最終更新日:

【まとめ】失業保険の手続きや計算方法など損をしないための知識を解説!

【まとめ】失業保険の手続きや計算方法など損をしないための知識を解説!

今の世の中、様々な事情で思わぬタイミングに退職してしまう方も少なくないでしょう。そんな時に退職者の生活を支える心強い味方が『失業保険』です。

しかし失業保険って誰でももらえるのか?どれくらいもらえるのか?人によってもらえる金額が変わるのか?など、わからないことも多いですよね。

そこでこの記事では、

  1. 失業保険をもらうまでの流れ
  2. 失業保険料の算出方法
  3. 失業保険を少しでも多くもらうには?

といったポイントをご紹介します。既に退職してしまった方はもちろん、退職を検討している段階の方もぜひ参考にしてみてください。

失業保険より今すぐ会社を辞めたい方はこちら

 

失業保険をもらうまでの流れ

はぁ……涙も枯れ果てたわ……

ちょ、ちょっとサキ!?どうしたの!?

色々あって仕事を辞めることになったの…でもまだ次の就職先も決まってなくて…そんなに貯金もないし…もうおしまいだわ…

なんてこと…それはお気の毒にね★失業保険の申請はもうしたの?

失業保険……ってなにかしら?

ちょっとあんた本気!?失業者が次の仕事を見つけるまでの期間に、国から給付される手当のことよ!!まさか申請してないの!?

うふふ。やだわレディったら。そんなものがあるなら早く言ってよ。で、どうやって申請するの?教えてレディ。

(切り替えの早い子ね…)ま、まぁいいわ☆じゃあ今日はサキのために失業保険について説明してあげる♪まずは失業保険を受け取るまでの流れからね♡

失業保険とは、レディが説明してくれたように失業者が次の仕事を見つけるまでに国から支給される手当で、正確には「雇用保険でもらえる失業手当」です。しかし、これは誰でも受給できるわけではなく、受給するにも少し複雑な手続きが必要になります。

そこで、失業手当を受給するまでの手順を以下のフローチャートにまとめました。尚、詳細は後述しますが、「自己都合退職」「正当な理由のある退職」「会社都合退職」のいずれかによって失業手当を受給するまでの期間が変わってきます

以下のフローチャートは自己都合退職の場合ですのでご注意ください。

☆失業手当受給までの流れ★

①「離職票」の受取

失業保険の申請には、前の会社から送られてくる「雇用保険被保険者離職票(-1、2)」が必要になります。まずはそれらを受け取り、内容を確認しましょう。

特に「雇用保険被保険者離職票(-2)」に記載されている賃金額と離職理由は今後の手続きで重要になるので確認しておきましょう。

レディのワンポイントアドバイス

基本的に離職票は退職後10日程度で送られてくるわ☆でも、もし2週間以上経っても送られてこないのなら、前の会社に問い合わせた方が安全ね♪

参考:
記入例:雇用保険被保険者離職票-1/ハローワーク
記入例:雇用保険被保険者離職票-2/ハローワーク

②受給資格の決定

「離職票」を受け取ったら最寄りのハローワークで求職の申込をしましょう。以下の受給要件を満たしていれば受付は完了です。

<受給要件>

  1. ハローワークで求職の申込をし、就職の意思があり、「就職できる能力」があるにも関わらず、「失業の状態」にあること
  2. 離職前2年間に被保険者期間が12ヶ月以上

<必要書類>

  1. 雇用保険被保険者離職票(-1、2)
  2. 個人番号確認書類
  3. 身元(実在)確認書類
  4. 写真(縦3.0cm×横2.5cm)2枚
  5. 印鑑
  6. 本人名義の通帳又はカード
レディのワンポイントアドバイス

「就職できる能力」とは就職できる状態であること、「失業の状態」とは仕事を探しているけど就職できない状態のことよ☆失業者でも怪我や妊娠をしていてすぐに働けない場合や、仕事を探していない場合は要件を満たさないから気をつけなさい♪

③待期期間(7日間)

