最終更新日:

リクルートエージェントなら中高年(40代・50代)でも転職成功する!?

転職と年齢は切っても切れない関係です。世代毎に企業から求められる条件が違い、年齢を重ねれば選択肢も少なくなります。

40代・50代の転職者はできるだけ年齢が不利にならない選択肢が多くある転職エージェントを利用するのがベストです。

業界最大手のリクルートエージェントなら、年齢に見合った年収と経験を伴う40代・50代転職が不利になりません

今回は「リクルートエージェントを中高年が利用するメリット」を年代を取り巻く状況と共にお伝えしていきます。

リクルートエージェントの概要

求人数、知名度、実績No.1

リクルートエージェントは圧倒的な求人数とブランド力、転職支援実績No.1の実力を誇る業界最大手の転職エージェントです。

交渉力・営業力が高い優秀なキャリアアドバイザーが多数在籍し、充実の面接対策も人気。

経験のある中高年のニーズにも幅広く応えられる手厚いサポートに定評があります。

リクルートエージェントは中高年(40代・50代)でもOK

リクルートエージェントには年齢の制限がない

下記はリクルートエージェントのFAQです。

「Q.転職支援サービスを利用するにあたって年齢制限はありますか?」
「A.申し込みの年齢制限はございません。幅広い年齢層の方が転職を実現されています。」

年齢だけで切り捨てるエージェントもあるのに、リクルートエージェントはとっても間口が広いのね!

ただし、下記のように年齢相応の年収や職務経験が伴っていない40代・50代は、年齢制限のないリクルートエージェントでもサービスを利用できない場合があります。

  1. 転職回数が多すぎる
  2. 在籍期間が短すぎる
  3. 前職の年収が低すぎる
  4. 年齢に伴ったスキルや職務経験がない
  5. 正社員経験がないor短い、非正規雇用
  6. 転職希望時期が遠すぎる
  7. 特殊な職歴(郵便局員・自衛隊・自営業・芸能人など)

40代の転職者を取り巻く状況

35歳転職限界説は崩壊しつつある

下表はリクルートワークスの民間企業の調査から2018年度上半期の年代別中途採用実績(3,383社が回答)を抜粋したデータです。

~29歳 30~39歳 40~49歳 50~59歳 60歳~
2018 58.1% 66.8% 48.8% 22.9% 5.9%
2017 57.2% 66.0% 43.5% 19.9% 5.2%
前期差
(%ポイント)
+0.9 +0.8 +5.3 +3.0 +0.7

参考:中途採用実態調査(2018年上半期実績、2019年度見通し)P.8/リクルートワークス研究所

40代の中途採用率が突出して上昇してる!これからチャンスが増えていくのね!

昨今の人手不足で即戦力を求めている企業がいっぱいあるの。このタイミングを逃す手はないわ!リクルートエージェントの後押しがあれば転職成功がぐんと近づくわよ。

リクルートエージェントを40代で利用するメリット

多忙な40代でもスムーズに転職活動できる

面談でリクルートエージェントの担当者と転職に求める条件を隅々まで共有しておけば、その後の転職活動が希望に沿ってスムーズに進んでいきます。

しかし、管理職としてチームを牽引したり現場のプレイヤーとしても働き盛りの40代は平日に時間がとりにくい場合もあるでしょう。

リクルートエージェントなら拠点が全国各地にあり、平日夜や土日でも柔軟に対応可能です。

じっくり書く必要のある職務経歴書をガイドに沿って簡単に作成できる「レジュメNavi」やスケジュール管理、案件紹介もウェブやスマホのアプリ一つで操作できるのも嬉しいところ♪

隙間の時間を上手に使えば多忙な40代もスムーズに転職活動できそうね。


20万件超の非公開求人で管理職ポストも多数

企業はリクルートエージェントに「広告費と人件費の削減」「ピンポイントのポジション募集」等の目的で非公開で求人を依頼します。

リクルートエージェントの20万件超の非公開求人の中には管理職のポストも多いです。

40代ならマネジメント経験を積んでいる人も多いだろうし、それを活かしてキャリアアップできるポストがいっぱいあるのね!

