最終更新日:

高卒の浪人生でも就職可能?浪人生からの早期脱却方法と就活ポイントとは

高卒の浪人生でも就職可能?浪人生からの早期脱却方法と就活ポイントとは

「高校を卒業したけど、大学受験に失敗した」
「再受験か就職か悩んでいる」

大学受験に失敗し、浪人生として予備校に通ったりアルバイトするなかで様々な悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。

就職するにあたっても「高卒の浪人生でも正社員として採用してくれるところがあるか心配」という不安も残ります。

結論から言えば、高卒の浪人生でも就職は可能です。

そこで今回の記事では、高卒の浪人生がスムーズに就職するための方法やコツも含めて詳しく解説します。

高卒浪人生でも就職は可能

厚生労働省が発表した資料によると、2021年2月の有効求人倍率は1.09倍となっており、求人市場は売り手市場になっています。

1人の求職者が複数の企業から内定をもらい、より条件の良い企業を選択する大卒者も少なくありません。この傾向は高卒であっても同様で、今の日本では若い人材が貴重な存在であると示しています。

そのため、高校を卒業して大学受験に失敗した浪人生であっても、企業に正社員として就職することは可能です。

ただし、大学生や高校生の場合は就職に向けてトレーニングを受けているため浪人生より有利な条件のもとで就職活動を行っています。

浪人生の場合、就職先を探したり十分な面接準備を行うなどの対策は個人で行わなければなりません。大学や高校の新卒者に比べて浪人生の就職活動は決して有利ではない事実を念頭に置き就職活動を進めましょう。

