最終更新日:

諭旨解雇後の再就職は難しい?再就職の仕方と難しい諭旨解雇後の再就職成功法

諭旨解雇されても再就職できる?

「諭旨解雇されても再就職できる?」
「諭旨解雇された人の履歴書の書き方は?」
「諭旨解雇された人が再就職する方法は?」

諭旨解雇(ゆしかいこ)後の再就職は難しいのかわからず、悩んでいる人は少なくありません。

諭旨解雇されても再就職は可能転職サービスを利用し応募企業に反省と的確な志望動機を伝えれば、再就職成功率がアップします

本記事では、諭旨解雇後の再就職の仕方や諭旨解雇後の再就職成功法を解説しましょう。

【再就職の前に】諭旨解雇とは?

諭旨解雇とは

そもそも諭旨解雇って何?

諭旨解雇とは、ルールや規約などに違反した従業員に対する懲戒処分の一つ。

    懲戒処分の順番

  1. 戒告(口頭・文章での注意)
  2. けん責(始末書の提出)
  3. 減給(賃金の一部差し引き)
  4. 出勤停止(一定期間の出勤禁止)
  5. 降格(役職・職位などの引き下げ)
  6. 諭旨解雇
  7. 懲戒解雇

懲戒解雇では強制的に従業員を解雇しますが、諭旨解雇は従業員に退職届を提出させます。

諭旨解雇と懲戒解雇の解雇理由はほぼ変わりませんが、一応任意の形を取る諭旨解雇は企業側の温情措置としての側面が強いです。

諭旨解雇だと一部カットする企業も多いけど、懲戒解雇と違って退職金や解雇予告手当も支給されるのよ。

諭旨解雇されたら再就職は難しい?

諭旨解雇後の再就職は難しいが可能!

人員削減など企業側の都合によるリストラ(整理解雇)と違い、社員側に重大な過失があった諭旨解雇だと再就職に不利です。

しかし、面接官に退職理由を尋ねられたら諭旨解雇は隠さず正直に説明してください。

反省と的確な志望動機を伝えられれば、諭旨解雇されても再就職は十分可能です。

不安なら転職サービス活用が◎

    転職サービスのサポート内容

  1. 求人の紹介・応募・推薦
  2. 応募書類の添削
  3. 面接日程の調整・面接対策
  4. 採用条件・給与・役職などの交渉
  5. 入社手続き・入社日の調整

転職支援サービスは基本的に無料で利用でき、個人での再就職活動より効率的です。

アドバイザーは現在の状況を把握しアドバイスするので、諭旨解雇は正直に伝えましょう

面接後、採用担当者に応募者を後押ししてくれるアドバイザーもいるのよ♡

全転職者向けサービス

リクルート
エージェント
LHH転職エージェント
転職エージェント
主な年齢層 20~50代 20~40代
主なサポート対象者
全転職者に対応
支援実績 採用成功実績は54万人超 平均101万円
年収アップ
特徴 業界最大手
転職実績No.1
面接対策が充実
専門分野に精通
年収UP率62%
面談を断らない
簡単登録
(無料)

経験が浅い20~30代向け

DYM就職 就職カレッジ
転職エージェント
主な年齢層 18~35歳 18~35歳
主なサポート対象者 第二新卒、既卒、女性もOK 中退者、フリーター、ニート
支援実績 経験が浅い若年層を積極支援 就職支援実績
23,000名以上
特徴 優良企業を厳選
人物重視の採用
親身なサポート
正社員求人のみ
研修が無料
就職成功率8割
簡単登録
(無料)

キャリア・実績がある人向け

リクルートダイレクトスカウト doda X
ハイクラス転職サービス
主な年齢層 20~50代 25歳~50代
主なサポート対象者
ハイキャリア
管理職クラス
現年収600万円以上の転職者
入会審査 なし なし
利用料金 完全無料 完全無料
支援実績 転職決定年収の平均925万円以上 業界大手パーソルキャリア運営
特徴 年収800万~2千万の求人多数
一流ヘッドハンター指名可能
年収800万~2千万の求人多数
高内定率ダイヤモンドスカウト
簡単登録
(無料)
レジュメ登録&10日以内のスカウト返信で好条件の求人紹介が増加

