最終更新日:

転職回数が多いと人生終わり?希望通りの仕事で転職に成功する方法とは

転職回数が多いと人生が終わる?やりたい仕事で転職に成功する方法とは

「転職回数が多いと選考通過は無理?」
「全然転職が成功しないから、人生終わりかもしれない……」

転職回数が多いと選考で不利になりやすいのは事実ですが、「人生終わり」とまで悲観する必要はありません

転職活動の姿勢やアピール次第で、転職回数をカバーする方法は存在します。

本記事では転職回数の多さで「人生が終わる」不安の原因や対処法、転職成功のコツを解説。

後悔のない転職を実現したいと考えている方は必見です!

転職回数が多いと人生は終わり?

「転職回数が多いと人生が終わる」不安の要因

  1. 転職回数の多さが理由で不利になる
  2. 仕事を辞めた場合の収入源
  3. 転職成功するまで現職を辞められない

転職回数の多さが理由で「人生終わり」と心配している方の不安は、およそ上記の3点に集約されます。

今の職場を辞めても辞めなくても先が見えず、不安になってしまう方は多いです。

しかし、今絶望している方でも、自分の状況にあった選択をすればまた転職に成功できる可能性もあるでしょう。

転職する業界・職種によって変わる

実力主義が強い業界や人手不足の業界では、自分のスキルにあった待遇のために転職するのが一般的です。

卸売・小売、飲食、医療・福祉、ITなどの業界は転職回数が多くても受け入れられる傾向にあります。

その他、特定のスキル・資格が必須となる職種かつ経験者であれば、転職回数が多くても比較的許容されやすいです。

キャリアに一貫性がないと不利になりやすい

転職してきた企業の業種・職種に一貫性が全くない場合、選考で不利になりやすくなります

採用担当者から「転職できればどこでもいいのではないか」と判断されやすいのが原因です。

一貫性がなくとも理由を説明すれば問題ないケースも多いので、キャリアの一貫性に不安がある方は全ての仕事の共通点を探しましょう。

20代で転職回数が多い場合

20代の場合、転職回数が多いと判断されるのは3回目からですが、あまり問題ないケースが多いでしょう。

年齢が若ければポテンシャル採用をする企業も多く、転職理由さえきちんと説明できれば採用されやすいです。

とはいえ20代で転職回数5回を超える、または30代を越えると不利になるので、早めの対処が重要になります。

転職回数が多くても人生を終わらせない転職法

転職回数にこだわらない企業を探す

年配の管理職が多い企業では、転職回数がネックになりやすい傾向にあります。

それに対して、若手の多い中小・ベンチャー企業、派遣での採用などは妥当な理由があれば転職回数をあまり気にしない所も多いです。

転職を重ねるごとにスキルアップをしていれば、多方面の知識がある人材として有用と判断される可能性も高いでしょう。

これまでの転職で得た経験・スキルを自分なりに説明し、今後のキャリア設計を示すための事前の準備が肝心です。

転職せずフリーランスになる手段も

転職回数が多くなると、書類選考や面接で落とされる機会も増えるでしょう。

現時点である程度スキルがあるならフリーランスとして独立する選択肢も考えてみて下さい。

個人事業主としてやっていける力量があれば、正社員より自由度が高い状態で働けて、転職回数も問題になりません。

フリーランスになりやすい職業としては「プログラマー」「WEBデザイナー」「WEBライター」などが挙げられます。

転職回数の多さで人生が終わる人の特徴

大手企業に固執する

応募者の多い大企業では学歴・職歴で足切りを行なうケースも少なくないため、転職回数の多さは不利になりやすいです。

特に、老舗とされる歴史の長い大手企業の書類選考を勝ち抜くのは至難の業でしょう。

大手企業の採用担当者や上層部は多くの場合50代以降で、長く企業に勤めています。

保守的な体質が強い企業ほど、転職回数の多い人材は敬遠されやすいです。

ネガティブ面を採用担当者の前で出す

実際の転職理由が労働環境の悪さや人間関係でも、正直に伝えるのはおすすめできません。

なぜなら、採用担当者から「何か不満があるとまた辞めるのでは?」と思われる可能性があるからです。

応募書類や面接ではポジティブな転職理由を探し、アピールするのが無難でしょう。

短期離職を繰り返している

1年未満の転職を繰り返すと、「ジョブホッパー」とみなされやすいため注意が必要です。

ジョブホッパーとは、数ヶ月〜1年未満の短期間で転職を繰り返す人を指す言葉。

短期離職を繰り返す人は敬遠されやすくなるため、まずは3年続けられる仕事を探すのをお進めします。

面接では必ず退職理由を聞かれるので、慌てないよう事前に準備しておきましょう。

転職回数の多さで人生を終わらせない行動

転職回数が増えた理由を整理する

まずは自分の転職回数がなぜ多くなったのか、明確にしておきましょう。

自分が転職を考える理由を理解していないと、同じ理由で短期離職を繰り返してしまう可能性があります。

「人生が終わる」不安を抱えやすい方の特徴

  1. お金や時間に余裕がなく焦って転職
  2. 下調べをあまりせずに転職活動をした
  3. スキル・経歴を活かせない会社を選んだ

もちろん、前向きな理由で転職している方は、選考での自己アピールで正直に説明しても問題ありません。

転職回数が多い場合、理由付けと今後の展望を説明できるかどうかが採用のカギとなります。

キャリア・実績の棚卸し

業界・職種未経験でも歓迎されるのは20代~30代前半までで、基本的に中途採用者は即戦力を求めています。

