最終更新日:

転職エージェントは選び方で成功率UP?最適な転職エージェントの選び方

【選び方】転職エージェントで転職活動が180度好転!最適を見つける手順とは

「転職エージェントってどう選べばいいの?」「最適な転職エージェントの選び方は?」

転職活動を円滑に進めるには転職エージェントの利用が有効ですが、自分に合う転職エージェントの選び方が分からず登録に踏み切れていない求職者も多いです。

優良なキャリアコンサルタントを見つけてあなたに最適な転職エージェントを上手に活用すれば、転職は成功します

今回は転職エージェントの優良なキャリアコンサルタントの見極め方、転職エージェントの的を絞る方法、最適な転職エージェントを見つけ出す手順を詳しく解説していきましょう。

効率よく転職を成功させたい求職者は必見です!

転職エージェントの選び方①優良なキャリアコンサルタントを見極める

転職エージェントを利用した方が転職に成功しやすいのはわかるけど、どのエージェントを選べばいいかわからないよ。数が多すぎる!

転職エージェントは転職活動を有利にしてくれるけど、選び方を間違えれば諸刃の剣にもなるの。自分に合わないエージェントは逆に転職の足手まといになるから注意して。

そもそも良いエージェントか悪いエージェントかってすぐにわかるの?どうやって判断したらいいんだろう?

まずは良い悪いを見分けるために何が重要なのか一緒に考えていきましょ!

キャリアコンサルタントが転職の成功を左右する


転職エージェントは専任のキャリアコンサルタントが企業との間に入って求職者をサポートします。

劣悪な担当に捕まればBAD優良な担当を見つけられればGOOD

転職が成功するも失敗するも、希望が叶うも叶わないも、すべてはキャリアコンサルタントの腕次第です。

転職活動の結果はキャリアコンサルタントのサポートによって180°変わります。

優良か劣悪かの判断基準を定める

転職エージェントを選ぶ前に、自分の中で優良か劣悪かを見分ける最低限の判断基準を定めるのは大前提です。

基準がブレてしまえば、あなたに合う転職エージェントは見つけられません。

    優良なキャリアコンサルタントの特徴

  1. 親身にキャリア相談にのってくれる
  2. 人柄がよく信頼できる
  3. 希望に近い求人を紹介してくれる
  4. 知識が豊富で業界に精通している
  5. キャリアコンサルタント歴が長い
  6. 対応が早く連絡がマメ
  7. 良質な案件を持っている
面談や電話では求職者の希望を重点的にヒアリングし、求人紹介は少ない傾向。

面談したタイミングでたまたまあなたの条件に100%マッチする求人が複数あるケースも考えられなくはありません。

しかしそれはかなりレアなケース、出会ってすぐに大量の求人を紹介されたらまず疑ってかかっていいでしょう。

一見すると求職者に寄り添っているようでも、アドバイスがマニュアル的だと優良を装っている可能性もあります。

    劣悪なキャリアコンサルタントの特徴

  1. 大したヒアリングをしない
  2. 態度が威圧的、横暴で信頼できない
  3. 希望を考慮せず内定が出やすい求人ばかり紹介してくる
  4. 職種、業界に関する知識が浅い
  5. キャリアコンサルタント歴が短い
  6. 対応が遅く連絡が不定期
  7. 良質でない大量の案件を紹介してくる
求職者の希望の実現よりも、とにかく早く内定させようとする傾向。

利益重視があからさまで、希望を無視して言葉巧みに転職へと誘導してくるキャリアコンサルタントには要注意です。

態度や対応が悪いといった人間性に問題がある場合も言うに及びません。

担当者に不安を感じたらすぐに変更を依頼するのが得策。出遅れたらそれだけ転職活動が停滞します。

自社の利益より求職者の希望を優先するなら◎

優良・劣悪なキャリアコンサルタントの特徴を羅列しましたが、見極め方は決して難しくはありません。

あなたの話に耳を傾けてくれているか、自分のキャリアに沿った内容になっているか。

あなたの希望エージェントの利益どちらを優先しているかで判断すればいいだけです。

転職を助けてもらうために相談したのに希望を聞いてくれない人もいるなんて…。しっかりと基準を頭に入れておかなくちゃいけないね。

転職エージェントも慈善事業じゃないから仕方がない部分もあるけど、転職に焦ってる子を捕まえて自分の都合で利用するコンサルタントは許せないわ!絶対に付き合っちゃダメよ。

