最終更新日:

ハイクラス転職を20代で成功させるには?磨きたいスキルや利用できるサービスを紹介

ハイクラス転職を20代で成功させるには?磨きたいスキルや利用できるサービスを紹介

「もっといい会社で働きたい」
「年収を上げたい」
「自分の力を試したい」

社会人としての生活に慣れ、仕事でも結果を出せるようになってきた20代の方の中には、こんな風に更なる上を目指してハイクラス転職を検討し始めるかもしれません。

とはいえ、どうすればハイクラス転職ができるのか?ただ、仕事で成果を出し続ければいいのか?などわからない部分も多いと思います。そこでこの記事では、20代の方がハイクラス転職をする方法や求められるスキルについてご紹介します

早いうちから準備を進めることで、周りの同世代たちに差をつけてしまいましょう

そもそもハイクラスとは?

20代でハイクラス転職をするために最も大切なことは、「そもそも何をもってハイクラスと言えるのか?」「何をハイクラス転職に求めているのか?」を明確にすることです。

一般的にはハイクラスとは「年収800万円以上の高年収」や「管理職などの役職者」などの求人を指しますが、自分が求めているのは年収が高い仕事なのか、特定の職種なのか、それとも会社内での役職のことなのか。

これらを明確にしないと転職活動の方向性が定まらなかったり、転職後に後悔することになるでしょう

20代のハイクラス転職はいかに非公開求人を集めるかがカギ

20代でハイクラス転職をするには、「いかに非公開求人の情報を得ることができるか」がカギになっています。というのも、ハイクラスの求人はポジション数自体が少なく、非公開であることが多い上に、常に募集しているわけでもないのです。

ハイクラス転職を成功させるためには、そういった希少な求人情報を収集できる状態や環境を作れるかどうかがカギとなっています。そのためには以下のような方法が考えられるでしょう。

  1. 転職エージェントを利用する
  2. ヘッドハンターからのスカウトを待つ
  3. 人脈をうまく活用する

転職エージェントを利用する

非公開求人の情報をうまく手に入れるために、一番おすすめな方法は転職エージェントを利用することです

転職エージェントは転職のプロなので、非公開求人の情報はもちろん、ハイクラスの転職市場がどうなっているのかといった動向までも把握しています

中にはハイクラス求人を専門に扱う転職エージェントも存在し、転職を成功させるための様々なサポートを無料で受けることができるため非常におすすめです。

ヘッドハンターからのスカウトを待つ

ヘッドハンターとは人材を企業に紹介する人のことです。つまり企業の方からスカウトを受けて転職するということになります

元々は組織の重役や幹部になるような人の採用手段としてヘッドハンティングは行われており、今でこそ対象は幅広くなりましたがその希少性は変わっていません。

転職エージェントが持つ非公開求人よりも、さらに応募条件が限られたものがヘッドハンター経由で紹介される求人と考えるといいでしょう。そんなヘッドハンターを利用するには以下の2通りの方法があります。

  1. 人づてで紹介してもらう
  2. ヘッドハンター型サービスに登録する

1つ目の方法はなかなか狙ってできるものではありませんので、ここでは2つ目のヘッドハンター型サービスに登録する方法をおすすめします

人脈をうまく活用する

20代のうちから採用につながるような人脈を築けている方は少ないかもしれませんが、可能であれば最も有効なのが人脈を使った転職です。

しかし、知人の紹介を利用して転職する場合にはメリットと同時にデメリットもいくつか存在しますので、それらを両方ご紹介します。

    <人脈を利用した転職のメリット>

  1. 選考で有利になる可能性が高い
  2. 事前に業務内容を把握しやすい
  3. 入社後に会社になじみやすい
    <人脈を利用した転職のデメリット>

  1. 選考途中での辞退が難しい
  2. 紹介者との関係が崩れる可能性がある
  3. コネ入社という偏見を受ける場合がある

知人の紹介で転職をする場合、能力や人柄が会社側に伝わりやすく選考で有利になる可能性が高いです。また、知人を介して事前に業務内容を把握できたり、入社後も知人を通して会社に馴染むことが容易でしょう。これらのメリットは比較的イメージしやすいかと思います。

しかし、その一方で選考途中に、その会社への入社意欲がなくなったとしても辞退しづらい、もしくは辞退した後に知人との関係が悪くなる可能性があるといったデメリットも存在します。また、うまく入社できたとしても一部の人たちからコネ入社という偏見の目で見られる可能性も十分にあり得ます。

これらのメリット・デメリットを把握したうえで、良い人脈を持っているのなら積極的に利用してハイクラス転職を狙いましょう。

20代でハイクラス転職するにはポータブルスキルを磨く

ハイクラス転職を成功させるために必要なスキルを考えた際、様々な資格が必要だと考える方が多くいます。もちろん資格があればそれはアピールポイントにはなりますが、仕事をするうえで必要な能力は資格だけでは表せません。

