最終更新日:

フリーランスエンジニアが独立すべきタイミングはいつ?失敗を避けるコツ

フリーランスエンジニアに独立のタイミングはいつ?失敗しないポイント4つ

「フリーランスエンジニアに独立するタイミングは?」「独立する際の注意点はある?」
「独立するタイミングはどう決めればいい?」

フリーランスエンジニアになりたいと考えていても独立するタイミングが分からず、会社員を続けているエンジニアは少なくありません。

自分の状況やスキルから最適なタイミングを見極めて独立すれば、フリーランスエンジニアとして満足のいく働き方が実現できます

本記事ではフリーランスエンジニアに独立するタイミングを決めるポイントや、独立後に失敗しないための対策法を解説していきましょう。

フリーランス向けのエージェント

フリーランスエンジニアとして長く安定して働くなら、フリーランス向けエージェントの利用がオススメ♡

レバテックフリーランス Midworks(ミッドワークス)
フリーランスエージェント
主な年齢層 20代~40代 20代~40代
主なサポート対象者 実務経験1年以上のITエンジニア・Webデザイナー ITエンジニア(実務経験目安:3年以上)
支援実績 フリーランスエージェント登録者数・業界認知度No.1 IT系フリーランス専門エージェントサービス3部門で第1位
対応地域 東京/神奈川/埼玉/千葉/大阪/兵庫/京都/愛知/福岡 東京/神奈川/埼玉/千葉/大阪/京都/兵庫/滋賀
特徴 業界最大級の案件数。契約更新率90%超。最短1週間で参画 正社員並みの保障付き
給与保障あり
簡単登録
(無料)


フォスターフリーランス テックビズフリーランス
フリーランスエージェント
主な年齢層 20代~40代 20代半ば
~40代前半
主なサポート対象者 年収700万円以上のエンジニア・Webデザイナー 1年以上の開発経験・類する実績のあるITエンジニア
支援実績 20年の実績・登録者1万7000人 案件決定率・継続率90%超
対応地域 東京/神奈川/埼玉/千葉 全国対応
特徴 非公開案件多数
案件の半数上は直取引で高単価
案件登録数3万件超抜群のバックアップ体制
簡単登録
(無料)


選択肢が豊富な案件検索サイト

エンジニアスタイル東京
フリーランスエージェント
主な年齢層 20代~40代
主なサポート対象者 ITエンジニア経験者
支援実績 平均単価67万円
最高単価240万円
対応地域 東京
特徴 案件・求人数は16万件超。AIが最適な案件を紹介
簡単登録
(無料)

フリーランスエンジニアになるタイミング

どれくらいの経験を積んでから独立してる人が多いのかな?

企業がフリーランスエンジニアに仕事を依頼する際には、これまで実績から信頼できる人物か十分なスキルはあるのかを判断します。

独立のタイミングは実績や周りの環境などで変動するため正解はありませんが、会社員で数年の実務経験を積んでから独立するのが得策

ポテパンの調査によると、最低でも1~3年は会社員でエンジニアの実務経験を積んでから独立する人が多いようです。※1

フリーランスエンジニアタイミング

独立を急いでしまい後悔する人は少なくないため、焦らずに自分の状況や今の能力を鑑みて、独立に最適なタイミングを見極めましょう

独立のタイミングを決めるポイント

人それぞれだったら、どうやって独立のタイミングを決めればいいの?!

まずは自分の状況を整理してから、独立のタイミングを考えましょ♡

アピールできるスキルが1つでもあるか

独立する際に他の人より秀でたスキルがないと、フリーランスエンジニアで安定して仕事を獲得するのは難しいです。

作業スピードが早い、特定分野のスキルが特化しているなど、他のフリーランスと差をつけられるスキルを身に付けてから独立しましょう。

健康状態に不安はないか

会社員と違いフリーランスエンジニアには有給や休業補償がないため、怪我や体調を崩して働けなくなると収入が途絶えてしまいます。

独立後は環境が大きく変わり心身ともに負担がかかりやすいため、健康状態に不安があるならまずは体調を整えましょう。

仕事を獲得できる目途はついているか

エンジニアとして十分なスキルや実績があっても、フリーランスとしては仕事の依頼が来ないケースも

自分の人脈やフリーランス向けのエージェントなど、仕事を獲得できるルートを確保してから独立するのが得策です。

エージェントなら無料で独立に関する相談にも乗ってくれるから、今から登録しておいても損はないわ♪

\* 誰でも無料で利用できる */

フリーランスの収入を把握しておく

フリーランスエンジニアの平均年収は会社員と比べると高いですが、必ずしも独立した全員が年収アップするとは限りません

経験年数を重ねれば収入が上がりますが、独立したての頃は会社員より手取りが少なくなるケースがほとんど。

独立して安定した働き方を目指すなら、フリーランスと会社員の収入や保障の違いを把握して対策しておきましょう

独立前にやるべき準備は何があるか

フリーランスエンジニアになれば自由度の高い働き方ができますが、社会的な信用度は低くなります

フリーランスになるとクレジットカードや各種ローンなどの審査が非常に通りにくくなるため、独立後に失敗しないための対策法を確認しておきましょう。

独立後に失敗しないための対策法

自分の状況を確認して準備が整えれば独立するタイミングがある程度決めれそうだね!

