最終更新日:

公認会計士は辛い?監査法人を辞めたい・辛い理由と公認会計士の転職成功法

公認会計士は辛い?

「公認会計士を辛いと感じるのは自分だけ?」
「公認会計士が監査法人を辞めたい理由は?」
「監査法人は辛い公認会計士の転職先は?」

監査法人で働くのが辛いため辞めたいけど転職できるかわからず、悩んでいる公認会計士は少なくありません。

監査法人以外への公認会計士の転職は可能、自分の適性を理解して転職支援サービスを活用すれば働きながらでも効率よく転職できます

本記事では、公認会計士が監査法人で働くのが辛い理由や辛い理由別の公認会計士の転職先・転職成功法を詳しく解説していきましょう。

【辛いのはなぜ?】
自分の適性を診断するならコチラ⇒

公認会計士が監査法人を辞めたい・辛いと感じる理由

公認会計士が働くのが辛いと感じる理由には何があるの?

多くの公認会計士が働いている監査法人を辞めたい・辛いと感じる理由は下記の通りです。

    監査法人を辞めたい・辛いと感じる理由

  1. 激務のため辛い
  2. 業務が単調で辛い
  3. キャリアアップできず辛い
  4. やりがいを感じにくいため辛い

激務のため辛い

監査法人の繫忙期は担当クライアントの決算月によって時期は異なりますが、3月決算の会社が多く基本的に4~5月はかなり忙しいです。

閑散期には長期の休暇も取れますが、繫忙期は他業界とは比べ物にならないくらい忙しいので辛いと感じる人は多いでしょう。

視察・ヒアリングのため様々な場所へ出張する機会も多く、監査法人では体力・気力が必要になってきます。

業務が単調で辛い

公認会計士資格の取得難易度は非常に高く、公認会計士のみに許された独占業務もあります。

一方で電卓を何度も叩きながら数字をチェックするなど、会社の財務諸表等の大量の書類と向き合う作業も多いです。

監査では公認会計士の専門知識・高度なスキルも求められますが、単調な事務仕事も多数あるため辛いと感じる人も少なくありません。

スキルアップできず辛い

公認会計士資格を持っていると監査法人だけでなく、税理士法人や一般事業会社・コンサルティング会社など様々な企業で働けます。

監査法人では監査業務の経験は積めますが、税務や財務など監査以外のスキルを磨きたい人は監査法人で働くのを辛いと感じやすいです。

やりがいを感じにくいため辛い

監査法人は企業が公表する財務情報に誤りがないか監査するため、チェックされる側のクライアントからは感謝されにくいです。

財務情報が正しいか検証・保証しても企業の投資家や債権者と直接会わないので、やりがいは感じづらいと言えます。

公認会計士の資格取得が難しくて辛い人もいる

日本会計士協会によると、令和3年度公認会計士試験の合格率は9.6%でした。

公認会計士資格の取得難易度は非常に高く、試験に合格してからも実務経験や実務補習を修了する必要があります。

公認会計士になるまでの道のりがあまりにも長いため、辛いと感じる人は少なくありません。

引用:令和3年公認会計士試験の合格発表の概要について

取得できるかわからず勉強し続けるのは辛いわ。簿記2級以上を取得して経理として転職するのも一つの手よ★

公認会計士は辛い・辞めたい理由を明確にし選択

業務内容ややりがいなど色んな理由で監査法人を辞めたい・辛いと感じてる公認会計士がいるんだね。

公認会計士は監査法人を辞めたい・辛い理由をまずは明確にしましょ♪

公認会計士は自己分析をしてから転職

監査法人で働くのが辛い公認会計士は、まずは自己分析を徹底するのが賢明です。

自分の価値観や強み・適職などを把握すれば、現在の職場を辞めたい理由が明確になります。

現在の職場と希望条件のズレをしっかり認識してから希望の転職を実現しましょう。

手軽に自己分析できるサービス

グッドポイント
診断
byリクナビNEXT
MIIDAS
(ミイダス)
サイト
診断
区分
強み 市場価値/強み
ストレス耐性/
人間関係形成のヒント
内容 18種類の中から5つの強みを診断!
15分程度で完了
求人応募時に診断結果貼り付け可能⇒強みをアピール
3つの診断で自己分析「市場価値(適正年収)/個人の強み/適性度の高い職種が分かる」
面接確約オファーあり
公式


転職アプリ『VIEW』(ビュー)
転職診断 (AIキャリアシミュレーション)
主な対象者 20代ハイクラスの転職希望者
利用方法 アプリのインストール
特徴 手軽にキャリア診断が可能。スカウト&キャリア形成も◎
簡単登録
(無料)