「優良なキャリアコンサルタントを見つける」と転職の成功に直結します。

キャリアコンサルタントの本質を見極め、転職を成功させましょう。

転職エージェントの選び方②「総合型」「特化型」から的を絞る

転職エージェントを見分ける基準は定まったけど、すべてのエージェントのキャリアコンサルタントと会うのは物理的に無理があるよね。

一人一人と直接会って良い悪いを判断できれば一番だけど、それはできないわ。時間は限られてるもの。

転職活動は長引かせたくないし、最初からある程度自分に合いそうなエージェントだけに絞れないのかな?

転職エージェントには2種類のタイプがあるから、それぞれをよく理解すれば的を絞れるわ。希望条件を明確にして要領よく選んでいけば素敵なパートナーに出会えるの♪

「総合型」と「特化型」転職エージェントの違い

転職エージェントは大まかに、全国区で幅広い業界・職種を網羅した「総合型」と、地域を絞って限られた業界・職種を専門とした「特化型」に分けられます。

転職エージェント 総合型 特化型
求人数 多い 少ない
コンサルタント 質が高い
専門性は低い
業界出身者が多数
業界に精通
規模 ほぼ大手 中小
エリア 全国 地域密着
年齢層 20~30代中心 幅広い

転職エージェントには得手不得手があります。

業界に疎いエージェントはあなたのキャリアや強みを活かしきれないでしょう。

最悪の場合、企業の求めるレベルを満たしていても不合格になるケースも。

大手へ転職したいのに中小企業やベンチャーに強いエージェントを利用しても、なかなか希望の求人は紹介されません。

規模や社風によっても特性は異なるわ。評判だけじゃなく会社としてどの業界が得意なのか担当はどの業界が専門なのかは必ず確認して★

総合型転職エージェントのメリットとデメリット

幅広い業界を網羅し求人数が膨大

総合型の転職エージェントは浅く広い百貨店。

営業とコンサルタントが分かれている場合が多く、あらゆる業界・職種に対応しています。

業界が定まっていない人はまず総合型から選びましょう。

求人数が膨大で非公開求人も豊富なため、希望に近い多くの求人紹介の期待大。

経験のある業界以外に新しい可能性を提案してもらえるのも総合型ならではの魅力です。

様々な業界の比較が可能

総合型では、今の業界や仕事内容が近い業界はもちろん、未経験で興味はあるけど知識がない業界など、様々な業界の情報収集が可能です。

業界同士を比較すれば各業界の強みや弱点が浮き彫りになり、より自分に合った業界を見つけやすくなります。

コンサルタントの質が高い

総合型は大手の企業が運営しているケースが多く、教育に十分なお金をかけられるため良いコンサルタントの育成が可能です。

利用者も多く豊富な経験を積んでいて質が高い傾向にあります。

    総合型のキャリアコンサルタントの魅力

  • 経験を積んだベテランが多数在籍
  • 豊富な転職支援実績
  • 実績に基づいた転職ノウハウ
  • 自分では気づけない適正や合格する書類の書き方など、高い提案力

反面、多くの利用者に忙殺されて事務的な対応になるコンサルタントも少なからずいます。

個人差が激しい点は考慮しておきましょう。

専門性が低く業界知識が乏しい場合も

総合型は幅広い業界をカバーし多くのニーズを満たしますが、その分専門性は低いです。

1つの業界・職種に関してはそこに強い特化型と比較すると知識の差は歴然。

ブログラマやエンジニア、デザイナーなど専門的な技術職を目指す人は、総合型の知識不足を顕著に感じるかもしれません。

教えてレディ。総合型の転職エージェントにはどんな人が向いているの?

