最終更新日:

フリーランスエンジニアで年収1000万は可能?年収アップのコツも解説!

フリーランスエンジニアで年収1000万は可能?年収アップのコツも解説!

IoT技術やAIの発展によりますます需要が増えるITエンジニアですが、働き方の多様化によりフリーランスエンジニアといった働き方に興味を持つ人も増えています。

フリーランスエンジニアは年収上がるのか
フリーランスエンジニアって本当に自由?

などは特に気になるポイントでしょう。

そこで本記事では、フリーランスエンジニアの平均年収や年収1000万を目指すコツをご紹介します。

会社員からフリーランスエンジニアへの転向を考えている方は最後まで目を通して下さい。

フリーランスエンジニアの年収はどれくらい?

気になるフリーランスエンジニアの年収ですが、結論からいうと平均750万円程度です。

ただし、これはあくまで平均です。エンジニアは業種や年齢、さらには扱う言語などのスキルによっても様々で、年収1000万の人もいれば年収200万程度の人もいるのが実態です。

例えば、「フリーランスエンジニア」と一口に言っても「システムエンジニア」から「テストエンジニア」まで様々な業種があり、それぞれ平均年収が異なります。

さらに同じシステムエンジニアでも20代と40代では持っているスキルや任される業務も異なるでしょう。

そのため、ここでは「業種」「年齢」「スキル(工程)」別の平均年収をご紹介します。

業種による年収の違い

業種 平均年収
システムエンジニア 700万~1000万
プログラマー 400万~600万
ネットワークエンジニア 600万~700万
データベースエンジニア 500万~600万
webエンジニア 500万~700万
マークアップエンジニア 500万前後
制御組み込みエンジニア 600万前後
テストエンジニア 400万~500万
ブリッジSE 450万~800万

※1

業種による平均年収の違いは表の通りです。

これらの業種のうち「システムエンジニア」や「ブリッジSE」は任される業務次第で年収1000万を超える人もいます。

また、「プログラマー」や「テストエンジニア」は案件によって求められるスキルが大きく異なるため、簡単なスキルしか必要としない案件しか受注できないうちは年収200万程度の人もいるようです。

フリーランスエンジニアになっても収入を安定させたい方はエージェントサービスを利用するのもおすすめです。(詳細はこちら

「年齢」による平均年収の違い

フリーランスエンジニア「年齢別」年収相場

年齢 平均年収
25歳~29歳 696万円
30歳~34歳 780万円
35歳~39歳 816万円
40歳~44歳 840万円
45歳~49歳 876万円
50歳~54歳 660万円
55歳~59歳 600万円

※2

年齢による平均年収の違いは上記表の通り50代以降は右肩下がりとなっていますが、一方で最高年収は50代以降も上がり続けています

これは、50代以降はマネージメントスキルの有無によって年収が上がる人と下がる人に大きく分かれるためです。

フリーランスでも会社員でも年齢が上がるにつれてマネジメントスキルを求められる傾向は変わりませんが、会社員と違ってフリーランスには50代以降の給料保証などありません

そのため、マネジメントスキルは将来的には必要不可欠なスキルと考えた方がいいでしょう。

「工程」による平均年収の違い

フリーランスエンジニア「工程別」年収相場

工程 平均年収
運用保守 420万円
テスト 444万円
製造 600万円
詳細設計 660万円
基本設計 780万円
プロジェクトリーダー 816万円
要件定義 840万円
プロジェクトマネージャー 900万円
コンサル 1080万円

※2

工程による平均年収の差は非常にわかりやすく、上流工程へ行くほど年収も右肩上がりになっています。

会社員でも同様ですが、フリーランスエンジニアで将来的に年収を上げるには上流工程に携われるようスキルアップしていく必要があるでしょう。

会社員エンジニアの平均年収

会社員エンジニアの年収は平均580万円程度と言われています。

会社員全体の平均年収が455万円程度なので比較的高い金額だといえますが、フリーランスエンジニアと比べるとやはり少し低いと言わざるを得ません。

会社員の給料は成果や能力によって差はあるものの、どうしても規定内の金額に収まってしまいます

しかし、フリーランスエンジニアは能力次第でどんどん高い報酬の案件を受けられるため、必然的に年収は上がっていくでしょう。

フリーランスエンジニアで年収1000万は可能?