焦りは禁物!独立する前に確認しておきたい注意点があるの。

まずは副業でフリーランス経験を積む

会社員からいきなりフリーランスエンジニアに独立するのではなく、まずは副業でフリーランスの実績を積む人も少なくありません。

副業なら安定した給料を確保しながらフリーランスの仕事の流れも把握できるので、独立後の働き方が想像しやすいでしょう。

現職場の状況も考慮する

自分自身の独立するタイミングがばっちりでも、現職場への配慮も必要です。

請け負っている業務の区切りや繁忙期は避けるなど、現職場に迷惑がかからないように円満に退職しましょう。

不当な長時間労働など、現職場に居続けると身体に悪影響を及ぼすようなケースは例外です。

最低半年は暮らせる貯蓄を確保

どれだけ独立するタイミングを見計らっても、フリーランスエンジニアの立場は不安定です

高単価の仕事を獲得できたとしても、企業の業績が悪化すればフリーランスから解雇されてしまいます

万が一契約を切られてしまうと、精神的にも経済的にも追い込まれてしまうため、最低半年は生活できる貯蓄を確保しておきましょう。

エージェントを利用すれば、コンスタントに案件を紹介してもらえるわ♡

未経験者は会社員で経験を積む

フリーランスエンジニアに仕事を依頼する企業は、今までの実績を重視します。

未経験者が独学でスキルを身に付けたとしても、実務経験が0だと依頼が来ないケースも

未経験からフリーランスエンジニアを目指すなら、一度企業に就職して実務経験を積むか、就職サポートがあるプログラミングスクールなどの利用を検討しましょう。

エージェントを利用して独立への不安解消

独立するタイミングが分からないなら、フリーランスエンジニア向けのエージェントに相談してみましょ☆

フリーランス向けのエージェントでは独立前の相談や独立後の案件紹介、企業との単価交渉、参画後のフォローまで手厚くサポート。

エージェントを利用すれば、フリーランスエンジニアで働くデメリットや不安のほとんどが解消されます

エージェントのサポート内容
・1人1人にピッタリな案件を紹介
・企業との交渉を代行
・充実した福利厚生
・税務サポート など

エージェントによって得意な職種やサポート内容は異なるため、自分に合ったサービスを利用しましょう。

転職支援サービスは2~3社併用すると案件の選択肢が広がります。
【フリーランスエンジニア向けエージェント】
サービス名 特徴
レバテックフリーランス 登録者数・業界認知度No.1。最短1週間で参画
Midworks(ミッドワークス) 正社員並みの手厚い保証制度。常駐・リモート案件多数。
テックビズフリーランス 案件決定率・継続率90%超。案件登録数3万件超。全国対応。
エミリーエンジニア 利用者の5人に1人が年収1000万円以上。賠償保障が自動付帯。
フォスターフリーランス 20年の実績・登録者1万7000人。非公開案件多数。
エンジニアスタイル東京 最高単価240万円。案件・求人数は16万件超。

タイミングを見極めてフリーランスで成功

フリーランスエンジニアに独立するタイミングを決めるための重要なポイントは以下の4つ

    ■ タイミングを決めるためのポイント

  1. 会社員で実務経験1~3年を積む
  2. 他の人より特化したスキルがあるか
  3. 仕事を獲得できるルートの確保
  4. 健康状態に不安はないか

独立するタイミングが分からない・不安がある人は、フリーランスエンジニア向けエージェントで相談するのが得策です。

焦らずに上記のポイントや独立前の注意点などからタイミングを見極め、フリーランスエンジニアで安定した働き方を実現させましょう

(※1 引用:フリーランスエンジニアになる方法と最適な独立のタイミングとは/フリーエンジニアノウハウ/ポテパン)

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、実績No.1の『リクルートエージェント』と、20~30代向けの『マイナビエージェント』です。

『生涯学習のユーキャン』で転職したい業界・職種に役立つ資格を取得すれば、転職活動を有利に進められます。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは無料なので、まずは気軽に相談してみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
幅広い業界・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!各職種の転職事情を熟知した手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

\Q&Aに答えるとスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:おすすめ転職エージェントを厳選!おすすめの選び方と絶対失敗しない活用法

RECOMMEND

関連記事