最終更新日:

求人票の情報は嘘?求人票でよく見る嘘情報と嘘を見抜いて転職成功!

求人票 嘘

「求人票で嘘をつく理由は?」
「求人票の嘘情報の特徴は?」
「求人票の嘘を見抜く方法は?」

求人票の情報が嘘か分からなくても、見抜き方が分からず悩んでいる人は少なくありません。

求人票の嘘を見抜く方法は多数ありますが、転職エージェントを利用すれば効率よく自分に合った企業への転職が成功します

本記事では、求人票に嘘を記載する理由やよくある記載例、嘘情報の見抜き方を詳しく解説していきましょう。

なぜ求人票で嘘をつくのか

どうして求人票に嘘の情報を書くの?

求人票で嘘の情報を記載する理由は主に以下通りです。

    嘘の情報を記載する主な理由

  1. 求人票に嘘の記載をしても罰則がない
  2. 短期間で応募者を集めたい
  3. 実情を記載すると人が集まりにくい

労働基準法では、一人一人の労働者に対して書面で「労働条件の明示」が定められています。

ハローワークや求人サイトなどに掲載されている求人票は、あくまでも募集時に提示する労働条件です。

求人票に嘘を記載しても労働基準法違反にはならず、企業側は罰則を受けません

実情とは異なる情報でも脚色して魅力的な条件で求人を募集して、なるべく多くの応募者を集めようとしています。

よくある求人の嘘情報

違反にならないからって嘘を書くなんてひどいね。具体的にどんな嘘があるのかな?

求職者にとって好条件な嘘の情報を書いてる求人票が多いの。

    求人票の嘘一覧

  1. 収入額の嘘
  2. 労働環境の嘘
  3. 休日の嘘
  4. 雇用形態の嘘

求人票の嘘【収入額】

求人票で見た収入額と実情が異なる経験をした人は少なくありません。

求人票と実情が異なっていた例
・基本給35万と記載されていたのに60時間程度の残業代が含まれていた。
・賞与が給与の3か月分と記載されていたのに1か月分しか出なかった。

一見すると給料が良く見えても、残業代込みの給与を記載している求人票は多いです。

賞与額は業績や能力等に応じて上下するため必ずしも嘘とは限りませんが、景気が良かった頃の金額を記載しているとも考えられます。

求人票の嘘【労働環境】

求人票で見た労働環境と実情が異なる経験をした人も少なくありません。

応募者を集めるため、実際の平均残業時間よりも短く記載・サービス残業を横行している企業も多いでしょう。

求人票の嘘【休日】

年間休日を有給休暇の所得可能日数を含めた数で記載している求人票は多いです。

中には「年間休日数が120日と書かれていたのに、80日程度しか休めなかった」などの声も。

特別休暇の制度を設けているものの、実際は全く機能していない企業も少なくないでしょう。

求人票の嘘【雇用形態】

実際は契約社員としての採用にも関わらず、求人票には「正社員募集」と記載する企業も一定数います

雇用形態を明記していなかったり、曖昧に記載して面接や雇用契約時に初めて伝える企業も多いです。

嘘の求人票の見抜き方

嘘の求人票を見抜くにはどうすればいいの?

