最終更新日:

新卒で適応障害になったら?原因と休職・転職・退職3つの選択肢

新卒で適応障害になったら?原因と休職・転職・退職3つの選択肢

あなたは「適応障害」をご存知でしょうか?

適応障害とは、ストレスが原因で障害が生じる心の病気で、精神面だけでなく体や行動など様々な症状が現れます。

生活環境の大きな変化で気づかないうちにストレスを抱えがちな社会人1年目の新卒は、適用障害になるリスクが高いと言えるでしょう。

そこで本記事では、適用障害の症状と原因、そして適用障害になった時の対処法を解説していきます

社会人になってから体調が優れないような方はぜひ参考にしてください。

今すぐ環境を変えたい人は
転職エージェントの利用が安全
おすすめはこちら
↓↓↓

新卒の適応障害に現れる症状

はぁぁぁぁぁぁぁ……

ちょっとヒロミ…なんて長い溜息をしているの?何か悩み事?アタシに話して見なさい☆

なんだか最近頭痛や肩こりがひどくて…あとちょっとしたことでイライラしたり、夜眠れなかったりするんです…

アナタそれ…「適応障害」じゃないの?生活環境の変化などで強いストレスを受けるとなる場合があるわ★生活環境がガラッと変わる新卒の子に多いんだけど…あなたくらいの子がならないわけでもないわね…

どうなんでしょう…?自分ではよくわかりません…たぶん大丈夫だと思いますけど…

そういった「たぶん大丈夫」って思いこみが一番危険よ!まずは一緒に適用障害ってどんな症状なのかを見ていきましょう♪

はじめに適応障害に見られる症状について把握しましょう。

  1. 心:不安・抑うつ感など
  2. 体:頭痛・肩こり・睡眠障害など
  3. 行動:無断欠勤・暴飲暴食など

心:不安・抑うつ感など

適応障害になった人は、心(精神面)が不安定になってしまうケースがあります。

  • 仕事や将来に対する漠然とした不安
  • 抑うつ感が高まりネガティブ思考になる
  • 慢性的にイライラしている
  • 深く考えられず判断力が鈍る
  • 簡単な仕事も覚えられない

漠然とした不安や抑うつ感は適応障害によく見られる症状です。

また、記憶力や判断力が鈍くなり、簡単な仕事を覚えられなくなる場合も。

自分に自信を持てずネガティブ思考に陥りやすいのも適応障害ならではの症状と言えます。

体:頭痛・肩こり・睡眠障害など

適応障害になると体に異変が起こるの場合もあります。

  • 慢性的な頭痛
  • 肩こり・腰痛
  • 睡眠障害
  • 食欲不振
  • めまい・動悸

頭痛や肩こり、腰痛、関節痛などは適応障害によく見られる症状です。

さらに不安や焦りから睡眠障害、食欲不振、めまい、動悸などを引き起こす場合もあります。

ただでさえ覚える仕事が多い新卒が体調を崩してしまうと、周りから置いていかれる不安や焦りが出る→さらに体調を崩すといった悪循環に陥る人も少なくないでしょう。

行動:無断欠勤・暴飲暴食など

適応障害では行動面にも症状が現れます。

  • 無断欠勤や遅刻
  • ストレスによる暴飲暴食
  • 他者に対して暴力的な態度
  • 簡単な仕事で何度も同じミスをする
  • 人を避けてしまう

「出勤時間になると動けなくなる」経験はないでしょうか。

頭では会社に連絡しなければいけないと分かっていても身体が動かなかったり、仕事のプレッシャーやストレスから暴飲暴食に走ったりイライラしやすくなるのも適応障害の症状です。

このように適応障害になると心身ともに疲弊し、今まではしなかったような行動を取るようにもなってしまいます

適応障害になる原因は新卒の置かれた環境

僕…けっこう当てはまってるかもしれません…

やだ…本当に大丈夫かしら…?念のためどうして適応障害になるのかその原因を教えてアゲルわね…それから判断しましょう★

新卒が適応障害になる原因は「環境」です。

  • 職場の人間関係・雰囲気
  • 過酷な労働環境
  • 新生活による孤独感
  • パワハラ
  • 希望していた部署と違った

など、生活環境、労働環境、人間関係などが一度に大きく変化すれば、その分受けるストレスも大きくなるでしょう。

また、就職を機に引っ越した人は仕事だけでなくプライベートでも精神的な負担を感じているかもしれません。

同じ状況でも人によって感じるストレス量や耐えられるストレス量は異なるので、「新卒はみんな同じなんだから仕方ない」などと我慢するのは非常に危険

まずは冷静に自分の状態を確認し、症状が悪化する前にストレスの原因となる環境を変えるようにしてください

新卒で適応障害になった時の選択肢3つ

今の状態を抜け出すにはストレスの原因となる環境を変えていくしかないんですね…

同じ状況でも人によって反応は異なるから、まずは自分の身体としっかり相談するのが何よりも大切☆その上で環境を変える必要性を感じたなら、今から紹介する選択肢を試してみなさい♡

