最終更新日:

転職活動が辛い5つの理由と対処法とは?転職を続けた方がいい人の特徴も紹介!

転職活動が辛い5つの理由と対処法とは?転職を続けた方がいい人の特徴も紹介!

「転職活動が長引いて辛い」
「転職活動が辛いけどこのまま続けるべき?」

このように、転職活動が辛くてもう辞めるべきか続けるべきかで悩んでいませんか?

結論から言えば、まずは転職活動が辛いと感じる理由を明確にし、その理由に応じた対処を行うべきです。

この記事では、転職活動が辛いと感じる人へ向けて、転職活動が辛い理由とその対処法から、転職活動を辞めてもいい人と辞めない方がいい人の特徴まで紹介しています。

転職活動が辛いと感じる人は、ぜひこの記事を参考にして、これから転職活動をどうするのかの判断材料としてください。

自分の能力適性を知って
転職活動のモチベーションを上げたい方は
こちらから
↓↓↓

転職を辛いと感じている人は実は多い

転職を辛いと感じている人は実は少なくありません。

Yahoo!知恵袋では以下のように、転職活動に対する辛い声が多く寄せられています。

    <Yahoo!知恵袋の声>

  • 転職活動に落ちすぎて辛い
  • 面接に落ちるたびに自分の価値の無さを突きつけられるようで辛い
  • 内定はもらえるものの、入りたい企業で採用されなくて辛い
  • 未来が見えなくて辛い

参照:
転職活動、落ちすぎて辛いです。
転職が上手くいかず辛いです(長文です)
転職活動が辛いです。もう半年無職です。
20歳、女、転職活動が辛いです。
/ Yahoo!知恵袋

このように、中にはいくつか内定をもらっているものの、希望職種ではない企業しか採用をもらえずに辛い思いをしている人もいます。

転職が辛いと思う人は、なぜ辛いかの理由を明確にして対処しなければいけません。

転職を辛いと感じる具体的な理由とその対処法について詳しく見ていきましょう。

転職が辛い5つの理由とその対処法

転職が辛いと感じる理由には主に以下の5つが考えられます。

    <転職が辛い5つの理由>

  1. 不採用が続いて辛い
  2. 金銭的に辛い
  3. 転職する時間がなくて辛い
  4. 周囲にバレないようにするのが辛い
  5. 転職の目的を見失って辛い

ここからは、それぞれの理由とその対処法について詳しく解説しいきます。

不採用が続いて辛い

不採用が続いて転職が辛いと感じている人はきっと少なくないでしょう。

不採用が続けば「自分に価値はないのかな」と自信が持てなくなりますし、自信が持てなければ転職活動がさらにうまくいかないなど悪循環に陥りやすくなります。

また、不採用通知によって自分を否定されているように感じる人は特に転職を辛いと感じやすいでしょう。

不採用が続いて転職が辛いと感じた人は以下のような解決策があります。

    <不採用が続いて辛い時の解決策>

  1. 縁がなかったと開き直る
  2. 趣味の時間を作ってメリハリをつける
  3. 転職後にやりたいことをリストアップしてモチベーションを上げる
  4. 自己肯定を繰り返して自分を認める