フリーランスエンジニアは会社員エンジニアと比べて平均年収は高めですが、全員の年収が高いわけではなく、人によって様々です。

しかし、どうせフリーランスエンジニアになるなら年収1000万の大台は目指したい所

ここからはフリーランスエンジニアで年収1000万を狙うためのコツをご紹介します。

    ■ 年収1000万を狙うためのコツ

  1. まずは信頼獲得に努める
  2. 新しいスキルを身につける
  3. 上流工程も担当できるようになる
  4. 営業力や交渉力を身につける
  5. 副業など複数の収入源を持つ

まずは信頼獲得に努める

フリーランスエンジニアには「自由」なイメージがあるかと思いますが、そのイメージは雇う側の立場からすれば「ルーズ、いい加減」と見られてしまう場合も少なくはありません。

そのため、安定して仕事を受注するためにもまずは信頼獲得に努めるようにしましょう。

将来的に収入を増やしたいのであれば、単発の案件を複数抱えるより大規模な継続案件を受注する方が効率よく収入を増やせます

そういった案件を受注するためにも信頼は必要不可欠ですので、最初からコツコツ磨いていくのが得策でしょう。

会社員からフリーランスに転向したとしても、最初はこれまで以上に一つ一つの仕事に真摯に向き合うのが収入アップへの近道です。

新しいスキルを身につける

スキル別年収相場
スキル 平均年収
アセンブラ 540万円
PL/1 600万円
COBOL 636万円
VB 660万円
PL/SQL 720万円
C++ 720万円
JavaScript 720万円
Java 780万円
Android 804万円
swift 840万円
PHP 840万円
Ruby 852万円
Python 960万円
SalesForce 960万円
Go 960万円
SAP 1,080万円

※2

上記表にもあるように、フリーランスエンジニアは使える言語によっても年収が大きく変わってきます

年収が高いスキル(言語)は世の中の需要で決まるため、今需要が高いスキルを習得したからといって今後も安泰なわけではありません

そのため、日頃から世の中のニーズや新しい技術の情報収集を怠らず、新しいスキルを身につけられるよう自ら学習し続ける姿勢が非常に重要です。

上流工程も担当できるようになる

「工程」による平均年収の違いでも解説したように、上流工程が担当できるようになれば収入は大きく上がります

歳を重ねていけば上流工程を担当できるか否かで年収に大きな差が生まれるだけでなく、フリーランスエンジニアの場合は仕事を失う危険性すらあります。

そのため、年収1000万を目指すのであれば、早いうちから上流工程をこなせるスキルも身につけておきましょう。

営業力や交渉力を身につける

フリーランスエンジニアの収入は営業力や交渉力に直結するといっても過言ではありません。

特に交渉力は重要で、同じ仕事を受注しても交渉次第で報酬に10万円ほどの差がつくケースもあります。

慣れていない人からすれば交渉すれば印象が悪くなるといったイメージもあるかもしれませんが、そう思われないように交渉するのが交渉術です。

年収1000万を目指すのであれば避けては通れないスキルですので、早いうちから意識して磨くようにしましょう。

余計な業務は人に任せてエンジニアとしてのスキルアップに集中したい方は、フリーランスエンジニア向けのエージェントサービスを利用するのも一つの手です。

副業など複数の収入源を持つ

フリーランスエンジニアで年収1000万を目指すのであれば、副業など複数の収入減を持つようにしましょう。

例えば技術ブログを書いてアフィリエイト報酬を得る、磨いたプログラミングスキルを使ってスクール講師をしたり企業にコンサルとして参入するなど、今の時代であればIT技術を活かせる副業は多く存在します。

