最終更新日:

高卒の再就職は難しい?ブランクがある高卒の再就職の注意点と再就職成功法

高卒の再就職は可能?

「高卒の再就職は難しい?」
「高卒の再就職の注意点は?」
「高卒が再就職する方法は?」

高卒の再就職は大卒より難しいのかわからず、悩んでいる人は少なくありません。

大企業への高卒の再就職は難しいですが、転職支援サービスを利用して効果的に自己PRすれば、効率よく再就職できます

本記事では、高卒の再就職の注意点や高卒の再就職成功法を詳しく解説していきましょう。

高卒の再就職は難しい?

高卒の正社員の割合

平成30年度の厚生労働省の調査によると、最終学歴別の若年労働者の正社員の割合は下記の通りでした。

最終学歴 正社員の割合
中学卒 35.4%
高校卒 56.3%
高専・短大卒 66.2%
大学卒 80.9%
大学院卒 84.3%

引用:厚生労働省 平成30年若年者雇用実態調査

正社員として働いている高卒の若年労働者の割合は5割を超えていますが、大卒と比較すると低いです。

大企業の高卒採用人数

厚生労働省の調査によると、企業規模ごとの学歴別採用人数は下記の通りでした。

企業規模/学歴 高卒 大卒
1000人以上 37170人 98580人
100~999人 52270人 85940人
10~99人 26180人 24330人

引用:厚生労働省 平成30年賃金構造基本統計調査

従業員数1000人以上の規模の企業に採用された大卒の数は、高卒の約2.6倍以上と大きく上回っています。

10~99人規模の企業の採用人数は高卒の方が多く、100~999人規模の企業も大企業ほど高卒と大卒の採用人数差はありません。

大卒と比べると高卒の大企業への再就職は難しいと言えますが、説得力のある自己PRができれば高卒の再就職は十分可能です。

高卒が再就職しやすい職業

大企業への高卒の再就職は難しいのか。高卒が再就職しやすい職業は何?

高卒でも再就職しやすい職業は多数あります。

高卒が再就職しやすい職業
・営業
・事務
・プログラマー
・介護
・販売・サービス
・飲食
・土木・建築系

しかし、再就職しやすい職業でもブランク期間が長いと不利になるので再就職を目指す高卒は早めに行動しましょう

「再就職」は、就職先が決まっていない状態で退職して失業期間を経てから新しい職場へ就職するので、働いていない期間(ブランク)が存在する。

高卒の再就職成功法

再就職を目指すなら早めに行動してブランクを不利にしないほうがいいんだね。高卒の再就職成功法はないの?

高卒の再就職に成功したいなら転職支援サービスを利用しましょ。効率よく再就職できるわよ♡

転職支援サービスを利用して高卒の再就職成功

転職支援サービスを利用すると、職務経歴書の書き方から面接対策まで転職のプロの手厚いサポートが受けられます。

一般の転職サイトにはない非公開求人も豊富にあるので、積極的に高卒を採用している企業が見つかりやすいです。

再就職できるか不安な高卒は、転職支援サービスを利用して希望の転職を実現しましょう。

高卒向きの転職支援サービス

DYM就職 マイナビジョブ20’s
転職エージェント
主な年齢層 18~35歳 20代
主なサポート対象者 高卒、既卒、第二新卒など 高卒、既卒、第二新卒など
支援実績 経験が浅い若年層を積極支援 年間約3万4000人が登録
特徴 優良企業を厳選
人物重視の採用
親身なサポート
面接対策も充実
全求人20代向け
ポテンシャル採用中心
50%が業種/職種未経験OK求人
簡単登録
(無料)
就職Shop ジェイック
(JAIC)
転職エージェント
主な年齢層 18~34歳 18~35歳
主なサポート対象者 正社員未経験者、高卒、フリーター、第二新卒、既卒など 正社員未経験者、高卒、フリーター、第二新卒、既卒、中退者など
支援実績 利用者累計10万人超 就職支援実績23,000人超
特徴 9割が20代
3/4が未経験者
書類選考なし
取引企業1万社超
最短7日で内定
書類選考なし
20社と集団面接
研修が無料
オンライン対応
就職成功率81%
簡単登録
(無料)