不採用が続いて辛いと感じるのはマイナスな出来事を常に引きずっているためです。

縁がなかったと開き直ったり、趣味の時間を作ったりして気持ちの部分でメリハリをつけるよう意識しましょう。

金銭的に辛い

転職が辛いと感じるのは金銭的な理由も考えられます。

あらかじめ転職にかける予算を決めていたのに、転職活動が長引いて予算が底をつけば金銭的な不安から辛さを感じる人は多いでしょう。

金銭的に辛いと感じる場合は以下のような解決策があります。

    <金銭的に辛い時の解決策>

  1. 収支を常に把握しておく
  2. 失業保険の給付を利用する
  3. 遠方の場合はオンライン面接を希望する

特に収支を常に把握するのは非常に大切です。

何にお金を使ったのか把握していなければ、いつの間にかお金が減っていく感覚になるため、精神的な負担がかかる可能性が高いです。

一方で、何にお金を使ったのかを把握できていれば、自分が今どんな行動を取れるのかが分かり、効率よく転職活動できるようになります。

また、退職したばかりなら失業保険の給付を利用したり、面接が遠方などで交通費が高いなら理由を伝えてオンライン面接にできないか相談するのも方法の一つです。

転職する時間がなくて辛い

転職する時間がなくて辛いと感じる人も少なくないでしょう。

特に、現職で働きながら転職活動をする人は、転職活動に割ける時間も限られているため、結果的に長引いて疲れてしまうと考えられます。

転職する時間がなくて辛いと感じている人には以下のような対処法があります。

    <時間がなくて辛い時の解決策>

  1. 通勤時間など隙間時間を活用する
  2. 有給休暇を効率良く取得する

中でも大切なのが隙間時間の活用です。普段の生活の中でも意外とたくさんあります。

通勤時間はもちろん、たとえば昼食後の昼休みや、帰宅してから就寝するまでの時間などさまざまです。

たった5分でも1日5回の隙間時間があれば25分も転職活動に時間を使えますし、1週間すれば約3時間もの隙間時間が生まれます。

無駄にしている隙間時間を意識的に見つけて、転職活動に使う時間を増やしましょう

周囲にバレないようにするのが辛い

現職で働いている人は特に、同僚や上司に転職活動していることがバレないように注意している人は多いでしょう。

転職していく人に対して冷たく扱う場合も考えられるので、リスクを割けるためにも転職活動は周囲にバレないように行うのが一般的です。

しかし、転職を隠すためには常に気をつけなければいけませんし、それによって疲れて辛い思いをする場合があります。

転職活動が周囲にバレないように意識するのが辛いと感じる人は、とにかく「今の仕事をおろそかにしない」といった意識だけは大切にしましょう。

今の仕事に一生懸命に取り組み、熱量を持って仕事をすれば誰も転職活動していると思われにくいです。

細かい部分で「転職活動しているとバレてないかな?」と不安になっている人は、とにかく今の仕事がおろそかになっていないかを意識してみましょう

転職の目的を見失って辛い

転職活動をするにあたって、転職の目的を見失って辛いと感じる人も少なくないでしょう。

特に、勢いで転職活動を始めた人転職活動が長引いている人は、元々何のために転職活動を始めたのかを見失いやすいと考えられます。

転職活動をはじめた時のやる気や熱量は失われ、だらだらと転職活動をすれば、より転職活動が長引いてお金と時間だけが無駄に過ぎていき辛いを思いをしやすいでしょう。

転職の目的を見失って辛い人は、以下のような対処法があります。

    <目的を見失って辛い時の解決策>

  1. 自己分析して転職の目的を再確認する
  2. 転職を決めたきっかけを書き出す
  3. 能力適正に合った仕事を知る

