最終更新日:

新卒でパワハラを受けたらどうすればいい?転職を含めた3つの選択肢を紹介

新卒でパワハラを受けたらどうすればいい?転職を含めた3つの選択肢を紹介

新卒で入社した会社でまさかのパワハラ…

次第にエスカレートしているパワハラに悩んでいる方も多いはず。

  • 自分の何がいけなかったんだろう…
  • 毎日辛くて涙が止まらない…
  • 誰にも相談できない…
  • また怒鳴られると思うと出社できない

まだまだ社会経験が少なく真面目な新卒はパワハラのターゲットになりやすく、精神的に病んでしまう人も少なくありません。

そこで本記事では、パワハラに悩む新卒に向けて以下の内容をご紹介します。

  1. パワハラの定義
  2. 新卒でパワハラにあった事例
  3. パワハラされやすい新卒の特徴
  4. パワハラから開放されるための選択肢

今の状況から抜け出すためにパワハラに関する知識をつけたい方はぜひ最後まで目を通して下さい。

今すぐ環境を変えたい方はこちらからお読みください。

新卒が知っておくべきパワハラの定義

パワハラ(パワーハラスメント)」とは、そもそもどんな意味を表す言葉か調べてみました。

検討会報告書においては、以下の①~③の要素をすべて満たすものを職場のパワーハラスメントの概念と整理。

①優越的な関係に基づいて(優位性を背景に)行われること
②業務の適正な範囲を超えて行われること
③身体的若しくは精神的な苦痛を与えること、又は就業環境を害すること

出典:パワーハラスメントの定義について / 厚生労働省

簡単に言えば「何かしらの権力を振りかざして他者にダメージを与える行為」ですね。

パワハラの対象は新卒だけではありません。

  • 上司→部下・新卒
  • 同僚→同僚
  • 部下→上司

このように状況によっては「部下から上司へパワハラ」ということも。気の弱い上司に対して部下が挑発するような行為はれっきとしたパワハラに当たります。

パワハラをしている本人に自覚がなくても、相手が辛い思いをすればパワハラになるのです。

「新卒だから強く当たられても仕方ない」

上記のように考えるのは良くありません。厚生労働省が定義するパワハラの要素に当てはまっているなら、あなたが我慢するのではなく、何かしらの対処をすることをおすすめします。

パワハラの具体例

次にパワハラの具体的な例について見ていきましょう。厚生労働省が公式に発表した定義をもとに解説します。

①優越的な関係に基づいて(優位性を背景に)行われること
②業務の適正な範囲を超えて行われること
③身体的若しくは精神的な苦痛を与えること、又は就業環境を害すること

パワーハラスメントに当たりうる6類型との関係性1
パワーハラスメントに当たりうる6類型との関係性2

出典:パワーハラスメントの定義について / 厚生労働省

「6類型」と区切られていますが「自分はパワハラされてるかも…」と思うほとんどの新卒が上記の要素に当てはまっているのではないでしょうか。

ちなみに表の中には「パワハラに該当しない例」も記載されていますね。

  • 新卒の態度が著しく悪い
  • 会社の方針で誰でも行う業務
  • 新卒を理解するための個別ミーティング

例えば、このような状況の場合、パワハラとは断定されないでしょう。新卒に原因がある場合や、会社の経営状況によっては短期的に孤立状態を強いられることもあるようですね。

しかし、心を病んでしまうほど追い詰められているのであれば対処が必要なのは確実。

パワハラの定義に少しでも当てはまっている方は、後に解説する対処法もしっかり読んでみてください

新卒でパワハラにあったSさん(男性)の事例

ここでは、新卒で実際にパワハラにあったSさんから当時の状況を伺いました。

新卒で製造業の営業職に就職

私は新卒でビスや細かい部品を加工・製造する会社の営業職に就職しました。

もともと明るい性格だった私は、社内の人間関係も良好で教育担当の上司からも気に入られていました。仕事を覚えて徐々にスキルアップする毎日にワクワクしていたのを覚えています。

