最終更新日:

20代で転職3回目だと不採用になる?転職回数が多い20代の転職成功法

20代で転職回数3回目でも転職成功

「20代で転職3回目は採用に不利?」「転職回数が多い20代の対策や転職成功の秘訣は?」

何度か転職を経験している20代は、転職回数が転職活動に影響するのか気になりますよね。

20代での転職回数の多さは採用に影響しますが、しっかりと対策をすれば転職3回目以上の20代でも長く働ける企業へ転職成功します。

今回は転職回数3回目以上の20代向け転職支援サービスと、20代の転職回数の多さが不利になる理由、転職回数3回目以上の20代の転職成功法を解説していきましょう。

転職回数3回目以上の20代向け転職支援サービス

まずは転職回数3回目以上の20代でも使える支援サービスをご紹介☆自分に合うサービスを利用すれば回数に関係なく転職が成功するわ!

経験やスキルが浅い20代向け

マイナビ
ジョブ20’s
就職Shop
転職エージェント
主な年齢層 20代 20代
主なサポート対象者
第二新卒、フリーターなど経験に自信がない20代
支援実績 年間約3万4000人が登録 利用者累計10万人超
求人数 約2000件
+非公開求人
非公表
特徴 20代対象の求人のみ。ポテンシャル採用中心 書類選考なし
優良企業8千社
最短7日で内定
簡単登録
(無料)


ジェイック
(JAIC)
DYM就職
転職エージェント
主な年齢層 18~39歳 18~35歳
主なサポート対象者 社会人経験がない・浅い人 正社員就職・転職を目指す人
支援実績 採用成功実績のべ2万人超 正社員就職成功者5000人
求人数
非公表
特徴 正社員求人のみ
研修が無料
就職成功率8割
厳選2,500社
満足度90%
親身なサポート
簡単登録
(無料)


経験やスキルがある20代向け

リクルート
エージェント
Spring転職
エージェント
転職エージェント
主な年齢層 20代~35歳 20代~40代
主なサポート対象者
全転職者に対応
支援実績 採用成功実績は54万人超 大手優良企業への紹介実績多数
求人数 約30万件 約1万7000件+非公開求人
特徴 業界最大手
求人数No.1
面接対策が充実
専門分野に精通
年収UP率59%
面談を断らない
簡単登録
(無料)


転職回数3回目以上の20代が不利な理由

一般的な20代の転職回数は1回以下

そもそも20代は何回目くらいから転職回数が多いって言われるのかな?

リクルートの就業実態パネル調査によると、20代の退職回数は下記の通りでした。

転職回数3回目以上の20代

20代の7~9割の退職回数が1回以下のため、20代で3回以上の転職回数は多いと言えます。

リクナビNEXTの企業向けのアンケート調査によると、転職歴を気になると回答した企業の割合が最多の40%でした。

転職回数は何回目から企業は気になるのか

企業の印象としても、転職が3回目以上だと「転職回数が多い」と判断するようです。

3年以内の転職を繰り返している

20代前半と後半で転職回数の印象や影響は変わるのかしら?

転職回数の採用への影響は、大卒であれば20代前半か後半かで印象の変化は大きいです。

20代前半の大卒で転職回数2回以上となると、在職期間1年以内での転職を繰り返している状況となります。

「とりあえず3年」の風潮は現在も根強く残っているため、3年以内の転職を繰り返す転職活動は不利になりやすいでしょう。

転職回数より在職期間に注目する企業も多いわ!短期離職を繰り返すと結果的に転職回数も多くなるから、採用に与える影響は大きくなるわね。

企業にマイナスイメージを抱かれる

転職回数が多い20代には、マイナスイメージを抱く企業が圧倒的に多いです。

【転職回数が多い20代に抱くイメージ】
・またすぐに辞めそう
・考え方が甘い
・自己分析ができていない
・計画性がない

20代で転職回数3回目以上なら、転職回数が多い理由は企業から必ず質問されます。

悪いイメージを払拭できる自己PRや志望動機・転職理由を用意できていなければ不採用になりかねません

面接で転職回数が多い理由ばかり聞かれて、自己PRが十分にできなかった人もいるみたい。きちんと対策をしないと選考突破は厳しそうね…。

経験やスキルが身についていない

即戦力の人材獲得を目指す企業では、「実務経験の長さ」が採用の判断基準になります。

20代は経験やスキルが浅いのは当然ですが、転職回数が多いと1社での在職期間が短く、経験・スキル・知識がほぼ身についていません

転職回数が多い=経験・スキル不足と判断され、選考見送りや採用されても年収ダウンなど不利に働くでしょう。

沢山の企業へ転職した経験を活かせる業界や企業もあるけど、継続力はどの職種にも必要なの。

辞め癖・諦め癖がついている

最初は退職を伝えるのが心苦しくても、転職回数を重ねると徐々に抵抗感や罪悪感が薄れてしまいます。

辞め癖がつけば仕事に対する情熱がなくなり、小さなミスや少し気が合わない人がいるだけで退職を検討するようになるでしょう。

また転職すればいいと安易に考えるのはNG、辞め癖や諦め癖は面接でも不利になりやすく、仕事にも悪影響を与えかねません。

転職回数が多くなっても何も感じなくなって、考えるのを辞めちゃうのが一番ダメな状態よ!一度立ち止まって自分の状況を整理してみましょ!

