最終更新日:

第二新卒者の採用試験に最適なスーツとは?清潔感を意識した着こなし方も紹介

第二新卒者の採用試験に最適なスーツとは?清潔感を意識した着こなし方も紹介

就職活動に欠かせないリクルートスーツは、フレッシュな印象を与えてくれるため多くの学生が着用しています。しかし、最近では人材採用も多様化しており、第二新卒の募集を行う企業も増えてきました。

そこで第二新卒者が転職活動をする際にどのようなスーツを着用すれば良いのかについて気になるのではないでしょうか。今回の記事では、第一印象を下げたくない第二新卒者のために最適なスーツの選び方や着こなし方を中心に解説します。

第二新卒者はリクルートスーツを着用しても良い

まず、多くの第二新卒者が抱えているのは「リクルートスーツを着用しても良いのか?」という悩みです。第二新卒ということは少なからず社会人経験があるため、新卒者が着用するリクルートスーツではなく一般的なビジネススーツのほうが良いのではないかと考える人も多いようです。

結論から言えば、第二新卒者は一般的なスーツもリクルートスーツも着用して問題ありません。むしろ若さを印象付けられるリクルートスーツは有効なアイテムと考えることもできます。

ビジネススーツであっても特に問題はありませんが、就職活動においては奇抜なデザインのスーツは避けたほうが無難です。個性を演出したり自分自身を印象付けたりするために着用したいと考える方もいるかもしれませんが、多くの企業ではプラスに働くケースは少ないためおすすめできません。

外見はあくまでもシンプルに、面接の中身で勝負できるようにスーツを選ぶことが重要

第二新卒者におすすめのスーツの選び方

リクルートスーツではなく、新たに面接用としてスーツを購入する際にはどのようなポイントを意識すべきなのでしょうか。

無地のダークカラー

スーツの選び方はシンプルで、無地のグレーやネイビーといったダークカラーのものが最適です。淡い色やストライプが入ったスーツはカジュアルな印象を与え、面接に不向きとされているため避けたほうが無難です。

一方でダークカラーはシックな印象を与え、ビジネスの場でも重宝する色です。長く着用できるスーツを選ぶ意味でも有効な選択肢といえるでしょう。

シャツは白のレギュラーカラー

スーツに合わせてシャツを購入する際には、白色のものを選ぶようにしましょう。色付きのシャツはビジネスカジュアルの場面では問題ありませんが、面接にはおすすめできません。

また、意外と見落としがちなのが襟の形状です。ボタンダウンのシャツもビジネスパーソンには人気が高いですが、これもカジュアルな雰囲気を与えてしまうため避けたほうが無難です。一般的なレギュラーカラーとよばれる形状のシャツを選択しましょう。

レギュラーカラー ボタンダウン
レギュラーカラー ボタンダウン

面接で第一印象を下げないためのスーツの着こなし

面接において第一印象は非常に重要なポイントです。スーツそのもののチョイスは良くても、着こなし方が悪いと第一印象も下がってしまいます。そこで、面接で気をつけたいスーツの着こなし方のポイントを紹介します。

清潔感を意識する

まずは何よりも重要なのが清潔感です。スーツのシワや汚れはもちろんですが、靴やバッグの汚れも注意しておきたいポイントです。

また、身につけるものだけではなく髪型やヒゲ、メイクなども清潔感を左右します。清潔感はもっとも基本的なポイントであり、少しでも気になる点があると目についてしまうものです。

人を不快な気持ちにさせないという意味でも、企業を問わず面接時には清潔感がチェックされていることを忘れないようにしましょう。

奇抜なアイテムは避ける

スーツそのものがシンプルにまとまっていても、身につけているアクセサリーや小物類が奇抜なデザインだとバランスが崩れてしまいます

ネクタイやシューズ、バッグなど、普段職場で身につけているものも面接試験においては不適切なケースもあります。

派手な色やデザインのものは避け、スーツに合うようなシンプルなデザインのものを選ぶようにしましょう。

スーツのサイズ

普段スーツを着用しない仕事をしていると、久しぶりに着用したスーツのサイズが合わなくなっているケースも考えられます。

体型に合わないサイズのスーツは第一印象としても良くないため、体型に合ったサイズのスーツを用意しておきましょう。

「服装自由」の場合もスーツは必須?