マネジメント力を掘り出して強化する作業もキャリアアドバイザーが手伝ってくれるわ♡ 年収アップも大きく期待できるのよ!

ある程度のキャリアがあって年収アップを狙いたい場合、規模の小さい企業に役員転職するのも戦略の一つです。

下記公式サイトから転職支援サービスに申し込み後、キャリアアドバイザーと面談すると40代にマッチする案件を紹介してもらえます。

登録・利用はすべて無料です。

リクルートエージェントの公式サイト【公式】https://www.r-agent.com/
登録は3分で完了!

50代の転職者を取り巻く状況

50代からの転職はハードルが高い

下図は2016年度に調査された入職者対象の転職入職率です。

出典:平成29年雇用動向調査結果の概要 図6 年齢階級別転職入職率(平成29年)/厚生労働省

40代後半から50代にかけて数値が顕著に低下しており、50代は男女ともに5%前後です。

「一般」の中には派遣や契約社員も含まれているため、実際には正社員の割合はもっと低くなります。

入職者とは、職に就いた人(新卒も含む)。
転職入職者とは、転職して職に就いた人。

リクルートエージェントを50代で利用するメリット

50代以上の転職決定者が年間約230人

[転職決定者の年齢]

(※1)

リクルートエージェントを利用した転職決定者の年齢層別のグラフにおいて、51歳以上の割合は1%です。

2011年度の転職決定者の総数は約2万3000名とされているので、実際の年齢層別の転職決定者数は下記と考えられます。

年齢層 割合 転職決定者数
25歳以下 14% 約3220人
26~30歳 44% 約10120人
31~35歳 26% 約5980人
36~40歳 10% 約2300人
41~50歳 5% 約1150人
51歳以上 1% 約230人

まずこの苦境の中51歳以上の求職者が登録できている時点でリクルートエージェントは間違いなく懐が深いと言えるでしょう。

加えてハードルの高い50代の転職を年間230件成立させている事実がリクルートエージェントの実力を物語っています。

50代でも条件次第で多くの紹介が可能

年齢相応のキャリア・年収やスキル・実績を積み上げていれば、リクルートエージェントのサポートで50代からさらに好条件の企業への転職も夢ではありません。

現在より規模の小さい会社を候補に入れるなど、企業の幅を広げれば自ずとマッチング率も上がっていきます。


(※2)

上図右側のグラフによれば、リクルートエージェントの求人の約半数が中小企業です。

条件を精査して譲歩すれば、50代でも希望の求人をより多く紹介してもらえるでしょう。

他にもこれまでの経験を活かせるところに絞る年収の最低ラインを下げてみる…などなど優先順位を整理してみてね。迷ったらキャリアアドバイザーが相談に乗ってくれるわ。

三十余年分のキャリアの棚卸しをサポート

ベテランの50代だからこその経験、技術力・知識・マネジメント能力は強力な武器です。

企業に魅力的に伝えられるようリクルートエージェントが業界老舗の知識・経験を活かしてしっかりとサポートしてくれます。

キャリアアドバイザーは長年同じ職場に勤めていると見落としがちな客観的な視点を補い、企業の内情に合わせたアピールポイントづくりを手助けしてくれる心強い助っ人です。

リクルートエージェントは書類添削の質が高いって評判なの。企業の「ほしい」に合わせたPR方法をアドバイスしてくれるんだから♪

書類の作成ってとってもややこしそうだし、一人で書いていると不安になりそう。50代の求職者なら職歴を振り返るだけでも一仕事よね。これってすごく助かるわ!

ここまで掘り下げておけば面接でのアピールにも有効活用できるでしょ?リクルートエージェントでは模擬面接のサービスもあるから、併用すればさらに鉄壁装備よ☆

リクルートエージェントなら50代でも転職活動期間を短縮

50代は早期退職を迫られるケースも珍しくありません。

離職期間がないように転職するなら退職日から逆算して計画的な転職活動が必要です。

採用枠が少ないため転職活動期間が長引く可能性もあります。

    リクルートエージェントが代行してくれる作業

  1. 求人の検索、紹介、応募、推薦
  2. 応募書類の添削
  3. 面接日程の調節、面接対策
  4. 採用条件、給与、配属先、ポジションなど企業との交渉
  5. 契約書や入社関連の手続き、入社日のすり合わせ

