最終更新日:

未経験からシステムエンジニア(SE)になれる?効率良くSEに転職する秘訣

未経験からシステムエンジニア(SE)になれる?効率良くSEに転職する秘訣

「未経験からシステムエンジニア(SE)になる方法は?」「SEに必要なスキルや特性は?」

プログラミング・IT業界未経験からシステムエンジニア(SE)になれるのか、不安に感じる方は少なくありません。

プログラミングスクールを上手に活用すれば、未経験からでも効率良くシステムエンジニア(SE)を目指せます

本記事では、未経験からシステムエンジニア(SE)になれるのかを解説。

未経験からシステムエンジニア(SE)になる方法や必要なスキル/特性、未経験からシステムエンジニア(SE)を目指す人におすすめのプログラミングスクール4社を取り上げます。

未経験からシステムエンジニア(SE)を目指す人におすすめのスクール

未経験からシステムエンジニア(SE)を目指す子には、以下のプログラミングスクールがおすすめよ☆

GEEK JOB WORKPORT(みんスク)
プログラミングスクール
対象年齢 20代のみ 20代~30代
対応地域 全国
(オンライン)
(※求人は首都圏のみ)
全国
(オンライン)
主なサポート対象者 IT未経験者・正社員経験者・第二新卒など IT未経験者・正社員経験者・第二新卒・既卒・フリーターなど
実績 転職成功率97.8% 転職決定人数No.1のサービス
特徴 未経験97.8%
20代は無料
講師に質問可能
手厚いサポート
最短22日就職
未経験者向け求人500社
完全無料
未経験者多数
自己学習形式
講師に質問可能
手厚いサポート
限定求人多数
オンラインで相談する
(無料)
テックキャンプ CodeCampGATE
プログラミングスクール
対象年齢 20代~30代 20代のみ
対応地域 全国
(オンライン)
(※求人は東京メイン)
全国
(オンライン)
主なサポート対象者 IT未経験者・正社員経験者・第二新卒・既卒・フリーターなど IT未経験者・正社員経験者・第二新卒など
実績 転職成功実績2,000人 受講者20,000名以上
特徴 未経験99%
転職率99%
返金保証あり
手厚いサポート
講師に質問可能
実践的な学習カリキュラム
未経験80%
個別指導あり
講師に質問可能
手厚いサポート
実践的な学習カリキュラム
オンラインで相談する
(無料)

未経験からシステムエンジニア(SE)になれる?

システムエンジニア(SE)とは

システムエンジニア(SE)とは、ソフトウェア・システムの設計や開発を担うIT技術職です。

システムエンジニア(SE)の業務は、大きく分けて5つあります。

  1. 要件定義
  2. 設計
  3. 開発
  4. テスト
  5. 保守・運用

システムエンジニア(SE)はクライアントの要望をヒアリングしシステムの設計書を作成。

システムエンジニア(SE)が作成した設計書に基づいてプログラマーが開発し、システムが実際に設計通りに動作するかテストします。

納品後のシステム障害やエラーの対応・メンテナンス等も業務の一つです。

システムエンジニア(SE)は、要件定義・開発計画・設計などの「上流工程」と呼ばれる段階を主に担当します。

未経験からいきなりシステムエンジニア(SE)になるのは難しい

未経験からいきなりシステムエンジニア(SE)になれるのかな?

システムエンジニア(SE)になるには、プログラマーからキャリアアップするのが一般的です。

プログラミング未経験からIT企業に入社し、いきなりシステムエンジニア(SE)としての業務を任されるケースはほとんどありません。

未経験からシステムエンジニア(SE)になるには、まずはプログラマーとして実務経験を積み、キャリアアップを目指す必要があります。

システムエンジニア(SE)は人手不足

IT業界では、システムエンジニア(SE)やプログラマーを含むIT技術職の人材が慢性的に不足

転職エージェント「doda」が発表している転職求人倍率に関するデータを見てみましょう。

職種 求人倍率
(2021年3月)
全体
1.86
技術系(IT・通信)
8.02
営業系
1.51
販売・サービス系
0.53

(※1)

