最終更新日:

諭旨解雇されても再就職できる?諭旨解雇後の再就職の仕方と再就職成功法

諭旨解雇されても再就職できる?

「諭旨解雇されても再就職できる?」
「諭旨解雇された人の履歴書の書き方は?」
「諭旨解雇された人が再就職する方法は?」

諭旨解雇(ゆしかいこ)されても再就職できるかわからず、悩んでいる人は少なくありません。

諭旨解雇されても再就職は可能転職支援サービスを利用し応募企業に反省と的確な志望動機を伝えれば、再就職成功率がアップします。

本記事では、諭旨解雇後の再就職の仕方や諭旨解雇された人の再就職成功法を詳しく解説していきましょう。

【再就職の前に】諭旨解雇とは?

そもそも諭旨解雇って何?

諭旨解雇とは、ルールや規約などに違反した従業員に対する懲戒処分の一つ。

懲戒解雇では強制的に従業員を解雇しますが、諭旨解雇は従業員に退職届を提出させ一応任意の形を取ります

諭旨解雇と懲戒解雇の解雇理由はほぼ変わりませんが、諭旨解雇は企業側の温情措置としての側面が強いです。

諭旨解雇だと一部カットする企業も多いけど、退職金や解雇予告手当も支給されるのよ。

    懲戒処分の順番

  1. 戒告(口頭・文章での注意)
  2. けん責(始末書の提出)
  3. 減給(賃金の一部差し引き)
  4. 出勤停止(一定期間の出勤禁止)
  5. 降格(役職・職位などの引き下げ)
  6. 諭旨解雇
  7. 懲戒解雇

諭旨解雇後の再就職は不可能ではない

諭旨解雇後の再就職は不利だが可能

社員側に重大な過失があった諭旨解雇は、人員削減など企業側の都合によるリストラ(整理解雇)と違い、再就職は不利になりやすいです。

しかし、面接官に退職理由を尋ねられたら正直に説明するのが賢明。

反省と的確な志望動機を伝えられれば、諭旨解雇されても再就職は十分可能です。

不安なら転職サービスを利用すると◎

諭旨解雇後の再就職は不可能ではないけど不利なんだよね!?諭旨解雇されても再就職できるか不安だよ!

再就職できるか不安な子は転職支援サービスを利用しましょ。転職のプロがサポートしてくれるわ♪

転職サービスを利用すれば、転職ノウハウが豊富なアドバイザーのサポートを受けられます。

【転職支援サービスのサポート内容】
・キャリアカウンセリング
・希望条件に合った求人の紹介
・応募書類添削
・面接対策
・フィードバック
・面接日程の調整
・入社手続き
・企業への給与/条件交渉 など

転職支援サービスは基本的に無料で利用でき、個人での再就職活動より効率的です。

アドバイザーは現在の状況・スキルを把握した上で的確にアドバイスするので、諭旨解雇された旨は正直に伝えるのがベター。

転職支援サービスごとに求人・サポート内容が異なるので、2~3社併用して効率よく再就職しましょう。

面接後、採用担当者に応募者を後押ししてくれるアドバイザーもいるのよ♡

全転職者向けサービス

リクルート
エージェント
Spring転職
エージェント
転職エージェント
主な年齢層 20~50代 20~40代
主なサポート対象者
全転職者に対応
支援実績 採用成功実績は54万人超 大手優良企業への紹介実績多数
特徴 業界最大手
転職実績No.1
面接対策が充実
専門分野に精通
年収UP率59%
面談を断らない
簡単登録
(無料)


キャリア・実績がある人向け

リクルートダイレクトスカウト ビズリーチ
転職エージェント
主な年齢層
30~40代
主なサポート対象者
年収500万円以上の転職者
入会審査 なし あり
支援実績 転職時の平均年収900万円 ハイクラスから支持される転職サイトNo.1
求人数 約7万件 約12万件
特徴 年収800万~2000万円求人を多数保有
一流ヘッドハンター指名可
求人の1/3が年収1000万円超
企業からの面談確約スカウトあり
簡単登録(無料)


諭旨解雇された人の再就職成功法

転職サービスを利用すれば、面接対策や条件交渉など徹底的にサポートしてくれるから心強いね!諭旨解雇された人の再就職成功法も知りたいな。

自己分析・企業調査をする

諭旨解雇された人は、自己分析と企業調査を徹底しましょう。

経験のある業務内容・保有資格をしっかり把握して、自分の強みを明確に言語化できれば説得力のある自己PRが可能です。

基本的な企業情報だけでなく、企業の求める人物像も合わせて企業調査すれば的を得た志望動機を述べられるため再就職成功率がUPします。

上手く自己分析できるかな!?