上司も「分からないことは何でも相談してね!」と優しく接してくれたので「自分は良い会社に入れて幸せだな」と思っていましたね。

なかなか成果が出ない営業業務

しかし、外回りの営業は決して簡単なことではなく、入社してから3ヶ月は全く成果が出せないまま悶々とする日々を過ごします。

「何で自分は成約が取れないんだろう?」と考えては改善案を立て、行動していました。

営業部門に同期はおらず、1年先輩の社員にアドバイスをもらいながら外回りをする日々が続きます。

入社から4ヶ月目でやっと1件成約が取れた時は、先輩社員や教育担当の上司も一緒になって喜んでくれました。

入社から半年、教育担当の態度が急変

毎日外回りをする日々には慣れていましたが、未だに成約が上手く取れていませんでした。この頃になると教育担当から厳しい言葉をかけられるようになります。

お前の表情が悪いんだ
そもそも営業とは何か分かっているのか?
話し方がなってない

こんな言葉をかけられましたが、当時は「自分のために説教してくれているんだ」と感じていました。

しかし、入社から半年たった頃、いつものように成約が取れず落ち込んで会社へ帰ると、教育担当の態度が一変したのです。

お前仕事を舐めてんのか?
落ち込んだ顔で戻れば許されると思うな
成約が取れないなら辞めちゃえよ

今までにないほど、罵声を浴びせられた私は尻込みして「申し訳ございません…」としか言えませんでした。「もしかしてこれがパワハラ?」と思った瞬間でした。

エスカレートするパワハラ→適応障害になる

教育担当に活を入れられた私は、毎日成約を取るために外回りに行きました。しかし、思ったような結果は出ず、会社へ帰ると罵声を浴びせられる毎日

パワハラは日に日にエスカレートします。

お前がいると会社の成績が下がる!
給料泥棒と一緒の空気は吸いたくねぇよ!
外回りなんてやめて俺の書類をまとめろ!

