最終更新日:

フリーランスエンジニアに独立のタイミングはいつ?失敗しないポイント4つ

フリーランスエンジニアに独立のタイミングはいつ?失敗しないポイント4つ

世の中の働き方も大きく変わり、フリーランスエンジニアとして独立するタイミングをうかがっている人も多いと思います。

しかし、なかなか良いタイミングが見つからず、いつまで経っても現状のまま会社員を続けている人も少なくないかもしれません。

そこで本記事ではフリーランスエンジニアに独立するタイミングを決めるためのポイントや注意点をご紹介します。

今年こそはフリーランスエンジニアとして独立したい方はぜひ最後まで目を通して下さい。

フリーランスエンジニアに独立するタイミング

フリーランスエンジニアになる意思が強い場合、独立のタイミングは早いに越したことはありません。

とはいえ、何も考えずに急いで独立してしまっては苦しい思いをするだけでしょう。

ここでは、独立するタイミングを決める上で重要なポイントを4つご紹介します。

    ■ タイミングを決めるためのポイント

  1. 実務経験5年が1つの目安
  2. アピールできるスキルが1つでもあるか
  3. 仕事を獲得できる目途はついているか
  4. 健康状態に不安はないか

実務経験5年が1つの目安

フリーランスエンジニアとして活動していく上で最も重要なのは「信頼と実績」です。

しかし独立してすぐはどんな人でも実績はないため、企業での実務経験を参考に信頼できるかどうかを判断されます

そして実務経験におけるおおよその独立タイミングは以下の通りです。

  • 実績5年以上:今すぐ
  • 実績3年~5年:スキルに自信があれば今すぐ
  • 実績3年未満:まずは3年間実績を積む

このように実務経験が早くて3年、遅くても5年積んでいるかどうかが独立の1つの目安になるでしょう。

アピールできるスキルが1つでもあるか

数あるフリーランスエンジニアの中から自分を選んでもらうためには、他とは違うアピールポイントが必要です。

そのため、まずは1つでいいので他の人に負けないスキルを身につけてから独立しましょう

アピールできるスキルがないまま独立するといつまでも仕事を獲得できず、いずれ生活が苦しくなってしまうので注意して下さい。

仕事を獲得できる目途はついているか

たとえスキルや実績があっても、独立してから仕事を探し始めるのは危険です。

自分の人脈を整理して仕事を紹介してもらえる人がいないか確認し、ある程度仕事の目途がついてから独立しましょう。

そういった人脈がない場合はフリーランスエンジニア向けのエージェントを利用するのが安全です。

独立前の相談にも乗ってくれるため、今から登録しておいて損はないでしょう。

\* 誰でも無料で利用できる */

健康状態に不安はないか

会社員と違ってフリーランスエンジニアには有休や休業補償がありません

そのため、体調を崩してしまうなど働けない状態になると収入が途絶えてしまいます

また、独立したての頃は環境が大きく変わるために心身ともに負担がかかりやすい時期です。

そういった状況に備えるため、健康状態に不安がある場合は体調を整えてから独立するようにしましょう

独立のタイミングを見極める上での注意点

フリーランスエンジニアとして独立するタイミングがある程度定まったら、最後に確認してほしい注意点があります。

現職場の状況も考慮する

たとえ自分自身のタイミングがばっちりだったとしても現職場の状況も考慮した上で独立のタイミングは決めましょう。

万が一フリーランスエンジニアの働き方が自分に合わなかった場合、今いる職場は再就職の最有力候補となります。

そのため、現職場の都合も考慮してできる限り円満退職を心がけてください

不当な長時間労働など、現職場に居続けると身体に悪影響を及ぼすような場合は例外です。

半年は暮らせる貯金をしておく

どれだけタイミングを見計らって独立をしても何が起こるかわからないのがフリーランスエンジニアです。

たとえ高単価の仕事を獲得できたとしても、業績が悪化すればまずフリーランスからクビを切られます

そうなった場合に生活していくだけの蓄えがなければ、精神的にも経済的にも非常に追い込まれてしまうでしょう。

たとえ独立に十分なスキルがあっても、最低半年は生活できるだけの貯金があるかを確認するようにして下さい。

独立後の生活をイメージできるか

フリーランスエンジニアとして独立する前に必ず独立後の生活をイメージできるか確認してみてください。

フリーランスエンジニアには良い面もあれば、当然悪い面もあります。

そういった両面を考慮した上で独立後の生活をイメージしておかないと、独立してから後悔するハメになるので注意してください。

未経験の場合は一度企業に就職する

フリーランスエンジニアとして独立するには実務経験が必要ですが、未経験の場合は一度企業に就職して実務経験を積みましょう

どれだけすごいスキル身につけたとしても、実務経験が0では企業はなかなか相手にしてくれません。

少しでも早くフリーランスエンジニアになりたい方は、スキルだけでなく就職サポートもあるプログラミングスクールも検討してみるといいかもしれません。

独立のタイミングを決めるための参考情報

ここでは独立のタイミングを決める際に役立つ参考情報をご紹介します。

あくまで参考情報ですが、少しでも失敗の芽を摘みたい方は知っておいて損はないでしょう。

収入はどれくらいか

フリーランスエンジニアの平均年収は会社員と比べると高くなります

