最終更新日:

ブランク期間は面接でどう伝える?ブランク転職の面接対策のポイントとは

ブランク期間は面接でどう伝える?ブランク転職の面接対策のポイントとは

「ブランクがある転職の面接対策は?」
「面接でブランク期間をどう説明すればいい?」

ブランクがある時の転職活動では、面接でブランク期間についてどう話すべきか悩んでしまう人も多いですよね。

今回は、ブランクがある転職の面接のポイント失敗しないための面接対策法ブランク転職の成功率を上げる方法を詳しく解説していきます。

ブランクのある転職の面接に不安を抱いている人はぜひご覧ください。

ブランクがある転職の面接のポイント

ブランク期間があるから面接でなんて答えればいいのか…不安だよ…。

ブランクがある面接で失敗しないために、まずはおさえておくべきポイントを確認しておきましょ!

ブランク期間については嘘をつかない

転職活動中の面接ではブランク期間について聞かれますが、嘘をつかずに正直に答えましょう。

嘘をついてもバレる可能性が高く、またそれで就職できたとしても自分のスキルに合わない期待をされて、後々自分がつらい思いをする原因となります。

ブランクはあったが今は転職して頑張りたい気持ちがあると、結果的にポジティブな内容で伝わるようにしましょう

アルバイトや勉強していた場合はアピールになる

退職後に正社員でなくともアルバイトとして働いていた場合は、アルバイトで経験して得たスキルなどは強みになる可能性があります。

また、資格取得やスキル習得のために無職期間があった場合でも、目標に向かって頑張る姿勢や熱意があり転職先でも貢献できるとアピールしましょう。

希望の転職先で活かせる強みや経験を考え、効果的にアピールできる材料にすると、ブランク期間のネガティブなイメージを払拭できます。

病気療養の場合は今は問題ないとアピール

ブランクがある原因が病気やケガでの療養だった場合は、面接時にその旨を伝えた上で回復していて業務に支障がないと伝えておきましょう。

療養期間中やリハビリ中に転職に向けて勉強したりスキルを身に着けている人は、それも伝えると転職に対する意欲もアピールできます。

面接時は自信を持って受け答えする

ブランク期間があると不安になり、どうしても自信が持てないと感じる人もいますが、今転職するために行動している前向きな気持ちには自信を持っていいでしょう。

面接でも転職しようと思った前向きな気持ちや熱意が伝わるように、できるだけハキハキと自信を持って受け答えすると面接官もポジティブな印象を持ってくれます。

面接での対策は事前に練習しておくと当日に焦ったりする心配がないので、想定される質問を考えて対策をしておきましょう

面接では明るく前向きな印象を与えられるように、事前に対策や練習をしてから臨むといいわよ☆

ブランク転職の面接で失敗しないための対策

でもやっぱり、ブランク転職の面接対策をどうすればいいのかわからないよ!?

面接対策に自信がない子は転職エージェントを利用するのがおすすめよ!

転職エージェントはブランク期間がある人でも利用が可能で、転職を効率的に成功させるためのアドバイスや面接対策など様々な転職支援をしてくれます。

ブランク期間についての職務経歴書の書き方や面接での質問に対する答え方なども、転職のプロへ相談した方が事前対策もより効果的にできるでしょう。

また、企業の内情にも詳しいのでそれぞれの企業に合わせた面接対策ができるのも利点です。

ブランクのある20代におすすめの転職エージェント

ハタラクティブ 就職Shop
転職エージェント
主な年齢層
20代
主なサポート対象者 ニート・フリーターなど正社員経験が浅い/ない人 ニート・フリーター・既卒・第二新卒など
支援実績 フリーター専門エージェント認知度NO.1 利用者累計10万人超
特徴 内定率80.4%
登録者の40%は社会人経験なし
面接対策が特に充実
書類選考なし
転職者の3/4が正社員経験無し
優良企業8555社
最短7日で内定
簡単登録
(無料)

ブランク期間が短い人におすすめの転職エージェント

リクルート
エージェント
spring転職エージェント
転職エージェント
主な年齢層 20代~30代 20代~40代
主なサポート対象
全転職者に対応
支援実績 採用成功実績は54万人超 大手優良企業への紹介実績多数
求人数 約20万件 約3.1万件
詳細
休日対応 土日も面談可 要相談
求人
対応地域
全地域対応 関東・関西・東海が中心
特徴 業界最大手
転職実績No.1
面接対策が充実
専門分野に精通
年収UP率59%
面談を断られない
簡単登録
(無料)

ブランクのある転職の成功率を上げる方法

経験やスキルを活かせる職種で探す

ブランクがあっても過去に経験した職種や業務のノウハウがあれば、即戦力を求めている企業からの需要は高くなります

営業や事務などのスキルは業種が違っても十分に活かせるため、まずは自分の経験・スキルを洗い出し、どんな職種であれば即戦力としてアピールできるかを考えてみましょう。

スキルや経験値があればブランクの不利を打ち消せる武器になるからしっかりアピールしていきましょ☆

自己分析と応募企業の調査をする

自己分析と応募企業の調査は、ブランクのある人の転職活動を成功させるための重要なポイントです。

自分の強みや向いている職種を知り、自分の希望の働き方ができる企業かを、可能な限り調査してから応募すれば転職後のミスマッチを防げます

自分の適性や強みを確実に知る方法ってあるのかな?!

自己分析が苦手な人・自分の適性をすぐに知りたい人はリクナビNEXTのサービス「グッドポイント診断」がおすすめです。

グッドポイント診断

簡単に適性が見えてくるので、どんな職種に向いているか・アピールポイントが何か知りたい人はさっそくチェックしてみましょう!

有名な才能診断「ストレングスファインダー」を無料で受けられるような診断だから、自分の隠れた才能を知りたい子もぜひ利用してみて☆

グッドポイント診断の詳しい手順はコチラ→

【グッドポイント診断のメリット】
・リクナビNEXT会員限定で本格診断が無料
・どこでも手軽に診断可
・自分の強みを客観的に把握できる
・診断結果は求人応募時に添付OK
・自己分析の負担が軽減され転職効率アップ

ブランク転職の面接は事前対策すれば成功率UP!

ブランクのある転職活動では、面接に不安を抱える人も多いですが、想定される質問に対する答えを考えておくなどの事前対策をしておけば失敗を避けられます。

転職エージェントを活用すれば転職のプロがブランクがある人に合わせた対策を一緒に考えてくれるので、面接対策に自信がない人には利用がおすすめです。

ブランクがあっても転職に成功している人はたくさんいるので、転職したい前向きな気持ちを大事にして転職成功を目指しましょう。

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、実績No.1の『リクルートエージェント』と、20~30代向けの『マイナビエージェント』です。

『生涯学習のユーキャン』で転職したい業界・職種に役立つ資格を取得すれば、転職活動を有利に進められます。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは無料なので、まずは気軽に相談してみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
幅広い業界・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!各職種の転職事情を熟知した手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

\Q&Aに答えるとスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:おすすめ転職エージェントを厳選!おすすめの選び方と絶対失敗しない活用法

RECOMMEND

関連記事