最終更新日:

ハローワークの苦情先はどこ?ハロワへのクレームの入れ方と就職成功法

ハローワークの苦情先とクレームの入れ方

「ハローワークに苦情を入れたい」
「ハローワークの苦情先がわからない」
「ハロワへのクレームの入れ方は?」

ハローワークは就職活動をサポートするサービスですが、事務的な対応やむかつく態度でクレームを入れたくなる職員も多いですよね。

ハローワークに苦情を入れる前にサポート可能な相談か把握し、上手にハローワークを活用すればスムーズに就職が成功します

今回はハローワークの苦情先クレーム方法、実際の利用者のやりとりと対処法、就職に有利な就職支援サービスを解説していきましょう。

ハローワーク職員に苦情を入れる注意点

就職活動がうまくいってない時に対応が悪い職員がいたら、つい苦情を入れたくなるよね…

ハローワークに通っていると、いろいろな部分でむかついてクレームを入れたくなる時がありますよね。

求職者に切羽詰まった事情があっても、ハローワークがどんな仕事の悩みにも対応できるとは限りません。

サポートできる相談サポートできない相談がある事実は理解しておきましょう。

就職活動を頑張ろうって時に邪険にされたら確かにムカつくわ。でもクレームを入れる前に少し冷静になって。

ハローワークへのクレーム前に①職員は事務的な対応

ハローワークには、地域によって1日数百人の求職者が訪れます。

一人ひとりに長い時間をかけたくとも難しい状況で、事務的な対応になるハローワーク職員も少なくありません。

ハローワークに相談するならハローワーク側の事情も考慮して、事務的な態度にはある程度寛容になる意識を持つと良いでしょう。

ハローワークへのクレーム前に②ナンクセになっていないか

苦情とナンクセは全く違います。

苦情がただのナンクセだった場合、クレーマー扱いされ今後求人の紹介が受けにくくなる可能性が高いです。

ハローワークに苦情を入れようと考えたときには、まずその問題で本当に苦情を入れるべきかどうか冷静に判断しましょう。

たとえば「話し方が気に入らない」「顔つきや態度が気に入らない」だけが理由だと、ただのクレーマーになってしまいかねません。

一度ムカついた理由を分析して、ナンクセになってないって判断した上で苦情を入れるのが賢明よ。

ハローワークのむかつく対応の苦情先

ハローワークへのクレームは、厚生労働省の各都道府県の労働局(職業安定課・職業対策課)に入れましょう。

ハローワークの苦情先:厚生労働省 都道府県労働局所在地一覧

「どの職員のどんな対応へのどんな苦情なのか?」クレーム内容がはっきりしていないと、苦情を入れても取り合ってくれません。

「ハローワーク○○(地域)の○○部署の○○さんが○○した対応のクレーム」と、苦情の詳細をはっきりさせましょう。

面接や勤務開始でトラブルが発生した場合には、ハローワーク求人ホットラインに相談するのがベストな対処法です。

ハローワークに苦情を入れた利用者のやりとり

ハローワークにムカついてる子は一定数いるみたい。ここからは利用者がムカついた職員との実際のやりとり対処法を一緒に見ていきましょ。

「お子さんが小さいと難しいですよ」

以前はハローワークは1種類しかなく、すべての人が一般のハローワークで求職活動するしかありませんでした。

現在では「マザーズハローワーク」が存在し、小さなお子さんがいてもじっくりと求職活動できる環境が用意されています。

一般のハローワークで上記の内容を言われたのであれば、クレームを入れるのではなくマザーズハローワークに相談すると良いでしょう。

「スキル不足で希望する企業は無理」

ハローワークは企業と求職者の橋渡し役ですが、企業の要望に添えない求職者の応募は断らざるを得ません。

こちらもクレームを入れる前に今のスキルレベルでも応募できる別の求人を紹介してもらいましょう。

スキルを磨けば採用される可能性があるなら、企業が求めるスキルを身につけられる職業訓練校を紹介される場合もあります。

「空白期間、何をしていたの?」

職員が聞きたかったのは「家事手伝いや資格取得の勉強などしていたのか?」空白期間の過ごし方についてです。

「フリーターをしていた」などと回答しておけば当たり障りがありません。

職員の言葉足らずの質問は苦情の原因になりやすいですが、話し方への苦情だけではクレーマーになるので一度冷静になりましょう。

「求人票の給料と実際の給料が違う」

求人票と実際の待遇に相違があれば、企業にクレームを入れ給料や労働条件の見直しをしてもらいましょう

企業に非がありハローワークを責めるべきではないですが、職員の確認不足もトラブルの原因ならハローワーク側にも責任があります。

どちらにしろハローワークの職員にも現状を認識してもらう必要があるので、ハローワーク求人ホットラインに相談してください。

僕もブラック企業で働いてるけど、給料が違うのは完全にアウトだよ!