諭旨解雇された人の再就職成功法

転職サービスを利用すれば、転職のプロが面接対策や条件交渉など徹底的にサポートしてくれるんだね

諭旨解雇された子は自己分析と企業調査をして再就職を成功させましょ♬

諭旨解雇後は自己分析をする

諭旨解雇された人は、自己分析とスキルの棚卸しを徹底しましょう。

経験のある業務内容・保有資格をしっかり把握すると、説得力のある自己PRが可能

具体的なエピソードと共に自己PRすれば、採用したらどう役立つ人材か企業側が想像できるため諭旨解雇後でも採用されやすいです。

【ミイダスで適性診断をする】

諭旨解雇されて再就職できるか不安な人はまずミイダスで市場価値を診断するのも一つの手。

簡単な質問に答えるだけで、想定年収を算出・自分の市場価値の把握が可能です

42万社以上の優良企業に経歴が公開され、興味を持った企業から直接スカウトが届きます

■ ミイダスでできる診断
・市場価値診断(想定年収)
・コンピテンシー診断(総合適性検査)
\* あなたの市場価値がすぐわかる */

諭旨解雇後は企業調査をする

    主な企業調査の方法

  1. ネットで企業の評判や口コミを調べる
  2. 面接時に具体的な業務内容を尋ねる
  3. 転職エージェントに企業情報を聞く

企業について詳しくないと面接で志望動機を聞かれても、どの企業でも通用する曖昧な理由しか答えられません。

基本的な企業情報だけでなく企業の求める人物像も調べ、的を得た志望動機を述べましょう

志望企業について詳しくなれば、諭旨解雇されてとりあえず再就職したいだけではないとアピールできるわ♡

諭旨解雇後は資格取得もアリ

スキルがなく再就職できるか不安な諭旨解雇された人は、資格取得するのも一つの手。

資格があると何ができる人材か客観的に判断でき、諭旨解雇後に再就職に向けて前向きに努力してきた姿勢も企業にアピールできます

失業期間が長引くと再就職に不利なので、再就職活動と並行して資格取得を目指しましょう。

\諭旨解雇後でも再就職成功!/

諭旨解雇後の再就職の仕方

再就職を目指すなら自己分析やスキルアップを徹底するといいんだね。履歴書や面接ではどう答えたらいいの?

諭旨解雇後の再就職【職歴の書き方】

諭旨解雇を自分から申告する義務はなく、履歴書の職歴欄には「一身上の都合により退職」と書いて問題ありません。

ただし、刑事罰を受けて諭旨解雇された人は、賞罰欄に記載しましょう

諭旨解雇後の再就職【面接の答え方】

諭旨解雇を自ら申告する義務はないですが、面接官に退職理由を尋ねられたら隠すのはNG。

諭旨解雇の事実を隠して入社後に発覚すれば、経歴詐称として懲戒処分されかねません

正直に退職理由を説明し、反省と応募企業に貢献したい意思を伝えるましょう。

諭旨解雇の旨が記載された退職証明書の提出を求める企業もあるから噓をついてもバレる可能性は十分あるわ

再就職に不利になるのは嫌だけど、諭旨解雇だと発覚する不安やプレッシャーを抱えて働く方が大変だね。

諭旨解雇と再就職に関するQ&A

諭旨解雇されても退職金はある?

諭旨解雇された人でも、退職金規定に基づいて退職金は支払われます。

金額は自己都合退職と同額支払う会社もありますが、減額される可能性はゼロではないです。

転職支援サービスの利用はコチラ≫

諭旨解雇でも失業保険は受給できる?

諭旨解雇された人は、自己都合退職扱いでの失業保険給付の対象になります。

ただし通常の自己都合退職の失業保険給付制限期間が2ヵ月なのに対し、諭旨解雇だと3ヵ月の給付制限期間を経なければいけません。

転職支援サービスの利用はコチラ≫

諭旨解雇後の再就職は難しいが可能

諭旨解雇後の再就職は不利ですが、不可能ではありません。

退職理由を尋ねられたら正直に答え、反省と応募企業に貢献したい旨を伝えるのが賢明。

手厚いサポートがある転職支援サービスを活用して、効率的に再就職しましょう

諭旨解雇されたら再就職できるか不安だよね。転職のプロの協力を得られるのは心強いね!

再就職活動に少しでも不安がある子は転職支援サービスを活用しましょ♬

\おすすめ転職サービス一覧!/
サービス名 特徴
リクルート
エージェント
転職成功実績No.1。面接対策が充実
LHH
転職エージェント
年収UP率62%。平均101万円年収アップ
DYM就職 優良企業を厳選して求人紹介。人物重視の採用
就職カレッジ 入社後の定着率91.5%
リクルートダイレクトスカウト 転職決定年収の平均は925万円以上
doda X 高内定率のダイヤモンドスカウト有
働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティーワークスのおすすめは、転職成功実績No.1の『リクルートエージェント』と、業界・職種が幅広い『doda』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは無料なので、まずは気軽に相談してみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職成功実績No.1!非公開求人多数
幅広い業界・職種から希望条件にマッチする求人を紹介可能

年代問わず転職決定者が多く、キャリアアップ・キャリアチェンジに強い。充実の面接対策も人気!

doda公式へ

求人数20万件超!非公開求人多数!!
こだわり条件にマッチする求人を提供する国内最大級の求人情報・転職サイト

特に営業職に強く、丁寧なサポートとアフターフォローに定評あり。大卒以上の26~35歳関東、関西、東海の求職者向け。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サービスがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超。登録者のレジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

会員登録時に基本情報や職務経歴まで入力するとスカウト率アップ!
関連記事:転職エージェント23社を徹底比較!自分に合う転職エージェントを選ぶコツ

RECOMMEND

関連記事