②の手続後、7日間は「待期期間」になります。これは失業者が本当に失業状態であるかを確認するために期間なので、アルバイトなど給料が発生する活動は控えましょう

給付制限期間について

自己都合退職の場合、待期期間終了後から3ヶ月間は給付制限期間となり、その間は失業手当を受け取れません

一方、自己都合退職でも正当な理由のある退職と認められた場合や、会社都合退職の場合は給付制限期間がなく、1回目の失業認定日以降すぐに失業手当を受け取れます。

④雇用保険受給説明会に出席

②の手続から約2週間後に「雇用保険受給説明会」が行われます。ここで、失業手当を受給できるまでの流れや手続について説明を受けます。また、「雇用保険受給資格者証」「失業認定申告書」が配られ、第1回目の「失業認定日」が指定されます。

⑤1回目の失業認定日に出席

②の手続から約4週間後(正確な日付は④の説明会で指定されます)に、第1回目の「失業認定日」があります。④で受け取った「失業認定申告書」に就職活動状況を記載してハローワークに報告しましょう。

給付制限期間がない場合は、1回目の失業認定日から約1週間後に最初に失業手当が振り込まれます。

⑥2回目の失業認定日に出席

第2回目の失業認定日は、1回目の失業認定日から約12週間後(※)になります。1回目と同様、「失業認定申告書」に就職活動状況を記載してハローワークに報告しましょう。

この時点では給付制限期間も終了していますので、申告した就職活動状況がハローワークに認められれば、いよいよ失業手当を受給できます

※給付制限期間がない場合、2回目の失業認定日は1回目から約4週間後です。

⑦基本手当の受給

⑥の認定日から約1週間後、指定の口座に失業手当が振り込まれます。これ以降は、4週間毎に失業認定日を指定されますので、これまで同様、「失業認定申告書」に就職活動状況を記載してハローワークに報告しましょう。

レディのワンポイントアドバイス

万が一、不正受給が発覚したら、受給金額の3倍の納付を命じられることもあるから絶対ダメよ!ま、嘘をついてお金を貰おうなんて卑怯な子には私からも熱いラリアットをお見舞いしちゃうわ♥

失業保険料の算出方法

ありがとう、レディ。これで問題なく失業手当を頂けそうだわ。

ほんと、一時はどうなるかと思っちゃったわ☆

でも失業手当って、いったいいくら貰えるのかしら…?本当にこれだけで生活できるのかしら…?や、やっぱり心配だわ!

サキ、落ち着きなさい☆それじゃあここからは、失業保険料の算出方法をお伝えするわね♡

失業保険料を計算するには「1日あたりの支給額」「受給期間」を算出する必要があります。それではそれぞれの計算方法を見ていきましょう。

退職前の給料により1日あたりの支給額が決まる

失業保険で受給できる金額は、退職前の会社から支払われていた給料の額によって決まります。具体的には以下の手順で金額を計算できます。

  1. 退職前6ヶ月の「給料合計額」を算出
  2. 「給料合計額」から「賃金日額」を算出
  3. 退職時の年齢と「賃金日額」から「基本手当日額」を算出

1.退職前6ヶ月の「給料合計額」を算出

まずは退職前6ヶ月間で会社から支払われた給料の合計額を算出します。この時、「雇用保険被保険者離職票(-2)」に記載されている「離職の日以前の賃金支払状況等」を参照してください。

2.「給料合計額」から「賃金日額」を算出

次に、算出した給料の合計額を180日(30日×6ヶ月)で割り、1日当たりの賃金(賃金日額)を算出します。

「賃金日額」=「退職前6ヶ月の給料合計額」÷180(30日×6ヶ月)

