最終更新日:

ビズリーチは20代の若手向け?利用する注意点と20代若手の転職成功法

20代若手はビズリーチで転職可能?利用の注意点と効率良く転職する方法

「20代の若手でもビズリーチは使える?」
「ビズリーチは20代若手に有利なサービス?」
「20代若手のビズリーチ活用法は?」

ビズリーチが20代若手にも有益か分からず、利用を迷っている人は少なくありません。

ビズリーチは20代でも利用可能ですがハイクラス向けのため、キャリアに自信がない若手は他社と併用すると転職が成功しやすいです。

今回は20代若手がビズリーチを利用できる理由や利用する注意点、20代若手の確実な転職成功法を解説します。

20代若手がビズリーチを利用できる理由

ビズリーチはハイクラス向けのサービスだから、経験やスキルがない20代若手は利用できないよね?

ビズリーチは、ハイクラス国内最大級のスカウト型転職サイトです。

利用者の年齢制限はありませんが、ハイクラス求人に見合うキャリアがなければ審査に通過できません

現在の年収が500万円以上or経験やスキルがある20代若手は審査に通りやすいでしょう。

ビズリーチの審査基準は非公開だから、年収500万で経験に自信があっても審査に落ちる20代若手もいるわ。


ビズリーチが合わない20代若手は他社併用

    20代若手に不利なビズリーチの特徴

  1. 登録に審査がある
  2. 主な年齢層は30~40代
  3. 求人の1/3以上が年収1,000万円超え
  4. 経営幹部・管理職の求人が多い

ビズリーチの主な利用者は30代以上のハイキャリア層で6割以上がマネジメント経験者、求人も高年収・役職就きが多いです。

社会人経験が浅い20代若手がビズリーチを利用しても、他者と比較されれば経歴で見劣りしてしまいます。

有利に転職活動を進めたいなら、ビズリーチ以外の20代若手に特化した転職支援サービスを併用しましょう。

経験が浅い20代若手向け

DYM就職 ジェイック
転職エージェント
主な年齢層 18~35歳 18~35歳
主なサポート対象者 第二新卒、既卒、女性もOK 中退者、フリーター、ニート
支援実績 経験が浅い若年層を積極支援 入社後の定着率91.5%
特徴 優良企業を厳選
人物重視の採用
親身なサポート
正社員求人のみ
研修が無料
就職成功率8割
簡単登録
(無料)


第二新卒エージェントneo 就職Shop
転職エージェント
主な年齢層 20代 20代
主なサポート対象者 第二新卒、職務経験なしも可 フリーター、既卒、中卒も可
支援実績 職歴なし支援実績1万人以上 利用者累計10万人超
特徴 1名のサポート平均8時間。相談しやすさ1位 書類選考なし
優良企業1万社
最短7日で内定
簡単登録
(無料)


経験がある20代若手向け

リクルートエージェント マイナビエージェント
転職エージェント
主な年齢層 20代~35歳 20代~35歳
主なサポート対象者 全転職者に対応 20代、第二新卒、1~3回目の転職者
支援実績 採用成功実績は54万人超 20代の信頼No.1を獲得
特徴 業界最大手
転職実績No.1
面接対策が充実
サポートが◎
中小企業に特化
IT系にも強い
簡単登録
(無料)


20代若手のビズリーチ審査通過方法

ビズリーチでは、登録情報を見た企業やヘッドハンターからスカウトが届きます。

情報が少ないと求職者の能力を判断できないため、20代若手に限らずスカウトが届かない・審査にも通りにくいです。

    審査通過の必須情報

  1. 職務経歴
  2. 職務要約
  3. スキル

上記の情報を詳細に記載しておくと審査に通過しやすくスカウトも届きやすくなります

レジュメを充実させる利点
・審査材料が増え審査通過率アップ
・すぐにスカウトが届くのでスムーズ
転職決定率が上がる

ビズリーチ 基本情報入力後の画面

ビズリーチを利用した転職成功者の9割以上が、詳細情報まで入力しています。

主な年齢層から外れている20代若手は、登録時に必ず全入力項目を埋めましょう

ビズリーチ公式【公式】https://www.bizreach.jp/
登録は60秒で完了!


20代若手がビズリーチを利用する注意点

ビズリーチは20代若手でも、高年収&経験やスキルが豊富&レジュメが充実してれば審査通過できるんだ!

ハイクラスに特化してる事実は変わらないから、20代若手がビズリーチを利用するなら注意点も多いわ。

ビズリーチと20代若手のミスマッチ

ビズリーチは他社サービスと比較して、求められる経験やスキルのレベルはかなり高いです。

    ビズリーチと20代若手のミスマッチ例

  1. 経験やスキル以上のスカウトが届く
  2. スカウトに応募しても落とされる
  3. スカウトが届かない
  4. 転職活動が長期化する

20代若手は社会人経験が数年しかなく、実務経験が浅い・業務スキルが不十分なまま転職活動に臨むため、ビズリーチと頻繁にミスマッチが起こります

ビズリーチは20代若手へのスカウトが少ない

ビズリーチが登録者に公開している統計情報によると、ヘッドハンターや採用企業が送ったスカウトの総数は下記の通りです。

ビズリーチ20代若手のスカウト

年齢(歳) スカウト数
20 1721
21 3541
22 9999
23 51804
24 160143
25 263676
26 329174
27 364956
28 366400
29 327569
30 303431

