最終更新日:

劣等感で苦しい時はこの3つをまず試す。劣等感の原因や解消法を解説。

劣等感で苦しい時はこの3つをまず試す。劣等感の原因や解消法を解説。

あなたは「劣等感」に苦しんでいませんか?

劣等感とは、一言でいうと「自分が他人より劣っていると感じる感情」です。

この感情が強いと自分に自信が持てなかったり、些細な会話でも激しく落ち込んだり、マイナス思考になってしまったりするでしょう。

そこでこの記事では、

  1. そもそも劣等感とは?
  2. 劣等感で苦しくなる原因
  3. 劣等感の苦しさを解消する方法

についてまとめました。

劣等感の苦しさを解消し、自分に自信をもって生きたい方はぜひこのまま読み進めて下さい。

※今すぐ劣等感の解消法を知りたい方はこちらから読み進めて下さい。

そもそも劣等感とは?

劣等感とは、「他人と比較して自分が劣っていると感じる感情」です。

「自分は人よりできない」「自分には生きている価値がない」など、事実とは関係なく思いこんでしまうネガティブな感情を指します。

この感情(思い込み)は内側に向くと自己嫌悪や自虐、外側に向くと他人への嫉妬や批判へと変わるでしょう。

しかしその一方で、劣等感があるからこそ向上心が生まれて成長に繋がる場合もあるため、劣等感は一概に悪いものとは言えません

つまり、劣等感を持つのが悪いと考えるのではなく、劣等感をどう扱うかを考えるのが大切なのです。

劣等感から生まれる苦しさとは?

劣等感を持つのが悪いわけではないと言いましたが、とはいえ劣等感に苦しんでいる人はたくさんいます。

そこで、次は劣等感から生まれる苦しさとはいったいどんなものかをいくつかご紹介します。

    <劣等感から生まれる苦しさ>

  1. 自分に自信が持てない
  2. 気分が落ち込みやすい
  3. 物事をマイナスに捉えてしまう

自分に自信が持てない

自分は劣っているといったネガティブな感情が内側に強く向いてしまうと、人は自分で自分を好きになれない心理状態に陥ります。

どんな人でも何かミスをした時は一時的に自己嫌悪に陥る瞬間はありますが、劣等感が強い人はこの自己嫌悪感を日頃から常に感じているのです。その結果、自分に自信が持てません。

気分が落ち込みやすい

劣等感が強い人は、他の人からすれば些細な出来事でも気分が激しく落ち込んでしまいます。

友人との何気ない会話の中で自分は劣っていると感じてしまったり、道ですれ違った人がステキな恋人を連れて幸せそうにしていると自分は不幸だと感じてしまったり、とにかくすぐに気分が落ち込んでしまうのです。

周りの人からすれば楽しい出来事でも一人だけ気分が落ちる場合もあるのは、とても苦しいでしょう。

物事をマイナスに捉えてしまう

劣等感とは事実や根拠に関係なく自分は劣っていると思いこんでしまう感情ですので、究極のマイナス思考であると言えます。

そして物事をマイナスに捉えてしまうと、大事な場面でも「自分にはできるはずがない」「自分は失敗するに違いない」などと考えがち。

これでは仕事はもちろん、恋愛などのプライベートな場面においても消極的になってしまうので結果を出しにくくなります。その結果、更に劣等感を強める負のサイクルに陥ってしまうのです。

劣等感で苦しくなる原因

それでは日常生活が苦しくなるほど劣等感を強める原因は何でしょう?