いきなり環境を変えろと言われてもどうすればいいかわからない人が多いでしょう。

そこでここでは、新卒で適応障害になってしまった時の選択肢をいくつかご紹介します。

    ■ 適用障害と診断された場合の選択肢

  1. 休職
  2. 転職
  3. 退職

1.休職

適応障害と判断された場合の1つ目の選択肢は「休職」です。

今いる環境を変えるのが最も効果的ですが、症状がひどい場合は色々と考える余裕がないかもしれません。

将来について冷静な判断をするためにも、まずはしっかり体調を整えるのも大事でしょう

会社によっては職場環境の見直しを検討してくれる可能性もあるので、まずは相談してみるのもいいかもしれません。

2.転職

もし休職するほどではなく、冷静に将来を考える余裕があるなら転職するのがおすすめです。

  • 完全なブラック企業
  • 日常的に上司のパワハラがある
  • 仕事自体に全く興味が見出だせない

上記のような理由があるなら、今の環境に居続けてもメリットは何もありません。

新卒入社してすぐに転職するのは抵抗感がある方もいるかもしれませんが、入ってすぐだからこそやり直しが効くとも言えます。

また、新しい知識を吸収しやすい若いうちに自分に合う環境にいられるかどうかで将来的に大きな差が生まれてしまいます

新卒入社したばかりでどうやって転職すればいいかわからない人は転職エージェントを利用するのがおすすめ。

    ■ 転職エージェントのメリット

  1. 状況に合わせた求人を紹介してくれる
  2. 求人サイトにはない非公開求人もある
  3. 厳選された優良企業に出会える
  4. エージェントによっては書類審査不要
  5. 利用は完全無料

転職エージェントを利用すれば上記のようなメリットを全て無料で受けられます。

ここではおすすめの第二新卒向け転職エージェントをいくつか紹介しますので、まずは気になる所に登録してみるといいでしょう

社会人経験3年以内の転職者を「第二新卒」と言います。

転職エージェント早見表

サービス名 特徴 どんな人に
おすすめ?
マイナビジョブ20’s 首都圏・関西・東海の求人が中心。第二新卒向け求人が豊富 良い求人の選び方がわからない人
就職shop 全ての求人が未経験歓迎で書類選考不要 書類を書くのが苦手な人
第二新卒エージェントneo 職歴なしからの転職成功実績1万人以上。面接対策の満足度が高い 面接が苦手な人
キャリアスタート 若手に特化したサービス。新型コロナ特別支援あり 幅広く相談に乗って欲しい人
JAIC(ジェイック) 第二新卒向けの無料就活講座あり。就職成功率は81.1% 今の自分に自信がない人
詳細は後述
レディのワンポイントアドバイス

転職エージェントは基本的に誰でも無料で利用することができるわ☆少しでも転職活動が不安なら迷わず登録すべきよ♡

転職エージェント比較表

マイナビジョブ20’s 就職shop
サイト
年齢層
20代
サポート対象者
20代/既卒・第二新卒/フリーター/初めて就職/転職相談
支援実績 年間約3万4000人が登録 4人中3人が正社員未経験から内定獲得
特徴 首都圏・関西・東海の求人が中心。第二新卒向け求人が豊富 全ての求人が未経験歓迎で書類選考不要
公式
サイト
第二新卒エージェントneo キャリアスタート
サイト
年齢層 18歳~28歳の就職/転職支援実績2万人超 20代
サポート対象者
20代/既卒・第二新卒
フリーター/初めて就職/転職を検討する人
支援
実績
内定獲得まで最短3日 20代がおすすめする転職支援会社No.1
特徴 職歴なしからの転職成功実績1万人以上。面接対策の満足度が高い 全てマンツーマンのサポート。コロナの影響で内定取消にあった人への特別支援あり
公式
サイト

研修付きの転職エージェントも

次の仕事を始める前にビジネススキルやマナーを1から学びなおしたい人は研修付きの転職エージェントを利用するのがいいでしょう。

そんな人におすすめなのが、ビジネススキルを1から学べる研修と書類選考不要で20社と集団面接が可能な就職支援サービス「JAIC(ジェイック)」です。

社会人として必要な能力を事前に習得してから余裕を持って就職したい方には非常におすすめのサービスです。

ジェイック(JAIC)

社会人未経験からの就職成功率80%超!
18~39歳なら誰でも研修に参加可能。
ビジネス基礎から面接対策まで、
就職活動に必要な全スキルを一気に学べる!