転職したい業界が定まってない子は選択肢が多い方がいいから、求人数重視で総合型ね☆手広く色々な業界と繋がってて別業界に転職したい子にも向いてるわ。全国展開だから地方での転職を視野に入れてる子にもいいかも♪

特化型転職エージェントのメリットとデメリット

業界とのコネが強く隠れた優良求人も

特化型の転職エージェントは深く狭い専門店。

業界・職種は限られていますが、専門的なサポートを受けられます。

業界が定まっている人は特化型からその業界に強いエージェントをピンポイントで選べば間違いありません。

同じ業界に何年も人材を紹介しているため、業界とのコネクションは強力

総合型にはない隠れた優良企業の求人紹介にも期待できます。

業界に精通しメディアにも載っていない優良新興企業(ベンチャー、スタートアップ)の求人に詳しいのも特化型ならではの魅力です。

企業毎の対策がしやすい

各企業との間に確かな信頼関係がなければ業界の裏側までは知れません。

特化型は業界との間に太いパイプがあり、1つの企業からより濃密な情報が手に入ります。

提供されるのは表面的でない内部情報です。

教えてレディ。企業の内部情報ってここだけの話どんな情報なの?

最近の選考基準や実際の採用状況みたいな人事サイドの情報よ。受かりやすい職務経歴書の書き方、この企業にはこんなポートフォリオが好印象で、こんなアピールが高評価されてたなんて生の声を聞けちゃうの♪

実際の経営状態や売上もわかるの?

同じ企業と付き合いが長いから、売上の推移や今の経営状態も熟知してるはずよ♡今伸びてる企業ならいいけど、赤字が続いてるなら正直怖いじゃない?売上が悪くても今後に期待できる業界なら転職する価値はあるわ。実際の状況を知って選ぶ目安にするのよ♬

リアルな情報が多いほど傾向を掴みやすく、それに基づいた書類作成や面接対策が可能。

特化型は企業毎の対策がしやすいです。

業界全体の動向が見える

専門性が高くなるほど最新の情報のキャッチアップが求められます。

特にITやWeb業界は新しい技術がどんどん出てくるため、情報に鈍感ではとても太刀打ちできません。

以前は通用していたスキルもすぐに市場で評価されなくなってしまいます

特化型は業界全体の動向を把握し、常に最新の情報に敏感です。

これから身につけるべきスキルやどんなキャリアを積めばいいかが明確に見えるため、移り変わりが激しい業界でも市場での評価を下げずに転職活動を進められます。

コンサルタントがスペシャリスト

特化型は中小企業が運営している場合が多く、1つの業界・職種に特化しているため専門性の高いコンサルタントの育成が可能です。

総合型に比べて利用者は少ないですが同じ業界で経験を積み重ねた「業界のスペシャリスト」が多い傾向にあります。

    特化型のキャリアコンサルタントの魅力

  • 実際にその業界で働いていた業界出身者も多数在籍
  • 求職者目線で的確なアドバイスができる
  • 同業界での転職支援実績
  • 専門的な知識が豊富
  • 専門用語でも通用するだけの知識レベルがある

情報深度や知識量は総合型と比べ物になりません。専門性の高い職種になるほど特化型の方がスムーズなやり取りが望めます。

求人数が少なくミスマッチも

特化型は業界・職種を絞っている分求人数は少ないです。

時期によっては求職者の希望に合う求人がなく、手持ちの中から強引に案件を押し付けてくるエージェントもいるでしょう。

条件とマッチしない求人ばかり紹介されるようなら時期を見直すのも一つの手です。

総合型と比較すると基本的なノウハウの蓄積は浅く、業界の専門知識以外の情報に弱い面もあります。

教えてレディ。特化型の転職エージェントにはどんな人が向いているの?

行きたい業界が決まってる子は迷わず特化型ね。専門性が高すぎて総合型じゃ噛み合わなかった子も、特化型なら同等以上に話ができるかも。特定の地域に特化したエージェントもあるから、働きたい地方が決まってる子にも向いてるわ♪

「総合型」と「特化型」は希望に合わせて掛け持ちが可能。それぞれ良い面も悪い面もあるので、臨機応変に活用しましょう。

転職エージェントの選び方③“最適”を見つけ出す手順

総合型と特化型、それぞれの転職エージェントに得意な部分と苦手な部分があるんだね。自分に合いそうなエージェントに的を絞ったら、いよいよ登録して面談だね!

