最終更新日:

管理職転職は難しい?一般社員より難しい理由と必須スキル・難しさ回避の転職方法

管理職転職は難しい?一般社員より難しい理由と必須スキル・難しさ回避の転職方法

「管理職への転職は難しい?」
「管理職転職の難しさを回避する方法は?」
管理職転職をしたいけど、難しいのか気になっている人は少なくありません。

管理職転職は一般社員より難しいですが、経験やスキルの棚卸・管理職への適性を確認すれば難しさを回避し有利な転職が可能です。

本記事では管理職転職が難しい理由と求められるスキル・難しさを回避する転職方法・管理職に強い転職エージェントをご紹介。

管理職へ転職したい、年収・キャリアアップしたい人は必見です。

管理職転職が難しい理由

管理職は、一般社員と比べ求められる経験やスキルレベルが高く案件の露出が少ないため転職難易度が高いです。

■ 管理職転職が難しい理由
・管理職案件が少ない
 - 社内で管理職を確保する
 - 一般非公開の案件で募集をかける
・企業によって管理職のレベルが異なる
・管理職としての実績が見えずらい

管理職案件が少ない

社内で管理職を確保する

多くの企業では、若手社員を一定期間教育して管理職を確保するのが一般的。20代や30代が昇進・昇格を得て就任します。

社内に該当する人がいない場合のみ募集をかけるため、管理職案件は少ないです。

一般非公開の案件で募集をかける

会社の経営に関わる管理職を公に募集すると、社員が転職したり条件に合わない応募・株価に影響する恐れも。

管理職の募集は条件に合った登録者のみに紹介される非公開案件として扱われるため、管理職案件の露出は少ない傾向があります。

企業によって管理職のレベルが異なる

管理職は重要なポジションのため、求められる経験やスキルが大幅に異なる企業も珍しくありません。

管理職経験があっても他社で必ずしも通用するとは限らないため、応募時に管理職の業務内容をチェックしましょう。

管理職としての実績が見えずらい

管理職は業務内容により、実績が見えずらい特性も。

管理職の転職では実績や経験が重要視されるため、アピールしにくい点が転職難易度を上げています。

管理職転職で求められる経験・スキル

管理職への転職で求められるのは、目標に沿った組織運営や課題解決力。

組織管理・運営のスキルだけでなく、社員を統率するための能力も必須です。

■ 管理職に求められる経験・スキル
・マネジメント経験
・テクニカルスキル
・ヒューマンスキル
・コンセプチュアルスキル

マネジメント経験

マネジメント能力はビジネスにおける「経営資源の管理能力」を指し、即戦力が求められる管理職には必須の経験・能力。

マネジメント経験者を求める企業は、社員管理や評価・教育や体制構築などを担当できる管理職を求めているケースが多いため、管理職の実務経験があれば有利です。

管理職経験が無い場合は、マネジメント経験に当てはまる「プロジェクト管理経験」「社員教育経験」があれば、アピール出来ます。

テクニカルスキル

テクニカルスキルは業務を行う上で必要な知識や能力。業種・職種ごとに異なります。

管理職は社員教育や業務管理をするため専門的な知識・スキルが欠かせません。

現場に近い管理職にとって重要になり、昇進するほど重要度は下がります。

ヒューマンスキル

人間関係を構築・維持する能力のヒューマンスキル。コミュニケーション能力もヒューマンスキルの一つです。

対外的なスキルでは交渉力やプレゼンテーション能力、社員教育に欠かせないリーダーシップも含まれます。

コンセプチュアルスキル

管理職は業務上、複雑な事情が取り巻く中で問題を正確に理解し限られた資源を的確に活用しなければなりません。

コンセプチュアルスキルは概念化能力とも言われる、物事の本質を見極める能力

論知的思考力のロジカルシンキング・既成概念に捕らわれない発想が可能なラテラルシンキングが代表的ですが、俯瞰力や多面的思考力・洞察力も必要です。

管理職に向いているか適性診断

マネジメント資質や問題解決能力など、管理職に必要なスキルがあるか適性を把握すれば、今後のキャリア形成のヒントになります。

管理職の適性を診断するには、簡単な質問に答えるだけで管理職適性や適正年収がわかるミイダスがおすすめです。

ミイダス

■ ミイダスでできる3つの診断
・コンピテンシー診断(総合適性検査)
・市場価値診断(想定年収)
・パーソナリティ診断

コンピテンシー診断は管理職に欠かせないマネジメント資質や問題解決能力・状況適応力があるかが分かります。

市場価値診断では実務経験や職務経歴から、想定年収を算出。応募できる求人が明確になり、無理のない範囲での年収・キャリアアップが可能です。

パーソナリティ診断は精神医学をベースにした診断サービス「PSA」を基にしているため、信頼性が高いです。

主導者や完璧主義などの生まれ持った個性、経験や環境で変化する現在のコンディションを診断できます。

自己分析をすれば現時点で可能な収入が分かり、診断結果は転職活動での自己PR・志望動機に盛り込めるためアピールポイントの幅が広がるでしょう。

管理職転職の難しさを回避する転職方法

経験やスキル・実績の棚卸

経験やスキルをどう活かせるか明確化できれば、応募できる求人が分かり入社後のミスマッチを防止可能。

