最終更新日:

40代の再就職は厳しい?40代の再就職の注意点と再就職に成功する方法

40代の再就職は厳しい?

「40代の再就職は厳しい?」
「40代の再就職の注意点は?」
「40代が再就職する方法は?」

若い世代と比べると40代の再就職は厳しいのかわからず、悩んでいる人は少なくありません。

40代でも再就職は可能就職支援サービスを活用して幅広く求人を探せば、効率よく再就職できます

本記事では、40代の再就職成功法や40代の再就職の注意点を詳しく解説していきましょう。

40代の再就職は厳しい?

40代の再就職市場

40代向けの求人は、20~30代より少ないのかな?

40代向けの求人は多い

2020年3月の厚生労働省の年齢別有効求人数(パートタイム含む)は下記の通りでした。

年齢 有効求人数(件)
20~24歳 187412
25~29歳 267041
30~34歳 244314
35~39歳 230931
40~44歳 228055
45~49歳 238020

引用:厚生労働省 一般職業紹介状況

40代の有効求人数は、20代後半~30代前半より少ないですが大幅には減少していません

30代後半よりも40代後半の方が多く、若い世代と比較しても40代向けの求人数は決して少なくないと言えます。

ハローワークの当月の新規求人数と前月から繰越された求人数の合計が有効求人数。

40代の入職・離職率

厚生労働省が平成30年度に調査した性別、年齢階級別の入職率・離職率は下記の通りです。

40代の再就職は厳しいとは限らない

引用:厚生労働省 平成30年雇用動向調査結果の概況

40代男性は入職率より離職率の方が高いですが、入職・離職率の差は20代後半~30代とあまり変わりません

パートタイムも含まれているものの40代女性に関しては、入職率の方が上回っています。

ポテンシャル採用がある若い世代と違い、40代はスキル/経験を求められますが、40代の再就職は十分可能です。

40代の再就職は早めの行動が◎

求人が多いとは言っても、ブランクがある40代の再就職は厳しいよね?

退職から間を空けず新しい職場へ移る「転職」に対し、「再就職」は退職して失業期間を経てから新しい職場へ就職するため、ブランク期間があります。

一般的に転職活動にかかる期間は3ヶ月程度と言われており、ブランク期間があまりにも長いと再就職に不利です。

40代で再就職を目指すなら、できるだけ早めに行動しましょう

40代で再就職に成功する方法

40代の再就職は早めの行動が大事なんだ!再就職に成功する方法はある?

40代の再就職を成功させたいなら、手厚いサポートがある就職支援サービスを併用するといいわ☆

40代の再就職では就職支援サービスの併用が◎

就職支援サービスでは最適な求人紹介はもちろん、好条件な非公開求人への応募も可能です。

書類添削や面接対策などサポートも充実しているので、個人で再就職活動するより効率的

就職支援サービスごとに求人・サポート内容が異なるので、40代で再就職を目指すなら2社以上併用して希望の再就職を実現しましょう。

40代向け就職支援サービス

リクルート
エージェント
spring転職
エージェント
転職エージェント
主な年齢層 20代~40代 20代~40代
主なサポート対象者
全転職者に対応
支援実績 採用成功実績は54万人超 大手優良企業への紹介実績多数
特徴 業界最大手
転職実績No.1
面接対策が充実
専門分野に精通
年収UP率59%
IT系に強い
簡単登録
(無料)


キャリアがある40代向けサービス

リクルートダイレクトスカウト iX転職
スカウト型転職サイト
主な年齢層 25歳~40代 30~40代
主なサポート対象者
ハイキャリア
管理職クラス
現年収600万円以上の転職者
入会審査 なし なし
利用料金 完全無料 完全無料
支援実績 転職決定年収の平均900万円超 業界大手PERSOL運営
特徴 年収800万~2千万の求人多数
企業からの直接スカウトあり
年収800万~2千万の求人多数
高内定率ダイヤモンドスカウト
簡単登録
(無料)
会員登録後にレジュメを入力するとスカウト率アップ!