自己分析して自分の持つ価値観を確認すれば、転職の目的を再確認できるかもしれません。

また、転職すると決めたきっかけを書き出せば、モチベーションUPにも繋がるでしょう。

そして、中でも特におすすめなのが、能力適正の診断です。自分の能力に合った仕事を知れば、転職への期待が高まる可能性が非常に高いです。

転職活動の目的を見失って辛いと感じる人は、一度立ち止まって改めて転職への思いを固めましょう。

おすすめの能力適正診断

自分の能力適正を知るにはリクナビNEXTのグッドポイント診断がおすすめ。

簡単な質問に答えるだけで自分の強みが見つかる本格診断サービスで、時間もお金もかけずに仕事の向き不向きの適性をチェックできます

グッドポイント診断の手順は非常に簡単です。

診断をスタートすると出題される質問に順番に回答していくだけ。

スムーズに答えれば15分程度であなたならではの5つの強みが分かります。


18種類の強み一覧

例えば「独創性」や「柔軟性」に長けていると診断された人は、新しいものを創り出すクリエイティブな仕事や新たなアイディアを出す企画職に向いているでしょう。

たった数分で適性が見えてくるので、自分の能力適正を知りたい人はさっそくチェックしてみましょう。

★無料で簡単に診断できる!★
会員登録して適性診断スタート(無料)
適性診断の詳しい手順はこちらを参照

辛いなら転職活動を辞めた方がいい人の特徴

転職活動を辞めた方がいい人には以下3つの特徴があります。

    <転職活動を辞めた方がいい人の特徴>

  1. 勢いで転職活動を始めた人
  2. 焦って転職活動を始めた人
  3. 給料UPだけが目的になっている人

ここからは、それぞれの特徴について具体的に紹介していきます。

勢いで転職活動を始めた人

勢いで転職活動を始めた人は一度転職活動を諦めた方がいい場合があります。

なぜなら、勢いではじめた転職活動には計画性が低い可能性があるからです。

計画性のない転職活動は金銭的にも精神的にも長続きしないと考えられますし、タイミングによっては適した求人が見つからないことも少なくありません。

また、自己分析や企業分析ができていないままだと転職活動における軸が定まっていないことが多く、転職活動の軸がないまま内定をもらうのは難しいでしょう。

そのため、勢いで転職活動を始めて辛いと感じている人は、一度立ち止まって転職活動を始めたきっかけや理由を書き出してみましょう

焦って転職活動を始めた人

焦って転職活動を始めた人も一度転職を諦めた方がいい場合があります。

漠然と「何かを変えたい」「このままではいけない」と、人生に対する焦りから転職するのはあまりオススメできません。

なぜなら、上記と同様に焦って始めた転職活動には計画性が高くない場合が多いからです。

軸のない転職活動で仮に転職できたとしても、またその転職先で「本当にこれで良かったのか?」と思う可能性も高いです。

焦って転職活動を始めて辛くなってきた人は、一度転職活動の計画を立て直しましょう

転職活動における予算や期間、また求人の条件や希望の業種等など、改めて考えてから転職活動した方が効率よく最適な求人を見つけられるようになります。

給料UPだけが目的になっている人

給料を上げるだけが転職の目的になっている人は、一度転職活動を辞めた方がいい場合があります。

転職すれば給料が上がるとは限りませんし、そもそも高収入の転職は難易度も高くなります

給料を上げようと転職活動を始めたものの、なかなか転職が決まらなくて目的や自信を失うケースも少なくないでしょう。

とはいえ、dodaが2018年に行った転職理由に関する調査では、20代・30代・40代のいずれにおいても、「給与に不満がある」といった転職理由が高い割合を占めています。