ワークライフバランスを取って働きたい公認会計士

なぜ辛いのか把握できた子は希望に合った転職先を探しましょ♬

ワークライフバランスを重視している公認会計士は、一般事業会社への転職がおすすめ。

経理や財務など会計のスペシャリストとして転職すれば、デスクワークを中心にじっくり自社の業務に集中できます。

監査法人より出張も少ないので、家庭と仕事の両立が叶うでしょう。

スキルアップしたい公認会計士

スキルアップしたい公認会計士は、コンサルティング会社や会計事務所・税理士法人への転職がおすすめ。

税務や財務のスキルを身につけられ、監査以外の業務経験を積めます

中小規模の会計事務所に転職すれば、顧客に一人で対応する公認会計士も多いため幅広い業務経験を積めるでしょう。

経営に関するアドバイスや記帳代行・税務申告など経営の手助けをするコンサル会社・会計事務所は感謝されやすいからやりがいも感じられるね。

業務内容には満足なら好条件転職が◎

監査法人の業務自体には満足している人は、転職支援サービスを活用して高待遇・好条件な監査法人へ転職するのがベター。

繫忙期の忙しさはどの監査法人も避けられませんが、繫忙期の残業時間や休日出勤数など事前に調査しましょう。

監査法人が辛い公認会計士の転職成功法

自己分析をして最適な転職先がわかってから転職したらいいんだね!

手厚いサポートがある転職支援サービスを活用すれば、より効率的に転職できてミスマッチを防げるのよ♡

公認会計士は転職サービスを利用

転職支援サービスを利用すると受けられるサポート内容は下記の通りです。

【転職支援サービスのサポート内容】
・キャリアカウンセリング
・希望条件に合った求人の紹介
・応募書類添削
・面接対策
・面接日程の調整
・入社手続き
・企業への給与/条件交渉 など

転職支援サービスを利用すれば、書類転職や面接対策だけでなく条件に合う転職者にしか紹介されない好条件な非公開求人への応募が可能。

会計業界に特化した転職支援サービスも多数あるため、詳細な企業情報を把握でき転職後のミスマッチが起こりにくいです。

面接日の調整や条件交渉も代行してくれるので働きながらでも効率よく転職できます。

監査法人以外への転職を考えてる子も、今より好条件な監査法人へ転職したい子も転職支援サービスを利用して効率的に転職しましょ★

会計業界特化の転職エージェント

マイナビ会計士 MS-Japan
転職エージェント
主な年齢層 20代~30代 20~40代
主なサポート対象者 公認会計士
試験合格者

USCPA
管理部門
会計士など
支援実績 満足度95% 転職決定率/
登録率/転職相談率No.1
特徴 初めての転職にオススメ
非公開求人80%
手厚いサポート
会計士に強い
非公開求人90%
手厚いサポート
簡単登録
(無料)


ジャスネットキャリア パソナキャリア
転職エージェント
主な年齢層 20代~30代
26~35歳
主なサポート対象者 公認会計士
税理士
簿記有資格者
年収400万円以上の転職者
東名阪の転職者
管理部門
会計士
支援実績 会計/経理/税務分野で20年
顧客満足度調査3年連続1位
特徴 資格保有者◎
非公開求人99%
専門性が高い
手厚いサポート

約4割がはじめての転職
管理部門・会計士・USCPA求人が豊富。非公開求人約3,000件
簡単登録
(無料)


公認会計士は企業調査を徹底

監査法人に限らず求人票や募集要項だけでは把握できない情報は多いです。

福利厚生や残業の有無・詳しい業務内容をリサーチして転職後のミスマッチを防ぎましょう。

■主な企業調査の方法
○ネットで企業の評判や口コミを調べる
○面接時に具体的な業務内容を尋ねる
○事務所内を見学する
○転職支援サービスから内部情報を聞く

辛い公認会計士はスキルを活かして転職!

監査法人で働く公認会計士は多いですが、ワークライフバランスやスキルアップの関係で辛い・辞めたいと感じる人は少なくありません。

転職したい公認会計士は、まずは自己分析をして自分の希望条件を明確にするのが賢明。

転職支援サービスを利用して、希望とマッチする転職をより効率よく実現しましょう。

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、実績No.1の『リクルートエージェント』と、20~30代向けの『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは無料なので、まずは気軽に相談してみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職成功実績No.1!非公開求人21万件!幅広い業界・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

年代問わず転職決定者が多く、キャリアアップ・キャリアチェンジに強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!各職種の転職事情を熟知した手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サービスがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サービス。登録者のレジュメを見た企業やヘッドハンターからスカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

\Q&Aに答えるとスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:おすすめ転職エージェントを厳選!おすすめの選び方と絶対失敗しない活用法

RECOMMEND

関連記事