「正社員希望なのにアルバイトでと言われた」

正規雇用と非正規雇用では待遇面が大きく異なります。

ハローワークでの相談時に正社員を希望していても、面接で経験やスキルを確認した企業の面接官が「正社員は厳しいけどアルバイトからなら…」と判断するケースもあるでしょう。

こちらもハローワーク求人ホットラインで相談してください。

「応募した求人が締め切られていた」

ハローワーク側のミスかもしれませんが、たまたま締め切られたばかりの求人だった可能性も考えられます。

まずは職員に問い合わせて事情を説明してもらいましょう。

職員の説明と相違点があれば、しょうがないって泣き寝入りしないで必ず相談するのよ★

ハローワークと苦情が少ない他社サービス併用

満足度の高い就職支援サービス

ハローワークでもある程度の支援は受けられますが、求職者の負担は少なくありません。

転職エージェントは面倒な作業をすべて代行してくれるため、就職活動の時間や手間が省けて大幅に効率がアップします。

好条件の求人紹介や手厚いサポートを希望するなら、ハローワークと共に転職エージェントも活用した方が確実です。

【ハローワークと併用すべきサービス一覧】

サービス名 特徴
DYM就職 2,500社の優良企業から求人紹介。サービス満足度90%
JAIC(ジェイック) 無料就活講座あり。就職成功率は81.1%
第二新卒エージェントneo 職歴なしからの転職実績1万人超。面接対策の満足度◎
就職shop リクルートが運営。全求人が未経験歓迎
リクルートエージェント 求人数&転職実績No.1。営業職やIT系に強い
マイナビエージェント 20代の信頼度No.1。中小企業に強く独占求人多数

特性やサポートの質、得意な求人は異なるため、自分に合う転職エージェントをピックアップしましょう。

登録・利用はすべて無料です。

転職エージェントは2~3社併用すると求人の選択肢が広がります。

経験が浅い20代向け

DYM就職 ジェイック
(JAIC)
転職エージェント
主な年齢層 18~35歳 18~39歳
主なサポート対象者 第二新卒、既卒、女性もOK 社会人未経験、中退者もOK
支援実績 20000名以上を支援 正社員就職成功者5000人
特徴 厳選2,500社
満足度90%
親身なサポート
正社員求人のみ
研修が無料
就職成功率8割
簡単登録
(無料)


第二新卒エージェントneo 就職Shop
転職エージェント
主な年齢層 20代 20代
主なサポート対象者 第二新卒、職務経験なしも可 フリーター、既卒、中卒も可
支援実績 職歴なし支援実績1万人以上 利用者累計10万人超
特徴 未経験可5千件以上。相談しやすさ1位 書類選考なし
優良企業8千社
最短7日で内定
簡単登録
(無料)


経験がある20~30代向け

リクルートエージェント マイナビエージェント
転職エージェント
主な年齢層 20代~35歳 20代~35歳
主なサポート対象者 全転職者に対応 20代、第二新卒、1~3回目の転職者
支援実績 採用成功実績は54万人超 20代の信頼No.1を獲得
特徴 業界最大手
求人数No.1
面接対策が充実
サポートが◎
中小企業に特化
IT系にも強い
簡単登録
(無料)


ハローワークへの苦情前に適性診断

ハローワークに苦情を入れる前に、徹底的に自己分析しておきましょう。

自分の強みや仕事の適性を把握していれば、職員への相談時にもズレなく自分に向いている仕事を紹介してもらえるので効率的です。

急に自己分析なんて言われても難しいよ。自分の強みや仕事の適性が簡単にわかる方法はないの?

自己分析が苦手・自分の適性を今すぐ診断したい人は、リクナビNEXTの本格診断サービス「グッドポイント診断」を利用しましょう。

リクナビNEXTに会員登録して簡単な質問に答えるだけで、自分の強みと仕事の適性を細かく診断できます

ハローワークへの苦情と適性診断(※会員登録すると無料で診断できます)

業界最大手の「RECRUIT」が開発しているため、診断結果の精度も信頼性も抜群です。

たった数分で適性が見えてくるので、自分にどんな仕事が向いているか知りたい人はさっそくチェックしてみましょう。

リクナビNEXTの求人数は約4万件。診断後にはそのままマッチする求人を探せるのでスピーディー。

ハローワークにむかついたら苦情の前に冷静に

熱心に求職活動してなかなか就職先が見つからないと、心が折れイライラ感もつのります。

人と人には相性があり、心が折れている時にハローワーク職員からきつい言葉を発せられればむかついてしまうのも当然です。

感情的になって苦情を入れる前に、サポート可能な相談なのか、難癖になっていないか、よく考えた上で慎重に行動を起こしましょう。

年齢や経験に合わせて上記サービスも併用すれば、就職・転職成功率は確実にアップします。

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職エージェントを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめ転職エージェントは、転職実績No.1の『リクルートエージェント』と20代・30代に人気の『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは完全無料なので、まずは気軽に転職の相談をしてみましょう。

転職実績No.1!非公開求人10万件超!! 圧倒的な求人数であらゆる業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

フリーター・未経験・既卒なら無料就活講座がある就職サービスを利用!

未経験からの就職成功率80%超!18~39歳なら誰でも利用可能な研修が無料

5日間の研修でビジネスマナーの基礎から面接対策まで、就職活動の全スキルを一気に学べる!

関連記事:これを読むだけで転職成功率アップ!?厳選おすすめ転職エージェント18選

RECOMMEND

関連記事