最終更新日:

無職で就職できない人はどうすればいい?就職できない要因と解決法を解説

無職で就職できない人の共通点とは?本当の原因を知り一歩を踏み出す方法

無職から脱出したい
どうすれば就職できるのかわからない

そう悩んでいる人は、現代の情勢の中でどんどん増えています。

本記事では、無職から就職できない人の共通点や就職できない時に見直したいポイントを解説。

本気で無職から抜け出したいと思っている方は、ぜひこの記事を参考にしてください。

無職で就職できない人の共通点

  1. 行動量が少ない
  2. 悪い部分を見てしまう
  3. 他人や環境のせいにしてしまう
  4. 職種へのこだわり・偏見が強い

無職で就職できない人は、上記の共通点に当てはまりやすい傾向があります。

もちろん、共通点に当てはまる人が全員就職できない訳ではありません。

しかし、当てはまる数が多い程就職が困難になりやすいのは事実と言えるでしょう。

行動量が少ない

無職期間が長い方は他の転職者に比べてハンデがあるため、普通の人よりも行動量を増やしてカバーするしかありません

なかなか就職できない人は平均的な求職者と比べて行動量が少ないケースがあります。

行動量を増やすとその分書類選考や面接で落ちる回数も増えるため、嫌だと思うのは当然です。

しかし、本気で就職したい気持ちがあるなら、とにかく多くの選考を受ける覚悟を決めましょう。

悪い部分を見てしまう

無職で就職できない人は悪い所ばかりに目が行きやすいネガティブ思考な人が多いです。

ネガティブ思考は新しい挑戦をしづらく、失敗で心が折れやすい状態を作るので、就活において不利になりやすいでしょう

ネガティブ思考は能力とは関係ない「思考のクセ」なので、日頃の意識によって変えられます。

少しずつ前向きになれるよう、意識して訓練しましょう。

他人や環境のせいにしてしまう

無職で就職できない期間が長くなると、他人や環境のせいにしたくなる傾向があります。

親や社会全体、国など「自分以外のせいだ」と考え、直面している問題から逃げてしまうのです。

それが事実であっても、企業から採用されるには自力で解決策を見つける必要があるでしょう。

まずは自分には何ができるのか、何をすべきなのかを真剣に見つめ直すのが重要です。

職種へのこだわり・偏見が強い

無職からなかなか就職できない人は職種へのこだわりや偏見が強い可能性があります。

「営業職は体育会系の根性論だから嫌だ」
「工場の仕事なんて底辺の仕事」

上記のように特定の職種を選択肢から外しているのは、就職できる可能性を狭めている状態です。

世の中には絶対的に良い仕事、悪い仕事などはありません。あるのは他人や世間の評価だけです。

無職から就職したい時は世間に惑わされず、自分にできる仕事全てを選択肢に入れましょう

無職で就職できない時見直したいポイント

朝型の生活をする

現在無職で夜型生活になっている方は、生活習慣の改善を心掛けましょう。

企業の面接は多くの場合日中に行なわれるため、夜型生活のままでは万全の状態で臨めません。

「面接の予定が入ってから…」と先延ばしにすると、その時に苦労する可能性が高いです。

本気で就活を始めるなら今から朝型生活を目指しましょう

全ては自分の選択の結果と考える

就活に限らず、物事がうまくいかない時に他人や環境のせいにするとそこで成長が止まってしまいます。

他人のせいで無職になった時も、そこから状況を変えない選択をしたのは自分自身だと認識しましょう。

ただし、「全て自分が悪い」とネガティブになる必要はありません。

全て自分の選択次第で変えられる」と考えれば、現状の解決策が浮かびやすくなります。

無職から就職できない状態を解決する方法

適性診断を使った自己分析

就活において自己分析は重要ですが、一人で自分のすべてを分析するのは困難でしょう。

そこでおすすめなのが、就職・転職に使える診断での自己分析です。

ミイダスリクナビNEXTで無料公開されている適性診断は精度も高く、すぐに自分の強みが分かるので活用して損はありません。

自分の適性が分かる診断サービス

【おすすめ診断コンテンツ】
ミイダス(MIIDAS)
リクナビNEXT
