最終更新日:

20代で転職3回以上は採用に影響する?内定を勝ち取るアピール方法とは

20代で転職3回以上は採用に影響する?内定を勝ち取るアピール方法とは

「20代で転職を繰り返してしまい転職活動が不安」
「次は絶対に失敗したくない」
「転職を成功させるコツを知りたい」

20代で転職を何度か経験していると気になるのは、転職回数が多いと採用に影響してくるかどうかですよね。書類審査で落とされてしまう、面接から先に進まないといった方はもしかすると転職回数が原因かもしれません。

そこで今回は、『20代の転職回数が本当に影響するのか』『影響するのであれば企業側が採用時に転職回数を重視している理由について』『転職活動を成功させるポイントについて』ご紹介します。

  • 転職回数が多いことで多少は採用基準が高くなることを自覚しておく
  • 転職回数が多いからといって20代であれば諦める必要はない
  • 転職活動を成功させるポイントは自己分析、企業分析、転職回数の理由の伝え方

20代の転職回数は採用へ大きく影響する?

転職回数が多ければ、企業側はあなたにマイナスイメージを抱き採用にも影響を与える可能性があります。具体的にどのくらいの転職回数になると採用に影響してくるのでしょうか。

3回以上の転職回数は採用が厳しくなる傾向も

昔に比べ、転職することは当たり前になりました。それでも、20代の転職回数は0〜2回が一般的です。

0回 1回 2回 3回
15~24歳 80.0 13.6 2.9 2.0
25~34歳 55.7 20.3 12.4 5.9

参考URL:全国就業実態パネル調査2017/リクルート
※P.285参照

企業の採用担当者におこなった「転職歴、何回目から気になりますか?」というアンケートによると、3回という回答が一番多くあがりました。

出典:年代別の転職回数と採用実態/リクナビNEXT

20代で転職回数が3回以上であれば「何か問題がある人」「辞めやすい人」などといったマイナスイメージから入る可能性が高く、面接を受ける前から不利に働くことがあります。不利に働かないようにするための解決方法は後の章で詳しく解説します。

20代前半と後半の転職回数で採用は変わる?

20代前半と後半での転職回数で採用は大きく変わることはありません。しかし、大学を卒業して20代前半で転職を2回経験している場合は少し違います。

その理由は、1つの会社に1年弱しか在籍していなかったことになり、面接官は必ずこの部分に引っかかるからです。

24歳、大卒で転職回数2回以上なら1年ほどで転職を繰り返していることになりますからね。

「会社には最低3年は勤めるべき」といった声もまだあるので、面接官によっては厳しい見方をされる可能性はあります。

20代で転職回数が多くなると不利になる理由

20代で転職を3回、4回と繰り返してしまい、次の転職はできるのか、そして成功するか不安だという方も少なくないでしょう。企業の見る目が厳しくなる20代での転職回数は3回~4回以上です。1回、2回であればさほど採用面接に影響は出ませんが、3回、4回となると転職活動が不利になってしまいます。

転職回数別の転職成功率

出典:20代の転職何回まで許される?/キャリアコンパス

なぜ、転職活動が不利になってしまうのか?まずは転職回数が多くなってしまったことで起こる問題について解説しておきましょう。ただ、転職を繰り返したからといって転職できないわけではありませんし、転職のポイントさえおさえれば成功にしっかり近づけます。

まずは現状がどのようなものなのか、冷静に理解しておく必要があります。

採用基準が高くなる

転職回数を重ねてしまうと、まず採用基準が高くなってしまい、採用される難易度が高くなってしまうことが挙げられます。短いスパンでの転職の繰り返しは「採用してもすぐに辞めてしまうのではないか?」と不安に感じられることにつながり、採用されづらくなってしまいます。

「書類選考が通りにくくなった」、「採用面接の際に転職回数のことばかり聞かれる」など選考を通じて悩む方も多くなります。

企業がもっとも避けたいことは、採用後すぐに退職されてしまうことです。その理由は、1人を採用するのには人件費や交通費、広告費などの莫大なコストがかかるからです。

コストがかかるのは採用前だけでなく、採用後も研修や教育係をつけたり、研修時間を設けたりとお金や時間を割きます。そのため、すぐに退職されると会社としても大きな痛手になるのです。

転職回数の多い人を採用するのは、企業としてはリスクが大きいことから転職回数の多い人は不利になる傾向があるのです。

スキルや経験が身につかない

また、短期スパンで転職回数を重ねると、1社での経験が短くなってしまい、スキルや経験を身につけるということが難しくなってしまいます。スキルは「新しいことの始まり」、「仕事への適応」という段階で身につくのではなく、「仕事の質を向上させる工夫」の段階で身につきます。

