最終更新日:

新卒には辛い時期が何度もある!原因と対処法を理解するコツを紹介

新卒には辛い時期が何度もある!原因と対処法を理解するコツを紹介

「新社会人!張り切っていくぞ~!!」

心躍らせて入社したものの、気づけば「めちゃくちゃ辛い…」と感じている新卒はあなただけではありません。

  • 職場に馴染めない
  • 仕事量が多すぎてしんどい
  • こんな生活いつまで続けられるか分からない

こういった理想と現実のギャップから、中には「もう辞めたい」と考える人もいるかもしれません。

しかし、新卒で入ってすぐ会社を辞めるのに罪悪感や抵抗を感じる人も少なくないでしょう。

そこで本記事では新卒が辛いと感じる原因や時期、対処法などをお届けします。

やれるだけやってもまだ辛い方向けに第二新卒におすすめの転職エージェントも紹介していますので、最後まで目を通して自分の人生に後悔がないようにしてください。

既に限界を感じていて今すぐ環境を変えたい方はこちらから読んでください。

新卒が辛いと感じる根本原因は「人間関係」

新卒に限らず社会人が「辛い」と感じる根本的な原因は「人間関係」から来ています。

  • 「上司」から大量の仕事を依頼された
  • 「課長」から白い目で見られている気がする
  • 「先輩社員」からの圧力が辛い

上記のように全ての物事には他者が絡んでいます。つまり人間関係がある限り、辛い気持ちは何度でも襲ってきます。

しかし、人によって辛いと感じた時の行動パターンは違いますよね。

  • ひたすら我慢する
  • 転職する
  • 職場に馴染もうと努力する

何かと覚える仕事が多い新卒は視野が狭くなり「自分なんて価値のない人間なんだ」と思ってしまいがちです。

しかしそんな風に感じるのはあなただけではありません

そして、視野を広げればいくつも対処法があるのを忘れないでください。

新卒が辛い時期は3ヶ月おきに山場がある

新卒が辛いと感じる時期は人によって様々ですが、多くは以下の時期に集中すると言われています。

  • 入社1ヶ月:理想と現実のギャップが辛い
  • 入社3ヶ月:職場の雰囲気が見えてきて辛い
  • 入社6ヶ月:同期と差が出てきて辛い
  • 入社9ヶ月:任される仕事が増えて辛い

