最終更新日:

20代でハイクラス転職をするには?成功のカギや磨くべきスキルを紹介

20代でハイクラス転職をするには?成功のカギや磨くべきスキルを紹介

社会人生活にも慣れ、仕事でも結果を出せるようになってきた20代の方の中には、更なる上を目指してハイクラス転職を検討し始めた人もいるかもしれません。

しかし、具体的にハイクラス転職を成功させるのにはどうすればいいのかわからない部分も多いでしょう。

そこで本記事では、20代でハイクラス転職を成功させるためのポイントや20代のうちに磨いておきたいスキルなどをご紹介します。

今のうちから将来を見据えた行動を取り、同世代のライバル達に大きく差を広げてしまいましょう。

20代ハイクラス転職に使えるおすすめサービスを知りたい方はこちらからお読みください。

まずは「20代ハイクラス」の定義を明確にする

20代でハイクラス転職を成功させるには、まず「ハイクラス」の定義を明確にしましょう。

なぜなら、ハイクラスと言っても年収〇〇円以上がハイクラスといった定義はなく、人によって求めるレベルは異なるためです。

また、年収以外にも職種や役職など、自分が本当に望んでいるものは何なのかを明確にしないと、適切な行動を取れません。

効率良くハイクラス転職を成功させるためにも、まずは自分にとってのハイクラス転職とは何か?自分が求めているものは何か?を明確にしてください。

ちなみに20代の平均年収は20代前半(20~24)で『267万円』、20代後半(25~29)で『370万円』です。ご参考までに。

20代のハイクラス転職を成功させるカギ

20代でハイクラス転職を成功させる一番のカギは「いかに非公開求人の情報を得ることができるか」です。

ハイクラスと呼ばれるような求人はそもそも数自体が少なく、常に募集しているわけでもないので一般にはあまり公開されません。

そのため、通常では公開されていない貴重な求人情報を手に入れられるかどうかが、ハイクラス転職を成功させる最も重要なポイントとなります。

そしてここでは、そんな非公開求人を手に入れるための方法を解説していきます。

    ■ 非公開求人を手に入れる方法

  1. 転職エージェントを利用する
  2. ヘッドハンターからのスカウトを待つ
  3. 人脈をうまく活用する

転職エージェントを利用する

非公開求人の情報を手に入れる一番おすすめの方法は転職エージェントの利用です。

信頼と実績のある転職エージェントであれば企業からの信頼も厚いため、一般には公開していない求人を転職エージェントにだけ公開するケースは多くあります。

中にはハイクラス求人を専門に扱う転職エージェントも存在するため、少しでもハイクラス転職の成功確率を上げたいなら積極的に利用した方がいいでしょう。

企業からのスカウトを待つ

ハイクラス転職を成功させる方法の1つとして、企業側からのスカウト(ヘッドハンティング)を待つ方法があります。

ヘッドハンティングは元々、組織の重役や幹部になるような人の採用手段として行われており、今でこそ対象は幅広くなりましたがその希少性は変わっていません。

転職エージェントの非公開求人よりも、さらに応募条件が限られた貴重な求人とも言えるでしょう。

そんな貴重な企業からのスカウトを受けるには以下の2通りの方法があります。

  1. 人づてで紹介してもらう
  2. スカウト型サービスに登録する

ある程度年齢を重ねて実績が積まれていれば、人づてで紹介してもらえる可能性もありますが、20代のうちは2つ目の「スカウト型サービス」の方が可能性は高いです。

人脈をうまく活用する

20代のうちから採用につながるような人脈を築けている方は少ないかもしれませんが、可能であれば最も有効なのが人脈を使った転職です。

しかし、知人の紹介を利用して転職する場合にはメリットと同時にデメリットもあるので、それらを両方ご紹介します。

    ■ 人脈を利用した転職のメリット

  1. 選考で有利になる可能性が高い
  2. 事前に業務内容を把握しやすい
  3. 入社後に会社になじみやすい
    ■ 人脈を利用した転職のデメリット

  1. 選考途中での辞退が難しい
  2. 紹介者との関係が崩れる可能性がある
  3. コネ入社という偏見を受ける場合がある

知人の紹介で転職をする場合、能力や人柄が会社側に伝わりやすく選考で有利になる可能性が高いです。

また、知人を介して事前に業務内容を把握できたり、入社後も知人を通して会社に馴染みやすいメリットがあります。

一方、たとえ他に良い転職候補が出てきたとしても、選考途中で辞退し辛かったり、場合によっては紹介者との関係性が悪化する可能性もあります。

他にも入社後に「コネで入社した人」のような偏見の目で見られる可能性もデメリットと言えるでしょう。

20代でハイクラス転職のために磨きたいスキル

ハイクラス転職を成功させるために必要なスキルを考えた際、様々な資格が必要だと考える方が多くいます。

もちろん資格があればそれはアピールポイントにはなりますが、仕事をするうえで必要な能力は資格だけでは表せません。

中でも、ここ数年で企業から強く求められている能力が「ポータブルスキル」です。