診断名称
コンピテンシー診断
パーソナリティ診断
グッドポイント診断
所要時間
25分
15分
30分
質問数
152問
128問
293問
内容
職務適性
上下関係適性
ストレス要因
など
生まれ持った個性・コンディション
慎重性
感受性
親密性
など
診断可能
回数
1回のみ
料金
無料

転職エージェントに登録

自己分析が終わり、なんとなく自分がやってみたい仕事の方向性が決まってきたなら、次は転職エージェントに登録しましょう。

転職エージェントとは就職活動のサポートを無料で受けられるサービスで、書類添削や面接対策なども行なっています。

無職のハンデを持った状態での就活では、必要不可欠な存在です。

無職の人でも利用できる転職エージェントは存在するので、勇気を出して登録してみて下さい。

無職から就職する人が利用すべきサービス

無職期間が長い場合、一般的な転職エージェントではサポートを断られたり、適切な求人紹介を受けられない可能性が高いです。

しかし、転職サイトなら現在無職であっても利用できます

20代~30代の方は若手向けの就職支援サービスも利用する価値が高いでしょう。

社会人未経験でも問題ないよう研修を行なっていたり、鬼門となる書類選考を受けずに就職できる若手向けサービスは多数存在します。

自分に合ったサービスかどうか判断するために、複数社を併用するのがおすすめです。

無職でも利用できる転職サイト

リクナビNEXT doda
転職サイト
主な年齢層 全年代 26~35歳
主な対象者 全転職者に対応 関東・関西・東海の大卒以上
支援実績 転職成功数No.1! 年間転職成功者は1万人以上
特徴 転職者の8割が利用している
丁寧なサポート
グッドポイント診断で適性がわかる!
サイト/転職エージェントどちらでも利用可能
面接確約オファーあり
転職イベント随時開催
簡単登録
(無料)

若手におすすめのおすすめの就職サービス

DYM就職 ジェイック
(JAIC)
転職エージェント
主な年齢層 18~35歳 18~39歳
主なサポート対象者 第二新卒、既卒、女性もOK 社会人未経験、中退者もOK
支援実績 20000名以上を支援 正社員就職成功者5000人
特徴 厳選2,500社
満足度90%
親身なサポート
正社員求人のみ
研修が無料
就職成功率8割
簡単登録
(無料)
第二新卒エージェントneo 就職Shop
転職エージェント
主な年齢層 20代 20代
主なサポート対象者 第二新卒、既卒、新卒 フリーター、既卒、中卒も可
支援実績 1万人を超える採用決定実績 利用者累計10万人超
特徴 5千件の正社員限定求人あり 書類選考なし
優良企業8千社
最短7日で内定
簡単登録
(無料)

無職で就職できない時も一歩ずつ行動してみよう

無職で就職できない人の共通項を一言で言うと、「就職に必要な行動を適切にできていない」状態と言えます。

とはいえ、いきなり一人で適切な行動をするのは難しいですよね。

まずは診断サービス転職サイトを利用し、少しずつ行動量を増やしていくのが就職への近道です。

自分に合ったサービスを複数社併用して、無職からの脱却を目指しましょう!

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、実績No.1の『リクルートエージェント』と、20~30代向けの『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは無料なので、まずは気軽に相談してみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
圧倒的な求人数で幅広い業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

ビズリーチ 詳細情報の有無でかわる転職成功率

職務経歴書などの情報を詳細に入力している会員ほど転職が成功しやすい。

\情報の詳細入力でスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:おすすめ転職エージェントを厳選!おすすめの選び方と絶対失敗しない活用法

RECOMMEND

関連記事