最終更新日:

20代でリストラされたらどうすべき!?リストラ後のスムーズな転職成功法

20代でリストラ!?リストラ後にすべきことと人生を軌道修正させる方法

「20代でリストラされたけど、どうしたらいいのかわからない」「失業手当はもらえる?」
「リストラされたら面接で言うべき?」

20代で突然リストラされたら、どうすれば良いのか分からず悩む人は少なくないでしょう。

20代でリストラされる理由は様々ですが、焦らず状況を確認し次に取るべき行動を把握すれば、スムーズに転職が成功します。

本記事では、20代でリストラされたらどうすれば良いのか、面接時に正直に伝えた方が良いのか、転職成功法を解説していきましょう。

20代でリストラされたら転職は不利?

20代でリストラされたら転職が不利になっちゃうのかな…?

一般的にリストラは、リストラされた本人に何の責任もなく会社側の都合で退職を余儀なくされた場合を指します。

会社都合のリストラに当てはまるケース
・会社が倒産して離職
・整理解雇で離職
・退職勧奨で離職
・早期優遇退職で離職

人件費削減のための整理解雇は、まだ社歴が浅く次の転職先が決まりやすい20代がリストラの対象になりやすいようです。

会社の倒産整理解雇でリストラされた20代は基本的に転職が不利になるケースはないため、過度に心配する必要はありません。

だだし、自身の能力不足などで退職勧奨された人は、企業からネガティブなイメージを持たれやすいため、転職活動の際はしっかりと対策しましょう。

20代でリストラされたら失業手当を申請

20代でリストラされたら何からすればいいの?すぐ転職活動するべき?

