最終更新日:

30代の転職で年収300万円から抜け出す方法

30代の転職で年収300万円から抜け出す方法

「30代なのに年収が300万円しかなく、あまり余裕がない。」
「家族を養うとなると共働きをするしかない。」
「この先子供の事を考えるとこの年収では不安。」
「昇給も今の上がり幅ではこの先も高年収は期待できない。」
「今の生活水準から抜け出したい」

こうした悩みを抱える30代も多いです。

結論から申し上げます。転職して年収をアップさせましょう
転職市場が活況な今であればなおさらチャンスです。

しかしそのためには事前の準備が必要不可欠です。
今回は、30代で給与アップ転職を実現し、年収300万円から抜け出すための方法をお伝えします。

30代で年収300万円は妥当なのか

そもそも30代で年収300万円ってそんなに低いかなあ?
妥当な金額なんじゃない?

残念ながら妥当とはいえないわ。全国平均からみても低い金額なのよ。

30代の全国平均年収は400万円強

30代前半(30~34歳)の平均年収

全体 403万円
男性 457万円
女性 315万円

30代後半(35~39歳)の平均年収

全体 433万円
男性 512万円
女性 300万円

出典:民間給与実態統計調査(平成28年) – 国税庁

年収300万円は、女性だと妥当な金額といえるけど、男性だけで見ると全国平均より150万円以上も低いことが分かるわね。

30代は子育てのためさらに出費がかさむ

2014年の第一子出生平均年齢は、男女別で以下となっています。

女性 30.6歳
男性 32.5歳

出典:「平成28年版少子化社会対策白書」 – 内閣府

調査からも分かるように30代は子どもを持ち始める年代であり、養育費がかかるため家族を養うには年収300万円は妥当な金額ではないといえます。

地方であれば土地代や住宅費が安いが、都会で生活するとなると年収300万円ではさらに厳しくなる。

年収300万円の30代は転職すべき

30代で年収300万円だと共働きでもないと生活が厳しそうだね。

そうね。それに子どもを持つとなると女性は一度職場から離れなきゃいけないから、いつまでも共働きができる保証もないわ。
だからこそ、今のうちに転職すべきなのよ☆

年収が増えた成功者の平均年齢は31.1歳

年収300万円以上の転職者6,000名を対象にdodaが実施した調査によると、
年収が増えた転職成功者の平均年齢は、31.1歳という結果が出ています。

グラフでは27~29歳が多くなっていますが、20代前半は社会経験が少ないため年収増加転職成功の水準はかなり低くなっています。

そのため、年代として最も年収増加転職を成功させているのは30代なのです。

出典:転職で年収が増えるのはこんな人 – doda

40代になるとより年収増加が厳しくなる

40代になると、中途採用ではマネジメントスキルが強く求められ、それがなければ年収増加どころか転職自体が難しくなります。

30代もマネジメントスキルがあれば年収の増加に有利になることは間違いないですが、「プレーヤー」としての需要も大きい年代です。
そのため管理職経験がなくても、通常の仕事の能力を武器に十分転職活動に挑むことができます。

つまり30代は、40代に比べるとかなり年収増加を狙いやすいのです。

逆に言えば、今動かなきゃ年収増加の可能性も年々下がっていくってわけね。急ぎましょ☆

年収400万円の求人は多い

さまざまな求人サイトで「年収350万円以上」や「年収400万円以上」といった条件で一度検索をかけてみてください。

かなりの件数がヒットするはずです。未経験で「年収300万円以上」も珍しくないほどです。

これだけ絶対数が多くなるとその分挑戦の垣根は低くなります

近年は景気回復傾向にあり、全国の民間企業4,669社のうち42.5%の企業が2019年新卒者初任給の引き上げを実施、もしくは予定しています。

出典:ワークス採用見通し調査 – リクルートワークス研究所

これに伴って中途採用市場でも年収400万円求人が増加したものと考えられます。

転職市場が活況である今こそチャンス

景気回復のさらなる恩恵として、有効求人倍率は0.83倍(2012年12月)から1.63倍(2018年8月)とほぼ倍増しています。

出典:有効求人倍率、新規求人倍率 – 労働政策研究・研修機構

30代で大幅な昇給も見込めず、300万円の年収帯が続くようなら、この先の年収増加も期待できない可能性が高いのが現状です。

そうなると、転職市場が活況である昨今において今より年収を上げるのなら、転職という選択肢が最も現実的です。

30代で年収増加転職を目指すデメリット

年収300万円から抜け出すための転職で何か悪いことってあるのかな?

