最終更新日:

ハローワークで不採用理由は教えてもらえる?不採用理由の真実と転職成功法

ハローワーク経由の求人応募で不採用通知!理由って教えてもらえるの?

「ハローワーク経由の求人応募では不採用報告のみで理由は教えてくれなかった」「ハローワークで不採用の理由を教えてもらう方法は?」

ハローワークでの転職活動でやっと面接まで進めたのに、まさかの不採用通知…。

不採用になった理由が分からず、改善個所も分からないまま転職活動が難航する人も少なくありません。

ハローワークで不採用理由を教えてもらうのは可能で、不採用にならないための対策をすればより効率的に転職が成功します。

今回はハローワークでの不採用理由を聞く方法やハローワークからの応募で不採用にならないための対策をご紹介しましょう。

不採用になるのは
自分の強みをアピールできていないからかも?
あなたの持つ「5つの強み」を
診断したい方はこちら
↓↓↓

ハローワークで不採用理由は教えてもらえる?

ハローワークの担当者から不採用理由は教えてもらえる

ハローワーク経由で応募した企業で不採用の報告を受けたら、担当者に不採用理由を聞けば教えてもらえます

企業は採用を見送るとき、なんらかの不採用理由をハローワークに伝える決まりになっているので、不採用理由が分からないケースは基本的にありません

沢山の求人に応募した時や担当者によっては、採用・不採用の結果しか教えてもらえない場合もあるけど、気になる子はその都度聞いてみて☆

本当の不採用理由かは分からない

ただ、ハローワークで不採用理由を聞いたとしても、大抵は条件の不一致や経験不足など、ありきたりな不採用理由がほとんどです。

本当は面接対策が不十分で不採用となったとしても、当たり障りない理由で処理する企業も。

不採用理由の詳細まで伝えてくれる企業はごく少数なので、不採用理由はあまり気にしすぎず前向きに転職活動を続けましょう。

企業は1人の採用のために何十人と面接をするから、一人ひとりのフィードバックは難しいのかもしれないね。

転職エージェント経由での応募なら、明確な不採用理由を伝えてくれるので転職効率が上がります。
詳細はコチラ→

企業はハローワークに不採用理由をどう伝える?

企業がハローワークに不採用理由を伝える方法

企業はどんな風にハローワークへ不採用理由を伝えてるんだろう?

自治体によって多少異なりますが、企業がハローワークに不採用理由を伝える欄は選択式・自由回答式が用意されています。

不採用理由の選択肢は下記が挙げられ、さらに自由回答で詳細を記載するのが一般的です。

  1. 業務内容の認識の違い
  2. 経験や技能・技術、知識の不足
  3. 賃金の折り合いがつかない
  4. 始業・就業・残業時間が合わない
  5. その他

自由回答は必須の地域もありますが、任意なら詳細は記載しない企業が多くなっています。

前章で述べた通り、本当の不採用理由は記載せず「経験や技能・技術、知識の不足」として処理する企業も多いです。

企業側の本当の不採用理由

企業はハローワークにホンネを話してないかもしれないんだね…!じゃあ、本当の不採用理由として多いのはどんな理由なの!?

2012年にハローワーク布施が行った調査で、自由回答欄で多かった不採用理由は以下の通りです。

・経験が少ない
・(経歴・希望など)適正が合わない
・他者を採用した
・能力不足(免許・資格がない)
態度が悪い

「経験が少ない」や「適性が合わない」場合は真摯な面接の結果ですが、「態度が悪い」場合は明らかに求職者側に問題があります。

「態度が悪い」と回答した理由の詳細は以下の通りです。

・身だしなみが悪い
・遅刻をしても反省していない
・面接中の受け答えが曖昧
・入社意欲が伝わらない

やる気があってもやる気の伝わらないアピールや態度では、採用には至りません。

他にも、前職の愚痴や自分の希望ばかり言いすぎると、転職後も真摯に勤務してくれないのでは?と思われてしまい、結果的に態度や印象が悪いと捉えられてしまいます。

応募書類や面接時の態度などで不採用が考えられるときは、面接対策や伝え方の工夫をすれば採用の可能性がグンと上がるでしょう。

その他にも、応募書類の不備や通勤問題・パソコンの技能の不足なども不採用理由として挙げられています。

ハローワーク求人で不採用にならないための対策

面接までの準備は怠らない

面接に挑むまでの下調べや準備は怠らないようにしましょう。具体的に準備しておくと効果的な項目は以下の通りです。

書類作成 履歴書はコピーや消えるペンでの記入・修正ペンでの修正はNG。消えないペンで丁寧に書く。
業界・企業研究 企業HPで力を入れている事業・社是などは最低限確認する。
面接対策 自己PR・志望理由・転職理由は聞かれやすい項目なので内容をまとめて準備する。
面接会場の下調べ 面接会場までの所要時間を把握し、約束の時間に余裕を持って到着できるようにする。

