最終更新日:

留年と既卒で就職に有利なのはどっち?それぞれの違いを知り少しでも早く内定を獲得しよう!

留年と既卒で就職に有利なのはどっち?それぞれの違いを知り少しでも早く内定を獲得しよう!
  • 1年大学を留年して新卒枠でリベンジしよう
  • 学費かかるし、とりあえず既卒になって就活しよう

残念ながら就活に失敗したあなたは、上記2つの進路で迷ってるのではないでしょうか。しかし、結論から言うと「新卒と比較したらどちらも不利」なのです。

「でも、留年すれば新卒として就活できるんじゃ…?」

確かに留年すれば、新卒枠で求人に応募できます。ただ、新卒で就活すれば有利なわけではないのです。この記事では、誰もが気になる「就職留年と就職浪人はどっちが内定獲得に有利?」という問題を解決します。

ライバルの多い就職市場で少しでも就活を有利に進めたい方は、ぜひ最後までじっくり読んでみてくださいね。

就職留年と就職浪人は何がどう違う?

まずはじめに就職留年と就職浪人がどのように異なるのかを理解しておきましょう。

  1. 就職留年は就活のために留年すること
  2. 就職浪人は既卒で就活すること

就職留年は就活のために留年すること

「就職留年」とは、就職先が見つからなかった学生が、次の就活も新卒枠で応募するために留年することを指します。

既卒者になることをリスクと考える学生は意外にも多く、あえて留年を選ぶ人も少なくありません。昨今では就職留年を認める大学も出てきており、進路を決める際の選択肢の1つになりつつあります。

就職浪人は既卒で就活すること

「就職浪人」とは、いわゆる既卒のことを指します。

  • 就職が決まらなかった人
  • 内定をもらったものの辞退した人
  • バンドや役者など夢を追う道を選んだ人

など、既卒になる理由は様々。就職留年との最も大きな違いは「大学を卒業したかどうか」です。

就職留年と就職浪人のメリット・デメリット

就職留年と既卒である就職浪人で、どのようなメリット・デメリットがあるのか見ていきましょう。ここでは、メリット・デメリットを表にしてみました。

メリット デメリット
就職留年 新卒として就活できる 学費がかかる
就職できるまで1年伸びる
就職浪人 学費がかからない
すぐに就活できる
既卒扱いになる

表面的な違いは「卒業したかどうか」のみですが、実際に比較してみるとお互い相反する特徴を持っていることが分かります。

就職留年は、新卒として就活できるメリットがある反面、1年分の学費がかかります。また、大学卒業を待たなければならないため、就職できるまで1年以上かかってしまうデメリットがあるのです。

反対に就職浪人(既卒)の場合、すぐに就活ができて学費が無料というメリットがあります。ただし、既卒扱いとなるため、一般的な認識では「就職に不利」とされているのです。

いかがでしょうか。パッと見た感じでは「就職留年の方が有利なのでは?」と思うかもしれません。

確かにデータとしては新卒よりも既卒の方が就職率は低いです。そのため「次こそは絶対内定を勝ち取りたい!」と考える学生の中には、就職留年の道を選ぶ人もいます。特徴が全く異なる留年と既卒。

メリット・デメリットだけでは「就職に有利なのは〇〇!」と言い切れないのが実際のところですね。ここからは就職留年と就職浪人の実情を、さらに深堀して検証していきます。

新卒扱いが有利に働くわけではない

就職留年は新卒枠として求人に応募できる強みがあります。しかし、新卒ブランドが必ずしも就活に役立つわけではないのです。就職留年が有利になり得ない理由は以下の通り。

  1. 企業によっては就職留年を毛嫌いすることも
  2. 既卒が新卒枠で応募できる企業もある

詳しく見ていきましょう。

企業によっては就職留年を毛嫌いすることも

企業の中には「就職のためにあえて留年した学生」を毛嫌いすることも。

  • 大学は勉強するためのもの
  • 留年の学費を親に払わせるのは無責任
  • 内定獲得の戦略として未熟すぎる

就職留年を選んだ学生に対して、上記のような理由から疑問視する企業は少なくありません。

確かに冷静に考えてみれば「新卒ブランド」を保つためだけに学費を投資して、1年先まで学生を続けるのはコスパが良いとは言えないでしょう。

企業の面接では「なぜ留年したのですか?」と必ず質問されます。「新卒枠の方が内定獲得に有利だと思ったからです」と発言すれば「内定獲得できればどこでも良いのか?」と疑問を持たれるはずです。

このように考えると、就職留年は「どうしても入社したい企業が新卒枠でしか人材を募集していない」限り、そこまで良い選択肢ではないことが分かりますね。

既卒が新卒枠で応募できる企業もある

2018年にマイナビが調査した結果によると、求人企業の約半数が「既卒の新卒枠応募を許可」していることが分かっています。

同じ枠で応募できるからと言って、新卒と既卒の就職率が変わらないとは言えません。しかし、留年した新卒と既卒の溝はそこまで大きくないのではないでしょうか。

メリット・デメリットに加え、ここで紹介した情報を冷静に分析すると「就職留年で得られる恩恵は大きくない」と言えるでしょう。

結論:ブランク期間の過ごし方で内定獲得率は変わる

就職留年、就職浪人のどちらも正真正銘の新卒に比べたら不利なことが分かりました。この結果から結論づけられるのは「どちらにせよブランク期間の過ごし方が最重要」ということです。

ここでは、内定獲得率を上げるためにブランク期間を「どう過ごすべきか」見ていきましょう。

  1. 就職留年ならスキルアップと就活対策に専念するべき
  2. 就職浪人は既卒だからこそ迅速な就活をしよう

就職留年ならスキルアップと就活対策に専念するべき

就職留年を選ぶなら、在学中にスキルアップを目指すべきです。大前提として「どうしても新卒でなければ応募できない企業があるから留年する」と仮定します。留年する場合、最も大事なのは「留年中に何をしてたのか」です。

