最終更新日:

既卒は就職できないは嘘!内定につながる既卒がやるべき3つのポイント

既卒は就職できないは嘘!内定につながる既卒がやるべき3つのポイント

既卒は就職できない

ネット上ではそういった噂も多く、不安になっている既卒者の方も多いかもしれません。

そこで本記事では既卒が就職できない原因と就職するためにやるべきポイントを解説します

噂に騙されず、正社員になりたい既卒者の方はぜひ参考にしてください。

既卒の就活に詰まったら
就職エージェントに相談するのがおすすめ
既卒向けエージェントの比較表はこちら
↓↓↓

既卒は本当に就職できないのか?

2020年に行われたマイナビの調査によると既卒の内定率は「34.4%」で、約3人に1人の割合で内定が出ていました。

確かに高いとは言えませんが、決して低くない数字にも関わらず、こういった噂が流れる理由には「新卒と比べると就職できない」点があるでしょう。

実際に同調査では、新卒(現役学生)の内定率は「77.6%」であり、既卒と比べると倍近い数字になっていました。

ただし、新卒と既卒とではそもそも条件が大きく異なるので比較する意味がありません。

また、同じ既卒の中にも卒業後すぐの人や卒業後数年経っている人など、人によって条件がかなり違うため、内定率はあまり参考にしない方がいいでしょう

こういった噂に惑わされずに、大切なポイントを押さえて就職活動を続ければ、既卒でも就職できる可能性は大いにあるのです。

確実に就職したいなら就職エージェントの利用がおすすめ

2020年度既卒者の就職活動に関する調査

既卒が就職できない理由は主に2つ

既卒でも就職できるとはいえ、実際に内定を貰えず悩んでいる人がいるのも事実です。

ここでは既卒が就職できない理由を大きく分けて以下の2つご紹介します。

    ■ 既卒が就職できない理由

  1. 就職活動を熱心に行っていない
  2. 質問に的確に答えられていない

就職活動を熱心に行っていない

周りの同級生が同時に就職活動を行なう学生時代と違って、既卒の就職活動は孤独です。

自分から行動しない限り就活に関する情報も入ってこなくなるため、気がつけば就活から離れた生活をしてる人も少なくないでしょう

また、アルバイトやパートで生計を立てなければいけない人は、就職活動に専念するのが時間的にも厳しくなります。

このように、そもそも就職活動に割く時間が学生時代と比べて少なくなりやすいのが既卒が就職できない理由の1つです。

質問に的確に答えられていない

既卒の就活では、「どうして既卒になったのか?」「卒業後は何をしていたのか?」など、面接時に必ず聞かれる既卒ならではの質問があります。

しかし、学生時代と同じ感覚のまま就活を続けていると、こういった質問を「責められている」と受け取り、うまく答えられません。

既卒には既卒ならではの面接対策が必要なので、そういった質問に的確に答えられていないのが就職できない理由の1つでしょう。

既卒向け就職エージェントを利用すれば、既卒ならではの就活対策アドバイスをもらえるのでおすすめです。

就職できない既卒がやるべき3つのポイント

なかなか内定を取れない既卒者が、就職活動でするべきポイントをまとめてみました。

自身の行動を振り返って足りない所がないかチェックしてみてください。

    ■ 既卒がやるべき3つのポイント

  1. 積極的に就職活動を
  2. 受ける会社を絞りすぎない
  3. 苦手な質問対策をしっかりと

積極的に就職活動を

就職できない既卒者は、就職活動に本腰を入れていない場合が多いです。

まずは学生の時のように、積極的な就職活動をしてみましょう

アルバイトやパートなどで毎日が忙しい場合は、少しセーブするかスケジュールを管理して、まずは時間の確保から始めましょう。

受ける会社を絞りすぎない

大手だけに絞る、業種を絞る、職種を絞るなど受ける会社を絞りすぎている人も少なくありません。

しかし、会社を絞れば絞るほど、その分就職できる可能性は低くなっていきます

今持っているこだわりは本当に譲れないのか、部分的に条件を緩められるのかなど、自分の応募基準を一度見直してみて下さい

苦手な質問対策をしっかりと

書類や筆記試験では受かるのに、面接になると落ちてしまう人は、面接対策ができていないのが原因です。

不安そうにしていたり、質問の答えがあやふや、答えをごまかすような態度を見ると、企業としてもその人を信頼して良いのか判断できません。

苦手な質問にもしっかりと答えられるように、必ず準備しておきましょう。

「就職できない」を抜け出す面接での受け答え

既卒の面接では必ずといっていいほど聞かれる質問がいくつかあります。

そういった既卒ならではの質問に対する受け答えで、就職できるかどうかが大きく変わるでしょう。

ここでは特に頻度が高い質問とその回答例をまとめました。

    ■ 既卒の面接でよくある質問

  1. どうして既卒になったのか?
  2. 卒業後は何をしていましたか?

どうして既卒になったのか?

既卒の面接では必ず聞かれる質問ですが、面接官は既卒になった事実を責めたり詰めようとしているわけではありません

ただ、純粋に「どうして既卒になったのか」を知りたい、それ以上でもそれ以下でもないと考えて下さい。

そのため、回答する時も素直に事実を答えるようにしましょう。

ただし、

  • 言わなくてもいいネガティブな理由は避ける
  • そこから何を学んだのかを含める
  • 絶対に嘘はつかない

などのポイントに注意して下さい。以下が回答例になります。

【回答例】
学生時代は、とにかく就職しなければいけない思いで就職活動をしておりましたが、残念ながら内定を貰えませんでした。

当時は落ち込みましたが、今思うと自分のやりたい仕事や将来について深く考えず、ただ名前が有名な企業ばかりを受けていたので当然の結果だと反省しています

卒業後は、その反省を踏まえて自分はどんな仕事をやりたいのか、自分には何ができるのかを考えて、興味があるアルバイトを複数経験しました。

その結果、自分の進みたい道が見つかり、こうして御社に応募する運びとなった次第です。

卒業後は何をしていましたか?