3.退職時の年齢と「賃金日額」から「基本手当日額」を算出

「退職時の年齢」と算出した「賃金日額」を元に、下記表に従って1日当たりの支給額(基本手当日額)を算出します。

賃金日額(円) 給付率 基本手当日額(円)
◆退職時の年齢=29歳以下
2,500以上
~5,010未満
80% 2,000
~4,007
5,010以上
~12,330以下
80%~50% 4,008
~6,165
12,330以上
~13,630以下
50% 6,165
~6,865
13,630~
(上限額)
6,815
(上限額)
◆退職時の年齢=30~44歳
2,500以上
~5,010未満
80% 2,000
~4,007
5,010以上
~12,330以下
80%~50% 4,008
~6,165
12,330以上
~15,140以下
50% 6,165
~7,570
15,140~
(上限額)
7,570
(上限額)
◆退職時の年齢=45~59歳
2,500以上
~5,010未満
80% 2,000
~4,007
5,010以上
~12,330以下
80%~50% 4,008
~6,165
12,330以上
~16,670以下
50% 6,165
~8,335
16,670~
(上限額)
8,335
(上限額)
◆退職時の年齢=60~64歳
2,500以上
~5,010未満
80% 2,000
~4,007
5,010以上
~11,090以下
80%~45% 4,008
~4,990
11,090以上
~15,890以下
45% 4,990
~7,150
15,890~
(上限額)
7,150
(上限額)

(※令和元年8月時点)

退職理由等により受給期間が決まる

失業手当がもらえる日数を「所定給付日数」と言いますが、この日数は「離職者の種別」「退職時の年齢」「被保険者であった期間(≒在職期間)」によって決まります。

尚、「離職者の種別」は退職理由により以下のように分類されます。

退職理由 離職者の種別
完全に自己都合退職 一般離職者
正当な理由(ケガ、妊娠など)がある自己都合退職 特定理由離職者
会社都合(倒産、解雇など)による退職 特定受給資格者

1.一般離職者の場合の所定給付日数

被保険者期間 所定給付日数
1年未満
1年~10年未満 90日
10年~20年未満 120日
20年以上 150日

2.特定理由離職者及び特定受給資格者の場合の所定給付日数

1.30歳未満

被保険者期間 所定給付日数
~5年未満 90日
5年~10年未満 120日
10年~20年未満 180日

2.30歳~35歳未満

被保険者期間 所定給付日数
1年未満 90日
1年~5年未満 120日(※)
5年~10年未満 180日
10年~20年未満 210日
20年以上 240日

3.35歳~45歳未満

被保険者期間 所定給付日数
1年未満 90日
1年~5年未満 150日(※)
5年~10年未満 180日
10年~20年未満 240日
20年以上 270日

4.45歳~60歳未満

被保険者期間 所定給付日数
1年未満 90日
1年~5年未満 180日
5年~10年未満 240日
10年~20年未満 270日
20年以上 330日

5.60歳~65歳未満

被保険者期間 所定給付日数
1年未満 90日
1年~5年未満 150日
5年~10年未満 180日
10年~20年未満 210日
20年以上 240日

※:受給資格に係る離職日が2017年3月31日以前の場合の日数

失業保険を少しでも多くもらうには?

ありがとう、レディ。計算してみたけどなんとか暮らしていけそうなことがわかったわ。

ホッ♡よかったわね、サキ☆これで安心して就職活動に集中できるんじゃない?

う~ん…ねぇレディ?この失業手当って、どうにか多めに頂く方法はないのかしら?私、貰えるものは全て頂きたいし、1円も損したくないの。ねぇ、教えてレディ。

(がめつい女ね…)そ、そうね…あるにはあるわ☆それじゃあ失業手当を少しでも多くもらう3つのポイントを説明してあげるわね♡

失業手当を少しでも多くもらうには以下のポイントに注意してみましょう。

  1. 退職前6ヶ月の給料をあげる
  2. 公共職業訓練に通う
  3. 会社都合と認めてもらえるケースがある

1.退職前6ヶ月の給料をあげる

失業保険料の算出方法」でご説明した通り、失業保険料は退職前6ヶ月の給料を元に計算されます。そのため、残業や休日出勤などをすることでその期間の給料を上げれば、失業保険で貰える金額も上がることになります。

ただし「基本手当日額」には上限があること、退職後に健康保険の任意継続を希望した場合は保険料が上がってしまうことには注意してください。

ちっ…私はもう退職してしまっているからこの方法は使えないわね。

2.公共職業訓練に通う

公共職業訓練とは国や地方公共団体によるハローワークの求職者を対象とした職業訓練です。無料で3ヶ月~1年の訓練を受けることができ、職業訓練が終了するまで失業保険の受給期間が延長されます。また、失業認定が免除になるため、就職活動の実績報告も不要になります。

