最終更新日:

既卒の入社時期は3タイプ!採用方式による入社時期の違いと特徴を解説!

既卒の入社時期は3タイプ!採用方式による入社時期の違いと特徴を解説!

既卒で就活をしているけれども、入社がいつになるのか不安な方は多いかもしれません。

お金がないので一刻も早く入社したい人もいれば、今入っているバイトのシフトの関係上すぐには辞められない人もいるでしょう。

そこで本記事では、

  1. 既卒の入社時期はいつか
  2. 入社時期ごとのメリット・デメリット
  3. 入社時期を決めたらやっておきたい準備

といった内容をご紹介します。

自分に合った入社時期に狙いを定めて確実に就職を成功させたい方はぜひ参考にしてみてください。

既卒の入社時期は採用形式で決まる

同じ時期に内定が出た既卒でも入社時期が異なるケースは当然あります。既卒が入社する時期はどういう採用方式の求人だったかで決まるからです。

ここでは以下の3つの採用方式についてご説明します。

  1. 新卒と同枠での4月入社
  2. 秋採用枠での9月10月入社
  3. 通年採用での中途採用

新卒と同枠での4月入社

新卒の採用時期で最も一般的なのは4月入社です。既卒も厚生労働省の指針により新卒と同じ枠に応募できるため、新卒枠で採用されれば、採用後一番早い4月の入社となります。

逆に言うと、新卒枠の場合は内定が出たのが6月でも12月でも、入社は翌年の4月まで待たなければならないのです。

入社時期が決まった方はこちら⇒

 

秋採用枠での9月10月入社

企業によっては半期の切り替え時期である9月、10月に秋採用枠としてまとめて採用するケースも多いです。

ここでは中途採用も行われますが、どちらかというと既卒や第二新卒、9月卒業の新卒などの未経験者に向けた求人が目立ちます。

  • 海外留学をしていて就活自体をしていない
  • 司法試験や法科大学院を志していたが諦めた
  • 大学院の研究室にいたが辞めた

など、秋採用は特殊な経験や能力がある人が集まるケースが多いようです。

入社時期が決まった方はこちら⇒

 

通年採用での中途採用

通年採用とは読んで字のごとく年間通して採用を行なっている状態です。中途採用ではすぐにでも入社できる即戦力が求められるため、ほとんどの日本企業では中途採用に対してこの方式が取られています。

社会人経験のない既卒者では即戦力になれませんが、OJTといって現場に入りながら仕事を覚える方式で育成する企業も多いです。

特に大規模な新卒採用は体制的に難しいような企業であれば、通年採用で既卒者を中途採用する可能性は十分にあり得ます

入社時期が決まった方はこちら⇒

 

入社時期ごとのメリット・デメリット

既卒者が応募できる採用方式は3つあり、それぞれ入社時期が異なるとお伝えしました。

ここからは、入社時期ごとにどういったメリット・デメリットがあるかを解説します。

4月入社のメリット

新卒と同じ4月入社をするメリットは、既卒だと気にせずに社会人としてスタートを切れることです。

研修も新卒と同じ工程で受けられる上、将来的に転職する際には履歴書に新卒入社と記載できます

日本企業、特に大企業では、新卒で入社して教育を受けた経歴を重要視する傾向があるため、1社目の就職が正社員かどうかは重要です。

4月入社のデメリット

一方、既卒者が新卒と同枠での採用を目指すのは、非常に競争が激しいといったデメリットもあります。

採用する企業としても「新卒の時にどう就活をして、なぜ既卒になったのか?」はかなり気にします。

新卒と変わらないならリスクの少ない新卒を採用したいと考えるのは自然です。ですので、新卒で就職できなかった理由を説明するとともに新卒よりモチベーションが高いことをアピールしなければなりません。これがうまくできない既卒が多いのです。

