最終更新日:

60代エグゼクティブ転職は可能?求められるスキルとエグゼクティブ転職成功方法

60代エグゼクティブ転職は可能?求められるスキルとエグゼクティブ転職成功方法

「60代でエグゼクティブ転職できるか」
「60代以降も働きたい」

定年後もエグゼクティブ層として高年収・ポジションで働きたいと考える60代は少なくありません。

60代は若年層の転職と比べ困難になる可能性がありますが、専門的な知識やスキルが豊富な60代はエグゼクティブ転職が可能です。

本記事では、60代転職の実態と求められるスキル・エグゼクティブ転職の成功方法とおすすめ転職エージェントをご紹介。今後も経験を活かして働きたい60代は必見です。

60代転職の実態

年収800万円超の60代は少ない

2019年の民間給与実態統計調査では、60歳~64歳の平均年収が411万円・65歳~69歳は324万円です。

民間給与実態統計調査:60代平均年収

リクナビNEXT年収・貯蓄額調査では、50代以上の年収800万~900万円の人は22%。

2つのデータから、60代のエグゼクティブ層は少ないと分かります。

実務経験豊富な60代は需要が高い

一般的な60代は正社員・エグゼクティブ転職のハードルは高いですが、経験やスキルが豊富な60代は需要が高いです。

経理や人事・管理部門に特化した転職エージェントMS-Japanでは、2015年と比べ2018年の60代採用実績が3.7倍と右肩上がりに伸びています。

60代需要が伸びた理由
・中高年より競争率が低く採用しやすい
・即戦力性が高い
・早期退職した経験豊富な60代がやりがい重視をした企業を探している

以前60代を採用するのは中小企業が中心でしたが、近年ではIPO準備企業など拡大フェーズにある企業も60代の採用を開始。

東証一部上場企業のような大手企業でも、専門性が高いポジションの案件が出始めています。

エグゼクティブ転職で60代に求められるスキル

2020年の高年齢者雇用調査では、採用が必要と考える理由は「意欲と能力に年齢は関係ない」に続き、「培った能力や知識を活用したい」と答える企業が多いです。

同調査での65歳以降も勤務する基準として「健康に支障がない」「働く意思/意欲がある」と答えた企業が80%超。スキル以前に年齢による健康問題も着目されています。

専門的な知識・スキル

同調査では、65歳以降が勤務する職種は「専門的・技術的な仕事」が45%と最多です。

65 歳以降の高年齢者が就いている職種

エグゼクティブ転職では、専門的な知識やスキルの保有が前提。

各分野のスペシャリストは需要が高く、高年収を提示する企業も少なくありません。

マネジメント能力

管理職や役員など高いポジションに就くエグゼクティブ転職では、マネジメント能力が必須

若手社員やチームのまとめ役として期待されるケースも多く、コミュニケーション能力も求められます。

60代エグゼクティブ転職成功方法

  1. 退職前に転職活動し始める
  2. 経験/スキルの棚卸をする
  3. こだわりすぎない
  4. 転職エージェントを利用する

退職前に転職活動し始める

2017年就労条件総合調査では、「60歳定年制」を導入している企業は79.3%

60代が正社員として転職・再雇用されるにはハードルが高く、ブランク期間が長い程転職の難易度は上がります

60代でエグゼクティブ転職をするには、退職前に動き就職先を決めておくとスムーズです。

経験/スキルの棚卸をする

60代転職では即戦力として専門知識が求められるため、今までの経験やスキルを棚卸ししましょう。

能力を再確認・自己分析すればどんな条件の案件に応募できるかが把握でき、無理のない範囲でのエグゼクティブ転職が可能です。

自己分析ツールミイダスなら、簡単な質問に答えるだけで適正年収や強みなど自身の市場価値が分かります。

ミイダス

■ ミイダスでできる3つの診断
・市場価値診断(想定年収)
・コンピテンシー診断(総合適性検査)
・パーソナリティ診断

市場価値診断では、職務経歴や実務経験など4つの質問から想定年収を算出

コンピテンシー診断(総合適性検査)でマネジメント資質や個人の強みが可視化でき、エグゼクティブ転職に必須のマネジメント能力があるかが分かります。

精神医学を基にした診断サービス「PSA」をベースにしたパーソナリティ診断は、生まれ持った個性や経験や環境で変化する現在のコンディションが診断可能。

自己分析をすれば転職活動での自己PR・志望動機に盛り込めたり、正社員として転職すべきかの参考にもなります。

想定年収は本来より高めに表示されるため、あくまでも目安です。

こだわりすぎない

2020年の高年齢者雇用調査では、「会社が提示する労働条件への合意」が62.9%。

転職・再雇用では新境地で仕事を覚える必要があり、転職によって年収を含む条件が悪化する人も。

条件にこだわりすぎると転職活動が長期化する可能性が高いため、自己分析の結果を基に応募する案件を選択するといいでしょう。

