最終更新日:

30代管理職転職方法は?管理職転職をすべきでないケースと転職成功方法

30代管理職転職方法は?管理職転職をすべきでないケースと転職成功方法

「30代で管理職として転職したい」
「管理職に転職する方法は?」

30代で管理職として転職したい人は、少なくありません。

管理職の割合は30代以降から急激に増加。一般職や若年層の転職より難易度は上がりますが、企業調査の徹底・経験やスキルの棚卸をすればマッチング率の高い案件に出会えます

本記事では、30代が管理職転職をすべきでないケースと転職成功方法・30代の管理職におすすめ転職サービスをご紹介。

30代を機に管理職へ転職したい、管理職としてキャリア・年収アップしたい人は必見です。

管理職経験が無い30代でも転職可能

30代転職では、応募条件に「管理職経験者」の記載があるケースが少なくありません。

管理職経験者を求める企業は「経営者視点での業務」や「社員教育経験」「コミュニケーション能力」などを期待しています。

しかし企業によって管理職の業務範囲や能力・年齢が異なるため、「管理職経験者」の基準に大幅な違いがある可能性も。

管理職に就いた経験の有無に関わらず、一般的に必要とされるスキルや経験をアピールしましょう。

■ 管理職に求められる経験・スキル
・マネジメント経験:経営資源の管理能力
・テクニカルスキル
 -業務を行う上で必要な知識や能力
・ヒューマンスキル
 -人間関係を構築・維持する能力
・コンセプチュアルスキル
 -物事の本質を見極める能力