人によって様々な原因がありますが、ここでは特に影響の大きな3つについて解説します。

    ■ 劣等感で苦しくなる原因

  1. 能力と人格を混同している
  2. 何でも他人と比較してしまう
  3. 自分も人をよく否定してしまう

能力と人格を混同している

劣等感を強める1つ目の原因は『能力と人間性を混同している』です。

人間であれば能力の大小は必ず起こります。そして社会で生きていく中では能力の差によって評価の差が生じる場面も多々あるでしょう。

しかしそれは、その人の人間性を決める要素の中の1つでしかありません。

にも関わらず、「能力の評価=人間性の評価」だといった錯覚があるために、「能力が劣っている=人間性も劣っている」と感じて苦しくなるのです。

何でも他人と比較してしまう

劣等感を強める原因の2つ目は『何でも他人と比較してしまうこと』です。

どれだけ優秀な人でも、上を見ればさらに優秀な人は存在します。そのため、誰かと比較しているうちは全てにおいて一番にでもならない限り劣等感は消えません。

そして、この他人より優秀でないといけない、一番でないといけないといった価値観こそが、劣等感を強める本当の原因とも言えます。

尚、こういった価値観が刷り込まれてしまう要因は大きく分けて以下の2つあります。

価値観が刷り込まれる要因

  • 幼少期の親の接し方
  • 長く身を置いた環境

幼少期の親の接し方

他人より優秀でないといけない価値観が刷り込まれる要因の1つは幼少期の親の接し方です。

幼少期に兄・姉・友人などといつも比べられていたり、テストで良い成績を出さないと叱られていた場合、人と比べて優秀でないといけないといった価値観を持ってしまいます。

また、こういった接し方をする親自体が実は強い劣等感を持っており、その劣等感を自分の代わりに子供で満たそうとしているケースが多いでしょう。

長く身を置いた環境

他人より優秀でないといけないといった価値観が刷り込まれる要因の2つ目は長く身を置いた環境です。

学生時代の部活動や大人になってから所属した会社など、能力こそが評価の全てといった環境も世の中には存在します。

客観的視点から見ると、あくまでその環境ならではの価値観だとわかりますが、一つの環境に長く身を置いていると、それが世の中全体の価値観だと錯覚してしまう場合もあるでしょう。

