最終更新日:

ビズリーチで20代若手は転職できる?懸念点と効率良く転職する方法

ビズリーチで20代若手は転職できる?懸念点と効率良く転職する方法

20代若手転職でビズリーチを利用できるのか疑問に感じますよね。

結論、利用できる可能性はあります。しかし、ビズリーチは30・40代のハイクラス転職向けサイトのため、転職活動が長期化してしまう恐れも。

本記事では、20代若手がビズリーチを利用する注意点や転職実現方法、20代若手転職の現状をご紹介します。20代転職で年収・キャリアアップを狙うなら必読の一記事!

ビズリーチは20代若手でも利用できる

ビズリーチには年齢制限がなく、20代の筆者も登録できたため20代若手でも利用できる可能性があります。

ビズリーチは20代若手も年収・キャリアアップが狙える

ビズリーチは、企業やヘッドハンターがスカウトを送るダイレクトリクルーティングを導入しています。

スカウトは、転職希望者に対してのアプローチなので今以上の好条件から企業選択が可能。更に、年収交渉がしやすく更なる年収アップにも期待できるのです。

ビズリーチで年収・キャリアアップを狙える理由には、下記の2点にも関連します。

  1. 経営幹部・管理職など高いポジション案件を多く取り扱っている
  2. 全体の3分の1を年収1,000万円案件が占める

スカウトで自身の市場価値が分かる

スカウト制のビズリーチでは、キャリアアップを実現するために重要な市場価値の把握もできます。

自身の市場価値を理解すれば、無理のない年収・ポジションの案件を目指せたり、キャリアダウンを防ぐ判断材料にもなるのです。

しかし、中にはノルマ達成のためテンプレートで送られてくるスカウトも。希望業種や年収などに見合ったものか、見極めが必要です。

ビズリーチを20代若手が利用する際の注意点

20代若手が利用する際の注意点は3つです。各項目に分けて解説していきます。

  1. 登録には審査がある
  2. 20代はスカウト数が少ない
  3. 20代向けではない

登録には審査がある

ビズリーチには、年収制限はないので20代若手でも利用できる見込みはあります。

しかし、ハイクラス転職を謳うビズリーチでは、年収が低い・キャリアが浅いと即戦力と見なされず審査に落ちる可能性が高いです。

また、ビズリーチでは、年収400万円の案件は保有していません。

年収アップが狙えるビズリーチでも100~200万円アップの転職は難しいため、現年収が200万円前後の場合はその他エージェントの利用が得策でしょう。


20代はスカウト数が少ない

ビズリーチでは、20代のスカウト数は少ない傾向があります

ビズリーチ スカウト数年代分布図

※2020/4/2現在

20歳のスカウト数は1,837件、21歳では3,625件と20代前半でのスカウト数が少ないと分かります。

しかし、年齢が高くなるにつれてスカウト数は増加し、社会人経験・ポテンシャルを持ち合わせ転職適年期と言われる28歳がピークです。

よって、20代の中でも経験・スキルが豊富で優秀な人であればスカウトを多く受信できると言えるでしょう。

ビズリーチは、20代向けではない

ビズリーチのターゲットは、30・40代のハイクラス層です。

20代若手でも審査通過し利用できる可能性がある反面、20代向けの転職サイトではないため魅力的な案件が無かったり、満足度が低い場合があります

転職活動では、自身に合った転職サイト・エージェントを利用するのが成功の秘訣。20代向けのものや、目指す業界に合うサービスを見つけましょう。

    ≪20代若手におすすめ転職エージェント≫

  • リクルートエージェント:転職支援実績No.1の転職エージェント
  • doda:転職サイトとエージェント・スカウト機能を兼ね備えた万能サイト
  • キャリトレ:ビズリーチの20代バージョン。レコメンド・スカウト機能付
  • キャリアカーバー:スカウト機能付ハイクラス転職サイト。25歳以上におすすめ

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、業界最大手の転職エージェントです。

約28万件の案件数を保有し、全年代・全業種、職種などあらゆる転職希望者に対応

リクルートエージェントに在籍するアドバイザーには、国家資格キャリアコンサルタントの取得者がいたり、高い交渉力で不採用の結果を覆した事例があるなど転職のプロが集結。

過去40年の転職ノウハウで、過去問から質疑応答能力を高める”面接力向上セミナー”や模擬面接も実施しています。この取り組みにより、面接通過率は約17%アップ

企業の選択肢が多く、手厚いサポートを受けたい20代若手におすすめです。


doda

dodaは、転職サイト・エージェント2つの機能が1つになり、企業から直接スカウトがもらえるため、効率良く転職活動が進められます

エージェントでは、入社後のフォローや女性特有の悩みを理解した転職サポートを受けられるメリットも。

dodaでは、大型の転職イベント”転職フェア”や個別相談、セミナーの開催など、ならではのサービスを展開し転職希望者をサポート。20代で初めての転職でも安心な、チャット相談窓口も設置されています。

初めての転職や女性の転職、効率の良い転職活動をしたい20代若手におすすめです。


キャリトレ

ビズリーチと同運営会社のキャリトレは、スキルが高い20代若手向けのスカウト・レコメンド機能付転職サイト。

キャリトレのレコメンド機能は、関心のある案件に”興味がある”ボタンを押すと、そのデータを元にAIが類似する案件をピックアップしてくれます。自ら案件を探す手間を省け、希望条件に合った案件が集まるので隙間時間での転職活動が可能です。

