最終更新日:

ホテルの営業ってどんな仕事?仕事内容や必要なスキル、将来性などを徹底解説

ホテルの営業というのは、実際のお客様に接することはない仕事のため、イメージがわかない人も多いかもしれません。ホテルの営業は、ホテルの宿泊客や利用客をいかに増やすかという集客の部分を担当する仕事です。旅行会社やさまざまな企業に、ホテルを利用してもらうように働きかける役割を担っています。

ホテルの営業というのは実際にはどのような仕事をしているのか、必要なスキル、具体的な仕事の流れ、さらには待遇や将来性などについてご説明します。

ホテルの営業の仕事内容

ホテルの営業の仕事内容というのは、ホテルの売り上げ向上のため、旅行会社にパッケージを売り込んだり、企業に出張などの宿泊に利用してもらえるように働きかけたりすることです。ホテルの営業の仕事の具体的な中身について詳しくご紹介していきます。

ホテルの営業が果たすべき役割とは

ホテルの営業は、一般のお客様ではなく、法人に対してホテルを利用してもらうように働きかける役割を担っています。ホテルにとって、個人のお客様が大切なのはもちろんですが、企業単位でホテルを利用していただくことができれば、一気に収益性が安定します。法人のお客様を獲得する営業の仕事は、売り上げの拡大にとって非常に重要な役割を果たしているといえます。

また、ホテルは単なる宿泊だけではなく、宴会やパーティーという用途の利用もあります。会社設立10周年パーティーや、勤続20年の慰安旅行など、様々な企業の宴会やイベント需要を取り込んでいくこともホテルの営業の仕事です。そのほか、旅行会社に売り込み、旅行商品のパッケージとして組み込んでもらうなど、お客様獲得のためにあらゆる施策を行うことが求められます。

ホテルの営業は、ホテルの華やかな表舞台の裏で、お客様拡大を担う土台となる存在といえます。

ホテルの営業の1日の仕事の流れとは

ホテルの営業の具体的な1日の仕事の流れはどのようになっているのでしょうか。一般的な流れについてご説明をしていきます。

  • メールの確認
  • お客様先訪問や飛び込み新規営業
  • お客様の要望のヒアリング
  • データの分析・お客様情報の管理・提案書の作成

ホテルの営業は、既存顧客へのフォローアップや営業に加えて、新規顧客の開拓、新たな企画の提案など様々な仕事を行っています。朝の出社後は、まずはメールの確認をし、新しい依頼やクレームなどが入っていないかを確認します。日中は、お客様先を訪問することが多く、時には飛び込みでの新規の営業を行うこともあります。

また、パーティーの受注をとった際は、受注をとって終わりという訳ではありません。お客様の要望を聞き出し、最適なプランの提案を行い、パーティーの内容をホテルスタッフに正確に指示することも営業の仕事です。

会社に戻ったあとは、データの分析やお客様情報の管理、提案書の作成などを進めます。営業は、法人顧客とホテルをつなぐ窓口の存在です。営業の対応によって、そのホテルの評価が決まる重要な仕事といえます。

ホテルの営業となるために必要な経験やスキルについて

ホテルの営業を行うことができるようになるためには、何らかのホテル業界での経験は有利となります。ホテルによっては、ドアマンやフロントなどを経験した後に、営業としてステップアップしていくという道もあります。

また、ホテル業界でなくても、法人向けの営業の経験がある場合は、役に立ちます。お客様のニーズを汲んで、最適な提案を行うというのは、ホテルの営業にとっても共通するスキルです。

ホテルの営業を行うためには、どんな人に対しても物おじせずにコミュニケーションをとることができる人間力が必要不可欠です。お客様と継続して良好な関係を築くことができる力が求められます。

また、臨機応変な対応ができる能力も必要です。営業担当には、お客様からは様々な要望やクレームが持ち込まれます。それぞれに対して、焦らずに柔軟に処理していくことが大切です。

こんな人はホテルの営業に向いていないので注意

ホテルの営業に向いていないのはどのような人でしょうか。まず、数値目標があるとしんどいという人は避けましょう。ホテルの営業には、必ず達成すべき数値目標が設定されます。

新規顧客の開拓、既存顧客に対しての新たな提案など様々な策を駆使し、目標達成に向けて進んでいかなければなりません。数字に対してプレッシャーを感じてしまう人には難しい仕事です。

また、人との間を調整することが苦手だという人も、やめておいた方がいいかもしれません。営業はお客様だけではく、ホテルスタッフなど、日々様々な人とコミュニケーションをとりながら業務を進めていかなければなりません。

時にはお客様とホテルの間の板挟みに陥ることもあります。その時に、それぞれに対して、上手に調整していくことができる力が求められます。

ホテルの営業の待遇や将来性について

ホテルの営業は、一般的にホテルの仕事の中では、ある程度の給与が期待できる仕事といえます。また、成果を残すことができれば、ステップアップしていくことも可能です。

営業の仕事というのは、どこの会社でも必ず求められる仕事です。ホテルの営業の仕事でスキルや経験を積むことができれば、ホテル業界に関わらず営業としてどこでもやっていけるようになるはずです。今後のキャリアの幅は広いといえます。

営業職のオススメ記事











RECOMMEND

関連記事