履歴書はPCでの作成でも問題ありませんが、手書きでもPC作成でも誤字脱字はないようにしましょう。

企業研究をした上で、自分が志望企業でどんな風に活躍できるか・自分の長所をどんな風に活かしたいかなどを具体的にアピールできれば好印象を与えられます。

万が一、面接時間に遅れるときは、遅れると分かった時点ですぐに企業に電話で連絡しましょう。

自己分析を徹底的に行う

自己分析を細かく行い、自分の特性や強みを明確に把握しましょう。

自己分析ができていれば、自己PRや志望動機にも説得力が生まれ、納得感のあるアピールができるようになります。

自分の適性や長所をアピールしたいけど、正確な自分の特性や強みなんて分からないよ…

自己分析が苦手な人・自分の適性をすぐに知りたい人はリクナビNEXTのサービス「グッドポイント診断」がおすすめと言えます。

\無料で手軽に適性がわかる!/

グッドポイント診断は簡単な質問に答えるだけで自分の強みが見つかる本格診断サービス

診断結果ではあなたならではの5つの強みが分かり、仕事の向き不向きの適性をチェックできます。
自分の適正がすぐに分かるリクナビNEXTのグッドポイント診断

リクナビNEXTでは約4万件の求人を取り扱っているので、診断だけでなく実際の転職活動にも有効です。

簡単に適性が見えてくるので、自分がどんな仕事に向いているか知りたい人はさっそくチェックしてみましょう。

\無料で手軽に適性がわかる!/

グッドポイント診断の詳しい手順はコチラ→

【グッドポイント診断の特徴】
・リクナビNEXT会員限定で本格診断が無料
・どこでも手軽に診断可
・自分の強みを客観的に把握できる
・診断結果は求人応募時に添付OK
・自己分析の負担が軽減され転職効率アップ
リクナビNEXT

【公式サイト】https://next.rikunabi.com/
求人数4万件超!利用満足度No.1
日本最大級の求人データベースから検索可能&AIが最適な求人をおすすめする転職サイト。
本格診断サービス「グッドポイント診断」で自分の適性を把握できる。

面接の基礎を身に着ける

面接時にやる気や熱意や伝わるよう、面接の基礎を身に着けましょう。面接の基礎として挙げられる項目は以下の通りです。

【身だしなみを整える】
しわや汚れがない清潔感のあるスーツが望ましい。男性は長髪すぎるヘアスタイルはNG。女性は明るすぎる髪色・派手なネイルは控える。
【聞き取りやすい声量・スピードで話す】
声が小さすぎる/大きすぎる・話すスピードが速すぎる/遅すぎるのはNG。相手との距離・面接当日の部屋の大きさを考慮して聞き取りやすい声で話す。
【自分の癖が出ないように意識する】
人によって、身体が揺れる・足を組む・「えーっと」を頻繁に使用するなど様々な癖がある。事前に分析し、癖が出ないように意識する。

話す姿勢はもちろん、相槌や頷きなどの聞く姿勢も意識すると好印象を与えられやすいです。

面接で極端に緊張してしまう・面接に苦手意識がある場合は、ハローワークの担当者に相談したり、面接練習を自分で進めましょう。

自身で面接練習をするときは、自己PRや長所/短所などの実際の面接を想定した受け答えを自撮りすると効果的です。

明確な不採用理由を知りたいなら転職エージェントを利用

明確な不採用理由を知りたい人は、転職エージェントを利用して転職活動を進めましょう。

転職エージェントとは、一連の転職活動をトータルサポートしてくれる存在です。

【転職エージェントの特徴】
・適切な求人紹介・企業への推薦
事前に選考企業の様子を教えてくれる
・転職動向に詳しいアドバイザーに相談可能
・書類添削/面談対策など無料でサポート
・企業との年収・待遇面の交渉で好条件になる
相談だけ・情報収集だけの利用もOK!

転職エージェントでは不採用となった場合でも、不採用理由を包み隠さず教えてくれます

また、不採用理由に応じた書類作成や面接対策のサポートも行ってくれるので、ハローワークより効率的な転職活動が可能です。

転職エージェントとハローワークを併用して、質の高い書類の作成面接スキルの向上を目指しましょう。

ハローワークと併用おすすめの転職エージェント

リクルート
エージェント
spring転職エージェント
転職エージェント
主な年齢層 20代~30代 20代~40代
主なサポート対象
全転職者に対応
支援実績 採用成功実績は41万人超 大手優良企業への紹介実績多数
求人数 約20万件 約1万6000件+非公開求人
休日対応 土日も面談可 要相談
求人
対応地域
全地域対応
特徴 業界最大手
求人数No.1
面接対策が充実
専門分野に精通
年収UP率59%
面談を断られない
簡単登録
(無料)
doda パソナキャリア
転職エージェント
主な年齢層
26~35歳
主なサポート対象 大卒以上の転職希望者 ハイクラス層
女性転職者
支援実績 年間転職成功者は1万人以上 顧客満足度調査2年連続1位
求人数 約10万件 約3万件
+非公開求人
休日対応
土曜のみ面談可
求人
対応地域
首都圏・関西圏・東海
特徴 スカウトサービスあり
丁寧な添削やサポートが好評
年収UP率67%
高年収・好条件求人が豊富
手厚いサポート
簡単登録
(無料)

ハローワークと転職エージェントを利用して内定獲得

ハローワークは不採用理由を教えてくれますが、企業側がホンネで回答していない場合もあります。

不採用理由を意識しすぎて、今後の面接に苦手意識が生まれてしまっては意味がありません。

不採用理由にこだわるより、不採用にならないための対策を徹底し、転職エージェントも利用する方が転職成功はしやすいです。

ハローワークと転職エージェントを有効活用して、理想の転職を実現させましょう。

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、転職成功実績No.1の『リクルートエージェント』と、20代・30代に人気の『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは完全無料なので、まずは気軽に転職の相談をしてみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
圧倒的な求人数で幅広い業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

ビズリーチ 詳細情報の有無でかわる転職成功率

職務経歴書などの情報を詳細に入力している会員ほど転職が成功しやすい。

\情報の詳細入力でスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:これを読むだけで転職成功率アップ!?厳選おすすめ転職エージェント18選

RECOMMEND

関連記事