大体3ヶ月おきに辛い時期が来るようですが、さらに詳しく見ていきましょう。

入社1ヶ月:理想と現実のギャップが辛い

入社から1ヶ月過ぎた5月あたりは、新人研修が終わって実務に移る企業が多いです。

この時、希望とは別の部署に配属されてしまったり、想像以上のハードワークに辛いと感じる新卒は珍しくないでしょう。

入社前に抱いていた理想と現実のギャップを突き付けられる時期だと言えます。

入社3ヶ月:職場の雰囲気が見えてきて辛い

入社から3ヶ月経つと、徐々に職場の雰囲気が分かってきます。

その結果、「先輩社員の雰囲気が合わない」「適当な教育体制に嫌気が指す」など、見たくない現実に直面する新卒も沢山いるでしょう。

また、入社1ヶ月目とは異なり、過酷な労働を強いられる新卒も出てきます。

学生時代と違って夏休みもないため、入社3ヶ月目は慣れない生活で溜まった疲れが一気に出始める時期だと言えます。

入社6ヶ月:同期と差が出てきて辛い

入社から半年ほどたつとある程度業務も身についてきますが、それと同時に同期の中でも成果や評価に差が生まれ始めます。

人によって成長速度は異なりますが、会社としては優秀な成績を出した新卒を優遇するもの。

周りと自分を比較して「自分にはこの仕事が合ってないかもしれない」と落ち込む人も出てくるでしょう。

逆にこの時期を乗り越えた新卒は辞めづらい傾向にあるため、1つの大きな関門と言えます。

入社から9ヶ月:任される仕事が増えて辛い

年が明けた1〜3月ころは、仕事量も一段と増えて辛いと感じやすくなります。

  • 1月:年末年始休みと現実のギャップ
  • 2月:会社の年度末が近づき業務が増える
  • 3月:自分が先輩になるプレッシャー

など、心休まる間もなく気が付けば新年度を迎えていたなんて人も少なくありません。

その結果、強いプレッシャーから「辞めたい」と感じる新卒最後の壁とも言えるでしょう。

新卒の辛い時期を乗り越える5つの方法

どうしても辛いなら転職や退職も1つの手だと思いますが、その前に自分でできる対策はできる限りやってみるのがおすすめ

結果的に転職を選んだとしても、やるだけやった経験は将来的にも必ず生きてきます。

ここでは5つの方法をご紹介しますので、まずはこれらを試してみて下さい。

    ■ 辛い時期を乗り越える5つの方法

  1. 辛い気持ちを視覚化する
  2. 信頼できる人に相談する
  3. 仕事とプライベートを明確に分ける
  4. 瞑想やエクササイズで頭をリフレッシュ
  5. コントロールできる箇所に集中する

辛い気持ちを視覚化する

頭に溜まっている辛い気持ちを視覚化していきましょう。

  1. メモ帳に何が辛いのか書き出す
  2. 書き出したメモを眺める
  3. 解決策を考えてみる

思考を言語化することで、客観的な視点を持つことができます。

これにより本質的な問題や原因を把握しやすくなるのです。また、辛い気持ちを言葉にすればストレスを軽くする効果も得られるでしょう。

自分自身がどんなことで悩んでいるのか分かると、対処法も自然と見つかってきます。

「友達が〇〇で悩んでたらどんなアドバイスをするかな?」と、他人事のように考えられると解決策も見えやすいです。

メモ帳をポケットに忍ばせておき、辛いと感じたタイミングで記録しておくのも効果的です。

信頼できる人に相談する

あなたが心から信頼できる人に相談するのもおすすめです。

年齢の異なる数名にアドバイスをもらう」のも誰かに相談する上で重要なポイントです。

  • 新卒の同期:共感してくれる
  • 先輩社員:経験を元に改善策をくれる
  • 両親:甘えに対する活を入れてくれる

上記はあくまで一例ですが、年齢や性別が違えば受け取り方も異なります。

あなたが素直に意見を聞ける人から沢山のアドバイスをもらって下さい。

人によっていろんな意見がある」と気づければ、人として成長できますよ。

仕事とプライベートを明確に分ける

理想と現実のギャップに悩む新卒には、仕事とプライベートをキッパリ分けるのも大切です。

「仕事=辛い」とインプットされた状態では、仕事のストレスを休日に持ち込みがち。

  • 趣味に没頭する
  • ずっとやりたかったことに挑戦
  • 小旅行で非日常体験

仕事を忘れるほど楽しい休日を過ごすだけでも、辛い気持ちを和らげられます。

ダラダラ過ごすのは要注意

仕事の疲れから休日は家に引きこもってダラダラ過ごしてしまう新卒もいるでしょう。

  • ネットサーフィン
  • お酒
  • 午後まで寝る

このような行為はストレス要因を増やしやすく、仕事とプライベートの両方でイライラしやすくなるのです。

例えば、お酒を飲みすぎて気分が悪くなる人は沢山います。月曜日に出勤するものの二日酔いで仕事が遅く、上司から怒られてさらに辛い気持ちになってしまったら元も子もありません。

