最終更新日:

30代で年収300万は妥当?年収300万から抜け出す30代の転職成功法

年収300万の30代の転職

「30代で年収300万だと不安」
「30代で年収300万は低い?」
「300万から年収アップできない」

年収が300万円代の30代は一定数いますが、今の生活水準に不安を覚えている人は多いです。

30代は経験やスキルなど即戦力性を上手くアピールすれば、年収300万円代以上の年収アップ転職が成功します

今回は、年収300万円の30代の実情、年収300万円の30代が転職するべき理由と注意点、30代の転職成功法を解説していきましょう。

年収300万円の30代向け転職サービス

まずは年収300万の30代向け転職エージェントをご紹介☆自分に最適なサービスを選べば、効率良く年収アップできるわ♪

経験が浅い年収300万円の30代向け

DYM就職 ジェイック
(JAIC)
転職エージェント
主な年齢層 18~35歳 18~35歳
主なサポート対象者
経験やスキルに自信がない人
現在の年収が300万円代の人
支援実績 経験が浅い若年層を積極支援 就職支援実績
23,000名以上
特徴 優良企業を厳選
人物重視の採用
親身なサポート
正社員求人のみ
研修が無料
就職成功率8割
簡単登録
(無料)

経験がある年収300万円の30代向け

リクルート
エージェント
Spring転職
エージェント
転職エージェント
主な年齢層 20~30代 20~30代
主なサポート対象者
全転職者に対応。経験やスキルがある年収300万円代の30代歓迎
支援実績 採用成功実績は54万人超 大手優良企業への紹介実績多数
特徴 業界最大手
転職実績No.1
面接対策が充実
専門分野に精通
年収UP率59%
面談を断らない
簡単登録
(無料)

選択肢重視の年収300万円の30代向け

doda リクナビNEXT
転職サイト
主な年齢層 26~35歳 全年代
主なサポート対象者 関東、関西、東海の大卒以上 全転職者に対応
支援実績 業界30年の採用成功実績 求人データベースが日本最大級
特徴 求人が幅広い
営業職に強い
丁寧なサポート
利用満足度No.1!企業からのスカウト機能も
簡単登録
(無料)

年収300万円の30代の実情

そもそも30代で年収300万円ってそんなに低いかな?妥当な金額の気もするけど…?

残念ながら妥当とはいえないわ。全国平均からみても低い金額なのよ。

30代の全国平均年収は400万円強

30代前半(30~34歳)の平均年収
全体 410万円
男性 470万円
女性 321万円
30代後半(35~39歳)の平均年収
全体 445万円
男性 529万円
女性 313万円

出典:民間給与実態統計調査(令和元年)-国税庁

年収300万は女性だと妥当だけど男性は全国平均より150万円以上低いわ。

30代は子育てでさらに出費がかさむ

2014年の第一子出生平均年齢は、男女別で以下となっています。

第一子出生平均年齢
女性 30.6歳
男性 32.5歳

出典:「平成28年版少子化社会対策白書」 – 内閣府

30代は子どもを持ち始める年代であり、養育費がかかるため家族を養うには年収300万円は妥当な金額ではないでしょう。

年間子育て費用は84万円

子育てには実際どれくらいお金がかかるのかな?

未就学児の一人当たりにかかる
年間子育て費用総額
未就園児 843,225円
就園児 1,216,547円

未就園児一人当たりにかかる年間子育て費用の内訳

出典:インターネットによる子育て費用に関する調査報告書(2011年)|内閣府

内閣府の調査によると保育園や幼稚園に入園していない未就園児にかかる年間の子育て費用は約84万円。

「食費」「子どものための貯金・保険」「生活用品費」の割合が全体の6割を占めています。

年間金額を月間に換算
年収300万円の月収換算 250,000円
子ども一人にかかる月間子育て費用 70,000円
残り金額 180,000円

年収300万円を月収換算すると月に25万円、年間の子育て費用は7万円になります。

未就園児に使うお金を差し引くと月に使える金額は18万円。

子どもが保育園や幼稚園に入園すればさらに金額は大きくなり、子どもに当てる金額だけで10万円を超えるでしょう。

子どもが成長するにつれて出費が大きくなるから年収が低いままの30代は首が回らなくなっちゃうわ。

地方であれば土地代や住宅費が安いですが、都会で生活するとなると年収300万円ではさらに厳しくなります。

年収300万円の30代が転職するべき理由

30代で年収300万円だと共働きでもないと生活が厳しそうだね。

女性は産休育休で一度職場から離れるからいつまでも共働きができる保証はないわ。年収300万円の30代は転職も視野に入れるべきね☆

年収が増えた転職成功者の平均年齢

年収300万円以上の転職者6,000名を対象にdodaが実施した調査によると、年収が増えた転職成功者の平均年齢は31.1歳でした。(※1)

年収300万円の30代の転職

20代前半は社会人経験が浅いため年収アップ転職成功の水準はかなり低くなっています。

転職して最も年収アップに成功しているのが30代です。

40代になると年収アップが厳しくなる

40代になると、中途採用ではマネジメントスキルが強く求められ、能力がなければ年収増加どころか転職自体が難しくなります。

30代もマネジメントスキルがあれば年収の増加に有利なのは間違いないですが、「プレーヤー」としての需要も大きい年代です。

管理職の経験がなくても、通常の仕事の能力を武器に十分転職は成功するでしょう。

40代と比較して30代は年収増加を狙いやすいです。

年収400万円の求人は多い

さまざまな求人サイトで年収の条件を350~400万円以上で検索すると、かなりの件数がヒットします。

未経験でも「年収300万円以上」の求人はざらにあるので、30代で年収300万円以上の転職を目指すハードルは決して高くはありません。

年収300万円の30代の年収UP転職注意点

年収300万円の30代が転職する注意点はなにかあるの?