強みを知るグッドポイント診断

環境を変えるのが大事と言っても、ただやみくもに転職するだけではいけません。

今の環境が自分に合わないとはわかっても、どんな環境が自分に合っているかがわからないと同じ失敗を繰り返す可能性が高いからです。

そのためにも、まずは自分の強みは何なのか?どんな環境であればその強みを活かせるのか?などを自分で理解しておく必要があります。

そこでおすすめなのが、リクナビNEXTのグッドポイント診断です。

簡単な質問に答えるだけで、あなたの「5つの強み」を15分程度で診断できます。


18種類の強み

業界最大手の「RECRUIT」が開発しているため、診断結果の精度も信頼性も抜群

利用するには転職サイトのリクナビNEXTへの登録が必要ですが、誰でも無料で簡単に登録できます。

本当にあなたに向いている仕事はどんな仕事なのか?をまずは診断してみてください。

* あなたの5つの強みがすぐわかる *

適性診断の詳しい手順はこちら→

3.退職

休職も転職も会社が聞き入れてくれない場合や、今すぐにでも会社を辞めたい場合は退職も検討してください。

もし、会社が何も聞き入れてくれないようなブラック企業の場合は退職代行サービスを利用するのも一つの手

退職代行サービスとは、退職希望の従業員に代わって会社とのやり取りをすべて代行してくれるサービスで、中でもおすすめなのが「退職代行Jobs」です。

「今すぐ辞めたい」「気まずいから会社の人と顔を合わせたくない」「もう2度と会社に行きたくない」など、適用障害で追い詰められている人の要望に全て応えてくれるでしょう。

    退職代行Jobsのメリット

  • 料金は業界でも安価の29,800円
  • 即日即時対応ですぐに退職できる
  • 会社とのやり取りは一切不要
  • 退職届・貸与品・私物のやり取りも郵送でOK
  • 退職できない場合は全額返金
退職代行Jobs
退職代行Jobs公式

顧問弁護士監修の安心サービス。退職届・業務引継書はテンプレで簡単作成可能。
24時間365日対応でスピード退職を実現

新卒の適応障害に効果的な治療法

適用障害の症状は出ているが、今の環境のままでどうにか対処したいと方もいるでしょう。

そういった方は、原因をちゃんと特定するためにまず医師による診断を受けましょう

  1. ストレスの元をカウンセリングで明確化
  2. 体調不良の症状を分析
  3. 症状に応じて最適な治療法を提案

専門医のカウンセリングを受ければ適応障害を改善する第一歩が踏み出せます。

「自分は適応障害かもしれない」と感じる方は、精神科や心療内科などでカウンセリングを受けてみてください

相性が合う医師を見つけましょう

適応障害では、医師によるカウンセリングが治療の第一歩になるとお伝えしました。

ここでとても重要になるのが、医師とあなたの相性です。

カウンセリング中に心苦しくなるようであれば、医師や病院を変えるようにしましょう。

  • 上から目線で話してくる
  • 適当なマニュアルでカウンセリングされた
  • 理解を示そうとしてくれない

新卒で適応障害になった人の中には、医師によるカウンセリングでさらにストレスを感じた方もいるようです。

誰にも相談できないから診察を受けたのに「誰かに相談してください」と適当な返答を受けた新卒もいます。

残念ですが、粗悪な診察をする医師も少なからずいるのも覚えておいてください。

新卒で適用障害になったなら早めに環境を変える

今日は色々とありがとうございました。やることが明確になれば少し気が楽になりました。やっぱりただ悩んでいるだけじゃダメですね!

そうよ☆どんな困難な状況でもきっと解決策はあるわ♪だから絶対に諦めちゃダメ!アナタなら乗り越えられるわよ♡

どんなに元気な新卒であっても、ストレスレベルが高まれば適応障害のリスクがあります

「自分に限って適応障害なんてあり得ない」

こんなふうに思う人ほど、自ら負のスパイラルに陥ってしまうものなのです。

あなた自身から発せられるSOSを無視していると、適応障害からうつ病などに発展してしまう危険もあります。

  • 心:不安・抑うつ感
  • 体:頭痛・肩こり・睡眠障害・動機・めまい
  • 行動:無断欠勤・暴飲暴食・暴力的な態度

あなたは上記のような症状が出ていませんか?体調不良や不安感に襲われているなら、すぐにでも医師の診察を受けてください。

もし適用障害と診断された場合は、以下のいずれかの対応がおすすめ。

    ■ 適用障害と診断された場合の選択肢

  1. 休職
  2. 転職
  3. 退職

新卒は新しい知識をどんどん吸収して成長できる貴重な時期です。

せっかくの時間を無駄にしないためにも、勇気を出して将来の自分のための行動を選択してくださいね。

今すぐ環境を変えたい人は転職エージェントに相談を

RECOMMEND

関連記事