くれぐれもダラダラするだけで終わらないように注意してください。

瞑想やエクササイズで頭をリフレッシュ

瞑想や軽い運動はストレス軽減に効果があります。

どちらも無料かつ簡単に実践できるので、辛い気持ちを抱える新卒は試してみてください。

シンプルな瞑想のやり方

ストレスに効く瞑想のやり方は以下の通りです。

  1. 姿勢を正してあぐらもしくは椅子に座る
  2. 鼻からゆっくり息を吸う:7〜10秒ほど
  3. 口からゆっくり息を吐く:8〜12秒ほど

吸う時よりも吐く息を1〜2秒ほど長くします。

この動作を5〜15分ほど繰り返すだけで、脳に酸素が行き渡りスッキリしてきます。

また、意識を呼吸に集中する行為は周りの意見に左右されない訓練にもなります。

雑念が湧く→意識を呼吸に戻す

瞑想中は何度も雑念が浮かんできますが、その度に意識を呼吸に戻してください。

たったこれだけですが、ストレス解消に大きな効果があるので騙されたと思って実践してみてくださいね。

新卒におすすめのエクササイズ

辛い気持ちをリフレッシュするには以下のエクササイズがおすすめです。

  • 外を軽くジョギング
  • 室内でストレッチ or ヨガ
  • 腕立て・腹筋・背筋などの自重トレーニング

晴れた日に太陽を浴びながらジョギングすると、セロトニンという体内物資が分泌されます。

セロトニンには自律神経を整えてストレスを緩和する働きがあるため、辛い思いをしがちな新卒には重要です。

他にもストレッチやヨガ、自重トレーニングなどは体中に血液を巡らせる効果に加え、酸素を十分に摂取できるのでリフレッシュ効果にも繋がります。

仕事中にストレッチするだけでも気分転換になるので、ぜひ実践してみてくださいね。

コントロールできる箇所に集中する

自分自身でコントロールできる箇所に集中するのも効果的です。

  • 辛い気持ちになりやすい人:他人や環境などにフォーカスしている
  • ストレスに強い人:自分ができることのみにフォーカスしている

このように辛い気持ちを感じやすい人は、他者に依存する傾向があります。

自分でできることだけに集中すれば、辛い感情自体が少なくなるでしょう。

  • 上司から怒られた→改善点を探して試そう
  • 過酷な労働→残業を減らす努力 or 職を変える
  • 人間関係が上手くいかない→目の前の仕事に没頭する

例えば上記のように、他者からの影響を自分ができる範囲だけでも消化はできます。

新卒のあなたに変えられるのは、あなた自身だけです。

周りに期待するのではなく、自分でできる箇所にフォーカスすれば辛い気持ちを軽減できるでしょう。

主体性を発揮して自ら動ける新卒になれば、成果や評価にも繋がるので、他人ではなく自分を変えるクセをつけてみてください。

どうしても辛いなら環境を変える

「石の上にも三年」といったことわざがあるように、昔は新卒で入社したら3年は我慢しろとよく言われていました。

しかし、インターネットの発展で時代の変化が急速になった現代において、3年はあまりにも長い時間です。

そのため、先にご紹介した5つの対処法を試してもやっぱり辛いと感じるなら今の環境を変える選択肢も検討して下さい。

ここではおすすめ度順に3つの方法をご紹介します。

    ■ 辛い環境を変える方法3つ

  1. まずは自分の強みを知る
  2. 転職エージェントを利用する
  3. 退職代行を利用する

1.まずは自分の強みを知る

これは環境を変えると言うより、変えるための準備にあたる方法です。

ただやみくもに転職や退職をしても、自分に合った仕事が分からなければまた同じ目に合うでしょう。

そのため、今の仕事が合わないと感じたらまずは自分の強みを知り、自分に合った仕事とはどんなものかを把握しましょう。

ここでは無料で使えて本格的な診断ができるツールを2つご紹介します。

5つの強みがわかるグッドポイント診断

自分の強みと急に言われてもあまりピンと来ない人も多いかと思います。

そんな人におすすめなのが、18種類の特徴の中から自分の5つの強みを診断できる『グッドポイント診断』です。

18種類の強み

簡単な質問に答えていけば15分程度で診断できる手軽さな上に、業界最大手の「RECRUIT」が開発しているため、診断結果の精度も信頼性も抜群です。

利用するには転職サイトのリクナビNEXTへの登録が必要ですが、誰でも無料で簡単に登録できます。

自分の強みや適性を知り、新しい分野へチャレンジするのもいいでしょう。

* あなたの5つの強みがすぐわかる *

自分の市場価値が分かるミイダス


ミイダストップページ

ミイダスは、あなたの本当の価値を“見いだす”、効率的な転職活動ができるアプリです。

dodaを運営するパーソルキャリアの新ブランドで、同社が持つ膨大な過去の転職者データから自分のキャリアの分析が可能になります。

簡単な質問に答えるだけでおおよその年収が算出され、自分の今の市場価値がわかります。

更に優良企業170,000社にあなたの経歴が公開され、あなたを必要としている企業からオファーが届くといったシステムになっています。

【公式サイト】https://miidas.jp/
市場価値を5分で算出!

