最終更新日:

エンジニア向け転職エージェント6選!エージェントの選び方・メリット・注意点を紹介!

エンジニア向け転職エージェント6選!エージェントの選び方・メリット・注意点を紹介!

「エンジニアにおすすめの転職エージェントはあるんだろうか?」「あるのなら転職エージェントを選ぶ時のポイントはどういった所だろう?」
そんなことで悩んでいませんか?

今回は、そんな方のためにエンジニアにおすすめの転職エージェントと選ぶ時のポイント、さらに利用時の注意点をまとめました

これを読んで、エンジニアにおすすめの転職エージェントを理解し、最高の転職を実現させてください。

エンジニアにおすすめの転職エージェント

それでは早速、エンジニアにおすすめの転職エージェントを紹介します。「業界特化型」「総合型」「ハイクラス向け」の3つのタイプからそれぞれおすすめをご紹介しますので、自分にあった転職エージェントを是非見つけてください。

業界特化型転職エージェント

IT・WEB業界に特化した転職エージェントです。担当のキャリアアドバイザー自身が業界関係者であることが多いため、話が通じやすく転職活動を進めやすいでしょう。

ただし、特化型の転職エージェントは経験者を対象としていることが多く、未経験の場合は求人を紹介してもらえない可能性が高いので注意してください。

レバテックキャリア

レバテックキャリア

IT/WEB業界に特化した転職エージェントで
求人数は業界トップクラス!
強みを見つけるキャリア担当と、
企業の内情に詳しいリクルーティング担当の
2人体制でエンジニアの転職を徹底サポート!

【公式サイト】https://career.levtech.jp/
登録は3分で完了!

マイナビエージェント×IT

マイナビエージェント×IT

20代からの信頼No.1転職エージェント!
業界に精通したアドバイザーによる
手厚いサポートにも定評アリ!
中小企業の独占求人が多いのも強み!

【公式サイト】https://mynavi-agent.jp/it/
登録は3分で完了!

総合型転職エージェント

総合型転職エージェントは特化型と比べるとサポートの質は下がりますが、その分求人量で優っています。どちらか一方を選ぶのではなく、総合型と特化型の両方を利用するのが一番おすすめです

リクルートエージェント

リクルートエージェント

転職成功実績No.1!非公開求人20万件超!!
圧倒的な求人数であらゆる業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

【公式サイト】https://www.r-agent.com/
登録は3分で完了!

doda

doda

求人数10万件以上!非公開求人80%超!!
履歴書添削や面接対策など丁寧なサポートが人気で転職後のアフターフォローも手厚い。
女性の求職者にも高評価!

【公式サイト】https://doda.jp/
登録は3分で完了!

キャリアに自信のある方におすすめ

エンジニアとしてのキャリアやスキルに自信がある場合、ハイクラス向けの転職エージェントを選ぶのもおすすめです。あなたの能力が認められた場合、かなりの好条件での転職が可能になるでしょう。

ただし、ハイクラス向け転職エージェントは、求められる能力を満たさない場合は、求人の紹介さえしてもらえない場合もありますので、自信がある方のみ登録をおすすめします。

ビズリーチ

ビズリーチ

高年収求人数業界トップクラス!
国内最大級のハイクラス転職サイト。
ミドル向けの取り扱い求人数も多く、管理職や役員クラスでの転職を目指す方にもおすすめ。

【公式サイト】
https://www.bizreach.jp
登録は5分で完了!

JACリクルートメント

JACリクルートメント

ハイキャリア実績No.1!年収800万超の求人多数!
管理職や役員経験有のキャリアに自信がある35歳以上の求職者が中心。
サービスの質が高くサポートも充実しているが、求められるレベルに満たないと対応が×。

【公式サイト】
http://www.jac-recruitment.jp/
登録は3分で完了!

転職エージェント選びでエンジニアが見るべきポイント

担当アドバイザーが業界出身者かどうか

エンジニアの転職活動において、IT業界に強い転職エージェントに登録するのはもちろんですが、それに加えて担当アドバイザーが業界出身者かどうかを確認しましょう

業界の知識を元にしたアドバイスがあるのとないのとでは転職活動に大きな違いが生じます。転職エージェントの質がよければ、それはそのままいい転職に繋がりますので、必ず確認するようにしましょう。

将来を見据えた提案をしてくれるか

エンジニアは、スキルやキャリアを積み上げていく職種です。特に近年は変化が激しくなっているので、新たな技術を身につけていかないと、社会の需要についていけなくなります。

そのため転職の際に大事なのは、どんな会社に入るかではなく、どんな仕事ができるか?どんなスキルを身につくのか?が重要になります

こういった業界の現状を理解し、将来を見据えた提案をしてくれるかどうかが、転職エージェント選びの上で非常に重要なポイントです。

採用率で求人を選んでいないか

転職エージェントは企業が人材を採用した段階で報酬が発生するビジネスです。そのため、採用率が高い企業を紹介すれば、利益が発生する可能性も高くなります。

もちろん採用率の高い企業が全て悪いわけではありませんが、人手不足が騒がれているIT業界では採用率は高いが離職率も高い、いわば「使い捨て」の扱いをされる企業も少なくないのが現状です

そのため、採用率ではなく、自分の希望に沿った求人選びを手伝ってくれる転職エージェントを選ぶようにしましょう

対応が迅速かどうか

これはエンジニアに限った話ではありませんが、転職業界はスピードが非常に重要になります。特に最近はエンジニアの需要が高まっているため求人が増えてはいますが、その分人気案件が埋まるスピードも速くなっています。