20代若手へのスカウトは、22歳まで1万件以下、24歳からは10万件を超えますが26歳と比較すると半分以下しか送られていません。

28歳をピークに26~33歳が最もスカウトが届きやすい年齢層です。

審査に通ればスカウトが届きはしますが、20代後半と比較して20代若手の転職先の選択肢は少ないでしょう。

20代若手はビズリーチと適性診断

どうしてもビズリーチに拘る20代若手は、登録前に徹底的に自己分析しておきましょう。

自分の仕事の適性や市場価値を把握していれば、狙うべき業界・職種、ポジションがわかります

急に自己分析なんて言われても、20代の若手には難しいよね。適性や市場価値を簡単に調べる方法はないの?

自己分析が苦手・自分の適性を今すぐ診断したい人は、リクナビNEXTのグッドポイント診断を利用しましょう。

簡単な質問に答えるだけで自分の強みが見つかる本格診断サービスで、時間もお金もかけずに仕事の向き不向きの適性をチェックできます

ビズリーチの20代若手の活用法と適性診断(※会員登録すると無料で診断できます)

業界最大手の「RECRUIT」が開発しているため、診断結果の精度も信頼性も抜群です。

たった数分で適性が見えてくるので、自分にどんな仕事が向いているか知りたい第二新卒者はさっそくチェックしてみましょう。

リクナビNEXTの求人は約6万件。診断後にはそのままマッチする求人を探せるのでスピーディー。

ミイダスは、あなたの本当の価値を“見いだす”効率的な就職活動ができるアプリです。

簡単な質問に答えるだけで想定年収が算出され、自分の今の市場価値がわかります。

ビズリーチの20代若手の活用法と適性診断(※会員登録完了後に自動で市場価値を算出)

業界大手「doda」の運営会社の新ブランドで、同社が持つ膨大な過去の就職者データから自分のキャリアの分析が可能。

すぐに優良企業28万社にあなたの経歴が公開され、企業からオファーが届くシステムです。

20代若手の転職事情と転職成功法

20代若手は転職に積極的

ビズリーチが運営する20代の転職サイト「キャリトレ」の調査によると、入社後の転職に関する意識は下記の通りでした。※1

20代若手転職の現状1

約8割が、学生の就活時から入社後の転職を意識していたと回答、定年まで働く想定でいた人は2割ほどでした。

長期的なキャリアの選択肢として、多くの20代若手が転職を視野に入れているようです。

20代若手が転職で重視する条件

株式会社プラストの全国の20〜35歳を対象にした調査によると、転職で給与以外に重視する条件・興味のある情報は下記の通りでした。

20代若手転職の現状2

それぞれ福利厚生・社内環境が最も多くの割合を占めています。

20代若手を含めた若年層には、ライフワークバランスを重視して転職を検討している求職者が多いです。

出典:株式会社プラスト
転職に関するアンケート調査

20代若手の理想の転職活動

キャリトレの同調査によると、理想の転職活動の回答は下記の通りでした。※2

20代若手転職の現状3

6割以上の20代が、企業からのスカウトや知人・友人からのリファーラル(推薦・紹介)を希望していて、自身で応募すると回答した人は2割もいません

20代若手は自分が転職したい企業だけでなく、自分に興味を持つ企業もキャリアの選択肢になるようです。

【出典】※1.2共通
キャリトレ 令和時代の転職活動

20代若手は転職支援サービスを併用

スカウトサービスや転職エージェントを1社しか利用しないと、自分に適しているか、希望に合う求人を探しやすいか判断がつきません。

20代若手の転職活動には複数の転職支援サービスを併用した方が効率的です。

登録・利用はすべて無料なので、それぞれを比較して自分に合うサービスを選びましょう。

サービス名 特徴
DYM就職 優良企業を厳選して求人紹介。人物重視の採用
ジェイック 無料就活講座あり。就職成功率は81.1%
第二新卒エージェントneo 職歴なしからの転職実績1万人。面接対策のサポート◎
就職shop 全求人が未経験歓迎で書類選考なし
リクルートエージェント 転職支援実績No.1。営業職やIT系に強い
マイナビエージェント 20代の信頼度No.1。中小企業に特化

20代若手はビズリーチと他社併用で転職

ビズリーチは年収500万円以下・経験やスキルが浅い20代若手は審査に通過できません

年収500万円以上で経験やスキルがあるなら20代若手でも利用できますが、求められるレベルが高くミスマッチが起こりやすいです。

20代若手はビズリーチをサブとして利用しつつ、20代向けのサービスを活用して転職を成功させましょう。

ビズリーチ公式【公式】https://www.bizreach.jp/
登録は60秒で完了!

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、実績No.1の『リクルートエージェント』と、20~30代向けの『マイナビエージェント』です。

『生涯学習のユーキャン』で転職したい業界・職種に役立つ資格を取得すれば、転職活動を有利に進められます。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは無料なので、まずは気軽に相談してみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
幅広い業界・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!各職種の転職事情を熟知した手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

\Q&Aに答えるとスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:おすすめ転職エージェントを厳選!おすすめの選び方と絶対失敗しない活用法

RECOMMEND

関連記事