最終更新日:

これで完璧!40代のUターン転職!成功させる4つのポイントとは?

家業を継ぐ、実家の両親の介護をする、都会での生活への疲れなど理由はさまざまですが、40代でUターン転職を考える方も少なくありません。40代でUターン転職を成功させるには、どのような点に気を付ければ良いのでしょうか。考えておくべきデメリットや40代のUターン転職を成功に導くポイントをご紹介します。

40代Uターン転職の実際は?

Uターン転職は、転職とともに日常生活もがらりと変わります。ライフスタイルの重要なポイントとなる「転職」と「住居」の2つが同時に変化することは、心身ともに大変大きなストレスになることは確かです。Uターン転職を成功させるためには、ストレスを少しでも軽減させられるように、早くから工夫をしておきましょう。

20代のUターン転職であれば、将来的に、再び都会へ出て働くという可能性も低くありません。しかし、40代のUターン転職は、その後再び都会へ戻り転職するケースは少なく、定年退職するまでその土地で生活することを念頭に入れておかなければいけません。

40代でUターン転職を考えている場合は、自分や家族のこれからの人生についてもしっかりとプランニングした上で、転職を決定することをおすすめします。仕事を探すとともに、これから先、安心して生活できる暮らしを作り上げることが、40代のUターン転職には不可欠です。

40代のUターン転職で考えておくべき4つのデメリット

通勤ラッシュに揺られて長時間かけて通勤することや、タイトな時間で次々と商談をこなさなければ時間が足りないなど、都会ならではの働き方から解放される一方で、40代のUターン転職にはデメリットもあります。具体的なデメリットを事前に知っておくことでリスク回避に努めましょう。

仕事が見つからない

都会と地方では、圧倒的に会社の数が異なります。「仕事なんて探せば見つかるだろう」という安易な気持ちでUターン転職をしてしまっては、仕事が見つからずに転職活動が長期化してしまう可能性があります。

地方には確かに農業や林業、漁業、酪農など、都会にはあまりない仕事もありますが、反対に、都会にはあるけれども地方にはない仕事もたくさんあります。40代の多くの方が、これまでの自分のキャリアを活かした転職を希望します。しかし、専門性の高い仕事の場合は、その業種や職種自体が地方の会社にはないケースもあるため注意が必要です。

収入が減る

総務省が公開した平成30年の「地方公務員給与実態調査」 によると、東京の地公公務員の給与が、月額約45.9万円(40.5歳)なのに対し、北海道は月額約41.8万円(43歳)、熊本は約40.8万円(44.2歳)という結果が出ています。

出典:平成30年 地方公務員給与の実態 – 総務省

都会からUターン転職する場合、地域によっては大幅な年収ダウンが予想されます。地方での暮らしは、収入は減るものの、食費などに深く関係する物価が都会よりも低く、基本的な生活費が下がるため問題ないことが多いでしょう。ただし、現在組んでいるローンの支払い額が大きい場合には、収入ダウンには注意が必要です。

意外な出費も!

生活費を下げて豊かな暮らしをしようという理由で、Uターン転職に踏み切る40代の方も少なくありません。しかし、地方では鉄道やバスなどの公共交通機関が発達していないことも多く、車は必需品と言えるでしょう。

子どもがまだ小さく、塾やその他の用事で車での送り迎えが必要になる場合は、3人家族でも車が2台必要になることも。車は保険や車検など維持費もかかるため、思わぬ出費とならないように貯金しておくことをおすすめします。

家族の理解が得難い

40代でUターン転職を考える場合、家族がいる人はその理解を得るのに苦労する方がたくさんいます。慣れない土地への引っ越しや人付き合い、進学など家族での移動には課題がたくさんあります。なぜUターン転職したいのか、そのメリットなどを理解してもらえるように時間をかけて努力しましょう。

40代でUターン転職を成功させる4つのポイント

40代でUターン転職を成功させ、地元でおだやかに生活を送っている方もたくさんいます。転職した人たちが行った成功の秘訣をまとめました。40代の方は、Uターン転職の際の参考にしてみてください。

早めから情報収集しておく

40代のUターン転職を成功させるには、情報収集が重要な鍵を握ります。地元にどのような企業があるのか、自分のスキルが活かせそうか、生活するにはどのような不便があるのかなど、仕事と生活の両面からの情報取集をすることで、地元に帰ってからのギャップを減らすことができます。

また、面接を受ける際も何度も足を運んでいたのでは、交通費や宿泊費などもかさんでしまいます。都会での生活をしながらの情報収集が、いかに効率よく転職活動をすすめられるかを左右します。現在の仕事をしながら地元の情報を集めるのは、至難の業です。早めから情報収集をスタートさせ、スケジュールに余裕を持って転職を進めると、後悔のないUターン転職ができるでしょう。

人脈をフル活用して仕事を探す

会社が少ない地方では、Uターンどころか転職そのものが難しい場合もあります。そんなときに強い味方になってくれるのが、人脈です。地元の知り合いや友人、親戚など、持っている人脈をフル活用して転職先を紹介してもらうと、効率良く転職することができるでしょう。幅広い声かけが成功の秘訣です。