参考:
転職理由ランキング2018<年代別>|doda

そのため、給料アップを目指して転職するのは問題ありませんが、給料UPだけが転職理由になっている人は一度立ち止まってみましょう。

給料だけでなく、自分のやりたい仕事や転職に対する目的を明確にしてから転職活動を再開するのをオススメします。

自分に合った仕事を知るには?⇒

辛くても転職活動を続けた方がいい人の特徴

転職活動を辞めない方がいい人には以下3つの特徴があります。

    <転職活動を続けた方がいい人の特徴>

  1. 転職の目的が明確な人
  2. 自分について知り尽くしている人
  3. 現在の会社に対して不満が大きい人

ここからは、それぞれの特徴について詳しく紹介していきます。

転職の目的が明確な人

転職の目的が明確な人はそのまま転職活動を続けた方がいいです。

自分が何のために転職活動を行っているのか、また転職した後の目標は何かなど、転職活動における目的や理由を言語化できる人は計画性が高いと考えられます。

また、転職にかける思いが強ければその気持ちを大切にするべきです。

計画性が高くて転職活動における軸を持って積極的に活動を続ければ、きっと満足いく転職先が見つかるでしょう。

自分について知り尽くしている人

自分について知り尽くしている人、要するに徹底的に自己分析した人は転職活動が辛くても継続をオススメします。

自分について知り尽くしている人は、上記のようになぜ転職するのかが明確になっている場合が多いと考えられます。

そのほとんどの人が、自分の将来に対して明確な目的を持っているのではないでしょうか。

また、面接試験においても、自分についてよく知っている人は面接官の質問に対して自信を持ってハキハキと話せる可能性が高く、それが面接でも有利に働くでしょう。

そのため、自己分析を徹底的に行った人は転職活動が辛いと感じても諦めずに続けることをオススメします。

現在の会社に対して不満が大きい人

現在の会社に対して不満が大きい人は転職活動が辛くても続けた方がいいです。

今の仕事が辛くて転職活動を始めたものの、転職先が一向に見つからない状態でも一切悲観的になる必要はありません。

人間関係や労働時間、給料などにおいて不満があるのなら、我慢せずに転職活動にエネルギーを注ぐべきです。

ただし、現在の会社に対して不満がある人はその不満を言語化できるかが大切です。

例えば、給料に対して不満があるなら、「労働時間に対して給料がおかしい」「自分のスキルや年齢からして〇〇円の給料を貰ってもおかしくない」などと具体的にしましょう。

不満をより具体的にすれば、転職活動において譲れない部分が明確になり、軸が固まりやすくなります。

自分軸を大切にして諦めずに転職活動を続ければ、きっと満足いく転職ができるでしょう。

現在の会社にいるのが限界なら

転職活動を続けるよりも、今の会社にいるのが限界だと感じるのなら、転職よりもまず退職を優先するのも選択肢の一つです。

そして極力トラブルなく、且つ今すぐ辞めたいと言った場合、退職代行サービスがおすすめ。

退職代行サービス「退職代行EXIT(イグジット)」なら、退職希望の従業員に代わり、会社との退職交渉をすべて代行してくれます。

どうしても今のまま転職活動を続けるのが辛い場合は一度検討してみて下さい。

    退職代行EXITのメリット

  • 相談から即日対応ですぐに退職できる
  • 深夜や休日でも対応可能
  • 会社とのやり取りは一切不要
  • 退職届の提出・貸与品の返却も郵送でOK

辛くても続けるなら転職エージェントを利用する

たとえ辛くても転職活動を続けたいなら転職エージェントの利用がおすすめです。

転職エージェントとは、プロのキャリアアドバイザーが求職者の希望を聞いてその人に最適な求人を紹介する人材紹介サービスの一つです。

自力でで求人を見つける求人サイトやハローワークとは異なり、プロの視点から求人を紹介してもらえるので、適した求人に出会いやすい上にミスマッチも防げるメリットがあります。

中でもおすすめの転職エージェントは以下の通りです。

★おすすめの転職エージェント★

①『リクルートエージェント』
転職業界No.1エージェント
【公式】https://www.r-agent.com/


②『doda』
豊富な実績✕手厚いサポート
大卒以上の26~35歳、関東、関西、東海の求職者向け。
【公式】https://doda.jp/


③『マイナビエージェント』
20代の転職実績が豊富
【公式】https://mynavi-agent.jp/

転職エージェントの利用は完全無料ですので、転職活動を効率良く進めたい人はぜひ利用してみてください。

また、登録する際は複数エージェントを掛け持ち登録するのがおすすめです。

↓おすすめの理由は以下の記事を参考↓

まとめ

様々な理由で転職活動が辛いと感じる人はたくさんいます。

しかし、ただ辛いからといって闇雲に行動を止めるのではなく、自分の思いを再確認するいい機会だと捉えて、自分自身を再度見直してみて下さいね。

    <転職活動が辛いなら(まとめ)>

  1. 転職活動が辛いと感じる人は多い
  2. 辛い時は自分の能力適正を知るとモチベーションUP
    おすすめはこちら
  3. 勢いや焦りから始めた人は目的を見直す
  4. 目的が明確なら辛くても続けるべき
  5. 現在の仕事が限界ならまず退職も手
    おすすめはこちら
  6. 少しでも楽にしたいなら転職エージェントを利用する
    おすすめはこちら
働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、転職成功実績No.1の『リクルートエージェント』と、20代・30代に人気の『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは完全無料なので、まずは気軽に転職の相談をしてみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
圧倒的な求人数で幅広い業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

\17の質問に答えるとスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:これを読むだけで転職成功率アップ!?厳選おすすめ転職エージェント18選

RECOMMEND

関連記事