基本的にはメリットばかりだけど、転職活動の長期化や年収アップでの勤務時間超過の懸念もあるわ。

30代は転職活動の長期化のリスク

安易な気持ちで転職に踏み出すと、なかなか転職先が決まらなかった場合に生活が圧迫されてしまいます。

転職活動は長引けば長引くほど金銭的・精神的負担が大きくなるでしょう。

年収300万円から抜け出すための30代の転職活動は在職中に進めるのが得策です。

30代で年収UP=勤務時間超過

前職より年収が増額しても、休日の減少や残業時間が増加して再転職する人もいます。

例えば「勤務時間」の超過が気にならない人は、「年収」と「仕事内容」に満足していれば働き続けるのは苦ではありません

年収の他に自分が譲れない条件を事前に洗い出し、転職の優先順位をしっかりと定めておきましょう。

仕事に満足している理由トップ3

  • 「仕事のおもしろさ」(50%)
  • 「人間関係の良さ」(45%)
  • 「休日休暇日数」(33%)

出典:「仕事の満足度」について – エン転職

もちろんお金は大事だけど、それだけを目的に全てを投げ打って身体を壊しては本末転倒よ。

年収300万円の30代の年収UP転職成功法

30代は転職支援サービス併用で年収UP

30代で年収300万から確実に抜け出すには、転職エージェントの利用が効果的です。

未経験の30代でも年収400万以上の求人を紹介できる転職エージェントは多数あります。

特性やサポートの質、得意な求人は異なるため、自分に合うサービスをピックアップしましょう。

転職エージェントはは2~3社併用すると求人の選択肢が広がります。
サービス名 特徴
DYM就職 優良企業を厳選して求人紹介。人物重視の採用
JAIC(ジェイック) 無料就活講座あり。就職成功率は81.1%
リクルートエージェント 転職成功実績&求人数No.1。営業職やIT系に強い
Spring転職エージェント 専門分野に精通。年収UP率59%
doda 求人数約10万件。業界・職種が幅広い
リクナビNEXT 日本最大級の求人データベース。満足度No.1

30代はスキルや経験を活かす

30代の中途採用者には「即戦力性」が求められるため、スピーディーに企業に貢献できる人材だと判断されれば採用されやすいです。

自身の経験やスキルを的確に伝えるためにも、徹底的に自己分析しておきましょう。

自分の強みを整理・詳細まで的確に把握していれば志望動機に説得力が生まれ、納得感のあるアピールができます。

急に自己分析なんて言われても難しいよ。自分の強みや仕事の適性が簡単にわかる方法はないの?

自己分析が苦手・自分の適性を今すぐ診断したい人は、リクナビNEXTのグッドポイント診断を利用しましょう。

簡単な質問に答えるだけで自分の強みが見つかる本格診断サービスで、時間もお金もかけずに仕事の向き不向きの適性をチェックできます

年収300万の30代の適性診断(※会員登録すると無料で診断できます)

業界最大手の「RECRUIT」が開発しているため、診断結果の精度も信頼性も抜群です。

たった30分で適性が分かるので、自分のアピールポイントを整理したい人はさっそくチェックしてみましょう。

リクナビNEXTの求人は約6万件。診断後にはそのままマッチする求人を探せるのでスピーディー。

30代は上り調子の業界や企業に絞る

売り上げが低調な業界を選んでしまうと、給与が低い・残業が多い傾向があります。

インターネットや専門誌、統計や調査などを利用して需要があって今後伸びていくと予想される業界を狙うのがベストです。

職種を変えて仕事内容が変わると未経験扱いになり年収アップが厳しくなるので、業界は変えても職種は変えないようにしましょう。

同職種の転職であれば、異業種の視点や知識を求める企業も多いため年収アップが大いに見込めます。

今後伸びていく業界だと入社後の昇給も見込めるわ。事前に昇給制度があるか確認してどんどん応募しましょ!

年収300万円の30代は転職して年収アップ!

年収300万円の現状を受け入れ、このまま働き続ける選択肢もあるでしょう。

しかし、30代で今のままの生活水準では将来的に生活が厳しくなるのは否めません。

40代になると年収アップ転職の難易度はぐっと高くなるので、年収300万円の30代は30代のうちに前向きに転職を検討するのが賢明です。

30代は転職市場で魅力的で年収が増えやすい年代♪躊躇せず高年収への最初の一歩を踏み出しましょ☆

(※1 出典:doda/転職で年収アップするのはこんな人)

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、実績No.1の『リクルートエージェント』と、20~30代向けの『マイナビエージェント』です。

『生涯学習のユーキャン』で転職したい業界・職種に役立つ資格を取得すれば、転職活動を有利に進められます。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは無料なので、まずは気軽に相談してみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
幅広い業界・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!各職種の転職事情を熟知した手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

\Q&Aに答えるとスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:おすすめ転職エージェントを厳選!おすすめの選び方と絶対失敗しない活用法

RECOMMEND

関連記事