まだまだ社会人経験の浅い20代では、短くとも2年以上の経験がスキルを身につけるためには必要だといえます。スキルが身に付いていないと、採用が難しくなるとともに、転職した先での年収も下がるなどの影響がでてしまいます。

例えば、同じ年代の転職者が面接に来たときAさんは1社を5年経験、Bさんは3社をそれぞれ1年弱経験といった経歴だった場合、スキルという面で考えるとAさんを採用する確率が高くなりますよね。

即戦力を考えると、1社で長く経験を積んでいるというのは採用する上で1つの判断基準になるのです。

辞めることに慣れてしまう

転職回数を重ねていると、辞めることへの抵抗感がなくなります。最初は退職を伝えるのが心苦しく思っていたのが、繰り返してるうちに退職を伝えるのに抵抗感がなくなったというご経験もあるかもしれません。

辞めることに慣れてしまうと仕事に対する情熱や辛抱して踏ん張るということがなくなってしまう恐れもあります。

これは採用面接の時にも不利に働いてしまう可能性が大いにあります。そして20代で辛抱すること、踏ん張ることなくなってしまうと、今後の長いキャリアにも悪い影響がでてきます。退職に抵抗感が無くなっているという方は要注意です。

現状を受け入れることが大切

上記の解説をお読みいただき、耳が痛いという方も多いかもしれません。ですが、そう思えたのであれば次の転職を成功させる準備ができているともいえます。最も恐ろしい問題は「転職回数が多くなっても何も感じず、考えなくなってしまう」ことです。

現状を耳が痛くとも受け入れ、どうすれば次は成功するのか、自己反省しながら転職活動に臨む心構えがあれば必ずより良い転職活動ができます。また、20代であれば「若手」というブランドもつきますので、まだまだチャンスはあります。

現状を受け入れ、これからのことを前向きに考えていくようにしましょう!

転職を成功させる3つのポイント

転職回数を重ね失敗してしまった方が陥りやすい状態に『学習性無力感』があります。学習性無力感とは、失敗を繰り返すと❝もう何をやってもムダだ❞と諦めてしまう状態です。もし転職に対して「もう無理だ」と諦めムードになっていたり、ネガティブに考えてしまうのであれば、その考えは改める必要があります。

前向きな心構えになるには「この失敗は必ずしも繰り返されるものではない」と考えることです。結果は行動と結びつきますので、行動さえ変えれば結果は必ず変わります。その行動が成功に向けての正しい行動であれば結果も「成功」となるわけです。

ではどのような「行動」が転職成功に向けての正しい行動になるのか、そのポイントを解説していきましょう。特に20代であれば転職活動の準備が不十分であったり、基礎知識がなかったりと課題がありますので、その点を補うためにもしっかりポイントを理解してください!

ポイント1:自己分析を行う

あなたは何を求めて転職しますか?自己分析を行うことにより、この転職で求めているものや重視すること、実現したいことを明らかにしていくことができます。転職を繰り返してしまう方の特徴として「キャリアの軸がない、自分軸がない」ということが挙げられます。

これからどのようなスキルを身につけていきたいのか、どのような経験を積みたいのかを分析し、客観的に自分を見つめ直すことが大切です。そうすることでどの求人に応募するべきなのか、どの企業に入社すれば自分は幸せなのか、面接の際にアピールするポイントを理解することができます。

また、アピールポイントは「これまで」ではなく、「これから」の部分だと思ってください。20代に期待するのは「これからどう活躍してくれるのか?」というポイントです。将来に向けて自分がどうなっていきたいかを中心に自己分析を行いましょう!

他に自分のスキルなども考える必要があります。
Googleで「自己分析 ツール」と調べれば様々な自己分析ツールが出てきますので、活用して進めてみてください!

ポイント2:企業分析を行う/企業情報を集める

自己分析で自分のキャリア軸や転職で求めるものを理解できれば、次は企業分析を行い、企業情報を集めましょう。あなたがこの転職で求めているものがどの企業であれば叶えることができるのか知ることが大切です。

企業情報は求人サイトの求人内容やその企業のホームページから集めることができます。転職を成功させ、その企業に長期間勤めるためにも、その企業の情報は詳しくみておきましょう。転職回数を重ねる理由には企業とのミスマッチも考えられます。ですので、その企業と自分のスキルやキャリアの軸とマッチしているかを考え、応募する企業・求人を絞っていくようにしましょう!

