最終更新日:

50代向け転職エージェントは?50代転職の実態と条件通りの転職成功方法

50代向け転職エージェントは?50代転職の実態と条件通りの転職成功方法

「50代にはどの転職エージェントが良いか」
「50代でもちゃんとサポートしてもらえるか」

50代に合った転職エージェントはどれか、悩んでいる人は少なくありません。

若年層と比べハードルが高い50代転職でも、50代支援実績がある転職エージェントを利用すれば目的に合った転職活動が可能です。

本記事では、50代転職の実態と転職術、50代転職に適した転職エージェントを紹介・解説します。

50代転職を有利に、スムーズな転職活動をするなら読破必須の一記事。

50代対応転職エージェント

JACリクルートメント MS-Japan
サイト
JACリクルートメント
MS-Japan
特化 総合型
外資系/海外転職・管理・技術職に強い
管理部門や士業(経理/人事/法務/会計士/税理士/弁護士)
実績 転職支援実績
約43万人
管理部門/士業の登録/転職率/相談率No.1
特徴 アドバイザーの質が高い 管理部門/会計業界/法律領域に専門性の高いアドバイザーがサポート
地域 全地域対応
公式


リクルート
エージェント
パソナ
キャリア
サイト
リクルートエージェント
パソナキャリア
タイプ 転職
エージェント
転職サイト
実績 老舗ならではの転職ノウハウで採用成功実績41万人超 年収アップ率67.1%
特徴 求人数No.1
面接対策充実
年収700万円求人多数
東名阪の求人多数/担当者満足度が高い
面談 10時~19時半
※土日対応
10時~21時
※土対応
主な
業種・職種
IT・通信業界
営業・SE/ITエンジニア職
製造業・IT/技術職
公式サイト

スカウト型転職サイト

ビズリーチ キャリア
カーバー
サイト BIZREACH キャリアカーバー
タイプ スカウト型転職サイト
入会審査 あり なし
料金 一部有料 完全無料
特徴 年収600万円以上の人向け
コンサルタント ヘッドハンターがコンサルタントの役割を担う
在籍ヘッドハンター 約5,000名 約3,000名
実績 年収600万円以上の人に支持される転職サービスNo.1 転職時の平均年収900万円
面談 ヘッドハンターとのやり取りで各自調整
主な
業種/職種
IT系・管理職/役員・経営
公式


iX ランスタッド
サイト
iX公式サイト
ランスタッド
タイプ スカウト型転職サイト 転職
エージェント
入会審査 なし
料金 完全無料
特徴 長期の付き合いで市場価値を向上させるサポートが受けられる 世界39の国/地域に4600以上の拠点
コンサルタント ヘッドハンターがコンサルタントの役割を担う 英語/中国語対応可能なバイリンガルコンサルタント多数在籍
在籍ヘッドハンター 非公開 案件紹介+スカウトのハイブリッド型でマッチング力が高い
実績 転職成功者の
60%以上が年収1,000万円を実現
主な
業種/職種
非公開 技術/エンジニア/管理職
公式

50代転職成功方法

転職活動の長期化を覚悟

50代転職は、求められる能力が高くポジションが狭くなるため難しく、転職の長期化が懸念されます。

しかし50代を求める企業はあるため、書類が通らなかった場合でも一喜一憂せず根気強く活動しましょう。

在職中に転職活動を行う

リクナビNEXTの調査では転職活動にかかる費用は10万未満、U/Iターン転職では10万未満~30万未満と答えた人が多数。

退職後には収入も途絶え、焦って転職してしまいミスマッチに繋がる可能性もあります。

また転職までに離職期間があると更に不利になるため、在職中の転職活動が得策です。

経験・スキルや実績の棚卸をする

企業には即戦力を求められているため、今までの経験やスキル・実績を棚卸し自身の能力を再確認しましょう。

自身の能力を把握できれば、応募する求人とマッチングしやすくなります

綿密な自己分析を行い、転職に繋げるといいでしょう。

経験・スキルから市場価値を確認

現在の経験・スキルは、企業からどれほど求められているのか・適正年収はいくらかを把握するには、診断ツールの利用がおすすめ。

質問に答えるだけで適正年収やストレスを感じやすい環境などが分かります。

ミイダス

質問に答えていくだけで自信の市場価値(適性年収)が分かる。その他、PSAを基にした生まれ持った個性が分かる診断(パーソナリティ診断)やマネジメントの資質やストレス要因が分かる診断(コンピテンシー診断(総合適性検査))が可能。