転職活動では上記のように手間のかかる工程が並びます。

複数の企業に同時応募すると考えれば一人での作業はなかなかの苦労です。

50代は家庭のある人も多いだろうし、仕事と並行して進めていくのは精神的にも体力的にも大変よね。

リクルートエージェントは短期決戦の転職者に向いているといわれ、支援開始~3か月以内に転職先が決められるよう尽力してくれます。

上記のような段取りもすべて担ってくれ、しかもそこにスピード感があるのが魅力です。転職活動をテンポよく進めていけます。

リクルートエージェントのキャリアアドバイザーは長年の転職ノウハウが土台にあってスキルが高いから、無駄なくムラなく手助けしてくれるのよ。支援の延長や再登録での利用も可能だから安心ね♡

ただし、テキパキと進めていく分リクルートエージェント側の押しも強めになる場合があるので、流されずに自分の意見を伝えてキャリアアドバイザーとの相互理解を深めましょう。

下記公式サイトから転職支援サービスに申し込み後、キャリアアドバイザーと面談すると50代にマッチする案件を紹介してもらえます。

登録・利用はすべて無料です。

【公式サイト】https://www.r-agent.com/
登録は3分で完了!

40代・50代がリクルートエージェントを利用するデメリット

デジタルが苦手な人は従来の方法で対応可

デジタル化で利便性を向上させているリクルートエージェントですが、ウェブやアプリなどの操作が多い分、慣れていない人には抵抗があるかもしれません。

依頼すれば電話での仕事紹介もしてくれるし、提出書類をパソコンで入力するのがしんどければプリントアウトして手書きもできるわ。伝えたい話は面談で直接できるし、サービス利用上の不安は、伝えれば対応してくれるわ☆

年下のキャリアアドバイザーが苦手なら変更を依頼する

中高年になって、自分よりも若い担当者に頼りなさや不安を感じてしまう人もいるでしょう。

必ずしも同世代やそれ以上のキャリアアドバイザーに変更できるとは限りませんが、希望すればキャリアアドバイザーの変更は可能です。

基本的にはキャリアアドバイザーって選抜されて教育を受けたスペシャリストだから、相性は別として、多少若くても信頼できるスキルはあるはずよ!

リクルートエージェントなら40代・50代のキャリアを最大限に活かせる

40代・50代は若い世代と比べるとどうしても転職の状況は厳しく、不採用の通知が何度も届くかもしれません。

しかしリクルートエージェントのサポートと40代・50代のキャリアを最大限に活かせれば、希望は現実に変えられます。

リクルートエージェントを利用すれば、経験のある40代や50代の中高年の転職は有利に進められるのね!

今の時代、40代・50代の中高年なんてまだまだ現役よ。振り返った時に有意義に過ごせたと思えるよう、今この時の努力を惜しまないで。私も応援してるわ♡

リクルートエージェント

転職成功実績No.1!
圧倒的な求人数であらゆる業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。
高年収管理職など年齢相応の経験がある40代・50代は転職活動が有利に進む!

【公式サイト】https://www.r-agent.com/
登録は3分で完了!

(※1,2 出典:転職実績データ/RECRUIT AGENT)

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。
複数の転職エージェントを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめ転職エージェントは、転職実績No.1の『リクルートエージェント』と20代・30代に人気の『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかるアプリ「ミイダス」も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは完全無料なので、まずは気軽に転職の相談をしてみましょう。

リクルートエージェント

転職成功実績No.1!非公開求人20万件超!!
圧倒的な求人数であらゆる業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!
登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ

年収500万円から利用できるハイクラス転職サイト。
求人の3割以上が年収1,000万円超え!登録時に入力した情報をもとに企業から直接スカウトされる。

中でも「プラチナスカウト」を受け取ると企業やヘッドハンターと必ず面談できる。キャリアアップを望む人は必ず登録しておきたい転職サービス。

\17の質問に答えるとスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:これを読むだけで転職成功率アップ!?厳選おすすめ転職エージェント18選

RECOMMEND

関連記事