転職活動のプロ『転職エージェント』を活用すれば、求人票だけでは分からない職場環境など詳しく教えてもらえます。
次の転職で失敗しないためには利用はマストでしょう。

ポイント3:面接・選考の対策を練る

最後に面接・選考の対策を練ることを進めましょう。良い印象を持ってもらい、採用されることを目指していきましょう。最初にお伝えした通り20代といっても転職回数が多くなると、やはり企業からの評価は少し厳しいものがあります。ですが、転職を繰り返してしまった理由さえネガティブに伝わらず、「これからはうちの会社でしっかりやってくれそうだ」と評価されれば採用に大きく近づくことができます。

面接対策、選考対策についても『転職エージェント』が得意とするところです。実際に模擬面接で指摘してもらえたり、職務経歴書の添削をしてもらえたりと選考を有利に運べるよう手助けしてもらえます。

転職回数が多い場合の対策方法

転職回数が多いと不利になることは説明してきました。実際3回以上転職経験がある方はどのように企業にアプローチすれば採用に繋がるのでしょうか。

ここでは、転職活動が多い方の対策と狙うべき企業について紹介します。

転職を繰り返した理由の正しい答え方

まずは転職を繰り返してしまった本当の理由を書き出しましょう。正直な理由で大丈夫ですし、ネガティブな理由でも構いません。書き出せたら、あなたが転職を繰り返してしまったことに対する自己反省や振り返ったことを書き出しましょう。自己反省は少し苦しいかもしれませんが、正直な気持ちを書いてください。

そして最後にこれからのキャリアや努力したいことについて書き出しましょう。どのようなことを頑張っていきたいのか、どのようなスキルを身に付けたいのかを書き出してみてください。

  1. 転職を繰り返してしまった理由を書き出す
  2. 自己反省を書く
  3. キャリアや努力したいことを書き出す

これらを組み合わせることで質問にしっかり答えることができます。

◆転職を繰り返した理由の例
「私が転職をくり返してしまった理由は〇〇です。正直、私も△△と反省しております。その反省を踏まえて、これから□□や□□を努力し、御社に貢献できる人材になっていきたいと真剣に考えております。」

正直な理由については答える必要があります。ウソをつくことはオススメしませんし、ウソは必ずバレます。ですが、ネガティブな理由だけで終わらすことなく、反省点、つまり他責にしていないことをアピールし、これから頑張っていくというポジティブなことを加えることで企業の評価も良くなります。是非、実践してみてください!

在籍期間の短い理由をきちんと話す

20代で転職回数が多ければ必ず退職理由を聞かれます。社風が合わなかったのか、キャリアを考え転職したのかなど退職した理由は必ずあるでしょう。

退職理由を説明するときは、面接官にマイナスイメージを与えない伝え方が大切です。

◆社風が合わずに退職した場合の例
「前職は体育会系のノリが強い会社でした。大人しい自分としては色々と努力をしましたが馴染めず転職を決意しました。御社の採用ページを見ると落ち着いた職場の雰囲気が伝わり、自分には合いそうだと感じました」
辞めた理由をきちんと伝えつつ、企業へのアピールを入れることでマイナスの印象を和らげることができますよ。

職種によっては転職回数は気にしない場合も

転職回数2回以上の転職成功率(職種別)

20代の転職、何回まで許される?/キャリアコンパス

IT業界や外資系企業は転職回数をあまり重視しません。その理由は、IT業界は比較的転職者が多く、その人が持っているスキルを重視する傾向が強いからです。IT技術者は、自分のスキルの幅を広げるため転職を繰り返す人もいるのです。

即戦力となるスキルとコミュニケーション能力があれば、転職回数を気にしないという企業もあります。中には、即戦力が欲しいので新卒採用を行っていない企業もあるぐらいです。ですから、IT業界に転職するのであればスキルを磨くことに力を入れる方がいいでしょう。

外資系も転職者は多く、海外ではキャリアアップのために転職することが普通なため、外資系企業でもその考えが根付いています。スキルと英語力があれば転職回数は重視されることは少ないでしょう。

転職回数が多く、転職が思い通りにいかないと悩んでいる人は思い切って業界を変えてみることをおすすめします。

狙いを中小企業に変える

大企業だけを狙って転職を考えている方は、中小企業に目を向けるのも賢い方法です。中小企業を狙う理由は2つあります。

1.面接までいく可能性が高いから

1つ目は大企業に比べ、中小企業は応募者が少なく面接までいく可能性が高いからです。大企業の場合は、応募者も多く20代で転職回数が多ければ書類選考で落ちる可能性は高くなります。

2.昇進しやすくなる

2つ目は、入社後の話になりますが中小企業で働くことで昇進しやすくなります。

    中小企業に比べ、大企業はなぜ昇進しづらい?

