最終更新日:

税理士事務所へ転職するには?税理士事務所への転職の注意点と転職成功法

税理士事務所への転職は可能?

「税理士事務所へ転職する方法は?」
「税理士事務所への転職向きな人は?」
「税理士事務所への転職の注意点は?」

税理士事務所への転職を検討しているものの、効率よく転職できるかわからず悩んでいる人は少なくありません。

転職支援サービスを活用して企業調査を徹底すれば、効率よく税理士事務所へ転職できます

本記事では、税理士事務所への転職が向いている人や税理士事務所への転職の注意点・転職成功法を詳しく解説しましょう。

税理士事務所への転職は可能?

税理士事務所の特徴

そもそも税理士事務所の数はどれくらいなの?

国税庁の発表によると、2021年3月時点の税理士登録者・開業税理士数は下記の通りでした。

登録者数 79404人
開業税理士 56398人

引用:国税庁 日本税理士会連合会

税理士事務所を開業している税理士は、税理士登録者数の約7割を占めています

税理士業界は税理士事務所の数が非常に多く、個人~小規模の事務所は少なくありません。

税理士事務所は税理士が個人事業主として経営するため、代表の税理士が亡くなると事務所は廃業になります。

ちなみに支店展開できないから転勤はないのよ☆

税理士事務所への転職は可能

税理士事務所は個人~小規模が多いんだよね?転職できるかな!?

国税庁の発表によると、令和3年度の年齢別受験者・合格者数は下記の通りでした。

税理士事務所への転職は可能?

引用:国税庁 令和3年度税理士試験結果

税理士試験の受験者は41歳以上が最多で、25歳以下や26~30歳の受験者の2倍以上です。

税理士を目指す若い世代が減少しているため、税理士・科目合格者なら税理士事務所への転職は十分可能と言えます。

税理士資格は計11科目中5科目で合格点を取れば取得できるが、毎年1~2科目ずつ受験して3~10年以上かけて長いスパンで取得を目指す人が多い。

税理士事務所への転職が向いている人

税理士を目指す若い世代が減ってるんだ。税理士事務所への転職が向いてるのはどんな人なのかな?

    税理士事務所への転職が向いている人

  1. 税理士の業務を幅広く経験したい人
  2. 働きながら資格取得を目指している人
  3. 会計に関する知識を身につけたい人
  4. 転勤したくない人

税理士業界は個人~小規模の税理士事務所が多いため、基本的な税理士の業務を幅広く経験できます。

一般企業に比べて働きながら税理士資格取得を目指す仲間も周りに多いので、資格取得のモチベーションも保ちやすいです。

税理士を目指していなくても、税理士補助として会計に関する知識を身につけてから一般企業の経理へのキャリアアップも目指せます。

開業を目指す子は幅広く業務経験を積める税理士事務所が向いてるわね☆

税理士事務所への転職の注意点

開業を目指す税理士はもちろん、税理士試験勉強中の人や会計の知識を身につけたい人も向いてるんだね!税理士事務所に転職する注意点はある?

雰囲気や待遇面のギャップなど税理士事務所ならではの注意点があるわ★

税理士事務所は合う合わないが分かれやすい

税理士事務所は個人~小規模事務所が多く、所長税理士の意向・考え方が経営方針や業務の進め方に強く反映されます。

自分のスタンスや考え方と合えばとても働きやすいですが、全く合わなければ働きにくい職場となるでしょう。

従業員が少ないと人間関係の合う合わないも大きく影響しそうだね!