そうね。基本はいいことばかりなんだけど、デメリットも少なからずあるから頭に入れておいて☆

転職活動期間の長期化で生活が圧迫される

転職市場が拡大してきているから、と安易な気持ちで転職に踏み出すと、なかなか決まらずあっという間に1年なんて経過してしまいます。

ただの転職ではなく今回は年収を上げるための転職であり、事前の周到な準備がなければ実現できないことをしっかりと胸に刻みましょう。

あくまであなたの今の実力を持ってキャリアアップしていく心構えが必要なのです。

それでも転職活動が長引いてしまう可能性はあります。そうなると金銭的にもさらなる出費を招きます。
そのため、年収300万円から抜け出すための転職活動は、在職中に行うようにしましょう。

年収が上がって勤務時間が超過になる可能性も

前職よりは給与の増額は実現したが、その分休みが減ったり、残業時間が多くなり再転職というケースはよくあります。

この場合の動き方としてまず考えるべきは「継続可能性」です。

例えば「勤務時間」が増えても、「年収」と「仕事内容」に満足していれば働き続けるのは苦でない人もいると思います。

このように「年収の増加」の他に自分が譲れない条件などを事前に洗い出し、優先順位を決めておくことが大切です。

仕事に満足している理由トップ3

  • 「仕事のおもしろさ」(50%)
  • 「人間関係の良さ」(45%)
  • 「休日休暇日数」(33%)

出典:「仕事の満足度」について – エン転職

もちろんお金は大事なんだけど、それだけを目的に全てを投げ打って身体を壊しては本末転倒よ。
あなたの人生にとって大切なものを一度思い出してみて☆

30代が転職で年収300万円から抜け出す方法

でも求人も多くて、景気も良いってことは30代での年収増加は余裕なんじゃない?♪

ちょっと待ちなさい。がむしゃらに応募したって年収増加転職はうまくいかないわ。
しっかりと準備を怠らない子だけが勝ち取れるのよ☆

ITをフル活用し応募数と効率を最大化する

年収350万円~年収400万円の求人数がかなり多いことはすでにお伝えしました。
とはいえ求人検索すらしなかったり、調べても一つのサイトだけしか見ていないために、この事実を知らない人もたくさんいます。

そういう人は「年収300万円から抜け出して、今より生活水準を上げられる人なんて特別な技能を持ったほんの一握りの人なんだ」という固定観念にとらわれているのではないでしょうか。

しかし、現在30代の転職市場には追い風が吹いています。
厚生労働省の「一般職業紹介状況」によると、30代の有効求人倍率は年々増加傾向にあります。

出典:30代での転職を成功させるポイント – エージェントBOX

また、全体の求人数も右肩上がりに増えています

出典:転職求人倍率レポート(2018年12月) – doda

そのため、複数の転職(求人)サイトに可能な限り登録し、履歴書や職務経歴書をPCで入力して量産できる体制を整え、条件に合う求人にはとにかく応募することを止めないことが大切です。

このことは30代や40代で転職するための基本の「き」よ。
今回は狙うべき求人の数が多いから、この基本を抑えるだけで成功確率はぐんと上がるわ☆

過去に培ったスキルや経験を活かす

30代の中途採用者に求められるのは「即戦力性」です。

ましてや年収増加を求めての転職であるなら能力があることは必須になってきます。

あなたにどのような経験やキャリアがあり、それらをどのように応募先の企業に貢献できるのかをしっかり伝えましょう。
そうすることで企業側が「あなたを採用するメリット」を感じれば内定につながるのです。