20代でリストラされたら、なるべく早めにハローワークで失業手当の申請をしましょう。

リストラされた人は「特定受給資格者」に当てはまるため、離職票を提出してから7日後には失業給付金を受給できます

会社都合であっても退職後すぐに転職先が見つかるとは限らないので、金銭面の不安を軽減できる失業手当は必要不可欠です。

失業手当がもらえるか分からない人は、ハローワークの窓口で相談してみましょ☆

「特定受給資格者」…会社の倒産や解雇により再就職先を見つける暇なく離職した人

落ち込んだ後はすぐに転職活動をしよう

リセット

20代でリストラされたら意気消沈してしまい、転職活動に集中できない人もいるでしょう。

自分に原因がない会社都合の退職であっても、フリーター期間が長引くと転職が不利になってしまいます。

20代であれば、より良い企業や業界・業種などへ転職するチャンスが残されているので、早めに気持ちを切り替えて転職活動に取り組んでいくのが大切です

下記ではリストラされた20代が効率よく転職するための方法を解説していきます。

  1. 転職エージェントを利用する
  2. 転職サイトを利用する
  3. 公的な就職支援施設を利用する

転職エージェントを利用する

20代でリストラされたら、20代の支援に特化した転職エージェントを利用しましょう。

転職エージェントは、転職市場を熟知しているエージェントが転職活動を徹底サポート。

20代向けの転職エージェントは未経験者を対象とした求人が多く、ネガティブなイメージになりがちな退職理由も一緒に考えてくれます。

入社後までプロがサポートしてくれるので、1人での転職活動が不安な人や経歴に自信がない20代でもスムーズな転職が実現可能です。

人物重視の採用のDYM就職

DYM就職公式【公式サイト】https://www.dshu.jp/

DYM就職は、第二新卒・既卒・フリーター向けの正社員求人を多数取り揃えている就職・転職支援サービス。

DYM就職に向いている人
・第二新卒・既卒・フリーター
・早く採用を決めたい人
・人気企業に就職したい人
・確実に就職を成功させたい人

一部上場企業、トップベンチャー企業など厳選された優良企業からあなたの希望に沿った求人を紹介してくれます。

人柄重視で採用する企業が多く企業に合わせた面接のサポートも万全なため、経験が浅い20代でも安心です。

DYM就職は求職者に寄り添った親身なサポートと的確な求人紹介が強み。確実に転職したいなら外せないわね★

内定までがスピーディーな就職Shop

転職エージェントの就職Shopの公式サイト【公式サイト】https://www.ss-shop.jp/

就職Shopは人材業界最大手の「RECRUIT」が運営する就職・転職活動支援サービスで、利用者のおよそ9割が20代です。

就職Shopに向いている人
・20代の求職者
・フリーター/未経験/ニート/低学歴者
・早く採用を決めたい人
・首都圏or関西在住の人

8500社を超える未経験歓迎の登録企業から、労働環境や職場の雰囲気など直接訪問して厳選した求人のみを紹介してくれます。

書類選考なしで面接へ進めるため、スピーディーな就職・転職が実現します。

就職Shopは学歴・職歴・社会人経験不問の求人が豊富で、高卒や中卒で入社した子も多いみたい♡まずは相談してみなくちゃ!

社会人経験が浅い20代向けサービス

DYM就職 就職Shop
転職エージェント
主な年齢層 18~35歳 20代
主なサポート対象者 正社員就職・転職を目指す人 フリーター・既卒・第二新卒など
支援実績 経験が浅い若年層を積極支援 利用者累計
10万人超
求人数 非公表 約1万件
特徴 優良企業を厳選
人物重視の採用
親身なサポート
面接対策も充実
書類選考なし
転職者の3/4が正社員経験無し
優良企業8555社
最短7日で内定
簡単登録
(無料)

社会人経験豊富な20代向けサービス

リクルートエージェント マイナビエージェント
転職エージェント
主な年齢層 20代~35歳 20代~35歳
主なサポート対象者 全転職者に対応 20代、第二新卒、1~3回目の転職者
支援実績 採用成功実績は54万人超 20代の信頼No.1を獲得
特徴 業界最大手
転職実績No.1
面接対策が充実
サポートが◎
中小企業に特化
IT系にも強い
簡単登録
(無料)


転職サイトに登録する

リストラされた20代が求人を探す効果的な方法として、転職サイトがあります。

転職サイトには多くの求人が掲載されており、基本的に無料で求人検索と応募が可能です。

転職サイトは、希望条件に近い求人を一度に比較できるので便利ですが、書類の準備や日程調整など全て1人でこなさないといけません。

時間と労力はかかりますが、エージェントとの連絡が面倒な人や自分のペースで転職を進めたい20代に向いているでしょう。

自分で求人に応募して、不安点だけ転職エージェントにアドバイスをもらう方法もあるわ♡

リストラされた20代向け転職サイト

昨今では、20代の求人を多数保有している転職サイトが増えています。

20代に特化した転職サイトには未経験者歓迎の求人が多く、経歴が十分にない20代でも選択肢が豊富です。

転職サイトによって得意な業界や職種は異なるので、様々なサイトを比較して自分に合ったサービスを見つけましょう。

転職サイトは2~3社併用すると求人の選択肢が広がります。
リクナビNEXT doda
転職サイト
主な年齢層 全年代 26~35歳
主な対象者 全転職者に対応 関東・関西・東海の大卒以上
求人数 4万件以上! 5万件以上!
特徴 満足度No.1
丁寧なサポート
企業からの
オファーも

幅広い層の求人
スカウトあり
転職イベント随時開催
簡単登録
(無料)


公的な就職支援機関を利用する

公的な就職支援機関ってどんなものがあるの?