スカウトには、ビズリーチ同様プラチナスカウトが存在します。プラチナスカウトを受け取ると、企業と直接チャットでやり取りできたり書類選考をパスして面談へ進めるメリットも。

キャリアアップ転職や市場価値を把握したい20代若手におすすめです。



キャリアカーバー

キャリアカーバーは、登録審査がなく完全無料で利用できる転職サイト。年収800~2,000万円・管理職や役員クラスの案件を多く保有しています。

ビズリーチ同様、ヘッドハンターの検索・相談やスカウト機能が備わっており、年収・キャリアアップ転職が可能。転職決定時の平均年収が約900万円と高い実績を誇ります。

年収800万円以上を目指す実力のある20代後半の若手におすすめです。


20代若手がビズリーチで転職を実現する方法

20代若手がビズリーチで転職成功させるには、下記2つが鍵になります。

  1. 職務経歴を充実させる
  2. 複数のヘッドハンターに相談する

職務経歴書を充実させる

企業やヘッドハンターが、スカウトを送る際に基準とするのは職務経歴書です。

そのため、スキルや経歴などの入力事項を充実させ能力をアピールするとスカウトを多く貰えるきっかけにもなります。

また、登録時には基本情報だけでなく詳細情報を最後まで埋めましょう。

    ≪詳細情報を記入する利点≫

  • 審査材料が増え審査通過率がアップする
  • 利用開始時からスカウトが届き転職活動がスムーズになる
  • 詳細情報の記入有無で転職決定率に違いが出る

ビズリーチ 基本情報入力後の画面

複数ヘッドハンターに相談する

ビズリーチでは、ヘッドハンターが転職のアドバイザーとなり書類の書き方や面接対策・企業の内部情報を伝授してくれます。

ヘッドハンターは、個々で得意な業種や精通する企業が異なるため、複数人に相談すればキャリアへの視野や可能性・知識が広がるのです。

有料会員であれば、ヘッドハンターを自ら検索・相談もできます。業種や勤務地などで絞り、希望条件に合ったヘッドハンターを見つけましょう。

≪ヘッドハンター検索欄≫

ビズリーチ ヘッドハンター検索欄


20代若手転職の現状

20代若手は転職に積極的

キャリトレが20代に行った令和時代の転職活動調査では、新卒で入社した企業に定年まで働くと想定していないと答えた人が約8割を占める結果になりました。

現20代若手は転職も視野に入れ、今後のキャリアを考えていると分かります。

20代若手転職の現状1

※1

20代若手が転職で重視するポイント

転職で年収以外に重視するポイントの問いには「休暇など福利厚生:48.8%」と断トツで多く見られました。転職時に関心のある情報に対しては、「社内環境:57.4%」「職場の状態:50.1%」が上位に来ています。

この結果から、働き方改革によりライフワークバランスに重点を置いた転職を考えている人が多いと言えるでしょう。

20代若手転職の現状2

出典:株式会社プラスト
転職に関するアンケート調査

20代若手 理想の転職活動

キャリトレが20代に調査した、理想の転職活動方法では「スカウトを受ける・知人や友人から推薦・紹介されるリファーラル採用される」2点を望む人が約66%となりました。

一方で、自ら応募すると回答した人は約20%。現在では、興味のある企業へ応募するだけでなく、自身を求める企業へ転職する選択肢が増えています。

20代若手転職の現状3

20代若手でスカウト機能を用いた転職活動をするなら、dodaキャリトレキャリアカーバーを利用しましょう。

【出典】※1.2共通
キャリトレ 令和時代の転職活動

ビズリーチは20代若手も利用可能だが、20代対応サイト利用が得策

ビズリーチは、20代でも利用できる可能性がありますが、20代向け転職サイトではない・スカウト数が減るため、転職活動の長期化が懸念されます

20代若手転職で効率よく年収・キャリアアップを狙うなら、20代対応の下記転職サイト・エージェント利用がおすすめです。

スカウト付きの2~4なら、自身の市場価値が把握できる・キャリアの可能性が広げられるメリットがあるので、さらに有利な転職活動ができるでしょう。

≪20代若手におすすめ転職エージェント≫

1.リクルートエージェント
2.doda
3.キャリトレ
4.キャリアカーバー

転職サイト・エージェントの掛け持ちをすると、案件・サポートの良いとこどりが出来き転職成功への近道になります。

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。
複数の転職エージェントを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめ転職エージェントは、転職実績No.1の『リクルートエージェント』と20代・30代に人気の『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかるアプリ「ミイダス」も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは完全無料なので、まずは気軽に転職の相談をしてみましょう。

リクルートエージェント

転職成功実績No.1!非公開求人20万件超!!
圧倒的な求人数であらゆる業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!
登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ

年収500万円から利用できるハイクラス転職サイト。
求人の3割以上が年収1,000万円超え!登録時に入力した情報をもとに企業から直接スカウトされる。

中でも「プラチナスカウト」を受け取ると企業やヘッドハンターと必ず面談できる。キャリアアップを望む人は必ず登録しておきたい転職サービス。

\17の質問に答えるとスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:これを読むだけで転職成功率アップ!?厳選おすすめ転職エージェント18選

RECOMMEND

関連記事