失業保険の受給額が上がる上に、新たなスキルを学べるのでまさに一石二鳥だと言えるでしょう。ただし、これらの条件で職業訓練を受けるには失業保険の給付日数が一定数残っている必要がありますので注意してください。必要な残日数は以下の通りです。

給付制限なしの場合(会社都合退職など)

所定給付日数 残日数
90日 1日以上
120日 1日以上
150日 31日以上
180日 61日以上
210日 71日以上
240日 91日以上
270日 121日以上
300日 151日以上
330日 181日以上
360日 211日以上

給付制限ありの場合(自己都合退職など)

所定給付日数 残日数
90日 31日以上
120日 41日以上
150日 51日以上

ふむふむ。受給期間が延びる上に次の仕事につながるスキルも学べるなんて確かにお得だわ。

プログラミングからデザイナーやネイリストまで、様々な分野のコースが存在するから一度調べてみても損はないと思うわ♪

職業訓練のコース情報は以下のサイトから検索できます。
⇒【ハロートレーニング コース情報検索

3.会社都合と認めてもらえるケースがある

これまでに一般離職者の場合と、特定理由離職者、もしくは特定受給資格者の場合とで失業保険の受給期間が異なることはお伝えしました。しかし自分では一般離職者だと思い込んでいても、実は特定理由離職者、もしくは特定受給資格者だと認めてもらえるケースが存在します

特定受給資格者と認められるケース

  1. 仕事内容が契約時と異なった場合
  2. 給料が未払いだった場合
  3. 給料が予告なく大幅に下げられた場合
  4. 残業が多すぎる場合
  5. 妊娠・出産等で不利益扱いがあった場合
  6. 仕事内容が大きく変わった場合
  7. 長年働いているが契約更新されない場合
  8. 継続前提だった契約が更新されない場合
  9. セクハラ等の嫌がらせがあった場合
  10. 自主退職を勧められた場合
  11. 会社側の指示で休職が続いた場合
  12. 会社側に法令違反があった場合

特定理由離職者と認められるケース

  1. 労働契約期間が満了し、
     かつ契約更新されなかった場合
  2. 心身の障害や傷病が原因で退職した場合
  3. 妊娠・出産などで退職し、
      受給期間延長措置を受けた場合
  4. 親族の扶養・介護など、
      家庭事情の急変による退職の場合
  5. 配偶者や親族と別居生活を続けるのが
      困難となったことで退職した場合
  6. 結婚による住所変更で通勤困難な場合
  7. 保育所などの育児施設を利用するために
      通勤困難となった場合
  8. 事業所の移転で通勤困難となった場合
  9. 住所変更を余儀なくされた場合
  10. 交通機関の都合で通勤困難な場合
  11. 転勤に伴い通勤困難となった場合
  12. 配偶者の転勤、出向、再就職に伴い
      通勤困難となった場合

出典:特定受給資格者の範囲 / ハローワーク

けっこうあるじゃな~い!これなら私もどれかに該当するかも!

中には証明が難しいものもあるから、詳細条件はハローワークに確認してみなさい♪

早く就職するのは損なのか?

ありがとうレディ。これで損することなく失業手当を頂けるわ。あれ、でもちょっと待って…

ん、どうしたの?サキ?

受給期間を増やしても就職したら当然そこで支給は止まるわよね?ってことはこれって、就職しちゃったら逆に損するんじゃないの!?貰えるものは全部頂きたいけど、かといってできることなら早く次の仕事に就きたいし…どうすればいいの!?教えて!レディ!

確かに失業保険を満額受け取るのに比べたら、途中で就職すると損した気分になるかもしれないわ☆でも、全くの損ってわけでもないの♪その理由が『再就職手当』の存在よ♡

再就職手当とは

再就職手当とは、就職が決まった際に、失業保険の所定給付日数の残日数に応じて再就職の祝い金が支払われる制度のことです。具体的な支給額は以下の計算式で算出できます。

支給残日数=所定給付日数-就職前日までの支給日数
支給残日数 支給額
所定給付日数の3分の2以上 基本手当日額×支給残日数×0.7
所定給付日数の3分の1以上 基本手当日額×支給残日数×0.6

再就職手当の支給条件

ただし、再就職手当は就職しさえすれば誰でも支給されるわけではありません。就職が決定し、かつ以下の条件を満たす必要があるので注意してください。再就職手当受け取りの申請後、審査に約1ヶ月、審査結果の通知が来てから約1週間で支給されます。