高卒浪人生でも3年間は新卒扱いになる

高卒の浪人生でも3年間は新卒扱い

予備校に通っている浪人生であっても、最終学歴は高卒になるため、就職試験においても高卒で応募可能な求人案件の中から会社を探します。

高校新卒扱いになる期間の規準は企業によって異なりますが、一般的には高校卒業から3年間は新卒と見なされるケースがほとんど。

3年の期間は、過去に政府が「高校卒業後3年間までを新卒扱いとして見なす」としたため現在もひとつの基準となっています。

ただし、高校や大学の卒業から3年以内であっても職歴がある場合は新卒ではなく、第二新卒として扱われるのが一般的です。

高卒浪人生の就職は早いほど有利

高卒浪人生の就活は早い程有利

若年層の市場価値が高まっている事実から、一般的な中途採用者に比べると高卒の浪人生が年齢的に有利なのは明白です。

しかし仮に同じ22歳でも、大卒の22歳と浪人生の22歳であれば大卒者のほうがポジティブな印象を持たれます。

そのため、高卒の浪人生から就職活動にシフトする際には、できるだけ早いタイミングでの行動がベストです。

浪人経験がマイナスになる場合もある

就職活動では学歴や職務経歴など基本的な情報も必ずチェックされます。浪人経験があまりにも長いと採用担当者はネガティブな印象を持たれる可能性があります。

難易度の高い大学や学部を目指すなかで浪人を繰り返すケースは少なくありませんが、それ以外の理由で浪人経験が長いと疑問視される恐れがあるのです。

経済的な理由で就職活動に切り替えた類の理由であれば納得させられますが、あまりにも長い浪人生活は就職活動において決してプラスに働かないケースが多いでしょう。

高卒浪人生の就職活動をスムーズにする方法

浪人生が大学受験から就職活動へ切り替える場合、下記3点に注意するとスムーズに進められます。

■ 就職活動をスムーズにする方法
・就職に切り替えた理由を明確にする
・志望動機をしっかり書く
・嘘をつかない
・転職エージェントを利用する

大学受験を諦めて就職する理由を明確にする

浪人生が受験した場合、多くの採用担当者は大学受験を辞め就職活動に切り替えた理由を疑問に感じ、面接で聞かれる場合があります。

面接に挑む前に誰もが納得できるような回答を準備しておきましょう。

≪解答例≫
努力したが及ばなかった、を軸に考える
・今回の受験を失敗したら就職活動をする予定で臨んでいた
・アルバイトや趣味などを通してやりたい仕事が見つかった

志望動機をしっかり書く

浪人生に限らず、就職や転職の面接においても必ず聞かれるのが志望動機です。

企業の事業内容や強みなど最低限の情報は把握しておく必要があります。情報を踏まえて今後実現したい事柄を言葉で表現しましょう。

志望動機を考える際には貴社に入りたいと猛アピールできるよう、同業他社にも共通する内容は避けるのが得策です。

企業ごとで臨機応変に志望動機を変え、自身の将来像とつなげると好印象に繋がります。

嘘をつかない

高卒浪人生とばれないよう、書類や面接で嘘をつくのは厳禁です。

書類の時点で騙せたとしても、面接の場で取り繕った嘘は後にバレる可能性が高くなります

万が一採用後に嘘がばれた場合、経歴詐称になり訴訟問題に発展するケースもあるのです。

嘘はつかず、浪人期間中に学んだ事柄や自身の強みで勝負しましょう。

高卒浪人生対応の転職エージェントを利用する

高卒の浪人生が個人で就職活動する際には、書類作成から求人検索・入社手続きまで一貫して個人で行わなければいけません。

しかし、転職エージェントなら転職のプロが書類添削や企業紹介、入社後のアフターケアまでサポートしてくれるため”高卒 浪人生”という肩書から早期脱却が期待できます

※転職エージェントによりアフターケアが無い場合もあります。

高卒浪人生におすすめ転職エージェント

マイナビジョブ20’s ハタラクティブ
転職エージェント
主な年齢層 24~29歳、24歳未満の既卒 20代
主なサポート対象者 東名阪の既卒、第二新卒、フリーター フリーター、ニート、既卒
支援実績 年間3万人以上が登録 6万人以上の支援実績
特徴 20代対象の求人のみ。ポテンシャル採用中心 就職成功率8割
3人に2人が未経験職種に転職
簡単登録
(無料)


第二新卒エージェントneo 就職Shop
転職エージェント
主な年齢層 20代 20代
主なサポート対象者 第二新卒、職務経験なしも可 フリーター、既卒、中卒も可
支援実績 職歴なし支援実績1万人以上 利用者累計10万人超
特徴 未経験可の求人5千件超相談しやすさ1位 書類選考なし
優良企業8千社
最短7日で内定
簡単登録
(無料)


未経験からのIT転職向け

WORKPORT(ワークポート) GEEK JOB
転職エージェント
主な年齢層 23~35歳 20代
主なサポート対象者 IT業界経験者&未経験者も可 IT業界未経験者、ニートも可
支援実績 転職決定人数No.1を獲得 累計600人以上が転職成功
特徴 IT・ゲーム業界に特化。内定までスピーディー エンジニア特化
就職率95%
最短就職22日
簡単登録
(無料)


高卒浪人生は目標を立てて就職に臨む

今回紹介してきたように、高卒の浪人生にとって就職試験は決して簡単とはいえません。

しかし、深刻な人材不足を背景に多くの企業にとって若い人材は貴重な存在です。高卒の浪人生であったとしても正社員採用を諦める必要はなく、チャンスは大いにあります

志望動機をはじめとして面接対策をしっかり行い、想定される質問をシミュレーションすることで就職活動はスムーズに進んでいくはずです。本記事の内容を参考にしながら、万全の準備を整えたうえで就職試験に臨んでください。

■ 高卒浪人生におすすめ転職エージェント
マイナビジョブ20’s
ハタラクティブ
第二新卒エージェントneo
就職Shop
WORKPORT(ワークポート)
GEEK JOB
働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、転職成功実績No.1の『リクルートエージェント』と、20代・30代に人気の『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは完全無料なので、まずは気軽に転職の相談をしてみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
圧倒的な求人数で幅広い業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

ビズリーチ 詳細情報の有無でかわる転職成功率

職務経歴書などの情報を詳細に入力している会員ほど転職が成功しやすい。

\情報の詳細入力でスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:これを読むだけで転職成功率アップ!?厳選おすすめ転職エージェント18選

RECOMMEND

関連記事