スキルを磨いて高卒の再就職成功

資格があると企業は何ができる人材なのか客観的に判断できるので、再就職の成功率がアップします。

自分の行きたい業界が決まっているなら、その業界に合った資格を取ると再就職に有利です。

挑戦したい業界・企業が決まっていなくても資格を取得しておくと、高卒でも選択肢が広がり好条件での再就職を目指せます

資格取得と再就職活動を並行させてブランクが長引くのを防ぐのが賢明よ★

自己分析を徹底して高卒の再就職成功

高卒で再就職を目指すなら、自己分析を徹底しましょう。

自分の価値観や強みが把握できると、企業に対して説得力のある自己PRが可能

採用したらどう会社に役立つのか企業が想像しやすいよう、具体的なエピソードも交えながら自己PRするとより効果的です。

自己分析ってどうやればいいの!?

自己分析が苦手なら、手軽に自分の強みがわかるリクナビNEXTのグッドポイント診断を利用しましょ☆

リクナビNEXTで強みを診断

リクナビNEXTのグッドポイント診断を利用すれば、効率よく自己分析ができます。

簡単な質問に答えるだけで、自分の5つの強みや仕事の向き不向きの把握が可能です。

【グッドポイント診断のメリット】
・リクナビNEXT会員限定で本格診断が無料
・どこでも手軽に診断可
・自分の強みを客観的に把握できる
・診断結果は求人応募時に添付OK
・自己分析の負担が軽減され再就職効率UP

高卒の再就職には仕事の適性を診断できる「リクナビNEXT」のグッドポイント診断(※会員登録完了後に診断できます)

高卒の再就職の注意点

転職支援サービスを利用すれば高卒の再就職に成功するんだね。手軽に自己分析できるサービスもあるし、高卒でもすぐ再就職できそう!

確かに転職支援サービスを利用すると効率よく再就職できるけど、高卒の再就職には注意点もあるのよ。

高卒の再就職では高望みすると×

再就職を目指す高卒に限らず、希望条件を高望みしすぎるとマッチする求人が激減します。

譲れない条件と妥協できる条件を明確にして、幅広く求人を探しましょう。

高卒の再就職ではブランク理由を明確に説明しないと×

ブランク期間が長いと、企業は仕事へのやる気がないのではと懸念します。

「資格取得していた」「転職活動が長引いた」などできるだけブランクが長い理由を明確に説明して、企業の不安を解消しましょう。

噓は厳禁ですが納得のいく説明をして、再就職に前向きな姿勢をアピールするのが賢明です。

高卒の再就職ではネガティブな退職理由は×

「業務が合わなかった」などの退職理由をそのまま伝えると、不満があるとすぐ辞めるのではと企業は不安を抱きます。

高卒で再就職を目指すなら、会社や業務への不満は言わずにポジティブな退職理由を伝えるようにしましょう。

■退職理由のポジティブな言い換え■
「ノルマがきつかったので退職した」
⇒「数字だけを気にするのではなく顧客のニーズとじっくり向き合いたいと考え退職した」

自分がどういう仕事をしたいかなどポジティブな理由に言い換えると、仕事への熱意もアピールできて好印象よ♪

高卒の再就職は不可能ではない

企業規模が大きくなるほど高卒の再就職は難しいですが、説得力のある自己PRができれば高卒の再就職は十分可能です。

手厚いサポートがある転職支援サービスを利用すると、効率よく再就職できます

ブランクが不利にならないよう、早めに行動して希望の再就職を実現しましょう

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、実績No.1の『リクルートエージェント』と、20~30代向けの『マイナビエージェント』です。

『生涯学習のユーキャン』で転職したい業界・職種に役立つ資格を取得すれば、転職活動を有利に進められます。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは無料なので、まずは気軽に相談してみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
幅広い業界・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!各職種の転職事情を熟知した手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

\Q&Aに答えるとスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:おすすめ転職エージェントを厳選!おすすめの選び方と絶対失敗しない活用法

RECOMMEND

関連記事