支給条件

  1. 待期期間満了後に就職が決定したこと
  2. 支給残日数が3分の1以上あること
  3. 前会社への再就職でないこと
  4. 給付制限がある場合、待期後1ヶ月は
      ハローワークまたは職業紹介事業者の
      紹介によって就職したものであること
  5. 1年以上の勤務が確実であること
  6. 雇用保険被保険者であること
  7. 過去3年以内に再就職手当を
      受け取っていないこと
  8. 既に採用が内定していた会社でないこと

出典:再就職手当のご案内 / ハローワーク

レディのワンポイントアドバイス

再就職手当を受給しても、もし新しい職場を本来の受給期間内に退職した場合は引き続き失業保険を受け取れるから安心なさい♪

さらにお得な「就業促進定着手当」

再就職手当の支給を受けた方にはさらにお得な特典があります。それは、新しい就職先に6ヶ月以上雇用され、かつ6ヶ月の間に支払われた賃金が前職の賃金と比べて低下している場合は、その差額をまるごと「就業促進定着手当」として受け取れるのです。

「業務内容は希望通りだけど給料が低い…」と悩んでいる人には、背中を後押ししてくれる制度だと言えるでしょう。

ふ~ん。満額貰えるわけではないのね…でも支給が終わった後に就職活動をする不安を考えたら、残額の70%や60%貰えるだけまだマシといったところかしら…ま、及第点てところね。

……(この女は…)

そもそも退職できるか不安な場合

退職を希望する従業員に代わり、会社との退職交渉をすべて代行してくれるのが退職代行サービス「退職代行EXIT(イグジット)」です。

「失業保険の計算はばっちりだけど、退職交渉が不安…」そう思う方は、一度試してみるのもありでしょう。

    退職代行EXITのメリット

  • 相談から即日対応ですぐに退職できる
  • 深夜や休日でも対応可能
  • 会社とのやり取りは一切不要
  • 退職届の提出・貸与品の返却も郵送でOK
退職代行EXIT

メディア掲載実績No.1!退職成功率100%
業界最大手で累計2500人以上の退職を代行。
即日対応でスピード退職を実現

まとめ

レディ。今日はどうもありがとう。おかげで安心して就職活動を続けることができそうだわ。それにタダでお金を支給してもらえるなんて、私本当に幸せよ。

ボロ雑巾のようになったサキを見た時はどうなることかと思ったけれど、どうやらもう安心のようね☆

ええ、おかげ様でね。よ~しこれから失業保険で1円も損をしないために頑張るわよ~!

それもいいけど、就職活動も頑張るのよ★

失業保険は受け取るまでに様々な手続きを踏む必要がありますが、ただでさえ仕事がなくて不安な状況において、お金の不安を和らげてくれる非常にありがたい制度です。

しかし、その制度について正しく理解していなければ、せっかく受け取れるものも受け取れないなど損をしてしまう可能性もありますので、ご自身の状況に合わせた必要な手続きをしっかり確認してみてください

また、失業保険の手続が完了した後は就職活動をする必要があります。一人での就活活動が不安な方は、転職エージェントの利用がおすすめですので、以下の記事も参考にしてみてください。

あなたのこれからの人生が、より明るいものになることを心から願っています。

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。
複数の転職エージェントを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめ転職エージェントは、転職実績No.1の『リクルートエージェント』と20代・30代に人気の『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかるアプリ「ミイダス」も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは完全無料なので、まずは気軽に転職の相談をしてみましょう。

リクルートエージェント

転職成功実績No.1!非公開求人20万件超!!
圧倒的な求人数であらゆる業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!
登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ

年収500万円から利用できるハイクラス転職サイト。
求人の3割以上が年収1,000万円超え!登録時に入力した情報をもとに企業から直接スカウトされる。

中でも「プラチナスカウト」を受け取ると企業やヘッドハンターと必ず面談できる。キャリアアップを望む人は必ず登録しておきたい転職サービス。

\17の質問に答えるとスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:これを読むだけで転職成功率アップ!?厳選おすすめ転職エージェント18選

RECOMMEND

関連記事