最終更新日:

転職エージェントとの面談は本音で話していいのか?話すべきか?

転職エージェントとの面談は本音で話していいのか?話すべきか?

転職エージェントと面談の際、本音で話していいのか。答えは「はい」です。

むしろ、本音で話さなければいけません。それはなぜなのか?この記事でお伝えしていきます。

転職エージェントとの面談シミュレーション

転職エージェントの面談で会話している場面を再現します。

【求職者スペック】
・現在:接客業
・特技:プログラミング
・年収:250万円程度
・転職理由:接客業に疲れて仕事に行きたくない、次は黙々と作業するような仕事がしたい
・希望職種:プログラマーになりたい(業界未経験)

エージェントとの面談会話:良い例◎

    【エージェント】「いつまでに転職活動を終えたいと考えていますか?」
    【求職者】「良いところがあれば、できるだけ早く転職したいです」→①
    【エージェント】「転職先に求める条件を教えて下さい」
    【求職者】「年収は350万円~で、職種はプログラマー、個人作業がメインで黙々と仕事でき、残業が少ない企業を希望します」→②
    【エージェント】「なぜ転職しようと思い始めたのですか?」
    【求職者】「現在、接客業をしているのですが、高校性の時にプログラミングを習っており現在でも趣味でアプリ作成などを行っているため、特技を生かした職種に就きたいと思ったからです」→③
    【エージェント】「ありがとうございます。では、現在のお仕事でどんなスキルが身についたと思いますか?」
    【求職者】「お客様と接する仕事だったので、クレーム等、物事に対して臨機応変に対応することができるようになりました。」→④

【転職に前向きな姿勢を見せるポイント】
できるだけ早く転職したいと言うことで、転職への意欲がアピールできる
求める最低限の条件のみを伝えれば、求人を絞り過ぎず選択肢の幅が広がる
現在の仕事に嫌気がさしたということを伝えず、次の転職への意欲を語る
→ネガティブな意見を言ってしまうと、エージェントからの評価が下がってしまう可能性がある
次に生かせるスキルはあるか、自己PRできる部分を出す

エージェントとの面談会話:NG例×

    【エージェント】「いつまでに転職活動を終えたいと考えていますか?」
    【求職者】「んー3か月以内くらいですかね?」→①
    【エージェント】「転職先に求める条件を教えて下さい」
    【求職者】「年収は500万以上で、職種はプログラマー、残業が少なくて服装自由で静かな職場で一人で作業したいので周りとコミュニケーション取らなくていいところがいいですね」→②
    【エージェント】「なぜ転職しようと思い始めたのですか?」
    【求職者】「今、接客業なんですけどクレーム多いし、帰るの遅いしもう人と接するの疲れたからです。聞いてくださいよクレーム対応って結構苦労するんですよ?・・・」→③
    【エージェント】「では、現在のお仕事でどんなスキルが身についたと思いますか?」
    【求職者】「クレーム対応とか?」→④

【転職に不向きと思わせるポイント】
一般的な転職期間が3か月と言われているため「年内までに」など長期期間を伝えてしまうと、転職の意思が弱いと思われてしまいます
条件が多すぎて、実現不可能な転職になりかねません。欲望丸出しの条件表示はやめましょう
面談は愚痴を言う所ではありません。質問に対して簡潔に答え、素を出し過ぎないようにしましょう
働いていれば、少しでも身についたスキルはあるはずです。不安ならば、エージェントに仕事内容などを伝え、相談することも可能です

転職エージェントとの面談は本音で話す

転職エージェントとの面談は、本音で話すのが基本。しかし、本音で話す中にも注意が必要です。

希望条件や転職理由など、ありのままを話すべきですが素を出し過ぎると自身の評価が下がってしまう可能性があります。面談はラフな感じで行われますが、そこで与える印象によって今後の転職活動が左右されるため、企業選考が始まっていると考えておきでしょう。

【面談を行う本来の意味】
転職エージェントの面談は「どんな企業に転職したいか」「アピールできる経験等はあるか」を分析する機会です。ヒアリングを参考にしながら、マッチする求人を紹介してくれます。

