

たとえば20代も一つの市場価値です。未経験の業種でも20代というだけで、ポテンシャル採用や第二新卒として雇用してくれる企業は多数存在します。

しかし、28歳や29歳など20代後半となると、スキルや経験を重要視されやすくなり、企業によってはポテンシャル採用を行わない可能性があります。このように、20代といっても21歳・22歳の市場価値、28歳・29歳の市場価値は変わってくるのです。

そのため、自分の市場価値を改めて判断し、自分に見合った求人を探す必要があります。

転職エージェントを利用する

転職先が見つからないなら、転職エージェントの利用をオススメします。

転職エージェントとは無料で利用できる人材紹介サービスのことです。求人サイトや転職サイトとは異なり、プロのキャリアアドバイザーが求人の紹介から面接対策提出書類の添削など転職のサポートを行ってくれる点が特徴です。

プロの力を借りながら転職活動ができるため、自分で求人を探したり、自分で採用試験を受けるよりも、転職を有利に進められます。特に、20代で転職経験がない方は自分一人で転職活動するのは非常に難易度が高いため、求人サイトや転職サイトは不向きです。

そのため、20代が転職エージェントを利用するメリットは大きいといえるでしょう。

く20代転職エージェントの詳細はこちらからチェック↓>

20代の転職活動は転職エージェントが最適

20代の転職活動なら転職エージェントの利用が最適です。
転職エージェントでは、プロがあなたの市場価値を客観的に判断してくれ、ヒアリングにより転職理由の見直しもできるからです。

転職支援のサポートには他にも、ハローワーク転職サイトなどがありますが、どれも転職経験の少ない20代には不向きです。

ハローワークは地方求人が多く、無料で求人を掲載できるため、中には質の低い求人も含まれており、求人の質を見極める力が求められます。
一方で、転職サイトは求人の検索から応募、採用試験までをすべて一人で行わなければいけないので、転職活動経験者向けです。

このことから、転職経験の少ない20代なら転職エージェントが最適といえます。

20代なら転職のチャンスはいくらでもある

20代で転職活動をしている方は、転職先が決まるまで諦めずに頑張ることを強くオススメします。

現在の転職市場は売り手となっており、1人につき1.6社もの就職先がある状態です。さらに、20代であればポテンシャル採用もあるため、30代・40代よりも未経験業種の転職が非常に有利となります。1〜2ヶ月採用がもらえないからといって、諦めてしまうのは時間も機会ももったいないです。

人生の分岐点の今、妥協して転職すればあとあときっと後悔するでしょう。

転職先が決まらないのには必ず原因があるので、その原因を知り対策をすれば、きっと転職が成功するはずです。

※20代の転職エージェントについて詳しくはこちら


RECOMMEND

関連記事