  • スキルを磨くために独学
  • 基礎学習のために資格取得
  • インターンとして社会経験を積む

上記のような行動を取れば、就職面接で面接官から「なぜ留年したのですか?」と聞かれた時に説得力のある回答ができます。ただし、1年の留年期間は人によってモチベーションの維持が難しいこともあるようです。

「新卒枠で就活したい→留年してスキル習得」と決心したはずなのに、学生気分が抜けずに遊んで過ごしてしまったら意味がありません。スキルアップはもちろん、計画性を持って自己管理を徹底するようにしましょう。

就職浪人は既卒だからこそ迅速な就活をしよう

既卒になるなら「すぐに就活を再開できる」メリットを活かして行動するべきですね。やむなく既卒になってしまったのなら、ブランク期間が短いに越したことはありません。迅速に就活して内定獲得を目指しましょう。

就職→スキル習得→武器を身につけて転職もアリ

「どうしてもこの企業に入りたい」と理想を持っている方は、一度別の企業に就職して、数年働いて経験値を積んでから転職する道もあります

既卒としてブランク期間にインターンしたり、資格を取得するなどもできますが、最も重要な「正社員としての経験」は得られません。この点「将来〇〇に転職するため」に別の企業で修行すれば、正社員経験やスキルも身につきます。

また、社会人経験のない大学生からすると、理想の企業が本当に合っているとは限りません。実際に正社員として企業で働くことで「この会社好きかも!」や「この仕事は合ってなかった」などの経験も得られるはずです。

身動きが自由な既卒だからこそ、悩みすぎずに行動するのも1つの戦略として有効と言えるでしょう。

少しでも早く就職したいなら【既卒+就職エージェント】

「既卒だからこそ早く就職するべき!」と言われても

  • どんな企業が合っているのか分からない
  • ブラック企業だけは避けたい
  • そもそも既卒OKの求人が分からない

などの疑問を持っている方も多いでしょう。そんな既卒者におすすめなのが就職エージェントです。既卒ならではの身軽さと、就職エージェントのノウハウを活用することで最短1ヶ月から内定獲得できる可能性もあります。

就職エージェントを活用するメリット

既卒が就職エージェントを活用するメリットは以下の通りです。

  • 既卒OKの優良企業に出会える
  • カウンセリングで理想の企業・職種が明確になる
  • 内定獲得後の給与交渉もしてくれる

既卒向けの就職エージェントなら「この企業は既卒でも応募できるかな…」と確認する必要はありません。非公開求人も多いため、求人サイトでは見つけられなかった優良企業に出会うチャンスもあるのです。

初回カウンセリングでは大学生にありがちな「理想と現実のズレ」を明確にして、本当に好きなことや就きたい職種を明らかにできます。既卒ならではのデメリットを払拭できるのが、就職エージェントの強みと言えるでしょう。

就職浪人(既卒)におすすめの就職エージェント3社

最後に既卒者向けの就職エージェントを2社紹介します。

  1. DYM就職
  2. 就職shop

DYM就職:就職率96%の高実績

「DYM就職」は、就職率96%で数ある就職エージェントの中でも断トツの実績があります。

全ての求人で書類審査の必要がなく、面接選考へダイレクトに進めるのも大きなメリットです。「ブランク期間を最小限に留めたい」既卒者の要望にしっかり応えてくれる頼もしい就職エージェントです。

↓DYM就職の登録はこちらから↓
【公式】https://www.dshu.jp/

就職shop:全ての求人が「未経験OK」

「就職shop」は全ての求人が未経験OKの就職エージェントです。既卒には嬉しい書類審査なし、求人数も8,555以上とかなりの選択肢があります。

就職率は公開されていませんが、幅広い業界の職種があるため利用価値の高い就職エージェントと言えるでしょう。

↓就職shopの登録はこちらから↓
【公式】https://www.ss-shop.jp/

就職エージェントを利用すれば、既卒のデメリットを限りなくゼロに近い状態で迅速な就活ができますよ。既卒向けの就職エージェントについてより詳しく知りたい方は、ぜひ下記記事も合わせてご覧くださいね。

↓既卒向け就職エージェントの詳細はこちら↓

まとめ

就職留年と就職浪人。

「どちらが就職に有利なのか」と言えば、結論は「就職浪人(既卒)になって迅速に就活を進める」のが最適解と言えますね。就職留年は、新卒枠で再挑戦できるとはいえ、学費や企業からの印象を考えるとおすすめできません。

「すぐにでも就職したい!」

このように考えているなら「既卒+就職エージェント」の組み合わせで、少しでも早く内定を獲得できるように行動するのが吉です。まずは1日でも早く正社員として社会人デビューを果たし、その上で今後のビジョンを決めていくと良いでしょう。

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。
複数の転職エージェントを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめ転職エージェントは、転職実績No.1の『リクルートエージェント』と20代・30代に人気の『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかるアプリ「ミイダス」も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは完全無料なので、まずは気軽に転職の相談をしてみましょう。

リクルートエージェント

転職成功実績No.1!非公開求人20万件超!!
圧倒的な求人数であらゆる業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!
登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ

年収500万円から利用できるハイクラス転職サイト。
求人の3割以上が年収1,000万円超え!登録時に入力した情報をもとに企業から直接スカウトされる。

中でも「プラチナスカウト」を受け取ると企業やヘッドハンターと必ず面談できる。キャリアアップを望む人は必ず登録しておきたい転職サービス。

\17の質問に答えるとスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:これを読むだけで転職成功率アップ!?厳選おすすめ転職エージェント18選

RECOMMEND

関連記事