人格を否定され、ついには教育担当がやるべき書類仕事も私に押し付けてくる有様。

誰かに相談したいと何度も思いましたが「新卒なんだから当たり前」と言われたらと思うと怖くて相談できませんでした

次第に会社へ通勤することが苦痛になり、笑顔が取り柄だった私が涙が止まらない日々が続きました

ある日、母から電話があり元気のない私に「大丈夫?仕事で何かあった?」と聞かれ、嗚咽に近いほど大泣きしてしまいました。

母は「あんた1回で良いから病院へ行って診てもらいなさい」と声をかけてくれました。休日を使って、近くの精神科医で診察してもらったところ「適応障害」との通告。

医師から診断書を受け取り、自分が心の病にかかっていたことを自覚しました。

休職→転職に成功

精神的にボロボロになっていた私は、医師の診断書を片手に上司へ休職をお願いしました。

上司から返ってきた言葉は意外なものでした。

お前のためを思っての言葉だったのに
お前のせいで俺の株まで下がるだろうが
休んだってどうせ変わらないぞ

「お前のためを思って…」と言われたのは今でも許せないと感じます。

人格を否定するような言葉がアドバイスだなんて私は思いません

「休職すれば復帰できるかも…」と考えていましたが、この言葉を聞いて「転職しかない」と決意したことを覚えています。

1週間ほど休養すると、精神的にも少し楽になりました。このタイミングで転職先を見つけようと思い、2社の転職エージェントに登録

カウンセリングでは現職を辞めようと思ったこと、適応障害になったことなどを正直に話しました。はじめて人に相談できたこともあって、とても安心できましたね。

その後、希望に合った企業を数社紹介してもらい2ヶ月後には無事1社から内定を頂けました

退職手続きをして今の職場へ転職

内定が決まった段階で、休職していた職場へ連絡を取り退職手続きを行いました。

休職後、はじめて職場へ行った私に教育担当の上司は「お前まだいたのか?」と相変わらずの対応。

私は「お世話になりました。転職先が無事に決まり退職させていただくことになりました」と伝えます。上司は「どうせお前なんてどこに行っても同じだよ」と罵ってきました。

しかし、今の会社は居心地も良く、上司も親身になってアドバイスをしてくれます。「職種は全く同じなのに職場によってこんなにも違うんだ」と感激しました。

的確なアドバイスをしてくれる上司のおかげで、営業の成約件数も順調に伸びています。

適応障害になるほど追い詰められていたことを思い出すと「何でもっと早く逃げなかったのかな」と後悔しますね。

今、パワハラにあっている新卒の方は、すぐにでも新しい道を模索するべきですよ。

パワハラされやすい新卒はYesマンが多い

新卒でパワハラにあいやすい人には「Yesマン」が多い傾向にあります。

ここではパワハラされやすい新卒とそうでない人の特徴を見ていきましょう。

  1. 常に承認してしまう
  2. パワハラされにくい人はNoと言える人

常に承認してしまう

普段からどんなことでも「Yes」と答える新卒はパワハラのターゲットになりやすいです。

「そんなこと言われても新卒なんだらYesっていうのが普通じゃないか」

こんなふうに考える方は注意が必要です。なぜなら「Yesマンの新卒が急にNoと言うと上司は腹を立てやすい」から。

  • 上司「〇〇これやっといて」:新卒「はい!」
  • 上司「今日飲み行くか!」:新卒「はい!」
  • 上司「〇〇さんに電話入れておいて」:新卒「はい!」

このようにいつも承認ばかりしていると、上司がやるべき仕事を任されてしまうことも。

「すみません。この仕事は私の担当ではないんですが…」とYesマンが反抗すれば「文句言ってないでやれ!」と上司が逆上することもあるでしょう。

また、常に承認する新卒に対して「こいつは何でもやるやつだ」と決めつける上司は少なくありません。

  • 面倒な仕事を丸投げ
  • 女性の新卒を強引に食事に誘う
  • Noと言われたら怒鳴れば良いと思っている

新卒からすると断りにくいのは確かですが、常にYesマンでいるとパワハラのターゲットになりやすいことも忘れないでくださいね。

パワハラされにくい人はNoと言える人

反対にパワハラされにくい新卒は適材適所でNoと言える人です。

  • 担当以外の仕事を任された時
  • 仕事外で誘われた食事
  • 理不尽な尻拭い

このような状況で明確に「No」と発言する姿勢を貫くと上司からしてもいじりがいがありません。結果、一目置かれるようになりパワハラのターゲットになりにくくなるのです。