リクナビNEXTのグッドポイント診断を使えば簡単に自己分析できるわ☆

リクナビNEXTで自己分析

リクナビNEXTのグッドポイント診断を利用すれば、手軽に自己分析できます。

簡単な質問に答えるだけで、自分の5つの強みと仕事の適性が把握できて効率的です。

【グッドポイント診断のメリット】
・リクナビNEXT会員限定で本格診断が無料
・どこでも手軽に診断可
・自分の強みを客観的に把握できる
・診断結果は求人応募時に添付OK
・自己分析の負担が軽減され再就職効率UP

40代の再就職には仕事の適性を診断できる「リクナビNEXT」のグッドポイント診断(※会員登録完了後に診断できます)

再就職活動と並行してスキルを磨く

諭旨解雇され再就職を目指しているものの経験・スキルに自信がないなら、資格取得を目指すのがベター。

資格があると何ができる人材か企業は客観的に判断でき、諭旨解雇後に再就職に向けて前向きに努力してきた姿勢もアピールできます。

資格取得してから再就職活動を始めると、失業期間(ブランク)が長引くので再就職活動と並行してスキルを磨きましょう。

ブランク期間が長引けば長引くほど再就職に不利になる。

諭旨解雇後の再就職の仕方

諭旨解雇された人が再就職を目指すなら自己分析やスキルアップを徹底するといいんだね。履歴書や面接ではどう答えたらいいの?

諭旨解雇された子は自分から申告する必要はないけど、質問されたら正直に答えましょ★

諭旨解雇後の再就職【職歴の書き方】

諭旨解雇されても自分から申告する義務はなく、履歴書の職歴欄には「一身上の都合により退職」と書いて問題ありません。

ただし、刑事罰を受けて諭旨解雇された人は、賞罰欄に記載するようにしましょう。

諭旨解雇後の再就職【面接の答え方】

諭旨解雇されたと自ら申告する義務はありませんが、面接官に退職理由を尋ねられたら正直に答えましょう。

諭旨解雇の事実を隠し入社後に発覚すれば、経歴詐称として懲戒処分される恐れがあります。

正直に説明して反省と応募企業に貢献したい意思を伝えるのが賢明です。

諭旨解雇の旨が記載された退職証明書の提出を求める企業もあるから噓をついてもバレる可能性は十分あるわ。

再就職に不利になるのは嫌だけど、諭旨解雇だと発覚する不安やプレッシャーを抱えて働く方が大変だね。

諭旨解雇後の再就職は不利だが可能

諭旨解雇後の再就職は不利ですが、不可能ではありません。

退職理由を尋ねられたら正直に答え、反省と応募企業に貢献したい旨を伝えるのが賢明。

手厚いサポートがある転職支援サービスを活用して、個人で再就職活動するより効率的に再就職を実現させましょう。

諭旨解雇されたら再就職できるか不安だよね。転職のプロの協力を得られるのは心強いな。

再就職活動に少しでも不安がある子は転職支援サービスを活用しましょ♬

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、実績No.1の『リクルートエージェント』と、20~30代向けの『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは無料なので、まずは気軽に相談してみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職成功実績No.1!非公開求人21万件!幅広い業界・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

年代問わず転職決定者が多く、キャリアアップ・キャリアチェンジに強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!各職種の転職事情を熟知した手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サービスがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サービス。登録者のレジュメを見た企業やヘッドハンターからスカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

\Q&Aに答えるとスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:おすすめ転職エージェントを厳選!おすすめの選び方と絶対失敗しない活用法

RECOMMEND

関連記事