管理職経験者は、率いたチーム規模や成果など数字を交えて具体的にアピールし、転職先でどう貢献できるかに繋げましょう。

企業調査を徹底する

企業によって管理職の業務範囲が異なりますが、企業が求める能力やスキルとのマッチングが転職成功の鍵になります。

ビズリーチの2020年調査では転職者の10%が「人や社風が合わない」「聞いていた業務内容と違う」などの理由から転職失敗と回答。

応募時には案件情報だけでなくLighthouse(旧カイシャの評判)やOpen Workで内部情報・雰囲気などを調査すれば、ミスマッチを回避できます。

転職エージェントを活用する

管理職転職に強い転職エージェントには業界や企業に精通したコンサルタントが在籍し、専門知識を交えたハイレベルなサポートが可能。

非公開・独占案件としての扱いが多い管理職案件も条件に合えば紹介してくれるため、好条件の中から企業選びができます。

経営者JP総研はエグゼクティブ転職の意識調査で、管理職を含むエグゼクティブ転職で「転職」を考えた時1番に相談する人を調査。

83.8%の転職経験者がいる中で、「1番に相談するのは転職エージェント」と答えた人が14.4%と3番目に多い結果でした。

転職を考えた時、1番に誰に相談する?

管理職転職では、転職エージェントへの相談が有効と言えます。

スカウト型転職サイト

スカウト型転職サイトは職務経歴やスキルを登録しておくだけで、企業やヘッドハンターからスカウトが届くため、在職中や隙間時間での転職活動が可能。

登録情報を見たうえでスカウトが来るため、条件交渉がしやすく大幅な年収アップをした人も少なくありません。

ヘッドハンターは業界・企業に精通しており、コンサルタントとして転職活動をサポート。個人が保有している案件もあり、門外不出の好条件案件にである可能性が高いです。

エン・ジャパンの調査では750万円以上の転職成功者が年収アップのために意識したことに対し、「スカウトを送ってきた企業への転職」と回答した人が38%と最多

エン・ジャパン:年収アップで意識したこと

管理職転職には、スカウトが欠かせないと言えるでしょう。

管理職転職におすすめ転職エージェント

リクルートエージェント JAC Recruitment
転職エージェント
主な年齢層 20~50代 35歳~50代
主なサポート対象者 全転職者に対応 現年収600万円以上
支援実績 採用成功実績は54万人超 グローバル転職を中心に約43万人の支援実績
特徴 業界最大手
転職実績No.1
面接対策が充実
管理職や専門職の求人が豊富。外資系も◎
簡単登録
(無料)


40代高収入向けスカウト型転職サイト

ビズリーチ リクルートダイレクトスカウト
サイト BIZREACH リクルートダイレクトスカウト
タイプ スカウト型転職サイト
入会審査 あり なし
料金 一部有料 完全無料
年齢層 30代~40代 20代~40代
特徴 年収600万円以上の人向け
コンサルタント ヘッドハンターがコンサルタントの役割を担う
在籍ヘッドハンター 約5,000名 約3,000名
実績 年収600万円以上の人に支持される転職サービスNo.1 転職時の平均年収900万円
面談 ヘッドハンターとのやり取りで各自調整
主な
業種/職種
IT系・管理職/役員・経営
公式


iX
サイト
iX公式サイト
年齢層
タイプ スカウト制転職サイト
入会審査
なし
特徴 長期の付き合いで市場価値を向上させるサポートが受けられる
面談 ヘッドハンターとのやり取りで各自調整
案件年収 800~2,000万円
主な
業種/職種
非公開
公式

難しい管理職転職は転職エージェントで成功へ

管理職の転職は様々な理由から一般社員の転職より難しいですが、経験やスキルの棚卸や自己分析・応募企業の調査をすれば能力をアピールでき難しさを回避できます。

管理職に強い転職エージェントでは、ハイレベルなサポートが受けられ好条件転職可能です。

■ 管理職におすすめ転職エージェント
リクルートエージェント
JACリクルートメント
■ 管理職におすすめスカウト型転職サイト
ビズリーチ
リクルートダイレクトスカウト
iX

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、実績No.1の『リクルートエージェント』と、20~30代向けの『マイナビエージェント』です。

『生涯学習のユーキャン』で転職したい業界・職種に役立つ資格を取得すれば、転職活動を有利に進められます。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは無料なので、まずは気軽に相談してみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
幅広い業界・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!各職種の転職事情を熟知した手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

\Q&Aに答えるとスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:おすすめ転職エージェントを厳選!おすすめの選び方と絶対失敗しない活用法

RECOMMEND

関連記事