会社によっては「上司がさらに上の上司からパワハラされている」ケースもあります。この場合、直属の部下に当たる新卒は八つ当たりを受けることも。

しかし、理不尽なことに対して「No」と言う行動を繰り返すと、はじめは強気な上司でも次第に標的にされにくくなります。

理不尽なことに「No」と言って逆上するような上司がいる会社は、そもそもあなたが耐える価値がありませんよね。

立場の低い新卒であったとしても、適材適所でNoと意思表示することはとても重要です。

パワハラにあった新卒が取るべき2つの選択肢

新卒に対するパワハラは耐えていてもエスカレートするだけです。

あなたが今パワハラにあっているなら、今の状況を変えるために以下のいずれかの選択を取るしかありません。

  1. 相手に変わってもらう
  2. 自分の環境を変える

相手に変わってもらう

1つ目の選択肢は「相手に変わってもらう」方法です。

エスカレートするパワハラが苦しくても今の会社は辞めたくない場合は、相手にパワハラをやめてもらうしかありません。

そのためには、パワハラ相手へ何らかの意思表示をするのも効果的です。

  • ICレコーダーでパワハラの状況を録音
  • 日付や場所、パワハラ内容を記録
  • 診断書がある場合は用意する

このような「パワハラの証拠」を集めた後、まずは会社の上層部へ相談してみてください。

人事、本社はもちろん場合によっては労働組合などにも声をかけましょう。

社内で解決しないなら労働局に行く

社内で相談しても変化がなかった場合は、無料の相談窓口である「総合労働相談コーナー」を利用することも可能です。

意思表示する際の注意点

相手への意思表示にはメリットだけではなく注意点もあります。

  • 会社から引かれる→昇進できない
  • 全員から無視されるようになる
  • 転職活動に影響が出る

最も懸念されるのは転職活動への影響です。

転職活動では、以前の会社で問題を起こしたかどうかもチェックされるため、「上司と揉めた新卒」と思われたら印象は良くないでしょう。

必ず上手く行く方法ではないので、まずは総合労働相談コーナーなどを利用して冷静なアドバイスを受けるようにしてください。

自分の環境を変える

2つ目の選択肢は「自分の環境を変える」方法です。

どれだけ相手に意思表示をしても何も変わらない、もしくは会社が相手すらしてくれないような場合は今いる環境を変える方がいいでしょう

そのためにできる具体的な方法を次の章でいくつかご紹介します。

新卒がパワハラのある環境を変える方法

そもそも会社が何も対応してくれないのであれば、自ら環境を変えるしかありません。

ここでは環境を変えるためにおすすめの方法を以下の3つご紹介します。

    ■ 環境を変える3つの方法

  1. まずは自分の棚卸をする
  2. 転職エージェントを利用する
  3. 退職代行を利用する

まずは自分の棚卸をする

ただやみくもに転職をしても、下手をすれば新しい職場でもまた同じ繰り返しになるかもしれません。

それを避けるためには、まず自分の棚卸をして自分の強みは何か?向いている仕事は何か?などを明らかにしましょう。

自分で色々考えてみるのも大事ですが、こういった時は無料で使える診断ツールを利用するのが効率的です。

中でもリクナビNEXTが提供している「グッドポイント診断」は人の強みを18種類に分類し、そのうち自分が持つ5つの強みを診断してくれます。

18種類の強み

利用するには転職サイトのリクナビNEXTへの登録が必要ですが、無料で簡単に登録できるので一度試してみて下さい。

* あなたの5つの強みがすぐわかる *

転職エージェントを利用する

新卒入社したばかりなのにいきなり転職活動と言われても何をすればいいのかわからず不安になる人も少なくありません。

そんな人は転職エージェントを利用するのがおすすめです。

中でも第二新卒()に特化した転職エージェントを利用すれば以下のようなメリットを受けられるでしょう。
※:新卒入社3年以内の求職者を「第二新卒」と呼びます。

    ■ 第二新卒向けエージェントのメリット

  1. 第二新卒向けの求人を紹介してくれる
  2. 辛い気持ちをヒアリングしてくれる
  3. 求人サイトにはない非公開求人もある
  4. 厳選された優良企業に出会える
  5. エージェントによっては書類審査不要

ここでは4つの転職エージェントをご紹介しますので、じっくりと比較・検討してください。(※複数社を併用するのも効果的です。

第二新卒向き転職エージェント

キャリトレ マイナビ
ジョブ20’s
サイト
年齢層
20代
サポート対象者
キャリアアップを目指す20代
20代/既卒・第二新卒/フリーター/初めて就職/転職相談
支援
実績
自身の市場価値が分かりキャリアの可能性が広がる 年間約3万4000人が登録
特徴 スカウト/レコメンド機能付でスキルアップを目指せる 全求人が20代対象
ポテンシャル採用中心
公式
サイト
ハタラクティブ 第二新卒エージェントneo
サイト
年齢層 20代 18歳~28歳の就職/転職支援実績2万人超
サポート対象者
20代/既卒・第二新卒
フリーター/初めて就職/転職を検討する人
支援
実績
内定獲得まで最短1週間以内
内定率80.4%
内定獲得まで最短3日
特徴 未経験歓迎/人柄重視の企業多数 1人当たり平均8時間サポート
公式
サイト

退職代行を利用する

転職しようとしても「辞めさせないような圧力をかけてくる」など、世の中には非常識な対応をしてくるブラック企業も存在します。

そういった環境を変える最後の手段としておすすめなのが、「退職代行サービス」です。

退職代行Jobs」を利用すれば、退職希望の従業員に代わって会社とのやり取りをすべて代行してくれます。

「今すぐ辞めたい」「気まずいから会社の人と顔を合わせたくない」「もう2度と会社に行きたくない」など、追い詰められている人の要望にすべて応えてくれるでしょう。

    退職代行Jobsのメリット

  • 料金は業界でも安価の29,800円
  • 即日即時対応ですぐに退職できる
  • 会社とのやり取りは一切不要
  • 退職届・貸与品・私物のやり取りも郵送でOK
  • 退職できない場合は全額返金
退職代行Jobs
退職代行Jobs公式

顧問弁護士監修の安心サービス。退職届・業務引継書はテンプレで簡単作成可能。
24時間365日対応でスピード退職を実現

新卒でもパワハラを我慢する必要はない

新卒でパワハラにあったら、誰でもトラウマになり今後の社会人生活が心配になるもの。

罵声を浴びせられる日々が続けば、精神を病んで適応障害やうつ病になってしまう人もいるでしょう。

やる気に溢れた新卒だったのに、他者の圧力で精神を消耗するなんて耐えられませんよね。

あなたが新卒だからといって、無理をしてパワハラに耐える必要はどこにもないのです。

勇気を出して「相手にやめてもらう」か、見切りをつけて「自ら環境を変える」か、選択肢はこの2つです。

まだまだこれからの人生、理不尽なパワハラに台無しにされないよう自ら積極的に動いてみて下さい。


RECOMMEND

関連記事