転職資金を貯めておく

転職活動期間中は意外な出費がかさむものです。Uターン転職ともなるとなおさらで、交通費や宿泊費、引っ越し代に当面の生活費など、さまざまなお金がかかってしまいます。Uターン転職を考えている場合には、早めから生活費とは別に、転職活動資金を貯めておくことが大切です。

免許と車の準備をしておく

40代の方がUターン転職をする場合には、仕事や生活で車が必要になります。運転免許と車の準備はなるべく早めに進めておくことをおすすめします。自分自身だけでなく家族にも必要となるため、その旨を早めに伝え、運転免許がない場合には、今後の生活のためにも、時間に余裕のあるうちに免許を取得しておくようにしましょう。

40代でUターン転職したい方の仕事の探し方はこの3つ

Uターン転職をするときにおすすめの仕事の探し方をご紹介します。都会でもできるものばかりですので、仕事をしながら同時に仕事を探し始めてみましょう。

人脈を活用する

まずは、Uターン転職を検討しているということを地元の知り合いや友人、親戚などに伝えましょう。仕事を探していることや、仕事を紹介してほしいということを話しておくと、良い話が転がり込んでくるかもしれません。同窓会や県人会などの開催予定がある場合には、積極的に参加して人脈を広げておくのもおすすめです。

ハローワークを活用

ハローワークは、現在の住所地のある管轄エリアしか応募できないと思っていませんか?ハローワークは確かに、ハローワークのある地域に密着した求人情報にとても強いものですが、ほかのエリアだからと言って応募できないわけではありません。

なかでもハローワークのインターネットサービス を利用すれば、どこからでも全国の求人情報が閲覧できます。どのような職種で募集が多いのか、給与はいくらくらいなのかなどの情報収集にも役立つため、上手に活用していきましょう。気になる求人があれば、求人番号を控えておき、最寄りのハローワークに問い合わせてみると良いでしょう。

転職エージェントを活用する

最近では、転職活動に転職エージェントを利用する人も増えています。転職エージェントを活用する場合には、Uターン転職に強く、実績豊富なところを探しましょう。転職エージェントは最近の転職市場についての情報に強く、Uターン転職をする際にも、気を付けた方が良いポイントや成功の秘訣などにも詳しく、良いアドバイスを受けることができるでしょう。

リクルートエージェント



転職成功実績No.1の手厚いサポートで圧倒的な支持を集めているのが『リクルートエージェント』です。リクルートグループならではの企業との幅広いパイプがあり、求人数は群を抜いています

求人数が少ない40代の転職だからこそ、圧倒的求人数を誇るリクルートエージェントが最もおすすめです。転職実績No.1ということもあり、キャリアアドバイザーの評価も高く、登録しておいて損はない転職エージェントです。

Spring転職エージェント(アデコ)




『Spring転職エージェント(アデコ)』は企業も求職者も一人のキャリアアドバイザーが担当する仕組みである「両面型コンサルティング」を採用しています。そのためアドバイザーの専門性が高くて、求職者のニーズを的確に把握しミスマッチが少ないです

中でもこの転職エージェントの特徴は、絶対に面談を断らないことです。他の年代と比べると書類選考通過も難しく感じる40代にとっても、非常にありがたい特徴と言えるえるでしょう。

40代のUターン転職で気を付けておきたい2つのポイント

40代のUターン転職では、地方で仕事をするにあたって、気を付けておきたいポイントが2つあります。仕事だけでなく充実した人間関係を築くためにも、事前にしっかりと心に留めておいてくださいね。

都会で働いていたことをおごらない

「都会で働いてきた」という、おごりを見せないことです。特に、都会である程度キャリアを積み、会社の中で地位を築いてきた場合には、地方に戻るとそれらをおごりとして、周りの人に知らしめようとするタイプの方がいます。地方には地方のコミュニティがあり、都会のルールは通用しません。謙虚な姿勢を忘れないことは、都会も地方も、転職活動を進める際に大切なポイントになります。

Uターンする立場からは、「地元に戻る」という感覚で、昔ながらのコミュニティにまたすんなり入れるだろうと思っているかもしれません。しかし、そこにあるものは、昔とは異なる新しいコミュニティになっています。仕事だけでなく人間関係もゼロから作り上げるということを忘れずに!

専門的な分野だけの仕事では通用しないケースが多い

人手が多く、それぞれが自分の専門分野の仕事をこなすという都会的な仕事スタイルのままでいると、地方ではかえって「使えない人物」とされてしまうことがあります。人手のない地方の会社では、1人の人が分野の異なる多くの仕事をこなしているケースが多いものです。「私の仕事は〇〇なので、○○以外は担当外」という姿勢では、地方の会社では通用しないと考えておいた方が良いでしょう。

初めて行う分野や仕事に関しても、前向きに勉強する姿勢を見せ、周囲の協力を得ながら自分のスキルを増やしていきましょう。謙虚な姿勢で協力を仰ぐことで、人間関係も構築され一石二鳥になりますよ。

40代のUターン転職には事前の準備が必要

40代の方でUターン転職を考えている人は、仕事だけでなく生活面で支障がないかも同時に考えながら進めるようにしましょう。人脈や転職資金、車の手配などさまざまな事前準備が必要になります。家族の理解と協力がなければ成り立たないのがUターン転職です。しっかりと話し合って、転職活動を進めることをおすすめします。


RECOMMEND

関連記事