近年、企業によってはビジネスカジュアルを推奨しているところも増えてきています。それにあわせて、採用試験の際にも「服装自由」と案内されるケースがあります。しかし、第二新卒者にとっては本当に私服で良いのか、どの程度の範囲まで許容されるのか判断が難しいもの。
そこで、採用試験で「服装自由」と案内された場合に最適な着こなしについて紹介します。

企業の雰囲気に合わせる

IT系など 金融・商社など
ビジネスカジュアル スーツ
ビジネスカジュアル スーツ

一口に「服装自由」と表現していても、企業によって最適な服装があるものです。たとえばITベンチャーなどで社内での開発がメインの企業であればスーツはマッチせず、ビジネスカジュアルのようなラフな服装のほうがベターです。

一方で金融や商社、メーカーなどの企業ではスーツを着用して外回りに出る職種も多いため、スーツを選択したほうが良いでしょう。

服装自由であったとしても一概にどちらが良いとは言い切れず、企業ごとの社風や雰囲気に合わせて選択することが重要です。

迷った場合はスーツがベター

たとえば大手企業の場合、営業の部署もあれば技術開発系の部署もあり、スーツを着用すれば良いのかビジネスカジュアルのほうが適しているのか判断に迷うことも多いと思います。どちらが良いのか迷った場合は、スーツを選択するのがベターです。

また、ビジネスカジュアルを推奨している企業では、「服装自由」という表現よりも「ビジネスカジュアルでお越しください」と案内されるケースもあります。

ビジネスカジュアルも清潔感が大前提

ビジネスカジュアルが指定されている企業であっても、当然のことながら転職活動でTシャツにジーンズのようなラフすぎる服装はNGです。

また、服装を問わず清潔感は常に意識しておかなければなりません。

季節に合わせたスーツの着こなし

スーツ 暑い

スーツをうまく着こなすためには季節感を意識することも重要なポイントです。たとえば真夏の暑い時期に冬用のスーツを着用して面接会場まで向かうと、汗が止まらず面接どころではありません。

面接の場面ではジャケットを着用しなければなりませんが、夏用の通気性の良いジャケットを選ぶなど、暑さ対策もしておきましょう。

季節感のない服装は、自分自身だけではなく相手に対しても不快感を与えてしまうことが多いもの。最低限のビジネスマナーは心がけつつ、面接時には不快感を与えることのないような服装を心がけるようにしましょう。

面接は第一印象が勝負

人の第一印象は見た目や話し方、表情など、さまざまな要素から判断されます。なかでも視覚から得られる情報は圧倒的に多く全体的な見た目はその人の第一印象をもっとも大きく左右します

服装によってその人の性格や雰囲気を推し量ることも多いため、できるだけ面接官に良い印象を与えるためにも清潔感のあるスーツの着こなしを心がけましょう。もちろん、採用試験においては見た目だけではなくその人の中身も判断されていますが、その判断基準として服装がチェックされていることは多いものです。

第二新卒として今後新たな会社で活躍していくためにも、今回紹介してきた内容をぜひ参考にしてみてください。

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。
複数の転職エージェントを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめ転職エージェントは、転職実績No.1の『リクルートエージェント』と20代・30代に人気の『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかるアプリ「ミイダス」も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは完全無料なので、まずは気軽に転職の相談をしてみましょう。

リクルートエージェント

転職成功実績No.1!非公開求人20万件超!!
圧倒的な求人数であらゆる業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!
登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ

年収500万円から利用できるハイクラス転職サイト。
求人の3割以上が年収1,000万円超え!登録時に入力した情報をもとに企業から直接スカウトされる。

中でも「プラチナスカウト」を受け取ると企業やヘッドハンターと必ず面談できる。キャリアアップを望む人は必ず登録しておきたい転職サービス。

\17の質問に答えるとスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:これを読むだけで転職成功率アップ!?厳選おすすめ転職エージェント18選

RECOMMEND

関連記事