しかし、あくまで平均なので誰でも年収が上がるとは考えない方がいいでしょう。

また、年収に対する手取り額はフリーランスエンジニアの方が少なくなります

そういったフリーランスと会社員の収入の違いについて知っておくと独立のタイミングにも影響を与えるかもしれません。


年齢層はどうなっているのか

最近は20代や30代の独立が目立っているので、フリーランスエンジニアの年齢層は若いイメージがあるかもしれません。

しかし、実際はフリーランスとして活動している人の半数が40代以上です。

また、年齢によって求められるスキルも異なるので、自分の年齢は独立に適しているのか求められるスキルが身についているのかは独立前に理解しておきましょう。

独立前にやるべき準備は何があるか

フリーランスエンジニアとして独立すれば会社員にはない自由さが手に入りますが、それと同時に失うものも当然あります。

例えば、フリーランスになれば信用がなくなるため、クレジットカードや各種ローンの審査は非常に通りにくくなるでしょう。

こういった会社員のうちにしかできない、やっておいた方がいい準備ができているのかは事前に確認しておくのが賢明です。

まずは副業で始められないか

いきなりフリーランスエンジニアとして独立せずに、まずは副業でフリーランスエンジニアをやる選択肢もあります。

もし現職場で副業が認められているのであれば、安定した給料を確保しながらフリーランスにも挑戦できるので心理的ハードルは一気に下がるでしょう。

タイミングを早めたいならエージェントを利用

独立するタイミングを早めたいなら、フリーランスエンジニア向けのエージェントを利用するのが一番です。

今のうちから登録しておけば独立前の相談に乗ってもらえたり、独立してすぐに仕事を紹介してもらえるでしょう。

ここではおすすめのエージェントを5社ご紹介しますので、まずは自分に合いそうなエージェントに登録してみてください。

フリーランスエンジニアにおすすめのエージェント

レバテックフリーランス
サービス
主な年齢層 20代~40代
主なサポート職種 ITエンジニア(実務経験目安:1年以上)
支援実績 取引社数5,000社以上
利用者満足度92.6%
契約更新率90%超
年間紹介数103,953件
対応地域 東京/神奈川/埼玉/千葉/大阪/兵庫/京都/愛知/福岡
特徴 案件数業界No.1
充実の福利厚生パッケージあり
簡単登録
(無料)
Midworks(ミッドワークス) エミリーエンジニア
サービス
主な年齢層 20代~40代 25歳~50歳
主なサポート職種 ITエンジニア(実務経験目安:3年以上) IT/webエンジニア
支援実績 IT系フリーランス専門エージェントサービス3部門で第1位 利用者の5人に1人が年収1000万円以上
対応地域 東京/神奈川/埼玉/千葉/大阪/京都/兵庫/滋賀 東京/神奈川/埼玉/千葉
特徴 正社員並みの保障付き
給与保障あり
充実の福利厚生
初めてのフリーランスでも安心
簡単登録
(無料)
フォスターフリーランス DYMテック
サービス
主な年齢層
20代~40代
主なサポート職種 実務経験のあるITエンジニア 実務経験のあるITエンジニア・webデザイナー
支援実績 20年の実績・登録者1万7000人 取引実績5000社以上
対応地域 東京/神奈川/埼玉/千葉/ 東京/神奈川/埼玉/千葉
特徴 満足度90%
案件の半数上は直取引で高単価
非公開案件多数
年収アップ可能
面接同行あり
簡単登録
(無料)
※エージェントについてさらに詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてください。

フリーランスになるタイミングは20代後半!

フリーランスエンジニアとして独立するタイミングを決める上で、重要なポイントは以下の4つです。

    ■ タイミングを決めるためのポイント

  1. 実務経験5年が1つの目安
  2. アピールできるスキルが1つでもあるか
  3. 仕事を獲得できる目途はついているか
  4. 健康状態に不安はないか

これらのポイントを踏まえた最も現実的なタイミングは20代後半と言えるでしょう。

少しでもタイミングを早めたい方は、今のうちからフリーランスエンジニア向けエージェントを利用するのもおすすめです。

いずれにせよ機を伺いすぎて何もしなければ何も状況は変わりません。

自分の理想に向かって、今できる行動を1つ1つ積み重ねて憧れのフリーランスエンジニア生活をつかみ取ってください。

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、転職成功実績No.1の『リクルートエージェント』と、20代・30代に人気の『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは完全無料なので、まずは気軽に転職の相談をしてみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
圧倒的な求人数で幅広い業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

ビズリーチ 詳細情報の有無でかわる転職成功率

職務経歴書などの情報を詳細に入力している会員ほど転職が成功しやすい。

\情報の詳細入力でスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:おすすめ転職エージェントを厳選!おすすめの選び方と絶対失敗しない活用法

RECOMMEND

関連記事