そのため、転職エージェントの対応が迅速かどうかを確認するようにしましょう。また、そもそも優秀なキャリアアドバイザーはどれだけ多忙でも対応は迅速ですので、そういう意味でもいい転職エージェントを見極める基準となるでしょう。

担当アドバイザーとの相性がいいか

これもエンジニアに限った話ではないですが、担当アドバイザーとの相性は最も重要な要素と言っても過言ではありません

転職エージェントを利用して転職活動を進めることは、担当アドバイザーと二人三脚で進んでいくようなものです。

そのため、担当アドバイザーと相性が合わないと感じたら、すぐに他のアドバイザーに変えてもらうようにしましょう

エンジニアが転職エージェントを利用するメリット

自分の市場価値を知ることができる

エンジニアは現場に合わせてスキルをアップデートしていくものですが、そうやって積み上げたスキルが世間的にはどれくらいの市場価値があるのかは意外と自分ではわかりません。

しかし転職エージェントに登録すると、登録者1人1人にキャリアコンサルタントがつくことで能力を分析し、客観的に見た市場価値を知ることができます

将来的にどんなスキルを身につけ、エンジニアとしてどういったキャリアを築いていくのかを計画するためにも現在の市場価値を知れるのは大きなメリットだと思います。

企業とのマッチング度が高まる

エンジニアはスキルさえあればどこでも仕事ができると思われがちですが、実際は仕事の進め方や性格などが、その企業の文化とマッチしているかどうかは非常に重要です。

転職エージェントを利用すると、事前にその企業の文化を知ることができるので自力で転職活動を行う場合に比べて企業とのマッチング度は高まるでしょう。

非公開求人を知ることができる

エンジニアだけのメリットではありませんが、転職エージェントを利用することで、転職サイトなどには掲載されていない非公開求人を知ることができます

一般求人よりも条件の良い求人が比較的多く、エンジニアにとっても転職先の選択肢が広がるのは大きなメリットでしょう。

面倒な手続きを代行してくれる

エンジニアは多忙な方が多いと思いますが、そんな中で働きながら転職活動を並行で行うのは非常に大変です。しかし転職エージェントを利用すれば、面接の日程調整、給与交渉、退職手続きなどの面倒な手続きを全て代行でやってくれれます

日々の仕事を休むわけにはいかないエンジニアの方にとって、面倒な手続きに時間を取られないのは非常に大きなメリットでしょう。

エンジニアが転職エージェントを利用する時の注意点

これまでの経歴・スキルは正直に言う

転職エージェントを利用する上で、これまでの経歴やスキルは必ず正直に言いましょう。彼らはプロですので、嘘の申告をしても面談でバレる可能性が高いです。

もし嘘がバレてしまった場合、虚偽の報告をしたとの理由で、今後求人を紹介してもらえない場合もあります

仮に嘘がバレずに転職に成功したとしても、入社後もその嘘を吐き続けないといけなくなり、非常に苦しくなるでしょう。そのため、経歴やスキルは必ず正直に言うようにしましょう。

こまめに連絡してやる気を伝える

転職エージェントに登録後、担当アドバイザーから連絡が来た後はすぐに対応するようにしましょう。その後もこまめに連絡するよう心がけ、少なくても2週間に一回は連絡をするようにしてください

というのも、転職エージェントは登録が新しい人、連絡が新しい人から優先にサポートをするようになっています。そのため、こまめに連絡して転職意欲の高さをしっかりとアピールしてください

推薦文の内容は自分で確認する

転職エージェントは求人に応募する際、推薦文を書いてくれます。しかし、人によっては職務経歴書の内容をそのまま移しただけのような酷い推薦文を書く人もいるようです。

そのため、推薦文を書いてもらった場合は必ず中身を確認するようにしましょう。直接言うのに気が引ける場合は、「面接対策のために内容を理解しておきたい」などの理由をつければ確認しやすいでしょう。

エンジニアには未経験でも転職できるのか?

可能だが8割以上が経験者

エンジニアは、基本的に即戦力として働ける人材が必要とされているので、未経験からエンジニアへの転職は簡単ではありません。現状は転職者の8割以上が経験者といった所でしょう。

それでもエンジニアを目指すのであれば、プログラミングスクールに通うなどをして事前にある程度の知識とスキルを身につけておくことは必須です。

どうしても自力で学習したいというのなら興味のある本を一冊選び、それを完璧に習得するまでやりこむくらいの勉強量は必要かと思います。

採用されやすい/されにくい未経験者の特徴

企業も人ですのでただスキルがあれば採用されるというわけではありません。スキル以外の要素で採用されやすい未経験者の特徴、採用されにくい未経験者の特徴を簡単にご紹介します。

    <採用されやすい未経験者の特徴>

  • その会社で働きたい意欲がある
  • 指摘に対して素直である
  • 目的意識を持って努力できる
    <採用されにくい未経験者の特徴>

  • プライドだけ高い
  • どこでもいいから働きたいと思っている

需要の高いエンジニアだからこそ転職エージェントの利用で差をつけよう!

IT業界ではSEやWebエンジニアの人手不足が騒がれており、近年エンジニアの需要が非常に高まっています。当然、求人の数も増えていますが、その分ライバルとの競争が激しいと言ってもいいでしょう

だからこそ転職エージェントをうまく活用し、ライバルとは一味違った最高の転職を実現させましょう

エンジニアにはエンジニアならではの転職があるわ☆あなたに合った転職エージェントを見つけて転職を成功させてね♡


RECOMMEND

関連記事