ポータブルスキルとは「持ち運びできる能力」という意味で、業種や職種が変わっても通用する汎用性の高いスキルを意味します。

出典:「ポータブルスキル」活用研修 講義者用テキスト / 厚生労働省

上の図にもあるようにポータブルスキルとは以下の3つの能力に分類されます。

  1. 専門知識・専門技術
  2. 仕事のし方
  3. 人とのかかわり方

専門知識・専門技術は現在の業務に専念すれば自然と磨かれていくので、ここでは残り2つの磨き方について解説していきます。

「仕事のし方」の磨き方

ポータブルスキルの1つである「仕事のし方」を磨くには、問題解決能力を磨いていく必要があります

そして問題解決能力とは、以下の3つのプロセスによって成り立っています。

    ■ 問題解決の3つのプロセス

  1. 問題を認識
  2. 問題を分析
  3. 解決策を立案

これらのプロセスを見てわかるように、問題解決の最初のステップは「問題の認識=何が問題か」です。

そして問題とは、「目標(目的)と現状のギャップ」です。

つまり、問題を認識するためには今行っている作業の「目標(目的)」が明確になっている必要があるのです。

そのため、まずは日々の作業において「この作業は何のためにやるのか?」「この作業の目標・目的は何か?」を常に意識して仕事をするように心がけましょう。

そうすれば、徐々に目標に対する意識が磨かれ、結果として問題解決能力が磨かれていくはずです。

「人とのかかわり方」の磨き方

ポータブルスキルの1つである、「人とのかかわり方」を磨くには、自分以外の視点で考える癖をつけるのが重要です。

上の図にもあるように、人とのかかわり方をさらに細分化すると「社内対応」「社外対応」「部下マネジメント」に分類されます。

社内対応力を磨くには、「上司や経営層はどんな視点でものを見ていて、自分に何を求めているのか?」を考え、社外対応力を磨くには、「お客様はどんな視点で見ていて、自社に何を求めているのか?」を考えてみましょう。

そして、部下マネジメント力を磨くには上司の視点も重要です。

なぜ自分にこの業務をやるよう指示を出したのか?」「どうチームをマネジメントしているのか?」を考えれば、将来自分がマネジメントする際の力が磨かれていくでしょう。

20代でハイクラス転職に有効なサービス

最後に20代でハイクラス転職を成功させるために有効なサービスをご紹介します。

一部を除き全て無料で利用できるサービスなので、使えるものは全て使ってハイクラス転職を成功させましょう。

20代ハイクラス向け転職エージェント

JACリクルートメント ランスタッド
転職エージェント
主な年齢層 20代~50代 25歳~
主なサポート対象 年収600万以上 ハイクラス層
支援実績 グローバル転職を中心に約43万人の支援実績 転職者の60%以上が年収1,000万円を実現
特徴 ハイクラス求人や外資系求人が豊富 世界39の国/地域に4600以上の拠点
無料登録

スカウト型サービス

ビズリーチ リクルートダイレクトスカウト
スカウト型転職サービス
主な年齢層 20代~40代 25歳~40代
主なサポート対象者 年収500万以上 年収600万以上
支援実績 採用企業数累計15500社 転職決定年収の平均900万円超
特徴 ハイクラス国内最大級。1千万超の求人多数
年収800〜2000万円の求人多数。完全無料
簡単登録
(一部有料)

20代でハイクラス転職をするなら目的を明確に

20代でハイクラス転職を成功させるには、いかに一般に公開されていない非公開求人を収集できるかがカギとなります。

そのためには転職エージェントをはじめ、あらゆるサービスを積極的に利用するのが重要になってくるでしょう。

しかし、まずは自分がハイクラス転職に何を求めているのか?何をもってハイクラスと言うのか?などのハイクラス転職の「目的」を明確にするのが最も重要でしょう。

いずれにせよ、目的をしっかり定めてそこに向けて日々進んでいけば必ず達成されます。

本記事でご紹介した様々なサービスをフルに活用して、理想のハイクラス転職を成功させてください。

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、実績No.1の『リクルートエージェント』と、20~30代向けの『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは無料なので、まずは気軽に相談してみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
圧倒的な求人数で幅広い業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

ビズリーチ 詳細情報の有無でかわる転職成功率

職務経歴書などの情報を詳細に入力している会員ほど転職が成功しやすい。

\情報の詳細入力でスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:おすすめ転職エージェントを厳選!おすすめの選び方と絶対失敗しない活用法

RECOMMEND

関連記事