もう一つは内定が出てから入社までの期間が空く可能性があることです。

その間はアルバイトで食いつなぐしかありません。しかし、入社時期が決まっていれば計画的なアルバイト活動をできるため、捉え方によってはメリットにもなるでしょう。

9月10月入社のメリット

メリットはまず新卒として就職できる企業が多いです。研修も社会人未経験の新卒として扱ってもらえます。

また、大々的に秋採用として採用活動を告知している企業は比較的大手が多いため、研修フローや企業体制が整っている可能性が高いです。

9月10月入社のデメリット

デメリットとしては就活期間が短くなります。複数の企業の選考を受けている場合は、気になっていても辞退しなければならない企業があるかもしれません。

また、全国展開している企業が多いため、入社時や入社後に転勤する可能性が高いです。

通年採用入社のメリット

通年採用入社はOJTなどでいち早く現場の作業を任せてもらえるため、1年目から一気に成長できるメリットがあります。

また、画一的な研修がない中小企業やスタートアップであれば、自分から積極的に吸収する姿勢が重要です。窮屈な環境が嫌な人にとっては合っているでしょう。

通年採用での入社のデメリット

一方で、既卒者といえども他の社員と同じ扱いをされるのはデメリットとも言えます。

社会人経験がないとは周りも知らされているとは思いますが、だからと言って特別優しい扱いをされる可能性は低いでしょう。

通年採用で採用されればどこか人手が足りないところに配属されるケースが多いはずです。つまり一刻も早い独り立ちが求められます。一般の新卒よりも早い成長が望まれているのです。