ネガティブな発言は言い換える

転職理由として「年収アップしたい」「会社の方針とやりたいことが違う」など、要望を伝えることは転職を成功させるために必要なことです。

ですが、仕事に対するやる気のなさや考えのない愚痴などはNG。エージェントからの評価が下がってしまうと、質の良い求人を紹介してくれなくなります

より良い求人情報を入手したい場合は、ネガティブな考え方をポジティブに言い換えましょう。

    例えば…

  • 今の仕事にやる気が起きない・面白くない
  • →こんな仕事に興味が湧いた・挑戦してみたい
    →新たな目標を見つけた

  • 今の会社が合わない
  • →こんな雰囲気の会社で働いてみたい

エージェントは企業の味方でもある

転職エージェントは、個人を企業に紹介する際「推薦状」を提出します。転職理由・スキル等を記入しますが、ネガティブな発言をそのまま書かれてしまうことがあります。

例えば、人間関係でトラブルがあったことが企業側に伝わってしまうと書類選考も通過できず、採用されないケースも。

エージェントは、企業と求職者をマッチングさせる仲介を担う役割をしています。キャリアアドバイザーの背景には、これから応募する企業に関わる人物がいるということを心得て発言しましょう。

嘘は厳禁

自分の職歴を偽って年収の高い求人を紹介してもらおうとすると、入社できたとしても辞めざるを得なくなってしまいます。企業側は、ある程度の即戦力があると見込んでの採用しているので、任された仕事ができないとなると信用も無くなります。

また、職歴査証が採用前に見つかった場合、内定取り消しや不採用、入社後になると解雇される場合もあります。問題はどう処分されるではなく、嘘は人としてあるまじき行為です。絶対にやめましょう。

詐称にあたるケース

入社していない企業名記載等の詐称以外にも、職歴詐称になるものがあります。

職歴詐称の例
・虚偽の在籍期間
・未取得の資格を記載する
・短期勤務のため、書類に記載しなかった場合
・過去の年収を盛る
・雇用形態を変える(アルバイトなのに正社員と記載する等)

「少しならバレないだろう」「職歴に自信が無いから」などの理由で職歴を偽るより、転職のプロに相談し自分に合った転職先を見つけましょう。

リクルートエージェント

リクルートキャリアが運営する、転職支援実績No.1の転職エージェント。膨大な求人量・手厚いサポートが魅力。幅広い年代の内定取得事例があるため、登録しておいて損はないでしょう。

より良い求人をもらうためには

転職エージェントとの面談では、本音で話すということをお伝えしましたが、それ以外にも印象を与える場面は様々です。

    <転職に前向きな姿勢をアピールする>

  • 面談時、書類を持参・自己PRをまとめておく
  • 履歴書・職務経歴書を持参することで転職への本気度を伝えられる。また、企業に求める条件・自己PRを自分なりにまとめていくことで話がスムーズに進み、求人を紹介してもらいやすい。

  • A4サイズが入るカバンを持っていく
  • 面談時には必ずと言っていい程書類を渡されるため、カバンをもっていかない・小さい鞄をもっていくことも転職への意欲が無いと見なされてしまう。

スムーズな転職活動を行うコツ

転職エージェントとの面談で本音を話すことは大切ですが、自分に合う担当者を見つけることも転職活動をスムーズに行う秘訣です。そのためには、エージェントの併用をおすすめします。

複数のエージェントを利用する

複数のエージェントを利用すれば、転職活動の幅が広がります。

    【併用することで生まれるメリット】

  • 様々なサポートが受けられる
  • 併用することで、サポートが強い部分を良いとこどりできます。

  • 求人の選択肢が多くなる
  • 使うエージェントが多い程、求人の選択肢も多くなります。

↓転職エージェントを併用してもいいのか?詳細はこちら↓

手厚いサポートが魅力の転職エージェント

リクルートエージェント

リクルートグループが運営する、転職支援実績No.1の転職エージェント。膨大な求人量・手厚いサポートが魅力。幅広い年代の内定取得事例があるため、登録しておいて損はないでしょう。

マイナビエージェント

マイナビグループが運営する転職エージェント。IT業界・20代(第二新卒)・中小企業に強い。徹底した面接対策で転職が初めての方におすすめ。

doda

業界最大手の求人数を誇るdoda。25歳~35歳の利用者が多く、転職サイト・エージェント機能が同時に利用できる。また、転職に関してのノウハウも掲載されていたり、チャットで質問できるため疑問点を解消しやすい。

転職エージェントとの面談は本音で話し、自分に合った担当者を見つける

転職エージェントとの面談は本音で話すが素を出し過ぎず、エージェントの背景には今後受ける企業の担当者がいることを意識しましょう。ネガティブな言葉はポジティブに変換し、転職に前向きな姿勢を見せることで印象を良くできます。

また、転職エージェントは一つに絞らず選択肢を広げることも重要。充実したサポート・円滑な転職活動が可能です。

【併用おすすめの転職エージェント】

RECOMMEND

関連記事