30代が管理職転職をすべきでないケース

管理職経験があっても、経験やスキルが転職先で必ずしも通用するとは限りません。

30代で管理職として転職すべきかを再確認しましょう。

  1. マネジメントスキルが無い
  2. 在籍中の会社にしか通用しないスキル
  3. 管理職に就いて期間が短い

マネジメントスキルが無い

マネジメントスキルは「経営資源の管理能力」で、教育やチームを牽引する管理職に必須

管理職は若年層やマネジメント経験が浅い人では務まらないため、30代以降の転職にマネジメント経験やスキルを求める企業が多いです。

30代転職では、マネジメントスキルの有無で採用・年収が大きく左右されます

マネジメントスキルの有無を確認

マネジメントスキルの有無・管理職に向いているのかを確認するには、自己診断ツールミイダスがおすすめ。

実務経験や職務経歴などから現在の市場価値(想定年収)も分かるため、無理のない範囲で年収アップができます

■ ミイダスでできる3つの診断
・市場価値診断(想定年収)
・コンピテンシー診断(総合適性検査)
・パーソナリティ診断

市場価値診断では実務経験や職務経歴から、想定年収を算出。

コンピテンシー診断は管理職に必須のマネジメント資質や問題解決能力・状況適応力があるかが分かり、管理職として転職するかの判断材料にもなります。

主導者や完璧主義などの生まれ持った個性、経験や環境で変化する現在のコンディションを診断できるのは、パーソナリティ診断。

精神医学をベースにした診断サービス「PSA」を基にしているため、信頼性が高いです。

自己分析をすれば本来の収入が分かり、診断結果は転職活動での自己PR・志望動機に盛り込めるためアピールポイントの幅が広がります。

在籍中の会社にしか通用しないスキル

管理職は企業ごとで基準が異なるため、現在の業務内容やスキルが外部でも通用するかの再確認が必要です。

“在籍中の会社だから”評価されているスキルは、外部で活かせないと判断され転職が長期化する恐れがあります。

上司によっても評価基準が違うのはもちろん、残業代を払いたくない理由で管理職に昇給させる企業も。

何を評価されて管理職に就けたのか、振り返ってみましょう。

管理職に就いて期間が短い

管理職として転職して間もなく再び転職活動をすると、「管理職なのに責任感が無い」「入社してもすぐ辞める」と懸念され転職の難易度が上がります。

すぐにでも転職したい場合は、採用担当者を納得させられる明確な転職理由を用意しておきましょう。

30代管理職の転職成功方法

企業調査を徹底する

重要なポジションである管理職は求められる経験やスキルが大幅に異なる企業も多く、管理職経験やスキルが転職先で必ずしも通用するとは限りません

活かせるスキルや経験・業務内容は、求人情報でしっかり確認しましょう。

管理職は、転職経験者の38.9%が「社風が合わない」「聞いていた業務内容と違う」などの理由で転職失敗と感じた事例も。※1

求人情報だけでなくLighthouseや転職会議で内部情報や雰囲気もチェックすると、転職の失敗を回避できるでしょう。

経験やスキルの棚卸

豊富な業界知識や即戦力が求められる管理職は、経験やスキルの棚卸で能力が把握できればマッチング率の高い案件に出会えます。

管理職は業務内容により実績が見えずらいため、棚卸した内容を基にアピールする部分をピックアップしましょう。

30代管理職におすすめ転職サービス

管理職や経営層などに特化した転職エージェントには、業界や企業に精通したコンサルタントが在籍。

業界出身者も多く専門知識や用語を交えたハイレベルなサポートが受けられます。

条件に合えば管理職案件が多い非公開案件や独占案件も紹介してもらえるでしょう。

■ 転職エージェントのサポート内容
・キャリアカウンセリング
・希望条件に合った求人の紹介
・応募書類添削
・面接対策
・面接日程の調整
・企業への年収/条件交渉
・入社手続き など
リクルートエージェント JAC Recruitment
転職エージェント
主な年齢層 20~50代 35歳~50代
主なサポート対象者 全転職者に対応 現年収600万円以上
支援実績 採用成功実績は54万人超 グローバル転職を中心に約43万人の支援実績
特徴 業界最大手
転職実績No.1
面接対策が充実
管理職や専門職の求人が豊富。外資系も◎
簡単登録
(無料)


ハイクラス転職サービス

ハイクラス転職サービスでは、職務経歴やスキルを登録するだけで企業やヘッドハンターからスカウトが届き、忙しい管理職でも隙間時間での転職活動が可能です。

登録情報を基にスカウトが来るため条件交渉がしやすく、好条件で転職した人も少なくありません。

スカウトに返信すると、ヘッドハンターはコンサルタントとして転職をサポート。

個人で保有している案件やパイプのある企業・業界があり、様々な角度からアドバイスが受けられます。

エン・ジャパンの調査では750万円以上の転職成功者が年収アップのために意識したことに対し、「スカウトを送ってきた企業への転職」と回答した人が38%と最多

年収アップの目的がある管理職の転職には、スカウトが欠かせないと言えるでしょう。

エン・ジャパン:年収アップで意識したこと

リクルートダイレクトスカウト doda X
ハイクラス転職サービス
主な年齢層 25歳~50代 20代後半
~50代
主なサポート対象者
ハイキャリア
管理職クラス
現年収600万円以上の転職者
入会審査 なし
利用料金 完全無料
支援実績 転職決定年収の平均950万円超 20~50代で年収200~400万UP実績あり
特徴 年収800万~2千万の求人多数
一流ヘッドハンター指名可能
年収800万~2千万の求人多数
高内定率ダイヤモンドスカウト
簡単登録
(無料)


パソナキャリア ビズリーチ
ハイクラス転職サービス
主な年齢層 25歳~45歳 30~50代
主なサポート対象者 ハイキャリア・管理職、現年収600万円以上の東名阪の転職者 ハイキャリア
管理職クラス
現年収500万円以上の転職者
入会審査 なし あり
利用料金 完全無料 一部有料
支援実績 4年連続利用者満足度No.1 導入企業数21,100社(累計)
特徴 年収UP率67.1%。転職後の平均年収700万円以上 求人の1/3が年収1000万円超
企業からの面談確約スカウト
簡単登録
(無料)

30代管理職転職は現状を振り返る

30代管理職では一般社員や若年層と比べ難しい傾向がありますが、経験やスキル・管理職への適性など現状を振り返りアピールポイントを探しましょう。

管理職に強い転職エージェントを利用すれば、ハイレベルなサポートが受けられる他、管理職として転職できるかが分かります。

■ 管理職におすすめ転職エージェント
リクルートエージェント
JAC Recruitment
■ 管理職におすすめハイクラス転職サービス
リクルートダイレクトスカウト
doda X
パソナキャリア
ビズリーチ

※1 経営者JP総研:エグゼクティブの転職に関する意識調査

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、実績No.1の『リクルートエージェント』と、20~30代向けの『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは無料なので、まずは気軽に相談してみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職成功実績No.1!非公開求人21万件!幅広い業界・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

年代問わず転職決定者が多く、キャリアアップ・キャリアチェンジに強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!各職種の転職事情を熟知した手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サービスがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サービス。登録者のレジュメを見た企業やヘッドハンターからスカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

\Q&Aに答えるとスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:おすすめ転職エージェントを厳選!おすすめの選び方と絶対失敗しない活用法

RECOMMEND

関連記事