転職回数3回目以上の20代の転職成功法

転職活動の準備は入念に行う

業界研究・企業研究など、転職に必要な情報収集や対策は入念に行いましょう。

退職理由や転職理由は明確にした上で解決策まで話せるように準備しておくと、転職回数が不利にならない受け答えが可能です。

    【企業のマイナスイメージを払拭するポイント】

  • 退職に至った要因を整理できている
  • 要因を解消できる具体的な解決策がある
  • 解決策を既に実行できている、もしくは実行予定である

転職回数が多い理由をポジティブに話すと、転職への意欲や熱意が伝わりやすくなります。

転職エージェントは、ポイントを押さえた自己PRや志望動機の作成サポートも充実。
20代におすすめの転職エージェントは
こちら→

目先の条件に惑わされない

高収入や大手企業との理由のみで応募してしまうと、仕事内容や環境に適応できず、何度も転職を繰り返す原因となります。

求人と自分の適性・強みなどを照らし合わせて、本当に自分と合っているか冷静に判断してから応募するようにしてください。

・自分の長所や強みを活かせそうか?
・紹介求人で働く姿が想像できるか?
・本当に長く働けそうか?

投げやりな気持ちで応募を重ねても、納得のできる転職は成功しません。1社1社の求人応募を丁寧に進めるように心がけましょう。

転職はこれで最後って気持ちで会社選びをするの!内定が出たら本当に続けられそうか改めて考え直しましょ!

転職回数で採用が左右されにくい企業を志望する

転職回数より、スキルや経験・人柄などを評価してもらいやすい業界・企業があります。

【IT系業界・外資系企業】
→スキルや経験・考え方などを評価されやすい

【人材業界】
→経験した企業数が多いため、求職者へのアドバイスに経験を活かせる

【中小企業】
→人柄や考え方を重要視・20代の若手確保に積極的な企業が多い

上記業界や企業で、興味がある求人があれば積極的に応募してみましょう。

上記業界・企業の求人は一度目を通してみて!自分の新しい可能性が見つかるかもしれないわ♪

自己分析を徹底的に行う

転職3回目以上の20代は、徹底的に自己分析をして自分の強み・特性を把握しましょう。

正確な自己分析ができれば、自己PRや志望動機にも説得力が生まれ、納得感のあるアピールができるようになります。

自己分析が苦手な人・自分の適性をすぐに知りたい人はリクナビNEXTのサービス「グッドポイント診断」がおすすめです。

\無料で手軽に適性がわかる!/

グッドポイント診断は簡単な質問に答えるだけで自分の強みが見つかる本格診断サービス

診断結果ではあなたならではの5つの強みが分かり、仕事の向き不向きの適性をチェックできます。
自分の適正がすぐに分かるリクナビNEXTのグッドポイント診断

リクナビNEXTの求人数は約4万件なので、診断だけでなく転職活動にも有効です。

簡単に適性が見えてくるので、自分がどんな仕事に向いているか知りたい人はさっそくチェックしてみましょう。

\無料で手軽に適性がわかる!/

グッドポイント診断の詳しい手順はコチラ→

【グッドポイント診断のメリット】
・リクナビNEXT会員限定で本格診断が無料
・どこでも手軽に診断可
・自分の強みを客観的に把握できる
・診断結果は求人応募時に添付OK
・自己分析の負担が軽減され転職効率アップ
リクナビNEXT

【公式サイト】https://next.rikunabi.com/
求人数4万件超!利用満足度No.1
日本最大級の求人データベースから検索可能&AIが最適な求人をおすすめする転職サイト。
本格診断サービス「グッドポイント診断」で自分の適性を把握できる。

転職回数3回目以上の20代の転職成功者

3回目以上の転職を成功させた20代には共通する特徴はあるの?

  1. 退職理由に一貫性がある
  2. 将来なりたい姿が明確
  3. 特定の専門スキルを保有している

退職理由や転職理由に一貫性があると、面接の際に納得感のある受け答えができるので、選考通過はしやすいです。

また、自分のなりたい姿・実現させたい仕事がある際は、企業の方針や仕事内容とキャリアプランが合えば採用に至るケースも。

20代で年相応以上の専門スキルや知識を保有している場合も、即戦力採用したい企業には採用されやすいでしょう。

転職の軸や自分の考え方がしっかりしてる20代の子は、転職回数に関係なくニーズがあるから採用されやすくなるの。

20代で転職3回目以上でも転職成功

20代での転職3回目以上の場合は、退職理由や転職理由を明確に伝えるための対策や準備をしっかり整えましょう

転職3回目以上でも、自分の強みと特性を活かした自己PRや志望動機を伝えられると、プラスの印象を与えられ転職成功に繋がります。

グッドポイント診断や転職エージェントを有効活用して、長く働ける企業への転職を成功させましょう。

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、実績No.1の『リクルートエージェント』と、20~30代向けの『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは無料なので、まずは気軽に相談してみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
圧倒的な求人数で幅広い業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

ビズリーチ 詳細情報の有無でかわる転職成功率

職務経歴書などの情報を詳細に入力している会員ほど転職が成功しやすい。

\情報の詳細入力でスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:おすすめ転職エージェントを厳選!おすすめの選び方と絶対失敗しない活用法

RECOMMEND

関連記事