自分のキャリアが持つ強みや今までの実績を理解し、説明できるよう準備しておくのは絶対に必要です。

書類選考や採用面接で自分を売り込み、採用する価値のある人間だと判断してもらわなければなりません。

自分の強みや適性が分からない方は、診断系サービス応募書類の添削をしてくれる転職エージェントの利用がおすすめです。

自分の適性が分かる転職診断サービス

リクナビNEXT MIIDAS(ミイダス)
転職サイト
主な年齢層 全年代 全年代
主なサポート対象 全転職者に対応 全転職者に対応
特徴 スカウト機能あり
18種類の中から強みを診断!
15分程度で完了
面接確約オファー
3つの無料診断で自己分析できる
専用アプリあり
簡単登録
(無料)
転職回数が多い人に
おすすめの転職エージェントはこちら

転職回数は偽らずに書く

転職回数の多さで不利になるのを避けるために転職回数を偽るのは厳禁です。

応募書類に嘘を書いたのが発覚した場合、その行為は「経歴詐称」として扱われます。

経歴詐称は最悪の場合懲戒免職や罰金もありえる違法行為で、デメリットが大きいです。

転職回数や経歴については嘘をつかず、正直に書きましょう。

転職回数が多くても使える転職サービス

転職回数の多い求職者が採用されるには、転職回数を気にしない企業を探すのが重要です。

人気求人の多くは非公開のため、個人の力で良い求人を探すのは難しいでしょう。

そこで頼りになるのが、転職活動のプロからサポートを受けられる転職サービスです。

大手転職エージェントのリクルートエージェントdodaは全ての方におすすめ。

経験豊富で今よりも収入を上げたい方はハイクラス向けの転職サービス、20~30代で経歴に自信がない方は若手向け転職エージェントを活用してください。

おすすめの大手転職エージェント

リクルート
エージェント
doda
転職エージェント
主な年齢層 20代~30代 26歳~35歳
主なサポート対象 全転職者に対応 大卒以上の転職希望者
支援実績 採用成功実績は54万人超 年間転職成功者は1万人以上
求人数 約20万件 約10万件
求人
対応地域
全地域対応 首都圏・関西圏・東海
特徴 業界最大手
転職実績No.1
面接対策が充実
スカウトサービスあり
丁寧な添削やサポートが好評
簡単登録
(無料)

収入を上げたい方向けの転職サービス

リクルートダイレクトスカウト ビズリーチ
スカウト型転職サイト リクルートダイレクトスカウト BIZREACH
入会審査 なし あり
料金 完全無料 一部有料
年齢層 20代~40代 30代~40代
主なサポート対象 年収600万円以上の方
実績 転職時の平均年収900万円 年収600万円以上の人に支持される転職サービスNo.1
主な
業種/職種
IT系・管理職/役員・経営
登録


若手に特化した転職エージェント

DYM就職 ジェイック
(JAIC)
転職エージェント
主な年齢層 18~35歳 18~35歳
主なサポート対象 第二新卒、既卒、女性もOK 中退者、フリーター、ニート
支援実績 経験が浅い若年層を積極支援 入社後の定着率91.5%
特徴 優良企業を厳選
人物重視の採用
親身なサポート
正社員求人のみ
研修が無料
就職成功率8割
簡単登録
(無料)
第二新卒エージェントneo 就職Shop
転職エージェント
主な年齢層 20代 20代
主なサポート対象 第二新卒、既卒、新卒 フリーター、既卒、中卒も可
支援実績 1万人を超える採用決定実績 利用者累計10万人超
特徴 5千件の正社員限定求人あり 書類選考なし
優良企業1万社
最短7日で内定
簡単登録
(無料)
キャリアスタート
転職エージェント
主な年齢層 20代
主なサポート対象 既卒・第二新卒・フリーター
支援実績 20代がおすすめする
転職支援会社No.1
特徴 マンツーマンのサポート
コロナの影響で内定取消にあった人への特別支援あり
簡単登録
(無料)

転職回数が多くても人生は終わらない!

転職回数が多いと書類選考や面接で不利になる面があるのは事実です。

しかし、それだけで「人生終わり」と諦めてしまうのはもったいないでしょう。

転職理由や自分の強み・スキルを適切にアピールできれば、転職回数に関わらず採用したいと考える企業は少なくありません。

転職してきた企業の共通点を見つけ、得意分野や今後のキャリア設計を探すのが難しい方は、プロの転職エージェントに相談するのがおすすめです。

自分に合った転職サービスを利用して、希望通りの転職を実現しましょう!

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、実績No.1の『リクルートエージェント』と、20~30代向けの『マイナビエージェント』です。

『生涯学習のユーキャン』で転職したい業界・職種に役立つ資格を取得すれば、転職活動を有利に進められます。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは無料なので、まずは気軽に相談してみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
幅広い業界・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!各職種の転職事情を熟知した手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

\Q&Aに答えるとスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:おすすめ転職エージェントを厳選!おすすめの選び方と絶対失敗しない活用法

RECOMMEND

関連記事