国民に安定した雇用機会を確保するために、国が設置した主な就職支援の機関は以下の通り。

  1. ハローワーク
  2. ジョブカフェ
  3. 若者サポートステーション

中でもジョブカフェ若者サポートステーションは若者の就職支援に特化しています。

ジョブカフェ

ハローワークもいいけど、20代には若者の就職支援に特化してるジョブカフェがおすすめよ☆

ジョブカフェでは求人紹介や書類添削だけでなく、就職セミナーや職場体験、カウンセリングなど幅広いサービスが受けられます。

ハローワークやジョブカフェで公開している求人は、地域密着型の零細企業が多数

大手企業を目指す人には不向きですが、地元で転職先を探している人には非常に有益です。

参照:厚生労働省「ジョブカフェにおける支援」

若者サポートステーション

若者向けの公的な就職支援の機関として、「若者サポートステーション(通称サポステ)」も有益です。

サポステは各都道府県に設置されており、仕事について相談や各種セミナーや講座などが受けられます。

サポステはあくまで就職を手助けしてくれるだけで、仕事を紹介してもらう場所ではないので注意しましょう。

参照:厚生労働省「地域若者サポートステーション」

リストラされたことは面接でいうべき?

リストラされたって正直に伝えるべきなのかな?悪い印象持たれちゃうんじゃない?

言わなくても問題はないけど、リストラの原因によっては伝えた方が良いケースもあるわ。

退職理由は面接時に必ず聞かれる質問の一つですが、会社都合のリストラは本人に責任はないため伝えても問題ありません

リストラが原因で不採用になるケースは少ないですが、企業によっては事実が確認できないため以下のようなネガティブなイメージを持たれてしまう可能性も。

  • ・何か問題を起こしたのでは?
  • ・能力不足でリストラされたのでは?
  • リストラされた人の中には疑われるリスクを避けるため、事実を伏せて前向きな退職理由を伝える人も多いです。

    もし自分で退職理由が思いつかないなら、転職エージェントに相談してみましょう。

    倒産や業績悪化が原因なら伝えてもok

    倒産や業績悪化により大量にリストラされた人がいるなどの事実が公知となっているなら、本人に問題がないと納得してくれるでしょう。

    作り上げた退職理由を述べるより、正直にリストラの伝えた方が心証は良いです。

    リストラの事実がバレる可能性は低い

    リストラされた事実を伝えなくても、転職先の企業にバレる可能性は低いです。

    ただし、職務履歴書の役職や経験内容と実際の仕事ぶりに大きな差があれば、前の会社に確認を取られてバレてしまうケースも。

    事実を伝えて不採用になるよりバレた時のリスクが気になる人は、最初から正直に伝えた方が良いでしょう。

    ちゃんと本人に問題がないって理解してもらえる伝え方が出来れば、転職は不利にならないわ☆

    20代はリストラされてもすぐ転職できる

    20代でリストラされたら、まずは失業手当の申請し、ブランク期間が長くならないうちに気持ちを切り替えて転職活動を始めましょう。

    社会人経験を積んでいる20代は最低限のビジネスマナーが身に付いているため、転職市場での需要は高いです。

    会社都合のリストラで転職が不利になるケースは少ないですが、事実を伏せたいなら前向きな転職理由を準備しておくのが得策。

    20代でリストラされても、転職エージェントや転職サイト、公共機関を上手く活用すればスムーズな転職が実現します

    働く悩みを“ゼロ”に
    今よりいい会社に転職しませんか?

    転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

    複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

    リバティワークスのおすすめは、実績No.1の『リクルートエージェント』と、20~30代向けの『マイナビエージェント』です。

    『生涯学習のユーキャン』で転職したい業界・職種に役立つ資格を取得すれば、転職活動を有利に進められます。

    登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
    転職エージェントのサポートは無料なので、まずは気軽に相談してみましょう。

    リクルートエージェント公式へ

    転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
    幅広い業界・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

    特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

    マイナビエージェント公式へ

    20代に信頼されている転職エージェントNo.1!各職種の転職事情を熟知した手厚いサポートに定評アリ。

    主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

    現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
    ビズリーチ公式へ

    求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

    必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

    \Q&Aに答えるとスカウト率アップ!
    ビズリーチ公式へ
    関連記事:おすすめ転職エージェントを厳選!おすすめの選び方と絶対失敗しない活用法

    RECOMMEND

    関連記事