次は実践編ね☆いくら事前準備をしたとしても、実際にキャリアコンサルタントと会ってみたら期待と全然違うケースもあり得るわ。転職エージェントの実態に迫ってオンリーワンのエージェントを見つけましょ♪

転職エージェントは必ず複数利用する

内定が決まればエージェントは企業から報酬をもらえて、求職者は仕事に就けます。

お互い仕事上のWin-Winの関係ではありますが、あくまでも人と人との付き合いです。

優良なキャリアコンサルタントに当たったとしても、相性が悪かったり人として好きになれなかったり、合う合わないは当然出てきます。

リスクヘッジのためにも転職エージェントは複数利用するのが得策です。

「総合型」の転職エージェントに2社以上登録する

総合型の選び方はいたってシンプル。

自身の年代、年収範囲に該当するエージェントから、それぞれの特性を確認して最低2社以上に登録しましょう。

まず大手の総合型に登録して、希望がはっきりしてきたらその業界の特化型を追加するのもエージェントを上手に活用する常套手段です。

各転職エージェントの転職支援サービスに申し込み後、キャリアコンサルタントと面談すると様々な転職サポートが受けられます。

登録・利用はすべて無料です。

転職エージェントは複数社利用すると転職活動がより円滑に進みます。

経験がある20~30代向け

リクルートエージェント マイナビエージェント
転職エージェント
主な年齢層 20代~35歳 20代~35歳
主な年収帯 350~850万円 400~600万円
主なサポート対象者 全転職者に対応 20代、第二新卒、1~3回目の転職者
支援実績 採用成功実績は41万人超 20代の信頼No.1を獲得
特徴 業界最大手
求人数No.1
面接対策が充実
サポートが◎
中小企業に特化
IT系にも強い
簡単登録
(無料)


女性向け

doda パソナキャリア
転職エージェント
主な年齢層 20~30代 25~35歳
主な年収帯 300~700万円以上 400~1000万円以上
主なサポート対象者 全転職者、女性にも好評 東名阪のハイクラス層、女性
支援実績 業界30年の採用成功実績 顧客満足度調査1位
特徴 求人約10万件
非公開多数
丁寧なサポート
年収UP率67%
大都市圏の求人が豊富
簡単登録
(無料)


「特化型」の転職エージェントに登録する

特化型はそもそも専門とする業界がそれぞれ違います。サポート内容や独自の強みなどは、より特色が色濃く現れる部分です。

1つの業界・職種に特化したエージェントが複数存在する場合もあります。

特化型の選び方は、自分の転職したい業界や興味のある職種、希望の条件に合わせるだけ。

そこに特化したエージェントを洗い出し選んでいきます。

総合型だけでも転職活動は十分に完結するので、特に業界や職種が定まらない場合は無理に追加しなくてもOK。

経験が浅い20代向け

DYM就職 ジェイック
(JAIC)
転職エージェント
主な年齢層 18~35歳 18~39歳
主なサポート対象者 第二新卒、既卒、フリーター 社会人未経験、中退者もOK
支援実績 20000名以上を支援 正社員就職成功者5000人
特徴 書類選考なし
優良企業2千社
就職率96%
正社員求人のみ
研修が無料
就職成功率8割
簡単登録
(無料)

IT業界向け

Spring転職エージェント マイナビIT AGENT
転職エージェント
主な年齢層 20~40代 20代~35歳
主なサポート対象者 全転職者に対応 20代、第二新卒、1~3回目の転職者
支援実績 大手優良企業への紹介実績多数 20代の信頼No.1を獲得
特徴 IT職種の専門部あり
年収UP率59%
好条件の中小IT企業多数
関東地方に強い
簡単登録
(無料)