    嘘の求人票の見抜き方

  1. 求人の掲載頻度を確認
  2. 完全週休二日制と週休二日制の違い
  3. 情報の詳細を確認
  4. 雇用契約書を見る
  5. 企業偵察に行く

嘘の求人票の見抜き方①求人掲載頻度

求人の掲載頻度が高い企業は離職率が高い傾向にあります。

求人票に記載されている内容や企業の魅力が本当であれば、人材が定着しやすいため常に求人を出す必要はありません。

転職希望時期がまだ先なら、劣悪な企業か判断する手段として、応募したい求人が常に掲載されていないか確認しておきましょう。

嘘の求人票の見抜き方②週休二日制

完全週休二日制と週休二日制には大きな違いがあります。

求人票 嘘

毎月一度でも二日休める週があれば週休二日制と明示できるため、企業によっては月に五日間しか休みが取れません。

プライベートの時間を大切にしたい人は求人票をしっかり確認して、完全週休二日制の企業に応募しましょう。

嘘の求人票の見抜き方③曖昧な文章

ブラック企業は、求人票で求職者が知りたい内容を曖昧に記載する傾向があります。

曖昧な記載例
「アットホームな職場です」
「必要なのはやる気だけ!」
「夢に向かって頑張りましょう」

実情を記載すると応募者が集まらないため、待遇の悪い企業ほどポジティブな言葉を使って精神論に持ち込みます。

仕事内容や福利厚生などの情報が詳細に記載されているか、しっかり確認しましょう。

嘘の求人票の見抜き方④雇用契約書

内定後に受け取る雇用契約書には企業の実情が記載されていて、嘘の情報を書けば労働基準法違反になります。

劣悪な企業への就職を避けるためにも、署名・捺印をして提出する前に求人票と雇用契約書の内容に相違点がないか必ず確認しましょう。

嘘の求人票の見抜き方⑤企業偵察

少しでも企業の実態を把握したいなら応募希望先の企業まで足を運び、外から社内の様子を観察するのが得策です。

勤務時間が大幅に過ぎているにも関わらず夜遅くまで社内の電気がついていれば、長時間の残業を要求される企業の恐れがあります

勤務時間後の社内の明るさを確認すれば、求人票の嘘を見抜けるでしょう。

求人票の嘘を転職エージェントで回避

求人票の嘘の特徴や見抜き方を理解しても、1人で転職活動を進めると負担は大きいです。

転職エージェントは企業と求職者を仲介して、転職活動を無料でサポートしてくれます。

求人票の嘘をエージェント利用で解決

転職エージェントで紹介する求人は、給与や福利厚生だけでなく、労働環境や具体的な働き方なども徹底的に調査

自分の希望に合った企業のみが選択肢に入るため、求人票の嘘に騙される心配はありません。

特徴やサポート内容は異なるため、比較して最適な転職エージェントを選びましょう。

経験が浅い20~30代向け

DYM就職 就職カレッジ
転職エージェント
主な年齢層 18~35歳 18~35歳
主なサポート対象者 第二新卒、既卒、女性も歓迎 フリーター、ニート、中退者
支援実績 経験が浅い若年層を積極支援 入社後の定着率91.5%
特徴 優良企業を厳選
人物重視の採用
親身なサポート
正社員求人のみ
研修が無料
就職成功率8割
簡単登録
(無料)

経験がある20~30代向け

リクルート
エージェント
マイナビ
エージェント
転職エージェント
主な年齢層 20~40代 20代~35歳
主なサポート対象者 全転職者に対応 20代、第二新卒、1~3回目の転職者
支援実績 採用成功実績は54万人超 20代の満足度
No.1
を獲得
特徴 業界最大手
転職実績No.1
面接対策が充実
サポートが◎
中小企業に特化
IT系にも強い
簡単登録
(無料)

経験が浅い既卒・第二新卒向け

マイナビジョブ20’s ハタラクティブ
転職エージェント
主な年齢層 20代 20代
主なサポート対象者 東名阪の既卒、第二新卒 既卒・第二新卒・フリーター
支援実績 累計利用者
39万人
突破
6万人以上の支援実績
特徴 20代対象の求人のみ。ポテンシャル採用中心 就職成功率8割
未経験職種への転職成功者多数
簡単登録
(無料)

嘘の求人票を見抜いて転職成功

収入額や労働環境、雇用形態など実情とは異なる情報を脚色して魅力的な条件で求人を掲載している企業は少なくありません。

求人の掲載頻度や文章の言い回し、内定後に受け取る雇用契約書をしっかり確認すれば、求人票の嘘を見抜けて劣悪な企業を避けられます

1人での転職活動は負担も多いため、転職エージェントを活用して効率よく転職活動を進めましょう。

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティーワークスのおすすめは、転職成功実績No.1の『リクルートエージェント』と、業界・職種が幅広い『doda』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは無料なので、まずは気軽に相談してみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職成功実績No.1!非公開求人多数
幅広い業界・職種から希望条件にマッチする求人を紹介可能

年代問わず転職決定者が多く、キャリアアップ・キャリアチェンジに強い。充実の面接対策も人気!

doda公式へ

求人数20万件超!非公開求人多数!!
こだわり条件にマッチする求人を提供する国内最大級の求人情報・転職サイト

特に営業職に強く、丁寧なサポートとアフターフォローに定評あり。大卒以上の26~35歳関東、関西、東海の求職者向け。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サービスがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超。登録者のレジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

会員登録時に基本情報や職務経歴まで入力するとスカウト率アップ!
関連記事:転職エージェント23社を徹底比較!自分に合う転職エージェントを選ぶコツ

RECOMMEND

関連記事