転職エージェントを利用する

60代対応のエグゼクティブに特化した転職エージェントを利用すれば、専門用語や知識を交えたハイレベルなサポートが受けられます。

転職エージェントは個人の転職活動では得られない企業の内部情報を保有しており、利用者に惜しみなく提供。

業種・職種に精通したアドバイスが貰えるため、有利かつ効率の良い転職活動が可能です。


60代エグゼクティブおすすめ転職エージェント

JACリクルートメント MS-Japan
転職
サイト
JACリクルートメント
MS-Japan
特化 総合型
外資系/海外転職・管理・技術職に強い
管理部門や士業(経理/人事/法務/会計士/税理士/弁護士)
実績 転職支援実績
約43万人
管理部門/士業の登録/転職率/相談率No.1
特徴 アドバイザーの質が高い 管理部門/会計業界/法律領域に専門性の高いアドバイザーがサポート
面談 ~19時半
※土日祝要相談
9時~20時
※土対応
地域 全地域対応
公式


エグゼクティブ特化スカウト型転職サイト

スカウト型転職サイトは職務経歴やスキルなど、登録情報を入力するだけで企業やヘッドハンターからスカウトが送られてきます。

登録情報を見たうえでスカウトがくるため条件交渉がしやすく、好条件での転職が可能です。

エン・ジャパンの調査では750万円以上の転職成功者が年収アップのために意識したことに対し、「スカウトを送ってきた企業への転職」と回答した人が38%と最多

エグゼクティブ転職には、スカウトが欠かせないと言えるでしょう。

エン・ジャパン:年収アップで意識したこと

本来のターゲットに60代は含まれていませんが、経験やスキルによっては多くのスカウトを受信する人も少なくありません。

どれ程の企業からどのような条件で求められているのか自身の市場価値も確認できるため、60代でエグゼクティブ転職をするなら利用がおすすめです。

ビズリーチ キャリア
カーバー
サイト BIZREACH キャリアカーバー
タイプ スカウト型転職サイト
入会審査 あり なし
料金 一部有料 完全無料
年齢層 30代~40代 20代~40代
特徴 年収600万円以上の人向け
コンサルタント ヘッドハンターがコンサルタントの役割を担う
在籍ヘッドハンター 約5,000名 約3,000名
実績 年収600万円以上の人に支持される転職サービスNo.1 転職時の平均年収900万円
面談 ヘッドハンターとのやり取りで各自調整
全体
案件数
約140,000件 約73,000件
主な
業種/職種
IT系・管理職/役員・経営
公式


iX ランスタッド
サイト
iX公式サイト
ランスタッド
タイプ スカウト型転職サイト 転職
エージェント
入会審査 なし
料金 完全無料
年齢層 25歳~
特徴 長期の付き合いで市場価値を向上させるサポートが受けられる 世界39の国/地域に4600以上の拠点
コンサルタント ヘッドハンターがコンサルタントの役割を担う 英語/中国語対応可能なバイリンガルコンサルタント多数在籍
在籍ヘッドハンター 非公開 案件紹介+スカウトのハイブリッド型でマッチング力が高い
実績 転職成功者の
60%以上が年収1,000万円を実現
全体
案件数
非公開 約8,000件
主な
業種/職種
非公開 技術/エンジニア/管理職
公式

60代エグゼクティブ転職は専門知識をアピール

60代エグゼクティブ転職は経験やスキルで左右されるため、スキルの棚卸・自己分析をすると無理のない範囲で好条件転職がしやすいです。

転職エージェントを2・3社併用し、案件やサポートの幅を広げて転職活動すると有利且つ効率的。個人の転職活動にプラスして、利用するといいでしょう。

■ 60代対応エグゼクティブ特化転職エージェント
JACリクルートメント
MS-Japan
■ エグゼクティブ特化スカウト型転職サイト
ビズリーチ
キャリアカーバー
iX
ランスタッド

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、転職成功実績No.1の『リクルートエージェント』と、20代・30代に人気の『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは完全無料なので、まずは気軽に転職の相談をしてみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
圧倒的な求人数で幅広い業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

ビズリーチ 詳細情報の有無でかわる転職成功率

職務経歴書などの情報を詳細に入力している会員ほど転職が成功しやすい。

\情報の詳細入力でスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:これを読むだけで転職成功率アップ!?厳選おすすめ転職エージェント18選

RECOMMEND

関連記事