レバテックキャリア WORKPORT(ワークポート)
転職エージェント
主な年齢層 20~40代 23~35歳
主なサポート対象者 エンジニア経験者 IT業界経験者、業界・職種未経験者も可
支援実績 利用者数15万人 転職決定人数No.1を獲得
特徴 ITエンジニア・Webデザイナーに特化。年収アップ率60% IT・Web・ゲーム業界に特化。内定までがスピーディー
簡単登録
(無料)


ハイキャリアの30~40代向け

ビズリーチ キャリアカーバー
スカウト型転職サービス
主な年齢層 30代~40代 30代~40代
主なサポート対象者 現年収500万円以上 現年収600万円以上
支援実績 採用企業数累計12800社 転職決定年収の平均900万円超
特徴 ハイクラス国内最大級。1千万超の求人多数
年収800〜2000万円の求人多数。完全無料
簡単登録
(一部有料)
JACリクルートメント ランスタッド(ハイクラス)
転職エージェント
主な年齢層 35~44歳 30代以上
主なサポート対象者 現年収600万円以上 ハイキャリア、エグゼクティブ
支援実績 グローバル転職を中心に約43万人の支援実績 グローバルで年間約20万人の転職支援実績
特徴 管理職や専門職のハイクラス求人が豊富。外資系も◎ 人材業界50年の老舗。30代で年収800万が狙える
簡単登録


飲食業界向け

itk無料転職サービス フーズラボ
転職サービス
主な年齢層 20~30代 20~40代
主なサポート対象者 首都圏への転職者。未経験可 未経験~幹部候補まで
支援実績 外食産業の無料転職支援サービス求人数No.1 年間相談実績5,000名以上
特徴 選考企業合格率93%。好条件の求人多数 首都圏の飲食業界に特化。優良企業求人多数
簡単登録
(無料)


それぞれ上記の他にも優れたエージェントは多数存在するわ。あくまでも参考までに、あなた自身で最適なエージェントを見つけ出すのよ♫

多くのキャリアコンサルタントと効率よく接触する

気になるエージェントに積極的に会う

自分で管理できる範囲であれば、複数社同時に活用しても何の問題もありません。

むしろ複数利用すれば他社との比較ができて最適なエージェントが見つかりやすくなります。

登録の段階ではそこまで絞り込まずに、気になるエージェントにはとりあえず登録して面談まで繋げるのがベター。

できるだけ多くのキャリアコンサルタントと効率よく接触してください。

複数の担当者と会って話せば付き合い方の感触も掴め、相性も見えてきます。

面談やその後のやり取りで本当に信頼できるかを確認してください。

初めはいいなって感じても、付き合っていくうちに変わっていく場合もあるでしょ?男と一緒、油断は禁物よ。1社しか利用しないでダメな担当の言葉を真に受ければ失敗を招くわ。

応募の段階までにエージェントを厳選していく

他社と比較して相性や信頼できるかが判断できてきたら、企業に応募するまでに吟味して最適なエージェントだけに厳選していきましょう。

企業とのやり取りはエージェントの仕事ですが、複数を跨げば求職者自身がそれぞれのエージェントとの連絡を余儀なくされます。

限定すればそのエージェントが自分が応募した求人を把握しているため調整がスムーズです。

正しい選び方で最適な転職エージェントは見つけ出せる

何をどうすれば最適な転職エージェントが見つかるのか良くわかったよ。これでもう選び方に迷わなくなるね。

選び方で大事なのは優良なキャリアコンサルタントを見分ける、総合型と特化型から転職エージェントの的を絞る複数利用して相性を確かめるの三点よ。決して難しくないわね♪

転職活動を始める前に転職エージェントの選び方を知っていれば、転職が有利になるのは間違いないよ。

選び方さえ間違えなければオンリーワンのパートナーに必ず出会えるわ♡あなたにだって最適な転職エージェントは見つけ出せるの★

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。
複数の転職エージェントを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめ転職エージェントは、転職成功実績No.1の『リクルートエージェント』と、20代・30代に人気の『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは完全無料なので、まずは気軽に転職の相談をしてみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
圧倒的な求人数であらゆる業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

\17の質問に答えるとスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:これを読むだけで転職成功率アップ!?厳選おすすめ転職エージェント18選

RECOMMEND

関連記事