税理士事務所は待遇面のギャップが生じやすい

個人~小規模税理士事務所の中には福利厚生が定まっていない事務所も少なくありません。

よくある待遇面・業務内容のギャップ
・残業が思ったより多い
・残業代が出ない
・代休が取れない
・希望の業務に従事できない
・一部の業務にしか携われない

実際に働いてみると求人票の記載事項や聞いていた内容にズレがあり、転職後にミスマッチが起こりやすいです。

税理士事務所は専門性の高い案件は少ない

個人~小規模の税理士事務所は従業員が少ないため1人で顧客を担当する税理士も多いです。

網羅的に税理士の業務に従事できますが、専門性の高い業務経験は積めません。

BIG4など大手税理士法人なら部門が細分化されていて、自分が担当する特定の分野に関するスキルを磨けるでしょう。

専門性の高い業務経験を積みたいなら税理士法人がおすすめよ♡

税理士事務所への転職成功法

個人~小規模の税理士事務所だからこそ転職後にミスマッチが起こりやすいのか。税理士事務所への転職成功法も知りたいな。

税理士事務所への転職に成功したいなら、転職支援サービスを利用しましょ!事務所の詳細情報もわかるのよ♡

税理士事務所への転職では転職支援サービスを利用

転職支援サービスを利用すると書類添削や面接対策・条件交渉のサポートを受けられるため、働きながらでも効率よく転職できます。

事務所の雰囲気や就業環境を教えてくれる税理士向けの転職支援サービスも多く、詳細情報の把握も可能です。

サービスごとに求人やサポート内容が異なるので、2~3社併用して希望の税理士事務所への転職を実現しましょう。

税理士特化の転職支援サービス

最速転職ヒュープロ マイナビ税理士
転職支援サービス
主な年齢層 25~45歳 20~30代
主なサポート対象者 税理士
税務スタッフ
科目合格者
未経験者
税理士
科目合格者
未経験者
特徴 業界最大級の税理士求人非公開求人も豊富 科目合格者の転職支援に強い
非公開求人80%
簡単登録
(無料)


ジャスネットキャリア MS-Japan
転職支援サービス
主な年齢層 20代~30代 20~40代
主なサポート対象者 公認会計士
税理士
簿記有資格者
公認会計士
税理士
管理部門
支援実績 会計/経理/税務分野で20年 転職決定率/
登録率/転職相談率No.1
特徴 資格保有者◎
非公開求人99%
専門性が高い
手厚いサポート
管理部門/士業系の求人多数
非公開求人90%
手厚いサポート
簡単登録
(無料)


税理士事務所への転職では繫忙期を避ける

税理士業界の繫忙期は他の業界と比較にならないほど忙しいため、時期を選べるなら6~10月の閑散期に転職しましょう

■税理士事務所の繫忙期
11~1月末:年末調整・関連する業務
2~3月15日:個人の確定申告の対応
4月:11~3月までの遅れた通常業務の対応
5月:法人税の確定申告

どこの税理士事務所でも繫忙期は忙しいですが、繫忙期の残業時間や休日出勤数など事前に把握するのが賢明です。

税理士事務所への転職では企業調査を徹底する

税理士に限らず、求人の募集要項だけでは把握できない情報は多数あります。

■ミスマッチを防ぐ企業調査方法
・ネットで事務所の評判や口コミを調べる
・面接時に具体的な業務内容を尋ねる
・事務所内の見学をする
・転職支援サービスから内部情報を聞く

規模の小さい税理士事務所は特にミスマッチが起こりやすいので、転職前に企業調査を徹底しましょう。

自分一人の調査では不安なら、転職支援サービスを利用して転職のプロの力を借りましょ♬

効率よく税理士事務所へ転職成功

税理士業界は個人~小規模な税理士事務所が多く、転職後のミスマッチが起こりやすいです。

税理士事務所への転職を成功させたいなら、転職支援サービスの利用がおすすめ。

事務所の雰囲気や就業環境を教えてくれる税理士に特化した転職サービスも多いので、活用して希望の転職を実現しましょう。

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、実績No.1の『リクルートエージェント』と、20~30代向けの『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは無料なので、まずは気軽に相談してみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職成功実績No.1!非公開求人21万件!幅広い業界・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

年代問わず転職決定者が多く、キャリアアップ・キャリアチェンジに強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!各職種の転職事情を熟知した手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サービスがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サービス。登録者のレジュメを見た企業やヘッドハンターからスカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

\Q&Aに答えるとスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:おすすめ転職エージェントを厳選!おすすめの選び方と絶対失敗しない活用法

RECOMMEND

関連記事