システムエンジニア(SE)を含む技術系(IT・通信)の分野の求人倍率は8.02倍と非常に高く、求職者より求人が多い「売り手市場」です。

未経験者を積極採用するIT企業も増加しているので、未経験からでもIT業界に転職してシステムエンジニア(SE)を目指せると言えます。

未経験からシステムエンジニア(SE)になるために必要なスキル

IT未経験からシステムエンジニア(SE)を目指すなら、以下のようなスキルが必要よ☆

  1. プログラミングスキル
  2. マネジメントスキル

プログラミングスキル

システムエンジニア(SE)の業務の一つである「システム設計」は、プログラミングの知識が欠かせません。

システムエンジニア(SE)はクライアントの要望のヒアリングや設計業務がメインとなりますが、案件や職場によっては自らプログラムを書くケースも稀にあります。

未経験からシステムエンジニア(SE)を目指すなら、プログラミングスキル・プログラミングの実務経験が必要です。

プログラマーとのやり取りを円滑に進めるためにも、システムエンジニア(SE)にはプログラミングスキルや知識が必要と言えるわ☆

マネジメントスキル

プロジェクトの計画、工程/品質/進捗管理、ディレクションなどのマネジメント業務もシステムエンジニア(SE)の仕事に含まれます。

システムエンジニア(SE)には、チームを束ねてプロジェクトを円滑に進められるマネジメントスキルが必要です。

未経験からシステムエンジニア(SE)になるために必要な特性

IT未経験からシステムエンジニア(SE)を目指すなら、以下のような特性も必要よ☆

SEに必要な特性
コミュニケーション能力
・論理的思考力
・クリティカルシンキング(※)
・知的好奇心 など

「システム設計」や「プロジェクトの計画」を担当するシステムエンジニア(SE)には、論理的思考力やクリティカルシンキングなどの特性が求められます。

上記の中でも「コミュニケーション能力」は特に重要な特性の一つ。

システムエンジニア(SE)はクライアントへの提案・交渉・ヒアリングをする「要件定義」を担当するので、高い営業力やコミュニケーション能力が必須です。

クリティカルシンキングとは…
物事に対して「本当にこれで正しいのか」と振り返り、多角的に検証・判断する思考プロセスを指す。

上記のような能力は「ヒューマンスキル」「コンセプチュアルスキル」と呼ばれているわ☆システムエンジニア(SE)に求められる能力だから覚えておいてちょうだい♪

自分の特性・システムエンジニア(SE)の適性を診断

未経験からシステムエンジニア(SE)になるために必要な特性が自分にあるかなんて分からないよ…

自分の特性やシステムエンジニア(SE)の適性を把握するのは、未経験からシステムエンジニア(SE)を目指す上で大切と言えます。

システムエンジニア(SE)に向いている特性/強みは以下の通りです。

【SEに向いている特性/強み】
・継続力
・柔軟性
・受容力
・社交性
・慎重性
・冷静沈着 など

自分の強み/特性が分からない
システムエンジニア(SE)の適性を知りたい
方は、リクナビNEXTのグッドポイント診断がおすすめです。

リクナビNEXTのグッドポイント診断は簡単な質問に答えるだけで自分の強みが分かる本格診断サービスで、時間もお金もかけずに仕事の向き不向きの適性をチェックできます

「リクナビNEXT」の適性診断(※会員登録完了後に診断できます)

精度も信頼性も抜群の診断結果は、リクナビNEXTで求人応募時に添付可能!

あなたの強みを企業にアピールできれば、確実に転職成功率がUPします。

\無料で手軽に適性がわかる!/

グッドポイント診断の手順は非常に簡単です。

診断をスタートすると出題される質問に順番に回答していくだけ。

スムーズに答えれば15分程度であなたならではの5つの強みが分かります。

「リクナビNEXT」の適性診断

例えば「継続力」「慎重性」「柔軟性」「受容力」「冷静沈着」「社交性」などがあると診断された人は、システムエンジニア(SE)に向いているなど、仕事の適性を分析可能です。

たった数分で適性が見えてくるので、自分の強みやシステムエンジニア(SE)に向いているか知りたい人はさっそくチェックしてみましょう。

\無料で簡単に診断できる!/
【グッドポイント診断のメリット】
・リクナビNEXT会員限定で本格診断が無料
・どこでも手軽に診断可
・自分の強みを客観的に把握できる
・診断結果は求人応募時に添付OK
・自己分析の負担が軽減され転職効率アップ