こちらも非常によく聞かれる質問ですが、同じく責めたり詰めようとしているわけではありません。

既卒にとって学生時代は過去の出来事なので、直近の生活や経験、能力を知るために卒業後に何をしていたかを聞くのは自然だと言えるでしょう。

ここでもポイントは何をしていたのかを正直に伝え、そこで何を経験し、何を学んだのかを伝える点です。

【回答例】
卒業後も就職活動を続けたかったので、シフトの融通が利きやすいコールセンターのアルバイトをしていました。

最初は受付のオペレーターでしたが、人の役に立つ喜びを知り、自らサポートデスクへの異動を志願しました。

サポートデスク業務では、相手が困っている内容の聞き出し方や、問題解決への答え方などの技術を学べたので、貴重な経験ができたと思っています。

サポートデスクで得た経験を御社の業務でも存分に活かしたいと考えています。

就職できないと悩む既卒が利用すべきサービス

頑張ってもなかなか就職できない既卒者は、その悩みを1人で抱え込みがちです。

しかし、学生時代と比べてただでさえ孤独で難易度の高い就活を自分1人で何とかしようとするのは心身共に大きな負担になるでしょう。

そこでおすすめなのが、既卒向けの就職エージェントの利用です。

就職エージェントは誰でも無料で利用ができる就職支援サービスで、以下のようなメリットがあります。

    ■ 就職エージェントのメリット

  1. 状況に合わせた求人を紹介してくれる
  2. 求人サイトにはない非公開求人もある
  3. 厳選された優良企業に出会える
  4. エージェントによっては書類審査不要
  5. 利用は完全無料

ここではおすすめの既卒向け就職エージェントを5社紹介しますので、じっくりと比較・検討してください。(※複数社に登録して併用するのもおすすめのやり方です。

就職エージェント早見表

サービス名 特徴 どんな人に
おすすめ?
マイナビジョブ20’s 首都圏・関西・東海の求人が中心。既卒向け求人が豊富 良い求人の選び方がわからない人
就職shop 全ての求人が未経験歓迎で書類選考不要 書類を書くのが苦手な人
第二新卒エージェントneo 職歴なしからの転職成功実績1万人以上。面接対策の満足度が高い 面接が苦手な人
キャリアスタート 若手に特化したサービス。新型コロナ特別支援あり 幅広く相談に乗って欲しい人
JAIC(ジェイック) 既卒専門の無料就活講座あり。就職成功率は81.1% 今の自分に自信がない人
詳細は後述

就職エージェント比較表

マイナビジョブ20’s 就職shop
サイト
年齢層
20代
サポート対象者
20代/既卒・第二新卒/フリーター/初めて就職/転職相談
支援実績 年間約3万4000人が登録 4人中3人が正社員未経験から内定獲得
特徴 首都圏・関西・東海の求人が中心。既卒向け求人が豊富 全ての求人が未経験歓迎で書類選考不要
公式
サイト
第二新卒エージェントneo キャリアスタート
サイト
年齢層 18歳~28歳の就職/転職支援実績2万人超 20代
サポート対象者
20代/既卒・第二新卒
フリーター/初めて就職/転職を検討する人
支援
実績
内定獲得まで最短3日 20代がおすすめする転職支援会社No.1
特徴 職歴なしからの転職成功実績1万人以上。面接対策の満足度が高い 全てマンツーマンのサポート。コロナの影響で内定取消にあった人への特別支援あり
公式
サイト

研修付きの就職エージェントも

既卒になってしまった人の中には、自分にはアピールできるスキルや経験も何もないと、自信を持てない人も少なくないかもしれません。

そんな人におすすめなのが、ビジネススキルを1から学べる研修と書類選考不要で20社と集団面接が可能な就職支援サービス「JAIC(ジェイック)」です。

JAICは既卒者だけでなく、フリーターやニートなど社会人経験がない・少ない人を対象にした就職支援サービス

企業に新卒入社した人が受けるのと同等の研修を事前に受けられるため、既卒者だからといって引け目を感じる必要がなくなります。

社会人として必要な能力を習得して、余裕を持って就職したい人には非常におすすめのサービスです。

ジェイック(JAIC)

社会人未経験からの就職成功率80%超!
18~39歳なら誰でも研修に参加可能。
ビジネス基礎から面接対策まで、
就職活動に必要な全スキルを一気に学べる!

既卒は就職できない噂に騙されずまず行動を

色んな所で目にする「既卒は就職できない」といった噂は全て嘘です。

噂に惑わされず、就職するために必要な行動を1つずつ積み上げていけば必ず正社員になる道は開けます。

具体的に何をすればいいのかわからない、1人では心身共に限界を感じる、などの場合は就職エージェントなどの無料で利用できるサービスを存分に活用しましょう

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、転職成功実績No.1の『リクルートエージェント』と、20代・30代に人気の『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは完全無料なので、まずは気軽に転職の相談をしてみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
圧倒的な求人数で幅広い業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

ビズリーチ 詳細情報の有無でかわる転職成功率

職務経歴書などの情報を詳細に入力している会員ほど転職が成功しやすい。

\情報の詳細入力でスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:これを読むだけで転職成功率アップ!?厳選おすすめ転職エージェント18選

RECOMMEND

関連記事