そのための準備としてはとにかくこれまで培ってきたスキルや経験、実績を全て書き出す「キャリアの棚卸し」をしていきます。
実績に関しては、具体的な数値を用いて書き出せればより効果的です。

「キャリアの棚卸し」についての詳細はこちらを参考にしてください。

上り調子の業界や企業に絞る

売り上げが低調な業界を選んでしまうと、給与が低かったり残業が多かったりする傾向にあります。

そのため、需要があって今後伸びていくと予想される業界を狙うのがおすすめです。
インターネットや専門誌、統計や調査などを利用して調べましょう。

ここで注意すべきなのは、業種を変えても職種は変えないことです。

職種を変えて仕事内容が変わると、一から覚える必要があり、未経験扱いになるため年収増加はまず望めません。

同職種の転職であれば、異業種の視点や知識を求める企業は多いため年収増加は大いに見込めます。

今後伸びていく業界だと入社後の昇給も大いに見込めるから、仮に今と同じ年収300万円台の求人でも応募してもいいかもね☆
もちろん、事前に昇給制度があることの確認をしてからよ!

30代が年収300万円から抜け出すために最適な転職エージェント

そうはいってもやっぱり自分ひとりじゃ不安だよ。

それなら転職エージェントの力を借りましょう♪
彼らは日程の調整から書類添削や面接対策、年収交渉まですべて無料で行ってくれるのよ☆

リクルートエージェント

リクルートエージェントは業界一の求人数を持っており、幅広い業種や職種、年齢の人に対応しています。
そのため年収300万の30代でも年収を増やせる求人が見つかりやすいです。

大手なだけあってキャリアアドバイザーも優秀な人材がそろっているので、必ず登録しておきたいエージェントです。

リクルートエージェント

転職成功実績No.1!非公開求人20万件超!!
あらゆる業種・職種を網羅する圧倒的な求人数で幅広い求職者のニーズに応える業界最大手の転職エージェント。
充実の面接対策も人気!

【公式サイト】
https://www.r-agent.com/
登録は3分で完了!

リクルートエージェントの詳細はこちらの記事をチェック↓

Spring転職エージェント

Spring転職エージェントは求職者と企業のどちらとも一人のキャリアアドバイザーがやりとりする仕組みなので、マッチングの制度が非常に高いです。

面談率100%で求職者の満足度も非常に高いのが特徴です。そのため、担当のアドバイザーに年収300万円から抜け出したいことを正直に伝えてしっかりサポートをしてもらいましょう。

Spring転職エージェント(アデコ)

2018年利用者満足度No.1!
管理職や金融、営業やマーケティング、ITやメディカルなど4つの職種専門部があり専門領域に特化。
企業と求職者が同じ担当でマッチング率が高い。

【公式サイト】
https://www.springjapan.com/
登録は3分で完了!

Spring転職エージェント(アデコ)の詳細はこちらの記事をチェック↓

パソナキャリア

パソナキャリアはアドバイザーの専門性が高く、かつ転職者目線でのサポートが非常に高い評価を得ています。

女性に特化したサポートも充実しており、キャリアアップや年収増加を目指す人にもうってつけのエージェントです。

パソナキャリア

オリコン顧客満足度2019年調査 転職エージェント部門1位!
首都圏など大都市圏の求人数が豊富。25~35歳転職初心者キャリアのある女性の転職サポートに特化。
転職成功者の年収の上昇率は驚異の67.1%

【公式サイト】
https://www.pasonacareer.jp/
登録は3分で完了!

\詳細はこちらの記事をチェック/

年収300万円から抜け出すなら30代で!

長年勤めているにもかかわらず年収がほとんど変わらない現状を受け入れ、このまま働き続けるという選択肢もあるでしょう。
しかし、今のままの生活水準で子どもが増えたり、大学に行かせたりすることになればクビが回らなくなってしまうおそれもあります。

そしてそのとき年齢が40代を迎えていれば、年収増加のハードルはぐんと上がります。

30代は活況な転職市場ではすっごく魅力的で、年収が増えやすい年代よ♪
だからこそ躊躇せず、「今すぐ」最初の一歩を踏み出しましょう


RECOMMEND

関連記事