収入が不安定になりやすいフリーランスエンジニアだからこそ、収入の柱は複数持てるように早い段階から準備をしておきましょう

フリーランスエンジニアで年収を安定させるには

フリーランスエンジニアには様々なメリットがありますが、その反面、自ら営業や交渉をうまくやらないと継続して仕事がもらえないのは大きな不安の種だと言えます。

特にこれまで営業経験がない人や、コミュニケーションスキルにはあまり自信がない人にとっては、フリーランスエンジニアを目指す上で最も大きな障害と言ってもいいかもしれません。

そんな方におすすめなのが、フリーランスエンジニアに案件を紹介してくれるエージェントサービスです。

エージェントサービスを利用すれば、案件の紹介だけでなく、単価交渉や期間調整、さらには案件開始後のフォローやエージェントによっては福利厚生まで受けられる所もあります。

その他のメリットやデメリットは以下です。

    ■ エージェント利用のメリット

  1. 収入が安定する
  2. 不利な条件の案件を断りやすい
  3. トラブル時の仲裁に入ってくれる
  4. 登録及び利用は無料
    ■ エージェント利用のデメリット

  1. 在宅案件が少ない(ない)
  2. 手数料分の手取りが減る
  3. 未経験者は利用できない

それではフリーランスエンジニアにおすすめのエージェントをいくつかご紹介します。

フリーランスエンジニアにおすすめのエージェント

Midworks(ミッドワークス) エミリーエンジニア
サービス
主な年齢層 20代~40代 25歳~50歳
主なサポート職種 ITエンジニア(実務経験目安:3年以上) IT/webエンジニア
支援実績 IT系フリーランス専門エージェントサービス3部門で第1位 利用者の5人に1人が年収1000万円以上
対応地域 東京/神奈川/埼玉/千葉/大阪/京都/兵庫/滋賀 東京/神奈川/埼玉/千葉
特徴 正社員並みの保障付き
給与保障あり
充実の福利厚生
初めてのフリーランスでも安心
簡単登録
(無料)
フォスターフリーランス DYMテック
サービス
主な年齢層
20代~40代
主なサポート職種 実務経験のあるITエンジニア 実務経験のあるITエンジニア・webデザイナー
支援実績 20年の実績・登録者1万7000人 取引実績5000社以上
対応地域 東京/神奈川/埼玉/千葉/ 東京/神奈川/埼玉/千葉
特徴 満足度90%
案件の半数上は直取引で高単価
非公開案件多数
年収アップ可能
面接同行あり
簡単登録
(無料)
※エージェントについてさらに詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてください。

フリーランスエンジニアは年収1000万も狙える

フリーランスエンジニアは受ける仕事も働き方も「自由」に選択できるのが大きな魅力です。

その人の能力や受ける仕事によっては年収1000万も十分に狙える範囲でしょう。

しかし一方で、案件の受注や報酬金額の交渉など、仕事上の全ての業務が「自己責任」になるのがフリーランスエンジニアです。

そういったデメリットを享受できるなら、フリーランスエンジニアといった働き方はとても楽しいものになります。

どうしても営業や交渉が不安な方はフリーランスエンジニア向けのエージェントサービスを利用するのもおすすめ

苦手な業務を外注するのは個人事業主としては基本のやり方とも言えるため、便利なサービスは積極的に利用して自由な働き方を手に入れて下さい。


※1 参考:Midworks―【職種別】「ITフリーランス」の年収とは|魅力や特徴など
※2 出典:SE HACK―フリーランスエンジニア100人に聞いた年収調査【相場グラフつき】

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、転職成功実績No.1の『リクルートエージェント』と、20代・30代に人気の『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは完全無料なので、まずは気軽に転職の相談をしてみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
圧倒的な求人数で幅広い業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

ビズリーチ 詳細情報の有無でかわる転職成功率

職務経歴書などの情報を詳細に入力している会員ほど転職が成功しやすい。

\情報の詳細入力でスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:これを読むだけで転職成功率アップ!?厳選おすすめ転職エージェント18選

RECOMMEND

関連記事