ビズリーチ
スカウトサービス
主な年齢層 30~40代
主なサポート対象者 ハイキャリア
管理職クラス
現年収500万円以上の転職者
入会審査 あり
利用料金 一部有料
支援実績 導入企業数17,100社
特徴 求人の1/3が年収1000万円超
企業からの面談確約スカウト
簡単登録
(無料)

40代の再就職は自己分析の徹底が◎

40代で再就職を目指すなら、自己分析とスキルの棚卸しを徹底しましょう。

自分の強みや経験のある業務内容・保有資格を把握すると説得力のある自己PRができるので、再就職の成功率がアップします。

特に40代は「年上の部下だと現場で扱いづらいのではないか」と思われやすいので、柔軟性やコミュニケーションスキルの高さをアピールすると効果的です。

自己分析ってどうやるの!?自分の強みなんてわからないよ!

リクナビNEXTのグッドポイント診断なら簡単に自己分析できるわよ♡

リクナビNEXTで自己分析

仕事の適性を今すぐ診断したいなら、リクナビNEXTのグッドポイント診断がおすすめ。

簡単な質問に答えるだけで、18種類の中から自分の5つの強みと仕事の向き不向きがわかるので、効率的に自己分析できます。

【グッドポイント診断のメリット】
・リクナビNEXT会員限定で本格診断が無料
・どこでも手軽に診断可
・自分の強みを客観的に把握できる
・診断結果は求人応募時に添付OK
・自己分析の負担が軽減され再就職効率UP

40代の再就職には仕事の適性を診断できる「リクナビNEXT」のグッドポイント診断(※会員登録完了後に診断できます)

40代の再就職の注意点

就職支援サービスを併用すれば、40代でも再就職が成功するんだね!

確かに40代の再就職の効率はアップするけど、注意点もあるわ。

40代の再就職ではゆとりを持つ

活かせるスキルがないと40代の再就職は難しく、再就職活動が思うように進みません

40代で再就職を目指すなら、焦らないためにもまずゆとりのある転職スケジュールを立ててから再就職活動を始めましょう。

活動途中でモチベーションが途切れたり、焦って希望に沿わない再就職をする事態を初めの段階で防ぐのが賢明。

40代の再就職では幅広く求人を探す

40代の再就職に限らず、条件を高望みしすぎるとマッチする求人が激減します。

40代向けの求人は多数ありますが、選択肢を増やすためにも希望条件に優先順位をつけて幅広く求人を探しましょう

譲れない条件と妥協できる条件が明確になれば、求人も探しやすくなるね!

40代の再就職はブランク理由を明確に

ブランクが長ければ長いほど企業は仕事へのやる気・熱意がないのではと懸念を抱きます。

    主なブランク理由

  1. 資格取得・スキルアップしていた
  2. 転職活動が長引いた
  3. 出産・育児に専念していた

噓は厳禁ですが納得のいくブランク理由を説明できれば、企業側の不安が解消されるためブランクがあっても採用されやすいです。

40代の再就職では、ブランクが不利にならないよう再就職に前向きな姿勢をアピールして、仕事への熱意を見せましょう。

ブランク理由はなるべくポジティブに伝えると好印象よ♬

40代の再就職は不可能ではない

40代向けの求人は多数あるので高望みせず幅広く求人を探せば、40代の再就職は十分可能

手厚いサポートがある就職支援サービスを活用すれば、より効率的に再就職できます。

ブランク期間が長いと不利になるため、40代で再就職を目指すなら早めに行動して希望に沿った再就職を実現させましょう

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、実績No.1の『リクルートエージェント』と、20~30代向けの『マイナビエージェント』です。

『生涯学習のユーキャン』で転職したい業界・職種に役立つ資格を取得すれば、転職活動を有利に進められます。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは無料なので、まずは気軽に相談してみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
幅広い業界・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!各職種の転職事情を熟知した手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

\Q&Aに答えるとスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:おすすめ転職エージェントを厳選!おすすめの選び方と絶対失敗しない活用法

RECOMMEND

関連記事