自分も人をよく否定してしまう

実は劣等感が強い人は、自分自身も他人をよく否定する傾向があります。

本人にその自覚がないケースも多いですが、心のどこかで「能力の低い人はダメだ」「失敗する人には価値がない」などの価値観があり、無意識に人を否定しています。

そうやって日頃から他人を否定しているために、自分がその状態に陥るのを必要以上に恐れるのです。

劣等感の苦しさを解消する方法

劣等感とは必ずしもあってはいけないものではなく、場合によっては向上心を生むきっかけにもなり得ます

ここでは、劣等感をうまく活用して自身の成長につなげられるよう、劣等感による苦しさを解消する方法を難易度順に3つご紹介します。

    ■ 劣等感による苦しさを解消する方法

  1. 自分の強みを客観的に知る
  2. 否定せずに受け入れる
  3. 自分の中の思い込みを手放す

解消法①:自分の強みを客観的に知る

劣等感は他人と自分を比較して初めて生じる感覚なので、他人との比較を辞めるのが一番の解消法です。

とはいえ、それができれば苦労しないと感じる人がほとんどでしょう。

そこで誰でも手軽にできてそれなりに効果もあるのが、適性診断などを用いて自分の強みを客観的に知る方法です。

どんな人にも必ず「強み」と「弱み」がありますが、劣等感に苦しむ人は自分の「強み」に気付かず「弱み」ばかりに意識を向けています

しかし、客観的に自分の「強み」を理解できれば、徐々に「弱み」だけでなく「強み」にも意識が向かうようになり、劣等感による苦しみも軽減されていくでしょう。

ここではおすすめの適性診断を2つ紹介しますので、自分に合いそうなものをまずは試してみて下さい。

強みがわかる「グッドポイント診断」

1つ目の適性診断はリクナビNEXTが提供している「グッドポイント診断」です。

診断の流れ

このような質問に答えていくだけで、誰でも簡単に「5つの強み」が20分程で分かります。

グッドポイント診断

自分の「強み」がわかれば、日々の生活の中で「強み」をいかに発揮できるのかを意識しながら過ごしてみましょう。

そういった生活を続けていれば、次第に自分の価値を感じられるようになってくるでしょう。

\メールアドレスだけで簡単無料登録できます/

↓登録後の診断手順はこちらを参照してください↓

市場価値が分かる「ミイダス」

2つ目の適性診断はdodaを運営するパーソルキャリアが開発したアプリで、自分の市場価値を診断できる「ミイダス」です。


ミイダストップページ

簡単な質問に答えていくだけで、自分のおおよその年収と現在の市場価値がわかります。

市場価値は社会的な評価とも言えますので、より広い視野で自分の「強み」を実感できるでしょう。

\市場価値を5分で算出/

解消法②:否定せずに受け入れる

劣等感が強い人は物事をすぐに否定するクセがある人が多いです。

すぐに否定する=物事の悪い部分にめがいきやすい」と言えるため、自分の悪い部分ばかりに目がいって劣等感に苦しんでしまいます。

そのため、劣等感の苦しさを解消するには『物事を否定せずに受け入れる』姿勢を身につける練習をしましょう、

ここでは物事を否定せずに受け入れる具体的な3ステップを紹介します。

    ■ 否定せずに受け入れる3ステップ

  1. 受け入れる
  2. 理由を考える
  3. 共感・理解する

1.受け入れる
例えば、仕事中に同僚がミスを犯したにもかかわらず上長への報告を怠ったとします。もちろん仕事をする上では最低限のルールがあり、それを破るのはよくありません。

しかしだからといって「あいつはダメなやつだ」とすぐに相手を否定していると、ミスをする人はダメな人間だといった思考が強くなり、結果的に劣等感も強まってしまいます。

それを解消するためにも、まずは一度受け止めてみてください

彼はミスをしてしまった。そしてそれを報告しなかったんだな。

これで終わりです。だから良い/悪いといったジャッジをせずにそのままを受け入れます。

いきなり受け入れるのは非常に困難。相手を否定する自分に気付いたらまずは深呼吸をしてみてください。

2.理由を考える
冷静に受け入れられたら、次は相手の行動の理由を考えてみて下さい。ルールとしてはNGでも、行動の裏には必ずその人なりの理由があります。

彼も頭では報告のルールを知っている。でも自分のミスを叱られる恐怖に負けてしまったんだろう。

のように、自分なりに理由を考えて下さい。

3.共感・理解する
理由がわかれば、彼がその行動をとった真意に共感できるかもしれません。仮に共感できなくても理解はできるでしょう。

彼の気持ちはよくわかった。誰だってそんな時も一度くらいあるはずだ。

この3ステップを踏めば、物事を否定せずに受け入れられます。最初は難しくても繰り返し意識すれば徐々にできるようになるのでぜひ挑戦してみてください。

自分の中の思い込みを手放す

幼少期の親、部活動、会社などから刷り込まれた価値観は本来あなたのものではありません

「他人より優れてないといけない」
「一番でなければ意味がない」
「良い成績を出せない奴はクズだ」

こういった価値観があなたを苦しめているのなら、まずはそれが事実でないと知り、その上で手放しましょう

そのために自分で自分にできる質問をご用意しました。これらの質問を使って、他人から刷り込まれた価値観とあなた自身を切り離してください。

思い込みを切り離す質問集

  • あなたを苦しめる思い込みの中で他人から言われた言葉はありますか?
  • その思い込みは本当に事実ですか?
  • どうしてそう思いますか?
  • 何があなたにそう思わせていますか?
  • 客観的に見るとそれは事実ですか?
  • あなたが尊敬する人はそれを聞いて何て言うと思いますか?
  • あなたの親友はそれを聞いて何て言うと思いますか?

このように物事を具体的にする質問や客観的な視点を取り入れる質問をすれば、思い込みを切り離すのに役立ちます。ぜひご自身でやってみてください。

劣等感=悪ではなく生かすも殺すも扱い方次第

劣等感とは「他人と比較して自分が劣っていると感じる感情」です。

しかし、劣等感が向上心につながるのか自己否定につながるのかは扱い方次第であり、決して「劣等感=悪」ではありません。

どうしても自己否定につながって苦しくなる人は、以下の手順に従って訓練すれば、徐々に劣等感の苦しみは軽減されていくでしょう

    ■ 劣等感による苦しさを解消する方法

  1. 自分の強みを客観的に知る
  2. 否定せずに受け入れる
  3. 自分の中の思い込みを手放す
働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、転職成功実績No.1の『リクルートエージェント』と、20代・30代に人気の『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは完全無料なので、まずは気軽に転職の相談をしてみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
圧倒的な求人数で幅広い業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

ビズリーチ 詳細情報の有無でかわる転職成功率

職務経歴書などの情報を詳細に入力している会員ほど転職が成功しやすい。

\情報の詳細入力でスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:おすすめ転職エージェントを厳選!おすすめの選び方と絶対失敗しない活用法

RECOMMEND

関連記事