転職エージェントを活用する

50代の支援実績がある転職エージェントを利用すれば、ヒアリングから求人紹介・書類添削や面接日程までサポートしてくれるため効率の良い転職活動が可能です。

転職エージェントは完全無料で利用でき、転職活動の長期化も防げるため求人のチェックから始めてみましょう。

スカウト型転職サイト

スカウト型転職サイトは職務経歴やスキルを登録するだけで企業・ヘッドハンターからスカウトが届き、在職中でも隙間時間で転職活動が可能です。

登録情報を見たうえでスカウトが来るため条件交渉がしやすく大幅な年収アップをした人も少なくありません

エン・ジャパンの調査では750万円以上の転職成功者が年収アップのために意識したことに対し、「スカウトを送ってきた企業への転職」と回答した人が38%と最多

スカウト数や提示された年収や待遇などの条件で自身の市場価値も測れるため、ミスマッチや転職の長期化が防止でき無理のない範囲で年収・キャリアアップができます。

50代転職には、スカウトが欠かせないと言えるでしょう。

エン・ジャパン:年収アップで意識したこと

50代転職の実態

50代転職はハードルが高い

厚生労働省の平成30年雇用動向調査では、若年層と比較して50代の転職入職率が下がっているため転職のハードルは高いと言えます。

年齢別転職入職率

※1

50代求人は増加中

2019年にエン・ジャパンが発表した50代以上の求人についてでは、アンケートを行ったコンサルタントの4分の3が50代以上が対象の求人が増加していると感じています。

【50代以上対象の求人は増えていると感じるか】

50代対象の求人の変動

※2

50代に求められている能力

上記同アンケートで、企業が50代に求める能力は「特定分野の高い専門性」「豊富な経験から、短期間での戦力になれる」2点が断トツで多く、50代を即戦力として期待しているのが分かります。

50代に求められている能力

※2

50代の採用を検討してる企業特徴

50代以上を求めているのは、中小企業が圧倒的に多いです。

大企業と比べ、中小企業は採用にかけられるコストが少ない・少子高齢社会に伴い若年層採用が激化した理由から、経験豊富な50代以上が求められていると考えられます。

50代の求人が増えている企業特徴

※3

50代転職では転職エージェントで長期化を防ぐ

ハードルが高い50代転職では、目的に合った転職エージェントを利用すれば効率よく活動が進められます。

転職術を参考にし、転職エージェントを活用しながら転職を成功させましょう。

50代に適した転職エージェント/サイト
JACリクルートメント
MS-Japan
リクルートエージェント
パソナキャリア
スカウト型転職サイト
ビズリーチ
キャリアカーバー
iX
ランスタッド


※1 厚生労働省:平成30年雇用動向調査
※2 エン・ジャパン:ミドルシニアの求人動向
※3 RECRUIT AGENT:転職実績データ

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、転職成功実績No.1の『リクルートエージェント』と、20代・30代に人気の『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは完全無料なので、まずは気軽に転職の相談をしてみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
圧倒的な求人数で幅広い業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

ビズリーチ 詳細情報の有無でかわる転職成功率

職務経歴書などの情報を詳細に入力している会員ほど転職が成功しやすい。

\情報の詳細入力でスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:おすすめ転職エージェントを厳選!おすすめの選び方と絶対失敗しない活用法

RECOMMEND

関連記事