2.転職エージェントを利用する

今いる環境を変えるなら転職するのが一番前向きな方法だと言えます。

新卒の場合、第二新卒向けの転職エージェントを利用すると様々なメリットがあるのでいいでしょう。

具体的には以下のようなメリットがあります。

    ■ 第二新卒向けエージェントのメリット

  1. 第二新卒向けの求人を紹介してくれる
  2. 辛い気持ちをヒアリングしてくれる
  3. 求人サイトにはない非公開求人もある
  4. 厳選された優良企業に出会える
  5. エージェントによっては書類審査不要

ここでは4つの転職エージェントをご紹介しますので、じっくりと比較・検討してください。(※複数社に登録して併用するのもおすすめのやり方です。

第二新卒向き転職エージェント

キャリトレ マイナビ
ジョブ20’s
サイト
年齢層
20代
サポート対象者
キャリアアップを目指す20代
20代/既卒・第二新卒/フリーター/初めて就職/転職相談
支援
実績
自身の市場価値が分かりキャリアの可能性が広がる 年間約3万4000人が登録
特徴 スカウト/レコメンド機能付でスキルアップを目指せる 全求人が20代対象
ポテンシャル採用中心
公式
サイト
ハタラクティブ 第二新卒エージェントneo
サイト
年齢層 20代 18歳~28歳の就職/転職支援実績2万人超
サポート対象者
20代/既卒・第二新卒
フリーター/初めて就職/転職を検討する人
支援
実績
内定獲得まで最短1週間以内
内定率80.4%
内定獲得まで最短3日
特徴 未経験歓迎/人柄重視の企業多数 1人当たり平均8時間サポート
公式
サイト

3.退職代行を利用する

転職や退職をしようとしても「そもそも取り合ってくれない」「辞めさせないような圧力をかけてくる」など、世の中には非常識な対応をしてくるブラック企業も存在します。

そういった環境を変える最後の手段としておすすめなのが、「退職代行サービス」です。

退職代行Jobs」を利用すれば、退職希望の従業員に代わって会社とのやり取りをすべて代行してくれます。

「今すぐ辞めたい」「気まずいから会社の人と顔を合わせたくない」「もう2度と会社に行きたくない」など、追い詰められている人の要望にすべて応えてくれるでしょう。

    退職代行Jobsのメリット

  • 料金は業界でも安価の29,800円
  • 即日即時対応ですぐに退職できる
  • 会社とのやり取りは一切不要
  • 退職届・貸与品・私物のやり取りも郵送でOK
  • 退職できない場合は全額返金
退職代行Jobs
退職代行Jobs公式

顧問弁護士監修の安心サービス。退職届・業務引継書はテンプレで簡単作成可能。
24時間365日対応でスピード退職を実現

新卒で辛いならまず自分を、最後に環境を変える

新卒1年目はまさに「激動の時期」と言えるほど様々な変化が起こり、日々やるべき業務が増える中で、辛い気持ちを抱える新卒は沢山いるでしょう。

だからこそ、人と比べるのではなくあなたのペースを崩さないのが大切です。

まずは以下の対処法を試し、それでも今の仕事が辛いと感じるなら転職や退職で環境を変えましょう

まだまだ人生これから。長期的な視点を持って、今やるべきは何なのかをじっくり検討して下さいね。

    ■ 辛い時期を乗り越える5つの方法

  1. 辛い気持ちを視覚化する
  2. 信頼できる人に相談する
  3. 仕事とプライベートを明確に分ける
  4. 瞑想やエクササイズで頭をリフレッシュ
  5. コントロールできる箇所に集中する
    ■ 辛い環境を変える方法3つ

  1. まずは自分の強みを知る
  2. 転職エージェントを利用する
  3. 退職代行を利用する

RECOMMEND

関連記事