  • ポストには限りがある
  • 同期のライバル数が多い

大企業の場合は、空きがでるポストには限りがあることや上が詰まっていること、同期のライバルも数が多いことから昇進を考えている人にとってチャンスを手にするのは大変です。しかし、中小企業であればライバルが少なく比較的昇進を狙えるチャンスがあります。

転職回数が多くても大企業に比べ採用される確率が高いことや昇進しやすいことを考えると、中小企業に狙いを変えるのはおすすめなのです。

転職のプロにサポートしてもらう

自分なりに転職準備をしてみたけど、これがベストなのかわからない…
何度も書類選考や面接で落ちてしまう…

自分ではできていると思っても、思い込みや知識のなさなどで今一歩足りない点があるかもしれません。

『実際に転職回数の多い方がどうポイントを絞って採用を勝ち取ったのか』『具体的にどうすればいいか』を、プロの視点から一緒に考えてもらえるのが転職エージェントです。

自己分析の手助けや書類の添削、模擬面接など、転職を勝ち取るためのサポートはもちろん、今後のキャリアを考える点でも必要となるキャリアの立て方や業界の動向などが教えてもらえるため心強いでしょう。

転職回数が多い方にもオススメな転職エージェント

マイナビエージェント


マイナビエージェント

「マイナビエージェント」は株式会社マイナビが運営する総合型の転職エージェントです。ITとメーカーに強みを持っているのですが、総合型ですので転職希望先が漠然としている転職者におすすめです。

職種別でいうと、IT系・機械や電気系・営業が多い傾向があります。大手ですのでそもそもの求人数が多いのも魅力です。

20代後半~40代メインでITとメーカーへのキャリアアップ転職を考えている転職者との相性が良い

>>マイナビエージェント詳細はコチラ

マイナビジョブズ20‘s


マイナビジョブ20's

「マイナビジョブズ20‘s」は株式会社マイナビが運営する20代専門の転職エージェントです。20代・第二新卒・既卒向けですので、スキルなしでも受け入れ体制は整っています。全求人が20代対象というのがおすすめポイントで、特に20代の第二新卒の転職に強みを持っています。

20代・第二新卒に特化
未経験職種への初めての転職を考えている転職者向け

>>マイナビジョブ20’s詳細はコチラ

パソナキャリア


パソナキャリア

転職者の年収アップ率が67.1% / 転職支援実績が25万人以上!

2019年、オリコン顧客満足度調査において転職エージェント第1位を獲得しています。総合型ですので、どの業界を選ぶべきか決めかねている人はキャリアコンサルタントに相談してみると良いでしょう。

口コミでは、誰に対しても履歴書・職務経歴書の添削や面接対策が丁寧で、電話やメールのレスポンスが早いと好評です。

リクルートやマイナビが運営する転職エージェントほど求人件数が多くないのがデメリットですが、女性の気持ちを理解した上で転職支援をしてくれるとの声が多く聞かれます。

>>パソナキャリアの詳細はコチラ

doda


doda

求人数10万件以上!非公開求人80%超!!
履歴書添削や面接対策など丁寧なサポートが人気で、転職後のアフターフォローも手厚い。
女性の求職者にも高評価です。

サポートが手厚いため、転職が初めての方にもおすすめ

>>doda詳細はコチラ

諦めることなく、粘り強く活動しよう!

正しい転職活動のポイントを踏まえ、転職活動を行っても、不採用が続いてしまうこともあります。しかし、そんなときに「もう無理だ」と思わず、粘り強く転職活動を続けてみてください。あなたを求める会社は必ず出てきます。

そして、今回が20代最後の転職だと本気で思うことが大切です。その本気度で採用されるかも左右されますし、入社後の働き方ややりがいも変わってきます。採用されることはもちろん重要ですが、採用された後、あなたがどのように働いていくかとも非常に重要です。

転職回数に比例して転職成功率は下がっていき、転職回数が多くなればなるほど、不利になる傾向にあります。
有利にすすめるためには、転職回数を気にしない職種や業界に絞ってみたり、大手ばかりを受けていたのなら中小企業やベンチャーを重点的に応募してみるなどの対策がとれますね。

追い詰められるとどんどん視野が狭くなっていくため、意識して視野は広くみていきましょう。

転職活動における気持ちの持ち方は転職先での働きにも影響しますので、ぜひ前向きな気持ちで転職活動に挑んでください!
働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。
複数の転職エージェントを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめ転職エージェントは、転職実績No.1の『リクルートエージェント』と20代・30代に人気の『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかるアプリ「MIIDAS(ミイダス)」も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは完全無料なので、まずは気軽に転職の相談をしてみましょう。

リクルートエージェント

転職成功実績No.1!非公開求人20万件超!!
圧倒的な求人数であらゆる業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!
登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ

年収500万円から利用できるハイクラス転職サイト。
求人の3割以上が年収1,000万円超え!登録時に入力した情報をもとに企業から直接スカウトされる。

中でも「プラチナスカウト」を受け取ると企業やヘッドハンターと必ず面談できる。キャリアアップを望む人は必ず登録しておきたい転職サービス。

関連記事:転職エージェントを比較して分かったそれぞれの強み!

RECOMMEND

関連記事