中でも、ここ数年で企業から強く求められている能力が「ポータブルスキル」です。ポータブルスキルとは「持ち運びできる能力」という意味で、業種や職種が変わっても通用する汎用性の高いスキルのことを意味します

出典:「ポータブルスキル」活用研修 講義者用テキスト / 厚生労働省

上の図にもあるようにポータブルスキルとは、『専門知識・専門技術』『仕事のし方』『人とのかかわり方』の3つの能力に分類することができます。

専門知識・専門技術については、現在の業務に専念することで磨かれていくものですが、残りの2つはどうやって磨けばいいのでしょう?次からはそれぞれの能力の磨き方を解説いたします。

問題解決能力を磨く

ポータブルスキルの1つである、『仕事のし方』を磨いていくには、問題解決能力を磨いていく必要があります。しかし、問題解決能力という言葉自体はよく耳にするものの、具体的にどういった能力なんでしょう?

まず、問題解決には以下の3つのプロセスが必要となります。

    <問題解決の3つのプロセス>

  1. 問題を認識
  2. 問題を分析
  3. 解決策を立案

つまり問題解決において、まずは『問題』とは何かを認識することが重要なのです。そして『問題』とは『目標と現状のギャップ』のことです。

従って、行っている作業の『目標』がはっきりと理解できていないと、そもそも何が問題なのかを認識することができないというわけです。

ですので、日々の作業において「この作業は何のためにやるのか?」「この作業の目標・目的は何か?」を常に意識して仕事をすることを心がけましょう。そうすることで、目標に対する意識が磨かれ、結果として問題解決能力が磨かれていくでしょう。

自分以外の視点で考える癖をつける

ポータブルスキルの1つである、『人とのかかわり方』を磨いていくには、自分以外の視点で考える癖をつけることが重要です。

上の図にもあるように、人とのかかわり方をさらに細分化すると『社内対応』『社外対応』『部下マネジメント』に分類されます。

社内対応力を磨くには、「上司や経営層はどんな視点でものを見ていて、自分に何を求めているのか?」を考え、社外対応力を磨くには、「お客様はどんな視点で見ていて、自社に何を求めているのか?」を考えてみましょう。

そして、部下マネジメント力を磨くには、部下の視点だけではなく上司の視点になることが必要です。「なぜ自分にこの業務をやるよう指示を出したのか?」「どうチームをマネジメントしているのか?」を考えることで、将来自分が部下をマネジメントする際の力が磨かれていくのです。

おすすめの転職エージェント

20代でハイクラス転職を成功させるためにおすすめの転職エージェントを紹介します。

総合型:JAC Recruitment



役員や管理職向け求人に強い、エグゼクティブ向け転職エージェント。老舗であるJACリクルートメントの徹底された教育により所属コンサルタントのサポートの質が非常に高いです。

的確な面接対策や英語での書類添削、年収交渉や丁寧なキャリアカウンセリングに定評がある一方で、スキルや実績が求められる水準に満たない場合は、求人紹介を断られる場合もあります。

利用者を選びますが、ハイクラスを目指すなら必ず登録した方がいい転職エージェントです

ヘッドハンティング型:ビズリーチ




もしこれまでの経歴に自信があるようであれば、最もおすすめできるのが『ビズリーチ』です。ビズリーチは転職エージェントではなく、登録しておくことで企業やヘッドハンターからのスカウトが届くヘッドハンティング型の転職サイトです

登録者の平均年齢も高く、年収アップ転職を成功させている50代男性も多くいます。登録しておくだけでスカウトが届く可能性はあるので、自信がある方はまず登録することをおすすめします

ヘッドハンティング型:キャリアカーバー



リクルートグループの運営するヘッドハンティング型転職エージェントが『キャリアカーバー』です。キャリアカーバーには現在1700人を超えるヘッドハンターが在籍しています

登録したプロフィール内容から自分に合うヘッドハンターを選べるので、相性の心配なく優秀なヘッドハンターと一緒に転職活動を進めていけるでしょう

まとめ

20代でハイクラス転職を成功させるには、いかに一般には公開されていない非公開求人を収集できるかがカギとなります。そのためには転職エージェントをはじめ、あらゆるサービスを積極的に利用することが重要になるでしょう。

しかし、それと同時に自分自身のスキルを磨いていくことも大切です。仮にいますぐ転職が決まらなくても20代のうちからハイクラスを目指してスキルを磨いていけば必ず無駄にはならないでしょう。

そして何より大切なのは、自分はハイクラス転職に何を求めているのか?を明確にすることです。ここが曖昧だとたとえ転職が成功しても得たいものを得られない可能性もあるのです。

いずれにせよ、上を目指すのはとてもいいこと。納得した人生を生きるためにも日々を有効に使えるよう目標をもって過ごしたいですね。


RECOMMEND

関連記事