また、通年採用の場合はできる限りすぐの入社を希望する企業が多いため、時間的な余裕がないのも人によってはデメリットと言えます。

入社時期から考える就活を始める時期

入社時期は4月、9/10月、通年の3パターンがあるとわかりました。ではそれらに向けた就職活動はいつから行ったらいいのでしょう。

既卒に関わらず、転職活動で内定をもらって入社するまで平均で3ヶ月かかると言われています。従って、希望する入社時期の3ヶ月前から転職活動を始めればいいでしょう。

ただし既卒の場合、チャンスがあればすぐにでも入社した方がいいので、そこは忘れないようにしてください。

4月入社の場合の就活時期

基本的には入社時期の3ヶ月前から活動を始めると言いましたが、新卒として4月入社を目指す場合は例外です。

この場合は、新卒の就活同様、前年の3月から当年の3月までが就活期間になります。

9/10月入社の場合の就活時期

9月~10月入社を目指す場合、7月~9月にかけて就職活動を進めるのが最も良いでしょう。

しかし前述の通り、新卒として翌年4月入社を目指す選択肢もありますので、9/10月入社にこだわり過ぎて妥協しないよう気を付けてください。

通年採用の場合の就活時期

こちらはいつでもすぐにでも入社してほしい企業がほとんどなので、時期については既卒側で考慮する必要はありません。

内定が出たらすぐに入社できるような準備が大切です。

入社時期を決めたらやっておきたい準備

入社時期を決めたらいよいよ次は就職活動を始めなければいけません。

ここでは希望する入社時期まで時間が長い場合と短い場合に分けて、それぞれおすすめの準備方法を解説します。

    ■ 入社時期が決まったらやるべき準備

  • 入社時期まで時間が長い場合
    ⇒まずは自分の棚卸を徹底的に
  • 入社時期まで時間が短い場合
    ⇒転職エージェントを利用して効率重視

それぞれ詳しく解説していきます。

入社時期まで時間が長い場合

希望する入社時期が決まり、それまでにまだ時間がある場合はまず自分の棚卸を徹底的に行いましょう

ただ就職を成功させるだけなら色々な方法がありますが、本当に大事なのは就職した後、いかに自分に合った環境で自分の力を発揮して充実して働いていけるかです。

そのためにもまずは、自分の強みは何なのか?市場価値はどれくらいなのか?などを徹底的に棚卸するのが大切です。

ここでは自分の棚卸に使えるおすすめの無料ツールを2つご紹介します。

5つの強みがわかるグッドポイント診断

強みとは「自分にとってできて当たり前」である場合が多いので、実は自分で見つけるのは難しいです。

そこでおすすめしたいツールが、18種類の強みの中から自分の持つ5つを診断できる『グッドポイント診断』です。

18種類の強み

簡単な質問に答えていけば15分程度で診断できる手軽さな上に、業界最大手の「RECRUIT」が開発しているため、診断結果の精度も信頼性も抜群です。

利用するには転職サイトのリクナビNEXTへの登録が必要ですが、誰でも無料で簡単に登録できます。

自分の強みや適性を知り、新しい分野へチャレンジするのもいいでしょう。

* あなたの5つの強みがすぐわかる *

市場価値がわかるミイダス


ミイダストップページ

ミイダスは、あなたの本当の価値を“見いだす”、効率的な転職活動ができるアプリです。

dodaを運営するパーソルキャリアの新ブランドで、同社が持つ膨大な過去の転職者データから自分のキャリアの分析が可能になります。

簡単な質問に答えるだけでおおよその年収が算出され、自分の今の市場価値がわかります。

更に優良企業170,000社にあなたの経歴が公開され、あなたを必要としている企業からオファーが届くといったシステムになっています。

【公式サイト】https://miidas.jp/
市場価値を5分で算出!

入社時期まで時間が短い場合

希望する入社時期まで時間が短い場合、転職エージェントを利用して効率良く転職活動を進めるのがおすすめです。

転職エージェントは誰でも無料で利用できる転職支援サービスで、具体的には以下のようなメリットがあります。

    ■ 転職エージェントのメリット

  1. 状況に合わせた求人を紹介してくれる
  2. 求人サイトにはない非公開求人もある
  3. 厳選された優良企業に出会える
  4. エージェントによっては書類審査不要

ここでは既卒者向けの転職エージェントを4つ紹介しますので、じっくりと比較・検討してください。(※複数社に登録して併用するのもおすすめのやり方です。

既卒者向き転職エージェント

キャリトレ マイナビ
ジョブ20’s
サイト
年齢層
20代
サポート対象者
キャリアアップを目指す20代
20代/既卒・第二新卒/フリーター/初めて就職/転職相談
支援
実績
自身の市場価値が分かりキャリアの可能性が広がる 年間約3万4000人が登録
特徴 スカウト/レコメンド機能付でスキルアップを目指せる 全求人が20代対象
ポテンシャル採用中心
公式
サイト
ハタラクティブ 第二新卒エージェントneo
サイト
年齢層 20代 18歳~28歳の就職/転職支援実績2万人超
サポート対象者
20代/既卒・第二新卒
フリーター/初めて就職/転職を検討する人
支援
実績
内定獲得まで最短1週間以内
内定率80.4%
内定獲得まで最短3日
特徴 未経験歓迎/人柄重視の企業多数 1人当たり平均8時間サポート
公式
サイト

既卒は入社時期を定めて適切な就職活動を

既卒者の入社時期は全部で以下の3タイプに分かれます。

    ■ 既卒の入社時期

  1. 新卒と同枠での4月入社
  2. 秋採用枠での9月10月入社
  3. 通年採用での中途採用

それぞれメリット・デメリットがあるので、しっかり把握して自分に合った入社時期に狙いを定めて就職活動をしましょう。

また、就職活動は入社時期の3ヶ月前から始めるのが最もおすすめ

それよりも時間が長い場合は自分の棚卸を徹底的に行い、短い場合は転職エージェントを利用して効率重視の就職活動に切り替えましょう。

既卒者といった状況は焦りや不安が多くなってしまいますが、人生はまだまだこれからです。

自分の将来を冷静に見据えて、自分に合ったタイミングで就職を成功させてください。

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、転職成功実績No.1の『リクルートエージェント』と、20代・30代に人気の『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは完全無料なので、まずは気軽に転職の相談をしてみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
圧倒的な求人数で幅広い業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

ビズリーチ 詳細情報の有無でかわる転職成功率

職務経歴書などの情報を詳細に入力している会員ほど転職が成功しやすい。

\情報の詳細入力でスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:これを読むだけで転職成功率アップ!?厳選おすすめ転職エージェント18選

RECOMMEND

関連記事