未経験からシステムエンジニア(SE)になる方法

未経験からシステムエンジニア(SE)になるには、まずはプログラミングを習得しプログラマーとして実務経験を積む必要があります。

未経験からプログラミングを習得しIT業界へ転職する方法は以下の通りです。

  1. 独学でプログラミングを習得する
  2. プログラミングスクールを利用する
  3. 資格を取得する

独学でプログラミングを習得する

プログラミングの学習教材は書店やネットで簡単に入手できるので、未経験から独学でプログラミングを習得しシステムエンジニア(SE)を目指す方もいます。

ネット上にはエンジニアがプログラミング技術/知識を解説しているサイトや動画もあるので、未経験から学習を始めるハードルはそれほど高くないと言えるでしょう。

プログラミングはPC・ネット環境・教材があれば学習を始められるけど、独学でプログラミングを習得するのは高難易度だから覚悟が必要よ。

プログラミングスクールを利用する

未経験からシステムエンジニア(SE)を目指す方は、プログラミングスクールを利用するのがおすすめです。

プログラミングスクールには以下のようなメリットがあります。

【スクールのメリット】
・IT未経験者向けの教材
・効率良く短時間で学べる
・実践的な技術が身に付く
・講師に質問できる
・挫折させないサポート
・転職支援が受けられる

未経験からプログラミングスキルを身に付けて効率良くIT業界に転職したいなら、プログラミングスクールを利用すべきです。

プログラミングスクールであればシステムエンジニア(SE)へのキャリアアップも踏まえて、手厚く転職をサポートしてくれます。

未経験からシステムエンジニア(SE)を目指すなら、以下のプログラミングスクールがおすすめよ♡

プログラミングスクール 特徴
GEEK JOB 20代は完全無料
オンライン対応
プログラミング未経験者97.8%
異業種出身者91.2%
転職成功率97.8%
最短22日で内定
現役エンジニア講師
WORKPORT
(みんスク)
完全無料
オンライン対応
転職決定人数No.1
未経験者向け求人多数
テックキャンプ プログラミング未経験者99%
異業種出身者90%
転職成功率99%
オンライン対応
現役エンジニア講師
悩みや不安もフォロー
14日間返金保証制度
CodeCampGATE
(コードキャンプゲート)
プログラミング未経験者80%
レッスン満足度94.2%
オンライン完結型
現役エンジニア講師
手厚い個別指導
チーム開発あり

未経験からシステムエンジニア(SE)を目指す方は、上記の中から自分に合うプログラミングスクールを利用しましょう。

未経験者向けのプログラミングスクールについて詳しく知りたい子は、下記の記事も参考にしてちょうだい♪

資格を取得する

未経験からシステムエンジニア(SE)になるのに資格は必須ではありません。

しかし、プログラミングの習得に加えて資格を取得しておけば転職で有利になるので、未経験からシステムエンジニア(SE)を目指す方は以下の資格を取得するのがおすすめです。

【SEにおすすめの資格】
基本情報技術者
ITパスポート
・応用情報技術者
・ネットワークスペシャリスト
・データベーススペシャリスト など

未経験からシステムエンジニア(SE)を目指している子は、まずは「基本情報技術者」と「ITパスポート」の資格取得に挑戦するのがおすすめよ☆

未経験からシステムエンジニア(SE)を目指すならスクールを活用すべき

未経験からシステムエンジニア(SE)になれるのかについて詳しく解説しました。

未経験からシステムエンジニア(SE)を目指すなら、まずはプログラマーとして実務経験を積んでキャリアアップする必要があります。

プログラミングスクールを活用すれば、未経験からでも効率良くIT業界へ転職成功可能です。

未経験からシステムエンジニア(SE)を目指している方は、スクールの無料カウンセリングに参加し、システムエンジニア(SE)への第一歩を踏み出しましょう。

プログラミングスクール オンラインカウンセリング
GEEKJOB
WORKPORT
(みんスク)
テックキャンプ
CodeCamp
GATE

(※1出典:転職求人倍率レポート(2021年3月)|doda)

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、転職成功実績No.1の『リクルートエージェント』と、20代・30代に人気の『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは完全無料なので、まずは気軽に転職の相談をしてみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
圧倒的な求人数で幅広い業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

ビズリーチ 詳細情報の有無でかわる転職成功率

職務経歴書などの情報を詳細に入力している会員ほど転職が成功しやすい。

\情報の詳細入力でスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:これを読むだけで転職成功率アップ!?厳選おすすめ転職エージェント18選

RECOMMEND

関連記事